化粧水と乳液の違いは一体何??片一方しか使っていない人へ!

化粧水と乳液は今まで生きてきて使ったことのない人はいないと思います。

しかし化粧水と乳液って同じような役割なんじゃないの??

意外とそれぞれの役割を詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか?

化粧水と乳液の違いについて調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

名前の診断でキラキラネームと言われた!あなたの子供は?

ちょっとした社会問題にもなっている名前診断、あなたはご存知でしたか?キラキラネームって何なの?あなた...

腹痛からくるストレスの治し方は?つらい症状の効果的な改善策

急な腹痛や下痢症状の原因は、ストレスからくることが多いようです。 そのままにしておくと、体調・精神...

スポンサーリンク

化粧水と乳液の違いは何か?美容液は?

「化粧水」が失われた角質の水分を補給するのとは異なり、
「美容液」は潤いを与えるだけでなく、肌のみずみずしさを保つ働きがあります。(保湿系美容液)
また、「乳液」は適度な油分を含み、皮膚からの水分発散を防いでくれる役割がありますが、
「美容液」は油分を中心としない保湿成分が多く含まれています。
そのため、使用する際は「化粧水」→「美容液」→「乳液」の順に使うのが正解。
1)「化粧水」→「水分補給」2)「美容液」→「贅沢な保湿成分」3)「乳液」→「水分の発散を防ぐ」

ただし、アンチエイジング成分に特化した美容液は保湿成分が少ないため、下記の手順が一般的です。
1)「化粧水」→「整肌化粧水」2)「美容液」→「贅沢なアンチエイジング補給」3)「保湿クリーム」→「たっぷり潤いを」

引用元-化粧水や乳液との違い – 美容液の効果がわかる

化粧水と乳液にはそれぞれ役割の違いがある

化粧水はヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分を含みますが、化粧水の多くは水分からなるため、肌に潤いを与えるのが基本的な役目。

もう1つの役目は、肌に入った化粧水の潤いが道すじを作ることで、次に使う化粧品の浸透を高める呼び水にもなるのです。

化粧水を浸透させるために、少し時間を置いてから次の化粧品をつけるという人もいるかもしれませんが、化粧水で与えられた潤いは時間とともに蒸発してしまいます。

ですので、化粧水を潤いの道すじができたら、水分蒸発を防ぐためにもなるべく早めに次の化粧品を使った方が良いでしょうね。

引用元-化粧水・化粧液・美容液・乳液の違い

サラッとした感覚が心地良いから、化粧水だけでスキンケアを終わらせている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも、保湿をするたに化粧水だけを使用しても、やがて潤いが蒸発して、せっかくの美容効果も半減ということになってしまいます。

だから化粧水をつけた後は乳液の油分を補ってフタをしましょう、というのはよくある話ですよね。

乳液でフタをするといえば、油分でベタベタするイメージを持っているかもしれませんが、実際は、油膜で肌にフタをするイメージとは少し違います。

乳液の油分というのは、角質のすき間を埋めるセラミドという保湿物質の働きをサポートすることが主な役割。

乳液の油分とセラミドとの共同作業で、角質のすき間を埋めることで肌バリアの機能が強化され、化粧水の水分蒸発を防ぎ、美容液の美容成分も肌の中に長くキープさせることができるのです。

引用元-化粧水・化粧液・美容液・乳液の違い

化粧水と乳液はどちらにお金をかければいいの??

実のところ、お金をかけるなら、断然化粧水です。
乳液の役目とは、洗顔で失われた油分を補うこと。
肌の水分量をとどめておくために、乳液は欠かせません。
しかし、乳液の効果は、スキンケアの後、せいぜい1時間ほどです。
では、1時間後はどうなるのかというと、乳液の代わりに、皮脂が分泌されるのです。
この天然の皮脂こそ、最高の乳液です。
世界中のどんな高級な乳液も、この皮脂にはかなわないのです。
私たちは最初から、最高級の乳液を手にしています。
その一方、化粧水は違います。
「化粧水は水みたい」と思って、感触だけで判断するのはよくありません。
水のような化粧水ですが、実は高度な成分と技術が使われています。
化粧水は、保湿成分の品質が重要です。
コラーゲンよりヒアルロン酸のほうが保湿力も強く、ヒアルロン酸よりセラミドのほうが保湿力もあります。


引用元-化粧水と乳液。お金をかけるならどちら? | スキンケアの悩みが解決する30のポイント | HappyLifeStyle

乳液にも色々な種類がある!その違いは?

乳液の種類

乳液の種類は、「保湿乳液」、「UV乳液」、「ティント乳液」の3つにわけることができます。
保湿乳液は、いわゆる一般的な乳液全般のことです。UV乳液は、乳液の保湿効果に美白効果を加えた乳液です。具体的には、紫外線をカットすることと、メラニンの合成を抑えてしみやくすみを防止するWの効果を謳うものが多いようです。

ティント乳液は、乳液の保湿効果に化粧下地としての役割を加えた乳液です。スキンケア後にメイクをする場合、メイクの工程を短縮でき、とても便利です。中には、紫外線をカットする効果のあるものもあります。

乳液の効果的な使い方

乳液は、基本的に洗顔後のスキンケアには毎回取り入れることをオススメしますが、脂性肌の方ならTゾーンには少な目にするか、つけなくてもよいと思います。また、ケア後にメイクをする朝と、ケア後に就寝する夜でタイプの異なる乳液を使い分けるのは効果的です。

引用元-「乳液」の効果と種類について | スキンケア大学

化粧水の役割とお肌への効果は?

洗顔後、手やコットンに化粧水を取ってお肌に浸透させている事と思います。

じっくりゆっくり浸透させると、お肌がじんわりとヒンヤリした感覚になるので、化粧水の水分が浸透して行くのが分かると思います。

しかし、お肌の奥まで浸透している訳では無いのです。

そもそもお肌の構造は、肌表面が角質層その下が真皮と呼ばれています。

真皮の部分は肌の肌たる弾力や組織がある部分で、生きた細胞核を持つ肌細胞が活発に活動しています。

では、角質層はどんな構造をしているのかと言うと、細胞核を持たない皮膚細胞、つまり細胞の死体で積み重ねられた層と言う事になります。

この角質層自体は生きては居ないので、常に水分を補給したり油分を与えたりしないといけないのです。

角質層を繋いで肌の弾力を生んでくれているのが細胞間脂質と呼ばれるセラミドで、これが不足すると肌がガサガサになったりシワになりやすくなったりするのです

引用元-●化粧水と乳液の違いを知りたい!:健康に関するコラム

twitterの反応

https://twitter.com/aqua_rennka/status/648833075078520832


https://twitter.com/aimer0t/status/638697175011102721


https://twitter.com/6002themicky04/status/626626371981213698