金を購入するタイミング~賢く金投資する為のポイントとは…

安定的な投資として注目されている金投資。いざ始めるなら購入するタイミングはいつなのでしょうか?

そこで賢く金投資するためのポイントをまとめてみました。

金購入のタイミングの裏には、世界の流れなども関係しているようです。ぜひ参考にしてベストなタイミングで金投資を始めましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子供の通帳に使用する印鑑!どんな素材や文字を選べばいい?

子供の為に通帳を作る時に必要となる印鑑は、どの様なものがいいのでしょうか? 自分の通帳の印鑑と兼用...

主婦のパートは年収150万が損得の分かれ道!?150万の壁とは?

主婦がパートで収入を得る上で年収150万が目安になっていることをご存知ですか? 働き方や収入によっ...

旦那の給料20万円でどう暮らす?結構多い手取り20万円台の人

旦那の給料が20万円前後の家庭は意外に多く、皆さんが生活の為にやりくりや節約を心がけているようです。...

給料が手取り20万のあなたへ!少しのポイントで貯金が貯まる!

給料が手取り20万。みなさんはこの数字をどう感じますか? 年代や世帯人数によってもイメージは変わり...

車のローンを一括返済!はいい面もあれば思わぬことにも・・

車のローンは元金自体が少額なため、できれば一括返済したいと考えている方も多いことでしょう。 しかし...

主婦がパートで夫の扶養外れるタイミングとは?主婦必見です

主婦がパート収入により扶養外れるボーダーラインがあることをご存知ですか? 家計を助けるためのパート...

主婦がパートで手取収入を増やすなら年収170万の山を越えよ!

夫の扶養を抜け、パートで働く主婦にとって手取り収入をいかに増やすかがネックになります。 扶養を抜け...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要になります。 高校から大学、公立に私立…状...

貯蓄・貯金をテーマにブログを始めよう!思わぬ臨時収入に!?

貯蓄や貯金について自分の経験をブログに綴ってみるのも、貯金へのモチベーションを上げるツールにもなりま...

金利が高い地方銀行のネット支店が狙い目!口座開設のポイント

マイナス金利政策により、銀行に預金しておくメリットがなくなっています。 しかし地方銀行は大手メガバ...

宝くじの当選確率~スクラッチで高額当選するためのコツは?

宝くじは一攫千金を夢見て、楽しことのできる娯楽の一つです。 その中でも今回は「スクラッチ宝くじ」に...

旦那の給料は平均と比べてどう?各世代の平均と生活の実態は?

旦那の給料が低いと毎月ため息が出てしまう主婦の皆さんも多いことでしょう。 ‌みんなはどんな生活をし...

貯金を増やそう!貯蓄の種類は色々~自分に合った貯蓄とは?

なかなか貯金が増えない…毎日の生活に追われ、貯金まで手が回らないのは自分に合った貯蓄の方法がわかって...

金の購入はおすすめの投資!手堅い金投資のポイントとは??

ゼロ金利政策で、預金を銀行に預けても全く意味をなさない現在。賢く手堅く投資をするなら金の購入がおすす...

海外のホテルで支払うデポジットとは?海外に行く人は把握を!

海外のホテルで宿泊する際にはチェックインの時にデポジットの支払いを求められることが一般的です。 日...

スポンサーリンク

金を購入するタイミングはいつ?

金の価格は上下動します。将来値上がりする保証は有りません。価格の変動を受けずに買うには、毎月一定金額分づつ買う金貯蓄口座が理想的です。毎月、買っていくことで値段の変動のリスクを回避できます。
私も、以前、金貯蓄口座を行っていました。しかし、結局は損をする仕組みになっているのに気づいてやめました。損をする仕組みは、まず、当時1800円位で変動していましたが、売りと買いの値段差が50円も有ることです。さらに、購入時に消費税が取られます。1800円なら90円の消費税です。合計140円の購入コストが必要です。7.8%のコストです。7.8%も値上がりしなければ利益は出ません。金は、現金や株式と違ってインフレに強いから資産形成の中に加えておくべきだと言うのが金販売業者の言い分ですが、毎日値段が動く以上、株式投資と同じです。安定した投資先では有りません。株式投資の取引コストは0.14%程度ですからいかに金を買うことがコスト高か解ると思います。安定した投資先として考えるなら、個人向け国債の方が理想的です。金の価格が上昇しそうだからと言って投資するなら金先物取引です。

引用元-金を購入しようと考えているのですが、買うタイミングが分かりません。マ… – Yahoo!知恵袋

金を購入するタイミングの見極め

株安の時は、金が高騰しやすくなる

金を購入する、ひとつの目安は株高の時を狙う作戦です。実は、株の値段が高いときは、金の値段が下がる傾向にあります。多くの投資家が株に集中するので、一時的にでも金の価値が下がるのです。その時こそが、金を購入するタイミングです。株高の時は、アメリカ(米国)の景気も良い時が多いです。なので、金を購入するタイミングとして、面白いでしょう。アメリカの経済状況が良い時は、株の値段も上昇傾向にあり、金が安くなる可能性も高いです。アメリカの経済動向を見ながら、金を購入するのも効果的かもしれません。

引用元-金を買うタイミングはいつなのか!?デメリットなど | OLサラリーマンおすすめ副業比較

大々的にCMなど広告で金の宣伝がされているときは、すでに遅い

また、大々的にCMなので金の購入を勧める時は、すでに購入するのが遅いことが考えられます。安く買えることが謳われていたり、金で儲けられるという宣伝が出るころには、すでにある程度、金の価値が動いてしまっている時です。そのような時に、金の流れに乗っても、安く買えないでしょうし、売りたい人も高く売ることは難しいでしょう。上手く売り買いするタイミングは、そのような広告が出ていない時に取引することです。メディアが取り上げる前に、自分で判断しながら動く必要があります。

引用元-金を買うタイミングはいつなのか!?デメリットなど | OLサラリーマンおすすめ副業比較

金の価格で見る購入のタイミング

日本国内の金価格は、1グラム=4050~4700円付近で推移していくとみている。当面の目途として、金が売られて下落した局面では、4150円以下(税抜き)は「買い」のチャンスと考える。

 一般的な心理としては有事の際などに下落してくると「もっと下がるはず」と思ってしまい、なかなか買いに踏み切れないかもしれない。しかし、金投資を考えているなら、そこはシンプルに4150円まで落ちてきたら購入を検討し、年始からの下値4100円割れで買いを入れていけばいいだろう。

引用元-金投資 1グラム=4150円以下になれば「買い」チャンスか│NEWSポストセブン

金価格は1オンス=1100~1200ドル台での値動きが続いている。今秋以降の金価格の動向と金投資のタイミングについてマーケット ストラテジィ インスティチュート代表取締役の亀井幸一郎氏が解説する。

 * * *
 ドル建て金価格が1100ドル台で推移している状況の中で、日本国内の金価格は8月上旬現在、税抜きで1グラム=4500円を割れて推移している。

 将来に備え、これから金に投資したいと考えている人にとっては、国内金価格が4500円(税抜き)を下回っている段階は買いを検討してよいタイミングといえるだろう。金現物だけでなく、金ETFもこのような水準の時は買いの好機ととらえてよい。

引用元-金投資 国内価格が4500円下回る水準なら買いの検討もアリか│NEWSポストセブン

金購入のタイミングは為替の影響も考慮してみよう!

金は、法的には通貨ではありません。金本位制を取る国は既に存在しませんし、金貨が日常流通している国もありませんが、各国の中央銀行は、万が一に供えて、今もなお大量の金を警備厳重な金庫に貯蔵しています。

 また、実際問題として、金は、まるで通貨であるような値動きをします。金を米ドルに対抗する「影の通貨」と考えると、わかりやすいでしょう。

・米ドルが下落すると、金価格は上昇
・米ドルが上昇すると、金価格は下落

 短期的には理論どおりにならないこともありますが、長期的には理論通りになっているのです。こうしたドル相場とドル建て金価格の逆相関性は、ドルの裏付けに金が使われていたという歴史的事実に由来するといわれています。

 金は、通貨と比較すると、値動きが大きくなります。短期的利益を狙うヘッジファンドが頻繁に売買していますから、短期的にはどうしてもその影響を受けます。しかし、金の値動きを他のコモディティー(商品)、たとえば産業用金属や石油、穀物などと比べてみると、比較的安定した値動きをしています。

 金の値動きの大きさは、「通貨」と「商品」の中間くらいです。それはとりもなおさず、金が「通貨」と「商品」の二つの資質を合わせ持っていることの証なのです。

引用元-金投資の切り札 金投資の利益を最大化する投資方法はこれだ!

金投資は好きなタイミングで買える「スポット購入」もおすすめ

通常の純金積立は毎月一定の金額を口座から自動引き落として、純金を購入します。この場合の引き落としは月1回ですが、実際の購入は純金積立会社がドルコスト平均法を使って、毎日少しずつ購入しています。
これはもし月に1回しか購入日がなく、その日だけが金価格が高かった場合に損をしてしまうからです。
毎日同じ金額だけを買い続けるドルコスト平均法では、そのリスクを分散できます。価格が高い日には少ない量を、価格が低い日には多い量が購入するため、結果的に平均的な価格で購入できるわけです。
このドルコスト平均法とは対照的に自分が好きなときに純金を追加購入する方法を「スポット購入」と呼びます。
例えば、毎月1万円をドルコスト平均法で定額的に購入しつつ、金価格が相場平均より5%下がった場合、自分の判断で10万円を追加で支払って買い増すことできます。
自分で相場を予想することで、より積極的な投資ができる柔軟性も純金積立の魅力の1つです。いつもはローリスクですが、自信があったらローリスク・ハイリターンに変えても問題ありません。

引用元-スポット購入で比較!金価格が下がったときに買い増しする|純金積立コツコツ入門

twitterの反応


https://twitter.com/refight_t/status/620589289257070592


https://twitter.com/miuken_7629/status/576780572787236864
https://twitter.com/evilflowers13/status/509899723801513985