ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

フケの原因はシャンプー!?市販シャンプーの正しい選び方!

      2016/02/29

フケの原因はシャンプー!?市販シャンプーの正しい選び方!

気になるフケ症状。その原因は毎日使っている市販シャンプーにあるかもしれません。

フケの原因ともなるシャンプーは、市販品でも上手に選べばフケ改善につながります。

自分のフケの原因にあったシャンプーと正しい洗髪方法で、早期のフケ改善を目指しましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目...

車検時に交換が必要になる部品の知識と自分で見極める方法

車検の見積もりを取ると、交換が必要になる部品の項目がいくつか...

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

夫が単身赴任で子供なしの夫婦が夫婦円満でいられるアレコレ

子育て世帯では夫の転勤が決まると、子供の就学や進学の状況に合...

妻の誕生日何も予定なし・・な時は手料理で喜ばせてみては?

妻の誕生日になにを贈るか毎年悩んでいる男性は少なくありません...

男性は好きな人の妄想をする生き物?男が妄想する言動とは

男性は妄想するのが大好きです。 身近な女性の何気ない仕草に...

結婚できない理由…別れを選ぶ人は男女の脳の違いを理解しよう

結婚はカップルにとって大きな変化の一つです。 結婚した...

娘の友達がわがまま!娘の親として対応はどうしたらいいの?

娘が仲良くしているお友達がわがままな子だったら…我慢している...

スポンサーリンク

フケの原因は洗浄力の強い市販のシャンプー!

フケが多い人の大きな2つの原因!!

頭皮の乾燥と頭皮の皮脂の出過ぎ、どちらも頭皮の乾燥が原因なのです。

ですから頭皮の乾燥を防ぐことが、この2つの原因をどちらともカバーする方法なのです。

その他、頭皮が物理的なダメージを受けるとフケが多くなりますので、頭皮の乾燥を防ぐ事と、頭皮を傷めないことがフケを抑える一番の方法です。

この2つのフケの原因を作っているのが、頭皮に合わない強い洗浄力のシャンプーなのです。頭皮の強さなどは個人差があるので、自分の頭皮にあったシャンプーを選ぶことが大切です。ですから僕たち美容師は、シャンプーにこだわりを持って真剣に選び、良い物だけをお客様に提案しているのです。

フケが多いという現象も、アレルギーなどと似ていて、頭皮に合わないシャンプーを1度使う事では、フケにならないのですが、蓄積することでフケが出たりかゆみが出たりするのです。

引用元-フケが多い人はシャンプーによる乾燥が原因!ふけやかゆみには皮膚科の薬は効かない。 – 現役美容師がみんなの美容に関する悩みを解決!

フケが気になる時の市販のシャンプーの選び方

フケ対策で最も重要なのが頭皮に刺激を与えないことです。洗浄力の強いシャンプーは頭皮に刺激を与えます。石油系合成界面活性剤を使用した市販の高級アルコール系シャンプーや石鹸シャンプーは洗浄力が強めです。

洗浄力が強すぎると皮脂を取り過ぎます。その結果、男性の場合は頭皮皮脂が必要以上に分泌します。皮脂が過剰に分泌すると細菌が発生し、フケや炎症の原因となります。炎症が出来ると毛穴がつまり、髪の毛の成長力が落ちてしまいます。

女性の場合は皮脂を取り過ぎると乾燥します。乾燥する事によって頭皮が敏感になり、フケや痒みが出やすくなります。男性に比べると皮脂が少ないため、洗いすぎは頭皮によくありません。特に乾燥、敏感肌の方は頭皮も同じように乾燥しやすいので注意が必要です。洗浄力の弱いアミノ酸シャンプーで優しく頭皮を洗うことをおすすめします。

フケには皮脂からくる脂漏症のフケと乾燥からくる乾燥フケがあります。男性の場合は脂漏症が多く、女性は乾燥フケが多いです。ただアトピーの場合は乾燥フケがほとんどです。どちらのフケも刺激の強いシャンプーはよくありません。フケが気になる場合はアミノ酸シャンプーを試してみることをおすすめします。

引用元-フケ対策シャンプーならコレ!【カユミ、炎症を抑制する方法】

市販シャンプーの種類とフケの関係

石油系、高級アルコール系シャンプー

市販の多くのシャンプーがこの石油系、高級アルコール系シャンプーです。 洗浄力が強いため、皮脂をやや取り過ぎる傾向があります。
界面活性剤の中でも、特に「ラウリル硫酸(ナトリウム)」は洗浄力が強く、乾性フケの原因になります。

石鹸系シャンプー

石鹸シャンプーは弱アルカリ性と弱酸性のシャンプーあります。

弱アルカリ性の石鹸シャンプーは洗浄力が強く、頭皮の皮脂をやや取りすぎる傾向があり乾性フケには向きません。
一方、カオチン活性剤などを使った弱酸性の石鹸シャンプーは、洗浄力を落とし、保湿力を高めている為、乾性フケにも効果があります。
ただし、製品によっては弱酸性への製造過程で刺激の強い合成界面活性剤を使っていることもある為、注意が必要です。

アミノ酸系シャンプー

頭皮と同じ弱酸性です。低刺激で保湿力が高い製品が多く、乾性フケ治療に向いています。
100%アミノ酸は少なく、高級アルコール系の界面活性剤と混ぜて販売されている場合が多いため、 商品の選別に注意が必要です。

薬用(抗真菌)シャンプー

フケの元となる原因菌に効果がある成分が配合されています。
脂性フケの症状を治療、緩和、予防する効果のあるシャンプーです。

引用元-フケに効くシャンプー(乾性フケ用)

フケ予防にはシャンプーの仕方も重要!

シャンプーのしすぎがフケを発生させる

シャンプーのやりすぎはフケの予防にはなりません!

皮脂とは毛穴の奥にある皮脂腺というところから分泌される脂。この脂が多いと汚れで毛穴がつまり抜け毛の原因となったり、脂症といわれるベトベト頭になってしまいます。しかしこの皮脂は、外部の刺激やバイキンの侵入を防いだり、肌の潤いを保つ、という重要な働きを持っています。シャンプーのしすぎで皮膚を根こそぎとってしまうと、頭皮がカサカサに乾燥してしまいます。パラパラと落ちる乾燥系のフケは頭皮の乾燥によって発生するため、シャンプーのし過ぎは余計にフケを多く発生しまうのです。また皮脂の取り過ぎにより頭皮環境が異常な状態となり、逆に皮脂の過剰分泌を促す(脂性のフケ発生の)ケースもあります。

すすぎ不足がフケを発生させる

フケの一番の原因はすすぎ不足!

フケの原因の第1位は実はすすぎ不足とも言われています。シャンプーでごしごし頭を洗っても、すすぎをかなりしっかり行わないと、汚れが流れ落ちません。汚れやシャンプーが頭に残ってしまうと雑菌の温床となったり、さらに皮脂をうばってしまう結果となり、これがフケ発生の原因となります。ですからシャンプーを行う際は洗う時よりもすすぐ時の方により気をつかえばそれがフケの予防になります。

引用元-フケ予防は簡単!無料で行えるフケ対策

自分に合ったシャンプーと正しい洗髪でフケを改善しよう!

ポイントはブラッシング

ブラッシングフケが酷い時の洗髪方法として、まず大切にしてほしいのがブラッシングです。
ブラッシングは必ず髪の毛を濡らす前に行います。

このブラッシングによって、頭皮や髪の毛に付いている汚れを浮き上がらせる効果もありますし、頭皮にへばりついているフケも剥がれやすくなります。
特に皮脂の分泌が過剰傾向で起こるフケは、大きくてベタついているという特徴を持っていますのでブラッシングで浮かせてあげることによって剥がれやすくなるのです。

髪の毛全体をお湯で流す

いきなりシャンプーを付けるのではなく、まずはお湯で汚れを落としていきましょう。
この工程は、ブラッシングで浮き上がった汚れを流す効果もありますし、頭皮を濡らしてふやかすことでフケが剥がれやすくなる効果もあります。

根元部分を意識しながら、頭皮をふやかすようなイメージで洗い流していきます。

シャンプーは適量を泡立ててから使います。
シャンプーの使い過ぎは刺激の元ですので注意して下さい。

円を描くように指の腹でマッサージしながら洗う
あくまでも優しく頭皮をマッサージしていきます。
毛穴の中から汚れを揉み出すイメージで丁寧に行いましょう。

よくすすぐ

洗い残しはトラブルの元です。
頭皮部分からしっかりと洗い流してください。
特に髪の毛の長い人は毛先ばかりに気が行くので、頭皮を意識してすすぎましょう。

引用元-頭皮がフケが酷い方へ<正しい頭皮の洗い方と簡単対処法>

twitterの反応

 - 生活, 豆知識

ページ
上部へ