ストレス症状でくしゃみが止まらない!症状の原因・解消法

風邪や花粉症でもないのにくしゃみが止まらなくなったことはありませんか?

その症状は、日ごろのストレスの積み重ねからきている可能性があります。

つらい症状を緩和させるためにも、くしゃみの出る原因や予防法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

肩こりマッサージでもみかえし!これっていいの?悪いの?

肩こりを解消しようと、整骨院やマッサージ店で施術をしてもらうと、筋肉痛のような痛みがきたことはありま...

免許証の紛失~番号悪用で実際にあった事例と未然に防ぐ方法

免許証にはあなたの個人情報にもつながる番号が記載されています。 紛失した場合、悪用されてしまったと...

ジョギング・ランニング・マラソン!一体どういう違いがある?

今回はジョギング・ランニング・マラソンについて調べてみました。 マラソンのためにはまずジョギング・...

旦那の小遣いはいくらが妥当?旦那の小遣いの使い道って??

世の中の旦那さんにとって一番切実な問題・・【小遣い!!】 旦那さんはもっほしいと思っていても奥さん...

エステの体験コースは勧誘なしの優良サロンを!賢く選ぼう!

エステの体験コースはお安く高い技術を試すことができるので、ぜひ体験してみたいものです。 ただエステ...

頭皮の乾燥が・・シャンプー後のケアが重要な理由とは??

顔や体だけでなく頭皮も乾燥することをご存知ですか?頭皮が乾燥することで様々な悩みの原因にも… そう...

交通事故における過失割合の疑問!?駐車場内の事故の場合は?

狭いエリア内に多数の自動車が集まる駐車場は、事故が起こりやすいポイントでもあります。走行中か停車中か...

神社の参拝の作法は?初詣直前!知っておきたい日本の伝統

神社に参拝する時の正式な作法を知っていますか?普段あまり訪れることも少ない神社は、神聖な場所として様...

子供の口臭!2歳でもお口が臭う・・気になる原因と対策

今まで気にならなかったのに、2歳児頃になると急に口臭が気になりだすと言うことがあります。 子供の口...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音によるトラブルです。 自分では騒音と思...

友達からの嫉妬はめんどくさい!友達?敵?上手に回避する方法

仲良くしている友達から嫉妬された事はありませんか? 友達からの嫉妬は人間関係をめんどくさくしてしま...

日本の新資源!メタンハイドレートって何?夢の国産資源!!

最近ニュースでよく見聞きするメタンハイドレートをご存知ですか? このメタンハイドレートで日本の資源...

ストレス発散にゲームは効果的な半面・・ポイントと注意点!

ストレス発散の方法の一つとして、ゲームをするということがあります。 ゲームをすることでリラックスで...

体脂肪を落として女性モデルのような体型になりたい人へ!!

あなたは体脂肪を落として女性モデルのような体型になりたいですか? 女性はモデルのような体型に憧れる...

エアコン掃除は自分でできる!?節約ピカピカ掃除のポイント!

エアコン掃除は業者に頼むものと思っている方も多いようですが、実は自分で掃除することができます。 自...

スポンサーリンク

ストレス症状でくしゃみが止まらなく事がある!

実はストレスでもくしゃみや鼻水が出ます。鼻は自律神経が通っています。

ストレスを感じている人は自律神経を乱しますから、鼻も自律神経の乱れを受けて悔やみや鼻水が止まらなくなる場合があるのです。

またストレスが原因の場合は、身体の別な部位も不調を感じます。

くしゃみや鼻水に加えて以下のような症状が出る人は、ストレスが原因かも知れません。

1. うまく眠れない。

2. めまいや頭痛を感じる。

3. 慢性的な肩こり。

4. 顔の火照り。

5. なんとなく全身がだるい。

引用元-くしゃみと鼻水が止まらない!7つの原因や対処法をチェック! | ヘルスケアPOCKET【病気の症状・原因・治療法を解説】

朝起きたら、風邪でもないのにくしゃみが止まらない・・そんな症状を訴える方もいるようです。ストレスを強く感じていたりすると、自律神経が乱れ、くしゃみの症状が現れるパターンもあるようですね。原因がわからずに悩むひとも少なくありません。

これは、朝の目覚めとともに、副交感神経から交感神経へ、自律神経のスイッチのようなものが切り替わるときに起こると考えられている自律神経の乱れのようです。このスイッチのバランスが、ストレスによって崩れてしまい、くしゃみといった不快な症状になるわけです。

引用元-【ストレスの症状】その不調、ストレスのせいかも!今すぐ知りたい!ストレスの4つの改善策とは|welq [ウェルク]

ストレス症状としてくしゃみが止まらなくなるメカニズム

交感神経優位が引き起こす病態

ストレスを受けると、自律神経は、交感神経が優位となり、それを乗り切るための反応が起こります。長期化すると、交感神経が継続的に優位な状態となり、様々な障害をお越し、病気を招きます。

引用元-病気発症のメカニズム⑤継続的な交感神経優位による弊害 – からだを丸ごとケアするー自然堂

鼻の症状は自律神経に強く支配されています。自律神経には交感神経と副交感神経があり、両者のバランスで身体機能をコントロールしているのですが、鼻については、交感神経が働くと鼻は通り、鼻水が止まります。副交感神経はこの逆です。
ストレスがあれば交感神経が働き、リラックスすれば副交感神経が働きます。この切り替えは一瞬のうちにでも起こります。
誰でもこういう傾向はあるのですが、症状が強く現れる人は「鼻の過敏性が高い」という言い方をします。


引用元-土日になると、くしゃみ・鼻水がひどくなる。鼻炎?精神的なもの? – 病気 解決済 | 教えて!goo

ストレス症状のくしゃみが与える影響

たかがくしゃみと思うかもしれませんが、くしゃみが止まらず何度も繰り返すと自分が思っている以上に体力を消耗するものです。くしゃみが体に及ぼす影響として、体力の消耗や集中力の低下、また時には肋骨骨折なども引き起こしてしまう場合もあるのです。妊娠中の女性はくしゃみで腹圧がかかる事によりお腹が張ってしまうという事もあります。このようにくしゃみと言えども長引く場合は油断できません。体に影響を及ぼすぐらい症状がひどい場合は医療機関を受診するようにしましょう。

他人に与える影響

くしゃみをする上で気をつけたいのが飛沫感染です。花粉症などのアレルギー性鼻炎や温度差が原因のくしゃみの場合は他人に感染する危険はありませんが、体に入ってきたウイルスを外に出そうとする体の防御反応でもくしゃみはおこります。ウイルスが原因の場合は他人に感染する可能性があるのですが、感染経路としてくしゃみによる飛沫感染があげられます。ウイルスに感染した人がくしゃみをすると約1m~2mの距離にまでウイルスが飛散すると言われているのです。くしゃみだけではなく発熱などの症状がある場合は他人に感染させないためにもエチケットとしてマスクを着用するようにしましょう。

引用元-くしゃみが止まらない時の原因と2つの解決方法 | いしゃまち

ストレスからくるくしゃみの症状を緩和させる方法

・薬を飲む

どうしても止まらない時は、薬を飲むというのも一つの手です。

花粉などが体内に侵入して発生する、ヒスタミンを抑える効果のある薬を服用しましょう。

薬が聞いている間はヒスタミンが作られるのを防ぐことができるので、くしゃみが止まります。

・鼻の下を刺激する

くしゃみが出そうになるのを止めたい時に、使える方法です。

鼻と上唇の間を指で抑えることで、くしゃみ中枢に刺激が伝わるのを防ぐことができます。

しかしでそうになる時に抑えても、くしゃみ中枢に刺激が伝わってしまった後なので止まりません。くしゃみを出したくない時は、くしゃみが出る前におしましょう。

・ツボを押す

くしゃみがたくさん出る時は、効果のあるツボを押すことで症状を抑えることができます。

迎香(げいこう)

鼻の両脇にあるツボです。鼻の様々な症状を抑える効果があります。

薬が飲めない状況などで押すようにしましょう。

引用元-くしゃみが止まらない4つの原因とは!止め方などを紹介! | Hapila(ハピラ)

くしゃみが止まらない…ストレス症状を予防する方法

ストレスをためず、規則正しい生活を心がける

アレルギー性鼻炎の場合は、体の抵抗力が落ちると症状もひどくなりやすいです。
ですから、日頃から規則正しい生活を心がけてストレスを貯めすぎないように注意しましょう。
仕事などで忙しい場合は、休日はゆっくり休むことを心がけてください。
無理をして動き回ると、今までは大丈夫だった場所でもくしゃみが止まりにくくなるかもしれません。

引用元-くしゃみが止まらない原因とは? 対処法や予防法をご紹介します。 | 川村耳鼻咽喉科クリニック『耳寄り通信』

ストレスと上手につきあうには、まず毎日の生活習慣を整えることが大切です。バランスの取れた食事や良質な睡眠、適度な運動の習慣を維持することが、こころの健康の基礎固めになります。

睡眠は1日5時間以上とるようにする。4時間未満の睡眠だと精神障害の発症率が急激に高くなります。
睡眠の質を高めるには決まった時間に寝るそして起きるようにする。午前中に太陽の光をあびると15時間後に体内にメラトリンというホルモンが作られ、睡眠と覚醒のリズムを調整し、夜自然と眠くなるよう作用します。

食事:

・ゆっくり噛んで食べる⇒脳の働きを活性化
・野菜から食べる⇒急激な血糖値の上昇、降下を避ける
・炭水化物の過剰摂取を避ける⇒ストレスホルモン分泌
・間食、スナック菓子は減らす
・焼酎、ウイスキーは糖質を含まない。赤ワインは糖質が少ない。

また、ストレスがたまったときの対策として、リラックスできる時間を日常生活の中にもつことも大切でしょう。ゆっくりと腹式呼吸をする、ぼんやりと窓の外を眺める、ゆったりお風呂に入る、軽く体をストレッチする、好きな音楽を聴くなど、気軽にできることをまずやってみましょう。

引用元-心の健康とストレス予防

twitterの反応


https://twitter.com/HEARTBEAT1979_F/status/689772382962069505


https://twitter.com/8x7x5/status/613047660795203589


https://twitter.com/naruseyura/status/433187424068333568


https://twitter.com/asahina_mukade/status/18124056773