ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

部屋の中のカビ・・あなたの咳は風邪ではなくカビが原因かも!

      2015/10/04

部屋の中のカビ・・あなたの咳は風邪ではなくカビが原因かも!

最近咳が出て止まらない・・風邪をひいたかな~と思っているあなた。

もしかしたら部屋の中のカビがあなたの体を蝕んでいるかもしれません

ジメジメした季節はもちろんのこと冬の閉めきった部屋の中にも

カビは増殖していきます・・

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

夫が単身赴任で子供なしの夫婦が夫婦円満でいられるアレコレ

子育て世帯では夫の転勤が決まると、子供の就学や進学の状況に合...

妻の誕生日何も予定なし・・な時は手料理で喜ばせてみては?

妻の誕生日になにを贈るか毎年悩んでいる男性は少なくありません...

男性は好きな人の妄想をする生き物?男が妄想する言動とは

男性は妄想するのが大好きです。 身近な女性の何気ない仕草に...

結婚できない理由…別れを選ぶ人は男女の脳の違いを理解しよう

結婚はカップルにとって大きな変化の一つです。 結婚した...

娘の友達がわがまま!娘の親として対応はどうしたらいいの?

娘が仲良くしているお友達がわがままな子だったら…我慢している...

流産の確率が減る時期は?妊娠して気になる流産のことを調査

妊娠すると心配になってしまうのが流産の可能性です。 一般的...

女性で料理が上手!はなぜモテる?男は胃袋をつかまれると・・

モテる女性は料理上手が多いのはなぜなのでしょうか? 料理が...

男性はキスは好きでない子とでもできるの?男性の態度で分析

男性は好きではない子とでもキスできるという、女性にとっては耳...

夫の単身赴任と保育園!入園ポイントと知っておきたいアレコレ

夫の転勤が決まった時、保育園頃の子供のいる家庭では一緒につい...

子供にはテレビを見せない方がいい!?上手に付き合う方法は…

小さな子供の成長の為にはテレビは見せない方がいいと言われるこ...

夫が単身赴任!経験者のブログに学ぶリアルな夫婦関係とは…

夫の単身赴任が決まった時、あなたはどんなことが頭をよぎります...

夫の単身赴任が辛い…と考えるよりも考え方を変えてみては!

夫の単身赴任が決まり、別々の生活が始まることを考えると辛い気...

lineの放置で〇〇が消える?意外と知らない仕組みとは…

多くのユーザーを誇るlineアプリですが、密なやりとりに疲れ...

妊娠して将来が心配…大学生が考えるべき選択とすべき事とは?

妊娠・出産は人生の中でも大きな転機です。 しかしその妊娠を...

免許の返納は若者でも可能?違反が消滅するって本当なの??

最近は免許を自主的に返納する人が急増しているようです。 多...

スポンサーリンク

夏も冬も部屋にいると咳が・・それってカビの仕業かも・・

ジメジメとした季節になると、気になってくるのがカビ。雨が続くからと部屋干ししていると、家具や壁に生えてしまうこともあるので気をつけたい。除湿器などを使って湿度コントロールをしていう家庭も少なくないだろう。しかしそんな人でも、常に湿度の高いバスルームなどのカビは「仕方がない」とあきらめていたりしないだろうか?
実は近年、カビによる健康被害が問題になっている。人間はもともとカビや菌などの微生物を皮膚や口の中に持っているが、病気で抗生物質を飲むことでそれらの菌は殺されてしまうそう。そこに新たなカビ菌が発生、異常繁殖し、カンジダ症などの感染症になってしまうことがあると言う。
また、カビから放出された胞子を吸い込むことで、気管支ぜんそくやアレルギー性鼻炎、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎など、さまざまなアレルギー症状を引き起こすというので注意が必要だ。

引用元-原因不明の長引く咳、実はカビアレルギーだった?! – IRORIO(イロリオ)

カビのせいで咳が出る時は・・部屋のカビ退治を!!

カビが原因で病気になった場合、病院で診てもらったほうがいいです。
特に肺炎、気管支炎、ぜんそくは、きちんと診てもらうべきです。

それと同時に家のカビをきれいに取り除くことが大切です。
キッチン、風呂は当然ですが、それ以外にも畳、カーペット、布団、タンスの裏や下、ベッドの下、窓のサッシ、押し入れの中などにもカビが発生しやすいです。
また、エアコンや掃除機にもカビが発生しやすいです。

カビが発生しているのを見つけたら、すぐに掃除すべきです。
台所用の漂白剤(塩素系漂白剤)でカビを退治することができますから、そういったものを使ってきれいにしましょう。
エアコンはシーズンの使い始める前に半日くらい送風にするといいでしょう。

引用元-カビが原因で病気に!?~重症になる前にカビ対策を! | 病気知らずの体になる健康法〜40代・50代のための健康法!

部屋のカビに要注意!!アスペルギルス症の可能性も

カビの感染でおきる病気としては、真菌性肺炎、白癬菌による皮膚真菌症である、いわゆる水虫、カンジダによる食道炎や胃腸炎、クリプトコッカスによる髄膜炎などがあります。カビによるアレルギーは、喘息、アトピー、アレルギー性鼻炎などです。

カビによる感染症は、免疫が低下した人に多いですが、カビによるアレルギーや、カビによって起きる喘息やアトピーなどの症状悪化は、免疫力に関係なく起きえます。特にカビによるアレルギーで多いのが、「アレルギー性気管支肺アスペルギルス症」という病気です。

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の症状・治療法

喘息のようにつらい咳が続くアスペルギルスの症状

「アレルギー性気管支肺アスペルギルス症」は、アスペルギルスというカビによって起こる病気です。アスペルギルスは、身近な土壌にあり、植物、食べもの、粉塵、水を腐敗させる力をもっています。このアスペルギルスを吸いこむと、喘息のような症状が出てしまいます。

■アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の症状

湿った咳
ゼイゼイという喘鳴、喘鳴ひどくなると、呼吸困難
息切れ
微熱

気管支喘息と非常によく似ているため、検査を行い、診断する必要があります。

引用元-咳が止まらないのはカビのせい? 夏型過敏性肺炎など [アレルギー] All About

こんな咳が出た時は・・部屋のカビが原因の可能性が・・

こんな咳に要注意

1.旅行などで数日外泊すると治る
2.そういえば去年の夏も咳が止まらなかった
3.同じ職場で何人も咳をしている
4.最近引っ越しをした
5.風邪薬の効果があまりない
6.熱がないのに咳だけ激しくなった
7.症状が進み呼吸しにくくなった
エアコンは部屋の湿度を下げるためには有効だが、カビの発生原因でもある。エアコンを冷房状態から急に切ると中に水滴がたまりやすいからだ。エアコン使用開始10分で、エアコンの吹き出し口から平均250個最大1000個のカビ胞子が飛散しているという結果が出た。「カビの増殖を防ぐためにはエアコンを切る1時間前に送風状態にするとよい」という。同様に加湿器や空気清浄機、カーエアコン、全自動洗濯機などもカビの温床になることがある。

隠れカビ対策のポイント

1.調理中は必ず換気扇を使い調理後もしばらく回す
2.エアコンは冷房後、1時間ほど除湿や送風にしてから停止
3.家具の裏側に5センチほどのすき間をあける
4.帰宅後すぐに窓を開け喚気をする
5.洗濯物はできるだけ部屋干ししない
6.梅雨寒の時窓が曇ったらすぐ換気をする
7.風呂から上がったらすぐ排湯する

引用元-エアコン内部のカビと夏型過敏性肺炎の関係について

夜中に部屋で寝ている時の咳は・・布団のカビの可能性も

まず、夜中に寝返りを繰り返しながら布団の埃を吸い込むことは当然ですが、起きている時とは違い、呼吸による喉の渇きは無意識に起こります。

また鼻呼吸がし辛い人は口呼吸で更に喉が乾燥します。

これが夜中に咳が止まらない原因としては多いでしょう。日中は布団は掃除機で吸い取るようにし、夜は加湿した環境で睡眠するのが一番だと考えますが、ここで厄介な別の原因があります。

それは、空気中のカビの存在です。壁や加湿器の中にカビが発生したまま湿った空気にのって部屋中に広がることもあります。これも夜中に咳が止まらない原因として考えられます。

カビは埃のようには見えませんので一番厄介です。

根本的にカビを取り除く掃除や、カビを防ぐ対処をしなければなりません。明らかなカビが発生していて根絶できない場合は、肺に問題が起きる前に専門業者に除去依頼することが賢明です。あらゆる場所の清潔に配慮する必要があります。

引用元-咳が止まらない原因と対処法

twitterの反応

 - 生活

ページ
上部へ