ワダイビジネスサテライト

ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

*

部屋のカビには除湿機を!!夏も冬も上手に除湿機を使用しよう

      2015/09/26

 - 生活

部屋の中でいつも間にか生えているカビ・・・

自分では換気をしているつもりなのになぜか生えてくるカビ・・

うっとうしいものですよね!!

今回は部屋の中のカビに絶大な効果を発揮してくれる除湿機を

色々調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

b01becdab0b07f42df33995ad464672d_s
結婚式での余興をしてくれた!お金のお礼なしでもいいの??

結婚式での余興を友人がしてくれた!!

けどお金でのお礼はしたほうがいいの??

お礼というのは色々な形があります。お金だけじゃありませんよね!!

お礼の気持ちが伝わるお返しを!!

給料 手取り 20万以下
給料が手取り20万以下の生活ってどう?生活を豊かにするコツ

給料が手取り20万以下と聞くと、かなり少なく感じますが、実際には多くの世帯が実際にこの金額で生活しているようです。

では手取りが20万以下のライフスタイルとはどのようなものなのか、また給料を増やす方法などをまとめてみました。

ぜひ参考にして、毎日の生活に役立ててください。

2015-6-1
子供が友達と喧嘩!子供同士の喧嘩に仲裁に入るべきか否か?!

子供さんが友達と喧嘩をしてしまいました。親として仲裁に入りますか?
仲裁したために起きるトラブルもあるかもしれません。
親としてすべきこと、してはいけないことは何か?
今回は喧嘩の仲裁について調べてみました。

1c66e82b47b7fa2db90a00217c298cf8_s
腹痛の原因はストレス!薬の服用で見られる改善・予防法!

ストレスからくる急な腹痛…つらい症状を今すぐ改善したい。そんな時、薬の服用はどのような効果があるのでしょうか?

いち早く改善したい時、どんな薬を選ぶべきか詳しく調べてみました。

自分に合った薬を上手に取り入れながら、ストレスの改善を心がけましょう。

カビ 掃除 部屋
カビ掃除は大変!部屋のいたるところに生育するカビの対処法

気づかないうちに部屋のいたるところに生育するカビ…カビを生やさないためには、こまめな掃除と換気が重要です。

しかしカビが生えてしまったら…。そこで部屋のカビが生育しやすい場所の除去方法についてまとめてみました。

カビを予防する方法とともに、参考にしてみてください。

0911-8-2
風邪の時はお風呂に入ったら悪化するの??大丈夫なんです!!

「風邪ひいてるんだからお風呂に入ったらダメよ」そう言われたことはありませんか?
では本当にお風呂に入ったら風邪は悪化してしまうのでしょうか
今回は風邪をひいた時の対処法と、風邪とお風呂の関係を探ります

d0e2f257a403fad01d16ae1b835f7a24_s
友達からの嫉妬はめんどくさい!友達?敵?上手に回避する方法

仲良くしている友達から嫉妬された事はありませんか?

友達からの嫉妬は人間関係をめんどくさくしてしまう原因にもなります。

複雑に絡み合う前に、嫉妬する友達と上手に付き合いながら、回避する術を身に付けましょう!

ff70c6af8cc356496221cf87f2a240c5_m
外国人の日本の好きなところは?観光スポット1位はなんと!?

外国人の旅行では毎年人気の日本。
日本には年々海外からの観光客が増加の一途をたどっています
本コラムは外国人が日本のどんなところが好きなのか、好きなところをまとめてみました。

84efdea2ee4dedfdcad6aea075186e9c_s
プライドの高い人の特徴とは?こういう人は異性からモテない

プライドの高い人ってなんとなくはわかるけど一体どういう人?

よく考えたことはないですよね!なんとなく知り合いのあの人のこと?

ぐらいだと思います。今回はプライドの高い人の特徴についてまとめてみました。

ce442e41302ce26cfe58e21c0fc145f7_s
職場での人間関係!!女性の多い職場では悩みが多い??

女性が多い職場では女性特有の悩みを皆さん抱えている人が

多いのではないでしょうか??

女性が多い職場での人間関係の悩みは意外と共通していることが

多いことが分かりました。人間関係で悩んでいるあなたへ!!

48e7e81388348d797dcb11618921e48f_s

まずは換気を!部屋のカビの原因は部屋の中にあった

室内で湿気をどんどん出しておきながら「エアコン・除湿機・空気清浄機??」で湿気を取り除く考えは本末転倒です。
(空気清浄機に除湿機能はない)

<室内の湿気の原因は>

・洗濯物の室内干し(濡れた水分を蒸発で空気に出して乾く=室内湿度上昇)
・洗濯機、バス、トイレは湿気の原因となる水分が豊富
・ガスは燃焼すると沢山の水分を作る(灯油ストーブも同じ=灯油と同量の水分)
・換気が不充分(24時間換気扇があるはず。止めてませんか)

>玄関脇のお風呂(もちろん窓なし)部分からの湿気がすごいです。
換気扇を回し続けてください。ホテルで経験があるでしょう。

除湿機は除湿効果があります。しかしエアコンのほうが強力です。廃水を捨てる必要がなく熱は室外機に送られる。5万円~買えます。賃貸でも自分のために買いましょう。

引用元-湿気カビ対策には除湿機?空気清浄機? : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

スポンサーリンク

  人気記事

部屋のカビを防止する為のポイント!除湿機も効果大!!

カビを防止するには室内の湿度を60%以下に保つこと、掃除をこまめにする事、免疫力を付けておくことがポイント:

押入には物を詰め込まない、簀の子などを使用して風を通す、湿気取りを使う、ふすまなどを少し開けておく。家具と壁の間は隙間を広く取る。部屋の結露を防ぐ。
部屋の掃除をこまめにする(既にカビが発生している場合は、カビ胞子を部屋中に撒き散らす事になるので、掃除機は厳禁。カビ退治は手で掃除する。⇒
マスク、手袋、カビ取り剤、消毒用アルコール、漂白剤、雑巾、布、ブラシ等々を準備して、部屋の窓を開放して空気を流通させながら実施。浴室などではカビ取り剤、台所では消毒用アルコール撒布。

雨が降っていない限り窓を開けて空気を通す、換気扇を回す、扇風機で空気を循環させてよどみをなくす。家の窓を開けて換気を良くする。大事なことは風向きに合わせて家の両側の窓を開けて、風が家の中を通過するようにすること。一カ所の窓だけ開けても効果は弱い。雨の日に窓を開けると湿気を呼び込む事になるので雨の日は窓は開けない。
空気清浄機、除湿器の活用。湿度を65%以下にする。
※除湿器:除湿器は部屋を冷やす能力はないが湿気を取る効果は非常に高い。冬場の加湿器のシーズンが終わると、すぐに除湿器が活躍するシーズンになる。加湿器以上に長い時期大活躍する。特に、梅雨時は部屋の除湿の他、雨で干せない洗濯物の部屋干し乾燥にも使える便利な商品である。湿度は10%は下がり、5時間で約1.8リットル程度の水が取れる。これまでドライペットや水とりぞうさんを使用していたが、数ヶ月かけて一杯になったものが、わずか1日で満タンになるほどの除湿機能であるのには驚いた。

引用元-家のカビ対策 カビの害 かびの除去 除湿機の活用 夏型過敏性肺炎 副鼻腔真菌症 トリコスポロン アスペルギルス・フミガータス

部屋のカビには除湿機を!除湿機選びは用途に応じて選ぼう!

夏は多湿・冬は結露と年中必要な湿気対策。特に、梅雨時のジメジメ、帰って来て玄関を開けると「むんっ」とする空気、なかなか乾かない洗濯物……イヤですよね?また、湿気は放置しておくと、不快なだけでなくカビや細菌の発生原因にもなります。そんな問題を解消してくれるのが“除湿機”です。

最近は、花粉対策や大気汚染対策などで、室内に洗濯物を干す人が増えました。そんな現状を受け、各社とも衣類乾燥機能の開発に注力し、年々高性能になっています。さらに「除湿機」という製品名ではなく「衣類乾燥除湿機」に改名するメーカーも増えつつあります。

除湿機には、大きく2つの除湿方式があり、それぞれ長所・短所があるため、使い方によって適切なタイプを選ぶ必要があります。

引用元-除湿機の選び方のポイント [除湿機] All About

除湿機の除湿方式を知ろう!部屋のカビを退治して快適生活

■家庭用ではコンプレッサー式:

冷却方式で、エアコンと同じ原理。騒音が大きく、気温が低いときは除湿能力が落ちる。夏に強く冬に弱いデシカント式:吸着方式で、吸着性のローターを回転させ吸湿・再生を繰り返すもので、シリカゲルやゼオライト等を吸湿剤とし、ヒーターで再生する。再生時の高温・高湿の空気を室温の空気(吸湿後の空気)にて冷却し、結露させて回収する。騒音は小さく、気温が低い冬季でも能力が落ちにくい。夏に弱く冬に強いゼオライト方式=デシカント式:部屋の湿った空気がゼオライトに吸着され、乾燥した空気となって出ていき、吸着した水分は、ヒーターからの温風で水滴となり、タンクに溜まる。この繰り返しにより除湿を行います。ハイブリッド式:コンプレッサー式とデシカント式を組み合わせたもの

■機能の見方除湿量:

1日に除湿した量。除湿面積:除湿可能な面積。木造と鉄筋、プレハブに分かれる     鉄筋の方が面積が広いことが多い。

引用元-ダニやカビの季節! 除湿機で抑えよう [アトピー性皮膚炎] All About

除湿機を使用する際の注意点は?除湿機内部のカビはカビをまき散らす

<除湿機使用で注意する点>

●フィルターの清掃が必要

→除湿機にはフィルターがついていますが、フィルターの掃除を怠ると不潔です。
 フィルターには除湿の際にmホコリや花粉、ダニの死骸などが付いたりします。
 それを定期的に取って綺麗にしてあげないと、新たな汚染を広げてしまったり、
 除湿の性能が落ちたり、電気代が余計にかかるようになってしまいます。

●タンクの水の処理

→除湿機には、除湿した際に出た水を貯めるタンクがあります。
 最近では大容量タイプのものも多いですが、タンクの大きさが小さすぎると
 すぐに満水になって除湿が停止されてしまうため注意が必要です。
 (除湿機はタンクの水が満水になると自動で運転が終了します)
 

●フィルターのカビ対策

→カビを生えさせないようにしてくれるのに効果的な除湿機ですが、
 しっかりとした対処をしなければ、除湿機自体がカビの胞子をまき散らす
 事になるので注意が必要です。
  
 除湿した後そのまま切らずに送風運転で完全に内部を乾燥させてから停止させると
 内部が乾燥しているため、カビが増殖しません。
 一手間ですがこれでカビ対策として除湿機が安心して使えると思います。

引用元-除湿機でカビ対策!結露対策もできる?電気代って高いの? | 日々の出来事から

twitterの反応

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。