勉強のノートのまとめ方は?達人が教えるノートのとり方とは?

勉強のノートはみなさん先生が黒板に書いたことをまる写しする人も多いと思います。

しかし頭のいい人やノートのまとめ方の達人は色々な自分ルールが存在するのです。

これを知ればあなたはもっと成績が上がるかも!、試験に合格するかも!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大学生の就職方法のひとつ「推薦」。就活前に要チェック!!

就職活動の開始時期が3ヶ月遅くなり、スケジュールが大幅に変わる2016年卒の大学生の就活。なにも就職...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでしょうか? 比較的大きな企業であれば、ま...

大学への編入の難易度は?大学へ編入というもうひとつの道!

皆さんは大学への編入という通常のセンター試験での合格とは違う方法が あることをご存じでしょうか。 ...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増える中、最近は部活の拘束時間の長さを問題視...

就職に資格は必要??就職に本当に有利に働く資格とは一体何?

就職活動は情報が命!皆さん就職に有利に働く情報を求めていると 思います。その中でも資格は皆さん必要...

留学の大学選び!おすすめの国とは?国から留学先を選ぼう!

大学で留学を考えているなら、志望校を決める段階からチェックしておくことがおすすめです。 各大学で、...

幼稚園入園予定の子供がいる方!ママ友付き合いに疲れる前に!

ドラマにも描かれ、話題になった「ママカースト」なる言葉。実際にママ友トラブルに疲れて転園する人もいる...

日本語の勉強に最適な日本の歌は?海外で話題のJ-MUSIC

日本語は世界の中でも習得するのが難しい言語と言われています。 そこで難しい日本語の勉強にオススメな...

中学生が勉強のやる気を出す方法!勉強好きになるメカニズム

中学生になると、勉強の範囲も広がり難易度も格段に上がっていきます。 そんな中、子供がなかなか勉強し...

子供が勉強せずイライラしてしまう!そんな時に見てみて下さい

他人の子供に勉強を教えるのはイライラしないんだけど自分の子供だけは別!! 勉強しないし、教えてもこ...

英語の勉強を独学で効果的にする方法は?おすすめ勉強法!!

みなさん英語をしゃべれるようになりたいと思いませんか? しかし英語の勉強といっても独学でやるのはす...

学校で人気の髪型は?メンズヘアのポイントとアレンジ方法

学校でも髪型を楽しむオシャレメンズが増えています。 しかし学校には校則という厳しい縛りも・・・そこ...

勉強する場所は家以外の方がいい!?またその理由は??

みなさん勉強するときに場所はどこで勉強していますか?? 家はもちろん、学校やファミレス、図書館で勉...

将来なりたい職業がない大学生必見!!みんな悩んでいます!!

大学生も後半になるにつれて就職という大きな悩みが出てきます。 将来就きたい職業がない、わからないと...

日本語の勉強に外国人にオススメのドラマ!上達の近道とは?

日本語の勉強をするのにドラマを活用しているという外国人は多いようです。 会話やストーリーから活きた...

スポンサーリンク

勉強ノートのまとめ方の達人が教える!ノートのまとめ方で成績が・・

ノートの取り方の必勝法。

 私が長年考え続けてきたテーマです。
 『1分間ノート術』では、ノートの取り方の「正解」について、あなたに詳しく伝授しています。

 中学生、高校生から、社会人の方まで、ノートを取る機会は、ほぼ毎日あります。
 にもかかわらず、「ノートの取り方の必勝法を知らない」「ノートの取り方なんて、考えたこともない」という方がほとんどなのです。

 あなたの頭のなかがぐちゃぐちゃだとしたら、それは、ノートの取り方がぐちゃぐちゃだからです。

 同じ授業を受けて、成績が上がる人もいれば、上がらない人もいます。

 ノートに書いている内容の違いが、成績の違いを生み出しているのです。
 いつもあなたの手元にあるにもかかわらず、ノートの使い方を学ぼうとしたことは、人生でほとんどないはずです。

 そう。まさに、勉強法の「盲点」とも言える部分が、「ノート術」なのです。

 ならば、この「盲点」を克服することで、あなたの頭は、いきなりよくなる可能性を秘めているのです。

引用元-仕事や勉強が捗る「ノート術」の極意とは? (SBクリエイティブOnline) – Yahoo!ニュース BUSINESS

勉強ノートのまとめ方の達人が教える!ノートは右だけ?

ルーズリーフの「右側だけ」しか使ってはいけない

 ノートは、右側しか使わないようにしましょう。

 「え? それはもったいない! 何を考えているんだ。左側を空白にするなんて」と思う方も、きっといるでしょう。
 「それは、石井さんがお金持ちの家庭に生まれたからであって、貧乏な僕には合わないやり方です」と反発する方が現れるかもしれません。

 成績が上がらない方は、勉強するときに「もったいない」という言葉を使います。
 成績が上がる人は、「お金をかけてでも、最速で成績を上げよう」とします。

 「ノートは、ぜいたくに使うものだ」と考えを改めましょう。

 復習しやすいようにするために、余白だらけで使うのが正しいノートの取り方です。

引用元-仕事や勉強が捗る「ノート術」の極意とは? (SBクリエイティブOnline) – Yahoo!ニュース BUSINESS

勉強のノートは綺麗に!ではなく後で読み返してわかるようなまとめ方を

「あとから読み返しやすいように、まとめる」・・・これをつねに意識することが、
ノートのまとめ方のポイントです。

そのほか、よくあるノートのまとめ方としては、中央に線を引いて半分に分けるやり方があります。左側に用語、右側に解説などを書きます。または上下で区切って、上に先生の板書、下に調べたことでもいいですし、左ページに板書、右ページに調べたこととか、自分の考えを書き込むという方法も面白そうです。

大学ノートには、上に余白があるので、ここに重要な用語やキーワードを、とりあえず書いておくと、あとから清書しやすくなります。

授業中のノートのまとめ方は、ざっとこんな感じになります。
板書主体の場合は、授業中に完成しますが、話主体の場合は、できるだけ時間をおかずに、別のノートに清書して書き直すことがポイントです。

人は記憶したことを、1時間後には56パーセントも忘れてしまいます。
もしあなたが大学生なら、授業が終わったあとに図書室に行くなりして、まとめノートを作るといいと思います。この行為は、同時に復習にもなるので、長期記憶になりやすくなります

引用元-ノートのまとめ方の「上手なコツ」とは? | 勉強方法と受験の対策サイト

文系科目の勉強ノートのまとめ方は5W1Hを意識して!

「大事なのは歴史を5W1Hで
語れるようになることだよ」
だそうです。


「いつ、どこで、誰が、
なにを、なぜ、どのように?」


といった自分なりの歴史のまとめ方を
ノートに明記しておけば、
歴史の科目も退屈では無くなります。


ただ板書や教科書の内容をコピー
しているだけの勉強方法では
脳が刺激を受けません。



仮に記憶が定着したとしても、
そのやり方では歴史の時系列を
把握することが難しくなります。


例えば、「織田信長」という名前は
暗記出来たとしても、彼の部下や政策、
その後の経過などが脳にインプット
されずに終わります。


学校の中間テストは丸暗記で対処
出来ますが、学校以外の模試や受験に
おいては、人物名を答えるだけでは不十分です。


まとめ方の基本は国語の5W1Hであり、
自分なりのお話を作る事で前後関係の
把握が捗ります。


引用元-【ノートまとめ】歴史の勉強効率が飛躍的に向上するまとめ方法! | 勉強のやる気と成績が上がるサイト

ご参考に!勉強ノート併用で携帯アプリを使う達人も

私の学習ノートのポイントは、5つあります。
①色使いに気を使い、右脳で覚えるように努めました。
②ノートというものは使わず、SHOT NOTEというメモ用紙を使用しました。
このSHOT NOTEというのは、四隅に■があり、スマホで撮ると、歪みを補正してくれるというものです。専用のアプリをダウンロードします。メモ用紙という特性上、1枚ずつバラす事が可能になります。
③SHOT NOTEに記載したものは、原紙を壁に貼ったり、スマホで撮影した画像をA3に拡大印刷したりして、家の壁、ふすま、トイレに貼りまくり、着替えながらでも、歯磨き中でも眺める事で暗記するようにしました。
④SHOT NOTEでスマホに撮影した画像は、親指一本でスライドする事が可能。満員電車でも何回も見直しました。仕事中の商談待ち時間などの、ちょっとした隙間時間にも復習する事ができました。
⑤問題を解くうちに、「ここでこんなひっかけがある」と気づいた事は、すぐ壁に貼っている原紙に書き込みました。「○○だ」と覚えるだけでなく、 「■■ではない!」と覚える事で、記憶を定着させました。


引用元-自分流!学習ノート整理術!キャンペーン 第9弾結果発表 – 資格の総合スクール – LEC東京リーガルマインド

一味違う!勉強が出来る人の勉強ノートの中身は??

講義終了後、思い切って尋ねてみた。「講義中あまり真剣にノートを取っていないようだが、何か私の板書の内容に不満でもあるのだろうか」。すると、意外な答えが返ってきたのである。
「ノートに覚えさせてもしょうがない」
「先生の板書を写し、家に持ち帰り、復習することは大切だと思います。ただ、ノートにすべてを書き写すことが重要だとは思いません。生物の知識をひたすら書き留め、ノートに覚えさせてもしようがありません。
だから僕は、講義で聞いた内容で論点となりうるポイントや疑問点のみをノートに自分なりの言葉でまとめるようにしているのです。今日の講義で言えば、大腸菌の細胞壁に関する話に興味がわきました」
半分納得、半分不可思議という感覚で、少し首をかしげながら、私は彼のノートの中をちらっとのぞいてみた。すると、私の書いた全板書量の20分の1程度の筆記量で、私の板書の骨組みだけをまとめたのか、落書きのような図解が記されていた。

引用元-できる生徒は「ノートの取り方」が型破りだ | 深掘り!医学部入試の知られざる世界 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

医学部受験対応の講義では、基本的に合格のために必要で重要な事項が話されているはずだ。ただ、話され板書されるすべてが同じ比重で重要なのではない。それを鋭い嗅覚で必要、不要に峻別すること、この能力はかなり高度なものである。
そしてこの能力は、受験生ならぜひとも身につけたい能力、武器の一つである。誰に教えられたのか、それとも自分で気づいたのか、彼はまさにそれを実践していたのである。
ちなみにこの彼、その後難関私立医学部に苦もなく進学して行った。

引用元-できる生徒は「ノートの取り方」が型破りだ | 深掘り!医学部入試の知られざる世界 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

twitterの反応

https://twitter.com/yr_063/status/658107700237103104


https://twitter.com/temple_god/status/652048428952764417
https://twitter.com/ksh_h02/status/641339995169538049
https://twitter.com/bunnybunbymina/status/638691321243242496


https://twitter.com/rsk1125/status/651286745670008832