ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

ジョギングするためのシューズのオススメポイント

   

ジョギングするためのシューズのオススメポイント

健康維持やダイエットでジョギングをするのであればシューズは重要です。

オススメポイントを調べてみました。

ジョギングシューズを選ぶときはオススメポイントを頭に入れて、自分にピッタリの1足を見つけましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

感受性の強い人は恋愛に向き?不向き?繊細なあなたはHSPかも

感受性が強い人は、人の気持ちを敏感に感じ取り、相手を思いやる...

朝の満員電車でめまいが…最近体調がおかしいと感じる人へ

朝の通勤ラッシュ時、満員電車に乗るとめまいが…なんて経験はあ...

女友達との旅行で起こりうる喧嘩を回避する方法と対処法!

女友達との旅行はワイワイ盛り上がり、楽しい時間です。 しか...

感受性が強い赤ちゃんの特徴とバランスを整えるママとの関わり方

赤ちゃんは感受性が高いと言われていますが、中にはその感受性の...

保育園に入れない場合は幼稚園?働くママの苦悩と保活事情とは

保育園の待機児童が問題視される中、なかなか改善されない現状に...

嫁の料理の品数に不満を感じる夫~あなたの家庭は大丈夫?

あなたの食卓にはいつもどのくらいの品数の料理が並びますか? ...

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目...

車検時に交換が必要になる部品の知識と自分で見極める方法

車検の見積もりを取ると、交換が必要になる部品の項目がいくつか...

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

スポンサーリンク

ジョギングシューズを選ぶポイント

ポイント1:走力

脚の筋肉が出来ていない初心者は、重さ軽さはあまり考えず、比較的底が厚めでクッションが効いているものを選びます。靴底を見た時に全体的にソールがフラットなもの。

買い替え毎に徐々に軽くしていきますが、靴を換えた直後の練習は脚に無理がかかり故障する事が多いので、様子を見て慎重に。

引用元-試し履きをしてじっくりと!ランニングシューズ選びのポイント | ランニングスタートガイド

ポイント2:サイズ

長距離を走る時に、ジャストサイズでは足が痛くなってしまいますので、長さは裸足のサイズより1.5cm程大きめのものを使っています。

そして幅。メーカーに拠ってはレディースのラインは割と幅が狭めになっているので、女性でも履いてみてキツいと思ったら、同じサイズでメンズのラインも履いてみる事をオススメします。

引用元-試し履きをしてじっくりと!ランニングシューズ選びのポイント | ランニングスタートガイド

ポイント3:好きになれる色やデザイン

自分に必要な機能を備えていても、色やデザインが気に入らないとあまり履きたくなくなりますよね。

ある程度好きな色を選んだり、シューレース(靴ひも)だけ好きな色に変えても楽しいです。

引用元-試し履きをしてじっくりと!ランニングシューズ選びのポイント | ランニングスタートガイド

ポイント4:最低2足くらいは

1足を履き続けると、どんどん靴底は減ります。

練習用とレース用、ロード用と山道用等、幾つか持っていると1足汚れてしまったりしても替えがきいて安心です。

引用元-試し履きをしてじっくりと!ランニングシューズ選びのポイント | ランニングスタートガイド

メーカー別 ジョギングシューズのオススメポイント~NIKE

ナイキのランニングシューズの最大の特徴は機能性の高さです。アスリートからの支持が高いことからも伺えるように、優れた機能を誇ります。数多くの最新技術を駆使し、独自の進化を続けています。生み出された技術によってスピードを追求するレース向けのランニングシューズから、足への負担を軽減することを目的としたトレーニング用のランニングシューズまで、多様な製品を提供しています。

また、もう1つの大きな特徴としては、欧米人向けの製品開発を行っていることが多いので、日本メーカーのランニングシューズと比較すると横幅が狭いものが多いです。

通常の横幅サイズである2Eでも、ナイキのランニングシューズはやや狭く感じることが多いです。日本人は足の甲の幅がやや広い人が多いので、注意が必要です。

しかし、足の甲の幅が広くない方にとっては、足に対するフィット感が非常に良いので特にオススメです。

引用元-ナイキ(NIKE)のランニングシューズの選び方 | ランニングシューズの選び方

メーカー別 ジョギングシューズのオススメポイント~adidas

デザイン性が高い

アディダスのランニングシューズの特徴としてまず「デザイン性が高い」であることがあげられます。上位モデル(高価格帯)ではカラーリングも独特で、鮮やかな色のランニングシューズが多いですね。
限定で他のブランドには無いようなカラーリングのランニングシューズもあります。

軽量

アディダスのランニングシューズを履いてみて思うので、軽量だという事です。
ソールの薄さもそうですが、通気性がよく蒸れにくい設計になっている為、履いてストレスを感じません。
中でも「アディゼロ」というシリーズはデザイン性+通気性が備わっている為、快適に走る事ができます。

足幅は平均的か狭め

アディダスのランニングシューズの特徴としては、足の甲の幅が若干狭い事が多いです。
少し改善されているように思いますがそれでも狭いモデルが多いように感じます。
足の甲の幅が広めの方は足が圧迫される感覚になってしまうので、ちゃんと試し履きする事をおすすめします。

最近は通常の横幅「2E」サイズや、幅広の「Wide」モデルなども登場してきているので、実際に試し履きをしてみて、足にフィットする方も多いと思います。
試し履きする時に気をつけたいのは、足がむくんできた時に足の幅が若干広がるのですが、試し履きをした時に少しきつい感じがする時は注意しましょう。

引用元-マラソンやランニングで重要なシューズ選び!各ブランドの特徴と選び方のまとめ(アシックス、アディダス、オン、ナイキ、ニューバランス、ミズノ) – Column Latte

メーカー別 ジョギングシューズのオススメポイント~アシックス

アシックスは開発も生産もメイド・イン・ジャパンのメーカーだけあり、日本人にしっくりと合うシューズがラインアップされています。とくにフィット感を決めるラストは、日本人の足型を徹底的に測定。さらに競技用、トレーニング用、ビギナー用など用途ごとの特性に合わせたラストが設計されています。
軽量ながらも反発力の高い「γ-GEL(ガンマ-ゲル)」や、従来のアウターソールの約3倍の耐摩耗性を実現する「エーハープラス」、大幅な軽量化を実現したミッドソール素材「ソライト」など、さまざまな先進的機能もアシックスのシューズには搭載されています。ビギナーだけでなく中・上級者も恩恵にあやかれる軽量化に力を入れているのも、アシックスの特徴です。

引用元-ランニングシューズはやっぱり“ミズノ”ですか? – 「お話の概要… – Yahoo!知恵袋

メーカー別 ジョギングシューズのオススメポイント~ミズノ

ミズノはシューズのミッドソール部分にWEVEと言われる樹脂のプレートを挟み込んでいますので

踵が着地した時の衝撃を緩和し、また踵がグラつかないような安定性も同時に発揮します。

体重がある人はWEVE搭載のシューズのほうが足首、膝等の故障を起こしにくいと言われています。

引用元-ミズノとアシックスのランニングシューズの特徴を教えて下さい。お願いします。 … – Yahoo!知恵袋

 - スポーツ

ページ
上部へ