頭皮の乾燥はシャンプーが原因!?頭皮環境を整えるポイント

頭皮の乾燥が原因となり、フケやかゆみ、抜け毛に悩む人が増えているようです。

頭皮が乾燥する原因の一つに日ごろ使っているシャンプーの影響が考えられます。

そこでシャンプー選びや洗髪の方法など、頭皮の乾燥を防ぐポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

筋トレで得られる効果は女性にとって嬉しい事ばかりだった!

筋トレといえば、男性が筋肉増強のために行うイメージがありますが、実は女性にとっても嬉しい効果ばかりだ...

年末年始のホテル料金は高い!ホテル事情と安く泊まるポイント

年末年始はホテルでゆったり過ごしたい。しかし年末年始は宿泊料金も割高になってしまうところも… そこ...

留学の大学選び!おすすめの国とは?国から留学先を選ぼう!

大学で留学を考えているなら、志望校を決める段階からチェックしておくことがおすすめです。 各大学で、...

パートの給料に間違いがあった時に・・あなたならどうする?

パートの給料明細、あなたはチェックしていますか? 実は意外と間違いが多いとも言われる給料計算、特に...

領収書やレシートが宛名なしの場合・・自分で書いて問題なし?

最近は政治家などの領収書問題なども多く取り沙汰され、その使用法などが問題視されています。 お店によ...

将来こんな職業がなくなる??ロボットに人間が職業を奪われる

映画で見たようなロボットが人間の世話を全てしてくれる世の中! 人間はどんどん便利な世の中になる・・...

子育てでイライラと自己嫌悪を繰り返すママの対処法とは??

子育てでイライラ…子供を叱って自己嫌悪に陥る。そんな負のスパイラルを繰り返すママはたくさんいます。 ...

発達障害の1つであるアスペルガー症候群とは?遺伝はするの?

アスペルガー症候群は発達障害の1つです。コミュニケーション障害とも言われています。知的障害を伴わない...

『深呼吸』すると『肩甲骨』が痛い!!考えられる原因は??

『深呼吸したときに肩甲骨が痛い』という経験ありませんか??肩甲骨周辺の痛みは、筋肉痛によるものが大半...

化粧が濃いと思われる基準とは?

この記事の目次です1 男性が「化粧が濃い」と感じるのは、インパクトが強すぎるからかも!1.1 ① フ...

「運動」「食事」「睡眠」が大事な理由。ストレスに関係あり?

「適度な運動」「バランス良い食事」「十分な睡眠」は健康な生活を送るための3本柱と昔から言われています...

感染症の予防3原則!しっかり守って菌に負けない健康な体作り

寒い季節には学校や会社などで感染症が流行します。しかしその感染症の流行を予防するために必要な3原則が...

化粧の順番は??アイメイクを上手に仕上げて美人度アップ!

みなさん化粧の順番やアイメイクのこだわりはありますか? 今は二日酔いメイクや整形メイクなど、みんな...

資産の運用の方法って一体何がいいの?知っておきたい豆知識

自分の大切な資産を運用してみたい!! しかし投資ってリスクがかなり高そうだし・・損はしたくないなぁ...

職場のストレスで胃痛…つらい症状の原因・対処法について

職場には仕事・人間関係・環境など様々なストレスがあります。 そしてそのストレスが原因で胃痛などの症...

スポンサーリンク

頭皮の乾燥にはシャンプー選びが重要!

頭皮の乾燥はフケや血行不良をもたらすほか、抜け毛の原因なることもあります。もともとの肌質が乾燥ぎみの人も多いのですが、頭皮にトラブルをもたらすような乾燥は日々の生活環境が原因にあるのがほとんど。それだけに日々の洗髪によるケアが重要になります。

とくにシャンプーの選び方は頭皮の乾燥対策の要といってもよいでしょう。そもそも現代社会における頭皮の乾燥の原因の大半がシャンプー環境にあるといっても過言ではありません。具体的に言えば刺激の強すぎるシャンプーを使用したり、強く擦って洗いすぎてしまうことで保湿力が失われ、乾燥してしまうのです。

そのためシャンプー選びの際には自分の肌質や頭皮の健康状態を踏まえた上で正しい選択を行う必要があります。よく石油系の合成界面活性剤は避けた方がよい、といわれますが、必ずしもそうとはいえず、肌質によっては問題がないケースも見られます。あくまで自分の頭皮との相性がポイントです。

引用元-頭皮の乾燥とシャンプーの選び方

シャンプーが頭皮の乾燥を引き起こす理由

シャンプーのやり過ぎ

1日に2回以上のシャンプーはやり過ぎです。
特に、後で解説する脱脂力の強いシャンプーを使っている場合は、
1回でも必要な皮脂を取り除いてしまうことがあるので注意しましょう。

また、爪を立てたり、ついゴシゴシ洗いをしていませんか?
意識せずにシャンプーしていると、思った以上に力が入っていることがあります。
ゴシゴシ洗いは頭皮を傷つけ、乾燥の原因になります。

脱脂力の強いシャンプーの影響

脱脂力の強いシャンプーは頭皮の皮脂や汚れをしっかり取り除いてくれますが、
免疫力を保つために必要な皮脂まで取り除いてしまうことがあります。

適量の皮脂は頭皮を外部の刺激から守るために必要不可欠。
それまで取ってしまうと、頭皮は著しく乾燥します。

脱脂力の強いシャンプーとは、合成界面活性剤を主成分としたシャンプーのことで、
一般にもっとも流通しているのはこのタイプと言われています。
比較的安価で、スーパーなどでも気軽に買えることからつい使ってしまうのですが、
乾燥が気になるときには使用を避け、適度な洗浄力がある“アミノ酸系シャンプー”を選びましょう。

引用元-頭皮が乾燥する原因 | 頭皮ケア情報局

頭皮の乾燥を防ぐシャンプー選びのポイント・特徴

頭皮乾燥を防ぐシャンプー選びとしてのポイントは、先ず頭皮洗浄が目的であるシャンプーを選ぶ事、ノンシリコンシャンプーを選ぶ事、すすぎをしっかりとする事、そして、最後に保湿を忘れずにする事です。

保湿と言っても、スタイリング効果重視のトリートメント剤では無くて、髪そのものよりも頭皮にトリートメントをする事です。
脂分を洗いきった頭皮に保湿する事で、頭皮本来の保湿を保つ事が出来るのです。
頭皮乾燥予防はシャンプー選びからが大切です。洗浄力が弱くても、頭皮に合っているかどうか、自分の頭皮に合うシャンプーを探して頭皮乾燥を防ぎましょう。

引用元-頭皮乾燥予防はシャンプー選びから

シャンプーに使われている洗浄成分の刺激の強さについて見てみましょう。一般的に使われているシャンプーの洗浄成分は、大きく分けて次の3種類に分けることができます。

硫酸塩系

ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸などが主流です。

皮脂を取り去る力がとても強いため、当然頭皮や髪へのダメージも強くなります。コストが安価で済み、泡立ちも良いため、多くのシャンプーに利用されています。

石鹸系

カリ石鹸や石鹸素地などのことです。

硫酸系にはやや劣りますが、皮脂を取り去る力は強いほうです。 頭皮や髪へのダメージも強い傾向があります。

アミノ酸系

グルタミン酸やアラニンなどが主流で、皮脂を取り去る力は普通です。

そのため、頭皮や髪へのダメージが少なくて済みます。 泡立ちがやや弱く、コストも高価という難点がありますが、頭皮への刺激の面で考えれば最も安心できます。

引用元-乾燥肌さんが注意したい、シャンプー選びのポイント – 健康ダイエット – Yahoo!ヘルスケア

頭皮の乾燥を防ぐ正しいシャンプーの方法

(1)顔を洗うときのようにやさしく

頭皮から必要な皮脂まで失われてしまうのは、強い力で洗いすぎていることが原因です。

頭は人間の身体の中でも固い部位であるため、ついつい力を入れて洗ってしまいがちな人も多いかもしれませんが、固いのはあくまでも頭蓋骨です。頭皮そのものは顔などの皮膚と同じくデリケートですので、洗顔をするときのように優しく洗ってあげる必要があります。

引用元-頭皮の乾燥やフケを改善する正しいシャンプー方法とは? | スキンケア大学

(2)泡を毛穴になじませるようなイメージで

正しいシャンプー方法とは、シャンプーの力を最大限に生かすことだと言い換えることもできるでしょう。

シャンプーの効果は、泡の力によって最大限に発揮されます。毛穴に詰まった汚れが取り除かれるのは、泡が毛穴に入り込むからです。ですから、無理に力を入れて洗う必要はありません。

引用元-頭皮の乾燥やフケを改善する正しいシャンプー方法とは? | スキンケア大学

(3)4本指の腹で洗う

シャンプーをする際は、決して爪を立ててはいけません。使うのは指の腹です。指の腹を使い、手を下から上に向かって動かすように洗いましょう。

このとき、親指は使わずに遊ばせておくのもコツです。親指はどうしても力の強い指ですし、親指に力が入るとほかの4本の指にも力が入ってしまいます。

引用元-頭皮の乾燥やフケを改善する正しいシャンプー方法とは? | スキンケア大学

(4)ぬるめのお湯ですすぐ

食器洗いをすればわかるように、油分は水よりも熱いお湯のほうが落ちやすいものです。頭皮の皮脂も油分なので、シャンプー後のすすぎに熱めのお湯を使うのは、必要な皮脂まで落としてしまうおそれがあるため好ましくありません。また、熱いお湯は頭皮への刺激になってしまう場合もあるので注意しましょう。

引用元-頭皮の乾燥やフケを改善する正しいシャンプー方法とは? | スキンケア大学

シャンプーの後も重要!頭皮の乾燥を防ぐ乾かし方

頭皮の乾燥を防ぐ乾かし方

シャンプー後の頭皮は、皮脂も減ってしまい角質層から水分が奪われやすい状態です。
濡れた髪は、雑菌が繁殖しやすくなるため痒みや臭いなどの原因になります。
そのため、シャンプー後は自然乾燥しないようにしてドライヤーで乾かします。
雑菌が入らないように清潔なタオルを使用します。

正しく乾かす手順

髪の毛はタオルで水分を取ります。
髪をタオルに挟み、ポンポンと軽くたたくようにして水分を取ります。
毛の流れに逆らうことなく指先を動かしながら整えます。
ドライヤーは20cmくらい離して使用します。1箇所に集中しないように、角度や位置を動かしながら根元を乾かします。
髪の表面や裏側もしっかりと乾かしてください。
仕上げにドライヤーの冷風を使うことで髪にツヤがでます。
余分な水分は頭皮に残さないように乾かしましょう。

引用元-頭皮が乾燥する4つの原因と潤いをアップさせる5つの方法

twitterの反応


https://twitter.com/mf228_emi/status/692187615068577792


https://twitter.com/omotsuka/status/689288044461989888