子供が友達と喧嘩!子供同士の喧嘩に仲裁に入るべきか否か?!

子供さんが友達と喧嘩をしてしまいました。親として仲裁に入りますか?
仲裁したために起きるトラブルもあるかもしれません。
親としてすべきこと、してはいけないことは何か?
今回は喧嘩の仲裁について調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子育てでイライラしている妻に夫ができる上手なサポートとは…

子育て中の妻が常にイライラしていると感じている旦那さんも多いことでしょう。 子育ては旦那さんが思っ...

年金の平均額!共働きのパターン別、老後の生活設計について

65歳を超えると年金が受給できるようになります。もらえる金額は様々で、働き方や扶養によっても変わって...

朝の満員電車でめまいが…最近体調がおかしいと感じる人へ

朝の通勤ラッシュ時、満員電車に乗るとめまいが…なんて経験はありませんか? 毎日のようにめまいが続く...

ストレス発散に音楽を!心の癒しや安らぎを与える音楽とは…

ストレス発散の方法として音楽を日常に取り入れている方が多いようです。 好きな音楽を聞いたり、心に効...

アルバイトの求人募集に電話するとき緊張しない方法は??

アルバイトの求人募集に電話するときって緊張しませんか?どうして緊張するの?どうすれば緊張しないで話せ...

部屋掃除は捨てることから始めよう!キレイな部屋を保つコツ

部屋掃除は捨てる事から始まります。いくらキレイにしようとも物が溢れていては、いつまでも片付きません。...

気になる生理前の体重増加!いつから増える?いつから減る?

生理前は体重が増えてしまうという方も多いはず。いつから増えるのか?いつから減り始めるのか?生理時期の...

糖質が少ない酒は??毎日飲む人へ!少し体に気を使うあれこれ

ダイエットを始めたけど会社の飲み会が・合コンが・・付き合いが・・・ そんなことってしょっちゅうあり...

子供の口臭事情!寝起きに臭いがきつくなる原因と対処法!

子供の寝起きのキツイ口臭に驚いたコトはありませんか? 子供の寝起きの口臭がきつくなる原因はいくつか...

ストレッチの効果が現れる期間は?体を整えるポイントとは…

ストレッチは体の調子を整える為に有効的とされています。 ストレッチはいったいどのくらいの期間続けれ...

風邪症状に吐き気…薬も飲めない胃腸風邪の治療や予防について

風邪症状につらい吐き気…それはただの風邪ではなく、胃腸風邪かもしれません。 胃腸風邪は治療薬がない...

メンズも悩んでます!!『眉毛』整えてみたけど・・・失敗

この記事の目次です1 メンズが眉毛を整えるってどうなの?2 眉毛の形って意外と重要・・・若返る??3...

子供を旅行に何歳から連れていってる?海外旅行はどうしてる?

子供も2~3歳になると旅行の際の飛行機搭乗でお金をとられるようになります。 それまでに旅行に行かれ...

自分の性格が分からない、変えたい人に贈る!自分の性格の考え方

自分の性格というのは分かっているつもりでもなかなか分からないものですよね。 自分の性格はこうだと思...

エアコンが臭い!タバコのにおいを改善するためのポイント!

エアコンからタバコの臭いにおいが流れて、部屋に充満…喫煙者のいるお宅ではこういった悩みもあるようです...

スポンサーリンク

子供の喧嘩は仲裁すべき?

仲介すればするほど癖になる??
子どもはママやパパの注目を欲しがります。見て!と、いろいろな方法でアピールをしてくるのです。気を引くためだったら、なんでもします。喧嘩をしたり、ものを壊したりするのもこの一つだと思ってください。

ものを壊したら、泣いたら、奇声をあげたら、ママやパパが駆け寄ってきてくれた経験が、「今度も同じことをすれば見てもらえる」と学習させてしまったのです。ということは、喧嘩の仲裁をすればするほど癖になっていくということですね。

引用元-悩むことありませんか?お友達との喧嘩はどこまで仲裁に入ればいいの? | Conobie[コノビー]

まず、もっとも大切なことは頭ごなしに叱らないということです。
仲裁に入ったらそれぞれの言い分を聞きましょう。
この時、同時に話を聞くのでなく1人ずつゆっくり自分の言い分を話せるような状況にしてあげるのがポイントです。
そして親はそれぞれの言い分に共感してあげましょう。
子供は自分が正しいと親に認められたいからです。


引用元-子供の喧嘩、仲裁の仕方 | まんまみーあ

友達と喧嘩してしまったら

◎ 1:すぐにメールで謝る

ちょっとした言い争いなどをしてしまった場合など、理由がはっきりしているときは謝るのがベストです。喧嘩した直後はお互い興奮状態でしょうが、同時に喧嘩したことを後悔していたりもします。時間が経つと、謝罪するタイミングを失う恐れがあります。そうかといって電話をしたり、直接会うと冷静になれないかもしれません。そういう場合はメールという便利な手段があります。言葉は多くはいらないでしょう。言い訳もしないほうがいいです。シンプルに謝る、それが一番相手の心を和らげます。

◎ 2:友達に仲裁に入ってもらう

とにかく相手が猛烈に怒っていて、こちらがメールしたり会おうとしてもシャットウアウトされてしまう…そんな場合もあるでしょう。そういう場合は、共通の友人に仲裁に入ってもらいましょう。中立的な立場をとれる人を選ぶことがポイントです。注意点は、その友達がこちらを擁護するようにしないこと。「あなたの肩をもっている」と相手が感じれば、余計に仲直りしづらくなってしまいます。「私が悪いからとにかく謝罪したい」と仲裁してもらう人に伝えましょう。

引用元-友達と仲が悪くなってしまった時の適切な対処法 | マイナビニュース

小学生の喧嘩 親の仲裁は?

殴り合いのけんかをして
すぐにとめなければならない場合は
刃物や危険なものを持っているなど
大きなケガの危険性があるときです
かすり傷程度のけんかなら
大人は黙って様子を
見守っていれば良いのです

すぐに親が口を出すと
・友達に殴られた痛み
・友達を殴った時の心の痛み
を感じることのないまま
大人になる危険性があります
痛みを知らない人間が
どういう大人になっていくのか心配です


引用元-小学生のけんかに親が出たらダメな理由 仲裁する場合と対処法 | こはる通信

とはいえ
けんかの原因や状況は様々です
状況に応じた対処法の例を紹介します

□けんか相手の親がどなりこんできた

・相手の親は我が子の言い分しか聞いていないので子供同士で話をさせる
・双方の言い分を聞いてから判断してもらう

□殴り合いのけんかをして傷だらけで帰ってきた

・子どもに事情を聞く
・相手にもけがを負わせている可能性があるので一応電話を入れて事実を報告する
・どちらが悪いとかの判断はせずけんか両成敗と考える

□一方的にやられて泣いて帰ってきた

・いじめではなく普通のけんかなら心配いらない
・やられて悔しいと思っている子供の気持ちをしっかり受け止める

□貸し借りが原因のけんか

・こちらが借りていた場合
【借りたものは責任を持って返す】ことを教える

・貸したものを返してもらえない場合
子供から相手に返してほしいと伝えさせる
親が代わりに交渉するのは最終手段

引用元-小学生のけんかに親が出たらダメな理由 仲裁する場合と対処法 | こはる通信

子供が喧嘩で学ぶこと

子供のけんかは子供の世界の問題であり、体を通して自主的に解決すべきこととして大人は立ち入ら

なかったと思います。

 ところが、最近塾だ、お稽古事だと、子供の世界も忙しくなり、

遊び仲間が成立しにくくなっている上、遊ぶ場所は家庭、

学校、塾など、どこも大人の目が届くところにあって、子供の

けんかが始まれば直ぐに大人が飛んで行き仲裁をしてしま

います。殴り合い、取っ組み合いをしたくても出来ない環境が

作られ、大人による子供世界の管理がなされすぎてかえって

マイナスだとも言われます。

 けんかと言うと直ぐに暴力を受け取り、野蛮だとか非人間的だとして否定しがちです。

しかし、子供のけんかは発達段階、人間形成の大切な過程であるのです。この成長過程であるけんかを

取り上げられた子供たちは、体を通した集団のルールや相手との協調をはかる学習が出来にくくなり、

集団社会への不適応を起こし、校内暴力や家庭内暴力や非行のどの行動に走ってしまうのかもしれ

ません。けんかを知らずに、自立心が育たないまま大きくなっても、何かに立ち向かう気力のない

“いじめられっ子”になることも考えられることです。

引用元-心の紋様

友達と喧嘩して子供は成長する

保育園の頃は、まだ心も体も成長途中で皆仲良しだったし、喧嘩してもすぐに解決することが多かったと思います。

しかし、小学校、中学校になると知恵もつけばいいことも悪いことも学習し、心と体も形成されていくので喧嘩の内容も複雑になっていきます。

子どもが大きくなればなるほど、親はどこまで喧嘩に関わっていいものか、どう対応したら良いのか迷いますよね。

引用元-小学生や中学生の子どもの喧嘩!親の対応の仕方や解決方法は? | ママと主婦の生活のお悩み!改善と相談の部屋!!

低学年の内に教えて行かないと、間違ったまま覚えて育っていきます。

これを“誤学習”と言います。

誤学習してしまったことを、大きくなってから直そうとするのは非常に難しいので、小さい内に悪い目を積んでおきましょう。

ただ、学年が上がってきたら仲裁する時は慎重にいきましょう。

すぐには行かずに様子を見ることが大事です。

引用元-小学生や中学生の子どもの喧嘩!親の対応の仕方や解決方法は? | ママと主婦の生活のお悩み!改善と相談の部屋!!

高学年や中学生になったらなるべく、自分から助けを求めない限りは様子を見ましょう。

非常にデリケートな問題が多いので、いきなり親が出向いて仲裁するのは非常に危険です。

かえって話が大きくなって収集がつかなくなる場合があります。

引用元-小学生や中学生の子どもの喧嘩!親の対応の仕方や解決方法は? | ママと主婦の生活のお悩み!改善と相談の部屋!!

twitterの反応


https://twitter.com/TomosannCrew/status/639386755980918784
https://twitter.com/pom_tark/status/637273854407110658
https://twitter.com/ubulove_tt/status/636316420649840640
https://twitter.com/piman_25/status/626703370435235840
https://twitter.com/3_1andymori/status/621462792084721664
https://twitter.com/MiyuUchiyama/status/605690977110523906
https://twitter.com/ilpanino1009/status/588355346374209537