生後3か月・・ 赤ちゃんの体重が増えないのはどうして??

生後3か月といえば育ちざかりの赤ちゃんですが 体重が増えないとしたら…?
いくら考えて原因が分かりません
病気なのではないかと本当に心配です
新米ママさんにも役立つ 赤ちゃんの体重について考えてみましょう

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インターネット料金の仕組みはわかりづらい!知って得する話

インターネット料金の仕組みはわかりづらく、全ての説明を理解しないまま契約している人も少なくありません...

ゴルフレッスン初心者のための知っておきたいお役立ちポイント

ゴルフは様々な世代の方から愛されるスポーツのひとつです。年々若い世代にも定着し、始める方も多くなって...

名前の画数は気にしない?姓名判断に振り回されない命名って

最近では赤ちゃんの名前を命名する時に、画数を気にしない方が増えているようです。 昔は赤ちゃんの画数...

携帯の新規契約の最安値は?携帯大手3社にみる低コスト携帯

携帯の新規契約を最安値で行うには、どこの携帯会社がいいのでしょうか? 最安値といっても、自分の使い...

日本の資源が少ない理由~日本が世界に誇れる資源とは何か…

日本の資源が少ない理由をご存知ですか?先進国の中でも資源が少ないと言われ続けた日本は、他国によって支...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 しかし実際のところ、「プレゼントよりも現金...

心理と行動から読み解く!無視という行為の色々なあれこれ

無視というのはする側もされる側もあまり気持ちのいいものでは ありませんよね。もちろんいじめ的な無視...

産後体重の減りすぎにも注意!知っておきたいキケンな体重減少

産後体重を戻すのに苦労しているママはたくさんいますが、中には体重が減りすぎて困る…というママも。 ...

ストレス発散の心理学的解消法!ストレスを抱えている人へ!!

あなたはストレスをどうやって発散していますか?最近では、ストレスの発散方法を診断してくれるという心理...

子供の言葉の発達はいつから?幼児期の言葉の発育目安とは

子供はいつから言葉を発するようになるのでしょうか?言葉を発することができない時期でも、頭の中では言葉...

信用・信頼に関する名言とは!!色々な偉人の言葉から読み解く

信用・信頼という言葉はだれしも大事にしたい事柄の一つではないでしょうか 世の中の偉人たちが信用・信...

子供のために貯金するおすすめの方法は?親としてできること!

マイナス金利の影響で、銀行に貯金していてもメリットがない時代になっています。 子供のために貯金する...

彼氏が冷たい…o型男子との恋愛を上手に進める為の取扱説明書

誰にでも優しくおおらかなイメージのあるo型。しかし付き合ってみるとなんか冷たい…そう感じた事はありま...

ビジネスホテルの予約はいつから?ホテル難民の回避方法!

近年ビジネスホテルの予約が取り辛くなっている傾向にあるといわれています。 出張などで利用するビジネ...

ワックスとスプレーの違いは?おしゃれな髪型を作るポイント

髪型をセットする必須アイテムとして多くの方が使用しているワックスとスプレー。 しかし実際には何とな...

スポンサーリンク

生後3か月の赤ちゃんとは?

生後3ヶ月の体重
生後2ヶ月まで違うのは、体重の増加が少しずつになってくることです。生後3ヶ月の体重は5.5~7.5キロ前後です。これは平均的な体重なので、身長や出生時の様子で個人差があります。

引用元-生後3ヶ月の赤ちゃん

生後3ヶ月の授乳
生後3ヶ月は授乳間隔が3~4時間に定まって、一度に飲む量もしっかりしてくる時期です。母乳を飲むだけで疲れて眠ることも減り、母乳を飲んだ後も元気に目を覚ましている日が増えます。

生後3ヶ月でも授乳量が増えない赤ちゃんは体重が減らなければ、様子を見てください。沢山飲み始めたからと言って、粉ミルクの調乳を薄めるのは胃に負担がかかって危険です。

母乳では量がわからず不安になりますが、生後3ヶ月になると赤ちゃんの動きも活発になるので「よく飲んで、よく動く」ものだと考えてください。欲しがるだけ授乳してあげましょう。

この時期の赤ちゃんはぽちゃりしていますが、飲みすぎとは判断しません。はいはいや寝返りが始まるとすぐに体型も変化します。赤ちゃんにダイエットは不要です。

引用元-生後3ヶ月の赤ちゃん

生後3か月に多い母乳不足!

母乳が足りているかどうかは、赤ちゃんの様子を観察する事で分かります。まず、生後3か月に入ってもあまり体重が増えていない場合です。もちろん、赤ちゃんによって成長具合や体重の増え方は異なりますので、毎日体重を測って、毎日増えていればいいという事ではありません。

赤ちゃんの体重の増え方ばかりに囚われていると、それがママのストレスになり母乳が出にくくなる原因になります。母乳が出なければ母乳不足に陥ってしまいますので、悪循環です。

また、体重の増え方や体の大きさは個人差がありますので、体重のみで母乳不足かどうか決めつけミルクを足してしまうと、かえって栄養の過剰摂取になってしまう事もあります。体重が増えているかどうかは、母乳不足を考える1つのサインと捉えておきましょう。

次に気にしてもらいたいのが、授乳の時間が長い場合や、授乳の間隔が短い場合です。生後3か月になっても、授乳してから赤ちゃんが満足するまでに30分も40分もかかっている場合は、母乳が足りていない場合があります。

引用元-赤ちゃんの栄養が足りていないかも?生後3か月に多い母乳不足! | MARCH(マーチ)

体重増えないけど大丈夫?

 新生児期からうなぎ登りに体重が増えていた赤ちゃんも、この頃になると急に増えなくなります。
 また、新生児期から少しずつしか増えていなかった赤ちゃんでも、ほとんど増えなくなります。
 1週間前、2週間前の体重とほとんど変わらないということもあります。
 体重が増えないので、ここで、母乳不足と思ってミルクを足すママが増えます。
 また、小児科医や保健婦さんから、「体重が増えないからミルクを」と指導される方も多いようです。
 でも、3ヶ月になると、体重は新生児期のようには増えません。
 増えていなくても、尿や便がしっかり出ていて、手足をバタバタさせて元気なら大丈夫!
 このころになると体重の測定は1ヶ月ごとくらいでいいですよ。
 個人差もありますが、母乳で育つ赤ちゃんは、体重はミルク育ちの子みたいには増えません。
 小さいのも、軽いのも、その子の個性と思って、見守ってあげて下さい。
 1才で7kg満たないけどすっごく元気っていうお子さんはたくさんおられますよ。

引用元-「3ヶ月」のトラブルいろいろ

赤ちゃんの体重増加はなぜ必要?

大人にとっては「体重が増える」のは嫌なことですよね。でも、赤ちゃんの時期は体重を増やさなければいけないんです。というのも、生まれたばかりは寝ているだけだった赤ちゃんは、生後1年前後で歩けるようになります。これは、1年間で歩行が可能になるだけの筋肉や骨格・脳の機能などを発達させる必要があるということ。また、歩行を始めた当初は転びやすいため、転んだときの衝撃を吸収できるように脂肪をつける必要もあり、体重が増えるのは当然なことです。赤ちゃんにとっての体重増加は、大人が太って体重が増えることとは、根本的に意味が違うんですね。

引用元-赤ちゃんの体重が増えない原因は?母乳やミルクが足りない? – こそだてハック

赤ちゃんの体重の増え方は個人差が大きいので、成長曲線を下回ったからといって慌てる必要はありません。ある程度機嫌がよくて食欲があるようなら、まずは母乳やミルク、離乳食の量を増やしてあげて様子を見ましょう。それでも体重があまり増えなくて、どうしても心配であればかかりつけの小児科医や保健師に相談してください。まれに病気が原因で体重が増えないこともあるので、赤ちゃんがずっとぐずっていたり、機嫌が悪かったりして食欲がないときは、早めに相談したほうが安心できますよ。

引用元-赤ちゃんの体重が増えない原因は?母乳やミルクが足りない? – こそだてハック

体重が増えないと悩み過ぎないで

体重が育児書に書いてあるように増えないのは、母乳が足りないから?
?
育児書の内容にもよります。
中には、「赤ちゃんの体重は1日に25g以上増えなければいけない」と書いてある本もあります。
しかし、「1日25g」というのは、あくまでもミルク栄養の赤ちゃんの増え方です。
ミルクの場合は、量を測って飲ませるのですから、ある程度以上の量を確実に飲むわけで、
「教科書どおり」の体重増加につながるわけです。

母乳の場合は、必ずしもそうはいきません。
飲む量が一定しませんので、「教科書どおり」の体重増加にはなりません。
確かに、生まれてから2週間で500gも増える赤ちゃんもいらっしゃいますが、
反面、生後2週間の時点で、生まれた体重からほとんど増えていない赤ちゃんもいらっしゃいます。
そういう赤ちゃんは異常でしょうか。

赤ちゃんは、生まれてから数日間、生理的体重減少といって、必ず体重が減ります。
それから体重増加に転じます。
退院までに元の体重に戻らないことは珍しくなく、
生後2週間の時点で生まれた体重からほとんど増えていない、ということだってあるわけです。
基本的には、機嫌よく母乳を飲んでおられれば、あまり心配要りません。

なお、授乳のたびに体重を測る必要は全くありません。
当院では、入院中に体重を測っていただくことがありますが、あくまでも医療スタッフが確認したいから測っていただくだけです。
医療スタッフの真似をする必要は全くありません。

それよりも、赤ちゃんを信じましょう。
赤ちゃんは必要な分、ちゃんと飲んでいるものです。

引用元-新生児チーム・NICU/母乳育児のススメ

twitterの反応


https://twitter.com/c175e0219d08413/status/628849604360941568
https://twitter.com/_zuzutaaan/status/630007448716251136
https://twitter.com/a0422s/status/629561949114662913
https://twitter.com/rube_0027/status/620925509061316610


https://twitter.com/Mai_kta/status/609331429344833537
https://twitter.com/UcaAloha/status/573306941562220544