結婚相手の条件は?幸せになるために考えておきたい大切なコト

みなさんは結婚相手の条件にどんなものがありますか?幸せな結婚生活を送るためには、外せない条件がいくつかあります。

年齢や時代背景によっても、様々な条件があるようです。そこで結婚相手の条件いついて調べてみました。結婚するためには何が重要なコトなのか見極めてみましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

夫の単身赴任が辛い…と考えるよりも考え方を変えてみては!

夫の単身赴任が決まり、別々の生活が始まることを考えると辛い気持ちになります。 しかしそれはあなただ...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増するようです。 また実際に離婚を選択す...

結婚はタイミング!逃した人も!?まだあるチャンスをつかめ!

女性は特に、男性も結婚のタイミングを逃したなどと話をすることがありますが、実際に逃したと思うのはどん...

彼氏と同棲!結婚前提だからこそ気を付けておきたい注意点!

彼氏と結婚前提に同棲すると言うことは、結婚へのフラグと感じる方も多いかと思います。 しかし結婚前提...

彼氏との結婚がどうしても不安…結婚に踏み切れない理由とは?

今の彼氏と結婚するかどうか迷っているのですか?その不安の原因はどこにあるのでしょう。彼氏はいるのに結...

女性の好意は視線で確認を!男性と女性の視線の違いとは??

女性と話している時、しっかり目を見て話をする女性に男性は ドキッとしたことがあるのではないでしょう...

遠距離からの結婚!仕事はどうする?女性の働き方について

昔は結婚すれば女性が仕事を辞め、家庭に入るというのが一般的でしたが、今は女性の社会進出により結婚が理...

好きな女性に告白したら保留…恋を成就させるためのポイント

好きな女性に、勇気を振り絞って告白したら、返事は保留…この保留というのはどのような心理が働いているの...

元彼の結婚・子供ができたの情報にショックな女性の心理とは!

昔と違い、今はネットやSNSの普及により元彼の近況や情報を見聞きする事が容易にできるようになっていま...

旦那は家事の手伝いどこまでしてる?円満夫婦が実践する分担法

皆さんの家庭では旦那は家事をどこまで手伝っていますか? 妻が共働き・専業主婦によっても違いますが、...

彼氏のことを好きすぎる。恋愛でそんな辛いことありませんか?

彼氏が好き過ぎる・・・どうしていいかわからない、苦しい、辛いといった人が付き合い杯めのカップルにはた...

もし好きな人に異性の友達がいたら!?あなたは嫉妬しますか?

好きな人はいますか?その人に異性の友達がいた場合、あなたは嫉妬しますか?嫉妬して愛をアピールするのか...

「結婚しよう!」となかなか言ってくれない彼氏…別れたい??

プロポーズの言葉を待つ彼女が待ちきれずにいます。「逆プロポーズ」も出来ないことはありませんが…やはり...

不妊治療で病院を変える時に知っておきたいポイント&注意点

不妊治療を病院で行っている方の中では、病院を変えるというのはよくある話だそうです。 かなりデリケー...

元彼の結婚にショックを受ける女たち…幸せになる為のポイント

もう何の気持ちもない元彼の結婚報告にショックを受ける女性は多いそうです。 そこには一度は好きなった...

スポンサーリンク

結婚相手の条件~男女総合

3位 癒されること 54.8%

3位にランクインしたのは「癒されること」。これも納得のランクインですね。「癒されること」は、男女ともほぼ同数の方が挙げた条件。そこに居るだけでお互いに癒される…それってやっぱり結婚生活には欠かせないポイントですね!

2位 思いやりを感じること 72.9%

2位にランクインは「思いやりを感じること」。72.9%と高い支持率ですが、このデータにも男女に開きが…男性の59.6%に対して、女性は80.4%と、20ポイント以上の開きがあるんです! やっぱり女性は男性以上に「思いやり」を求めているんですね~。男性の皆さん、この数字は胸に留めておいてくださいね!

1位 性格が合うこと 77.5%

1位に輝いたのは「性格が合うこと」。2位の「思いやりを感じること」をアタマひとつリードしての堂々の1位です。納得の1位ですが…実は、こちらの回答にも男女差があるんです。男性の66.8%に対して、女性は83.4%。やっぱり20ポイント以上の差です。
とはいえ、「性格が合うこと」、「思いやりを感じること」、「癒されること」のトップ3は不動…このアンケートの結果からうかがえるのは、皆さん、おふたりでいる時間を大切にされたいんだなぁ、ということでした。

引用元-独身男女に聞く、結婚相手に求めるものは?|アニヴェルセル 総研

今ドキ女子の結婚相手の条件は「三温」

フリュー株式会社が女子高生・女子大生443名を対象に実施した「将来像に関する意識調査」によると、「結婚相手に望む条件」について1人あたり3つ選択してもらったところ、最も多かったのは「優しい」(42.9%)でした。次いで、「自分のことをずっと愛してくれる」(34.8%)、「安心感がある」(25.7%)という結果に。
いずれも内面を重視する傾向がみられました。イマドキの若い女性は、自分自身を温かい気持ちにしてくれる「三温男子」を結婚相手として望んでいるようです。
ちなみに、かつて女性から引く手あまたであった「3高男子」については、「高身長」(17.6%)が7位、「高収入」(10.8%)が10位、「高学歴」(0.9%)が19位でした。
ハイスペックな男性はほかの女性からの誘惑が絶えないもの。自由に使えるお金が多い分、浮気や不倫の可能性も高くなります。
見栄やプライドのために高望みをしてハイスペックな男性を狙うのであれば、自分を一途に愛してくれる、気の合う相手と結婚した方が幸せ、と考える人が増えたのかもしれませんね。

引用元-イマドキ女子が結婚相手に望む条件「三温」とは? | ハナクロ

時代によっても変わる結婚相手の条件

オリックス生命保険が2012年に実施した「節約生活とプチ贅沢(ぜいたく)に関する実態調査」の結果、女性が結婚相手の男性に求める条件が「4低」に変わったことがわかりました。求めるものが「高」から「低」になり、条件が4つに増えたことが注目されました。

●「低姿勢」…女性に威張らない
●「低依存」…家事を女性に頼らない
●「低リスク」…リストラされない
●「低燃費」…節約できる

その名も「4低男子」。「4低」を満たす男性は以前の条件よりも多く、結婚相手のターゲットが広がると言われました。

引用元-今結婚したいのは”3生男子”かつての三高男子や四低男子にかわる新条件とは | by.S

そして今は「3生男子」
不景気でいつ何が起きるかわからない現在は、女性が結婚相手の男性に求める条件が「生」の文字で始まることから、「3生男子」と呼ばれています。

●生存力…予期せぬ出来事に直面した時に、生き残れる
●生活力…ひと通りの家事ができ、精神的にも経済的にも自立して生活できる
●生産力…予期せぬ出来事に直面した時に、立ち直れる精神力と必要な人脈や人望を持っている

要するに、結婚相手には「サバイバル力」が必要だと考える女性が増えているのです。

引用元-今結婚したいのは”3生男子”かつての三高男子や四低男子にかわる新条件とは | by.S

絶対幸せになれる結婚相手の3つの必須条件

感情の起伏が激しくない

いつも穏やかな人、感情にアップダウンがないというのは、男性としてポイントが高い。「穏やかな人なんてどこにでもいる」と思いがちですが、これがなかなか、いないものなんです。機嫌がいい日もあれば、悪い日もあるのが人間。機嫌が悪くなりそうな状況にあっても、穏やかにいられる人は、実はそう多くはいません。
また、穏やか過ぎると物足りないんじゃないか……という思いも出てきそうですが、結婚するとなれば、穏やかな彼となら、間違いなく、安定した生活が送れます。

引用元-【婚活】必ず幸せになれる「結婚相手」の必須条件3つ(1/2) – mimot.(ミモット)

ストレスコントロールができる

ビジネスマンは多かれ少なかれ、何かしらのストレスを抱えているもの。でも、そのストレスを上手にコントロールできるかどうかは、一緒にいる相手としては重大問題。ストレスコントロールが自然とできる男性ならば、こちらが気を遣うことも、心配することも少なく、安心して見守っていられます。

引用元-【婚活】必ず幸せになれる「結婚相手」の必須条件3つ(1/2) – mimot.(ミモット)

よく食べる(生命力)

「男子って、弱いんだよね。へこたれるのが早い」「しっかり食べて、生命力を感じる男性じゃなきゃダメ!」と言うのは、毎日、深夜まで仕事をする、バリバリの営業女子。やはり、食の細い男性は、生命力も弱め。へこたれるのも早い人が多いようです。
そして、弱い男性は、仕事の結果もイマイチとか……。男性部下を何人も抱える彼女のことばには説得力があります。
仕事をするにも、子孫を残すにも、生命力は必須。そして、生命力を感じる男性は、やっぱり、よく食べています。

引用元-【婚活】必ず幸せになれる「結婚相手」の必須条件3つ(2/2) – mimot.(ミモット)

結婚後意外と気にならない相手の条件

1:イケメンかどうか

「イケメンかどうか、という基準ではなく、毎日顔を合わせていても飽きない顔かどうか、という基準を持ったほうが、いいように思います」
結婚生活というのは「毎日のこと」なので、たしかにイケメンより「飽きない顔」を選んだほうがいいかもしれないですね。いろんな意味を込めて「美人は3日で飽きる」と言われますが、イケメンだって3日で飽きる……ということになれば、結婚生活は「もたない」ですもんね。

2:年の差

「私が33歳で、旦那は10個下の23歳です。最初は、世間体が……と気になっていましたが、こういうのは慣れです。慣れたらどうってことありません」
私が65歳の時、彼はまだ55歳だから、私の老後は比較的安泰だと、恵美さんは笑っていましたが、まあこういうのも考え方ひとつってことでしょう。

3:結婚するときの彼の年収

「結婚当初の彼の年収など、ハッキリ言って、どうでもいいことです。転職すれば給料が上がることもあります。年功序列の会社に彼が勤めると、毎年わずかでも給料は上がります。もしも彼がサラリーマンを辞めて自営になれば、まったく話は変わってきます。もしも彼の年収が低く安定してしまっても、遺産相続などの話もいずれ出てくるので、彼の年収だけにこだわるのは、やめたほうがいいと思います」

引用元-結婚相手の条件で「妥協しても意外と問題なかった」4つのこと – LAURIER (ローリエ)

twitterの反応

https://twitter.com/koi_heartlove/status/674742888304128000


https://twitter.com/sakko_o/status/672941984865103873
https://twitter.com/nishinanntoka/status/673707391007895552


https://twitter.com/kurumi_tezuka/status/671855818560573440
https://twitter.com/mkt0_isu/status/671661859682955264
https://twitter.com/ohshidashi/status/671616036928487424