卒業する大学と就職先の関係性はある!?就活大学生必見!!!

就職活動は情報が命!!大学生はどういう基準で就職先を選んでいるの??

卒業する大学によって就職できる企業は限られている!?

初めて就活する学生はわからないことばかりかと思います・・

そんな就職活動生に関係のあるあれこれをまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ビジネスホテルの予約が取れない!?原因や対処法について…

最近ビジネスホテルの予約がなかなか取れない状況が続いているようです。 このような状況は、出張などで...

日本の資源って何なの?海外の反応からみる日本の心とは…

日本は昔から資源の少ない国とされてきました。資源の輸入依存なども問題とされています。 しかし海外の...

仕事でのミスを怖いと感じている人は・・仕事でのミスは宝物!

仕事でのミスを怖いと思っているのは社会人として当然のこと! ミスをしないように・・・ミスしたらどう...

資産運用!100万円あったら何ができる?賢いお金の生かし方

最近では銀行の金利も軒並み低くなり、銀行に預金していても資産運用の価値がありません。 100万円の...

仕事と趣味の違いを世の中の人はどう考えている?その違いは?

自分の好きなことを仕事にしたいと思うのは皆さん思うところでは ないでしょうか? しかし仕事と趣味...

仕事は楽しい(楽しかった)か??世の中の人にアンケート!!

仕事に辛さや苦しさを感じるアンケートは結構多いと思いますが、 裏を返せば辛さや苦しさとは正反対に仕...

起業に失敗・・再就職はどうしてる?失敗した人のその後は?

みなさん起業するときは夢と希望にあふれていると思いますが、現実は 100社起業したとして5年後に残...

会社の役員の仕事って一体何??一体どういう立ち位置なの?

会社の肩書でよく聞く役員という仕事って一体どういう仕事をするの?? 確かによく聞く肩書です。イメー...

転職希望者必見!損をしない賢く会社を退職するタイミング!!

会社を退職する決意をしても、なかなか上司に伝えられず、ずるずる続けていくうちにどんどん辞めにくくなっ...

会社の年賀状問題!喪中の場合は一体どうするべきなの??

年末に近づき、会社でも年賀状の用意に忙しい頃でしょう。 そんな時に送付された喪中はがき・・・こんな...

資産運用の最適な割合は?家計に貯蓄に!自分に合った運用方法

今まで資産運用は富裕層や投資家のものというイメージでしたが、最近ではずいぶん身近なものになりました。...

仕事の相談を異性にする?しない?男と女の相談の違いとは?

あなたは仕事の相談や人生、恋愛の相談を一体誰にしますか?? 場合によって相談する相手は変わると思い...

仕事での電話が怖い人必見!仕事の電話を克服する方法とは??

電話の応対で怖い思いをしたことがありますか?それが仕事上ならトラウマになっちゃいますよねでも、電話に...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。 しかし会社を辞めるからといって、...

起業に失敗する原因は??起業する前にもう一度再確認を!!

皆さん一度は起業を考えたことがある人も多いのではないでしょうか! 起業を考える人の多くはサラリーマ...

スポンサーリンク

理系学部と文系学部の就職活動はどのように違う!?

 文系の就活と理系の就活の違いは、 就活の難易度にあります。文系が通常3回の面接を受けてようやく内定を得るのに対し、 理系の面接は1回~2回程度です。

 文系がリクルーター面接で必死に自己PRをしている間に、理系はリクルーター面接で技術力をアピールし、 すぐに本番の面接の約束を取り付けたり、「君には内定を出すよ」と握手を求められたりしているのです。

 文系が「学生時代頑張ったこと」を考えている間に、理系は研究成果を発表し、 また大学の研究に戻るのです。

引用元-文系と理系の就活の違い

 また文系の就活と理系の就活では、アピールすることも違います。 文系は自分の将来性をアピールするために、熱意や人柄をアピールします。 一方で理系は専門をどれくらい極めているかをアピールするのです。

 文系の研究は仕事に直結せず、理系の研究は仕事に直結します。 理系はエントリーシートに書く内容がほぼ決まっており、自分の研究について書けばいいのですが、 文系の場合は業界ごと、会社ごとに書く内容を考えなくてはなりません。

引用元-文系と理系の就活の違い

大学の理系学部出身の就職先の実態と関係性は?

研究職などの専門分野を生かした就職もありますが、残念ながら需要が限られており、上位国立、難関私立など非常にレベルの高い大学院卒の理系学生が中心です。
多くの理系就活生は、文系学生に混じって、専門外の分野(商社、小売、サービス業など)に自由応募で就職しているようです。
教員、公務員になる方が多いという特徴もあります。

引用元-就活で理系が研究職として入社する際の主な就職先と方法(1ページ目) | 就活のことならキャリアパーク

就職先に関してもそうですが、理系就活生はあくまでも自分のやってきた研究内容、分野への知見もあるため専攻分野に進みやすいのですが、実はそれ以外にも多くの進路先というのはあるため今一度自分の人生を見つめなおしてみて将来の選択をしてみると良いのではないかと思います。

引用元-就活で理系が研究職として入社する際の主な就職先と方法(1ページ目) | 就活のことならキャリアパーク

大学の文系学部出身の就職先の実態と関係性は?

よく文系の中では経済学部が就職に有利といわれます。しかし、実際には、一般的な企業への就職の場合、文系学部の中で就職に有利・不利はほとんどありません。

理系で技術職の場合だと、バイオ系・機械系・化学系・・・などと、それぞれ技術が違います。大学で学んだ知識や技術は、仕事内容とかなり密接にかかわっています。

しかし、文系の場合だと、企業では営業職などが多いですが、仕事に必要な知識や考え方は、仕事の中で初めて学ぶことがほとんどです。専門分野の知識を直接生かす場面がほとんどない、ということでもあります。逆に、大学の学部選びは就職先にとらわれず、自分の興味ある分野の教養を深める、という視点から選ぶのがいいでしょう。

引用元-文系学部大学生の就職先は?|大学選ぶ.com

大学の学部と就職先の関係性は?

「まず、学部名は就職活動にそれほど関係ありません。しかし、企業側はやはり大学名を重視します。主要企業の約半分は、ターゲット校を東大・早慶等を筆頭に約30校程度に絞っています。東証一部の新卒内定者は約10万人。30校の卒業生が11万~13万人なので、有名校の学生でほぼ埋まってしまうのです」

 やはり企業側の有名校への信頼は絶大のようだ。では、それ以外の大学はどうしたら生き残っていけるのだろうか。

「今は手に職をつけられる専門学校が見直されていますし、地方の小さな私大でも、例えば医療系や消防関連など、専門学校のように特定の分野に注力した学部を設けて就職実績を上げている大学もあります。変わった名前の学部もありますが、実績があれば学生は集まりますし、関連業種の企業の欲しい人材像にも当てはまることも多いです」

引用元-有名校以外の大学生が就職を勝ち取るには? | 日刊SPA!

BtoB企業を狙え!!就職先の内定を勝ち取った大学卒業した先輩の声

 「大手企業では採用実績がないから、とあきらめている友人がほとんどでした」

 と振り返るのは、大手システム会社の内定を得た日大商学部4年の男子学生(22)だ。

 先輩が就活で惨敗していたのを見て、昨年4月ごろから就活を意識した。6月にはインターンシップに10社ほど応募したが、筆記試験やESで落とされた。

 「企業研究をしていなかった。対策不足だったと思います」

 幸い、ゼミの教授が民間シンクタンクの出身で、人気企業に惑わされない企業選びを伝授してくれた。

 目指すのはBtoB企業。

引用元-asahi.com(朝日新聞社):就活「学歴の壁」越える五つの法則 – 就活エトセトラ – 就活朝日 2012 – 就職・転職

教授から挙がる企業名の多くをはじめから知っていたわけではないが、

 「早慶の人たちが人気企業に流れたら、日大の自分にとっては、意外と穴場だと思いました」

 1月下旬にESの提出が始まった。2通、3通と提出したが、インターンシップのときと同様に落ちてしまう。

 ここで本格的に危機感が芽生えた。父にダメだしをしてもらい、ESを徹底的に見直した。大学への移動時間は、筆記試験やウェブテストの対策に充てた。大型連休が過ぎても内定が出なかったが、6月に一つ目をゲット。結局、30社にESを送り、大手システム会社、専門商社など4社から内定を得た。

 「最終までいった大手素材メーカーは上位校の採用が多く、日大のOBはいませんでした。それでも、人事の人が社員を紹介してくれるなど、熱心でした。チャレンジはしてみるものだとつくづく思いました。内定が出ないと途中であきらめた同級生が多いなか、動き続けたことが勝因だったと思います」

引用元-asahi.com(朝日新聞社):就活「学歴の壁」越える五つの法則 – 就活エトセトラ – 就活朝日 2012 – 就職・転職

企業採用担当が語る!!大学新卒の就職先の選び方と自分との関係

自己分析や企業、業界研究の結果を基に、自分に向いている業界や会社はどこか?を真剣に考えたほうがいい。
大学にも一応校風みたいなものはあるが、人が4年で入れ替わるのでそれほど極端ではない。一方、会社は同じ人たちが何十年も長く居つづけるところなので、みんな何となく似てくるため、社風というのは会社ごとにかなり差が大きい。会社によって価値観や基準、常識や習慣が全然違ってきます。本当に。
パンフレットにはどの会社も同じようなことが書いてあり、会社もウソを言っているつもりでは多分ないのですが、会社ごとに基準の置き方自体が違うから、実際には会社ごとに全然色々と違います。例を挙げると、同じように「若い人が活躍する職場です」って書いてあっても、あるベンチャー企業においては20代前半の人を若い人と言っている一方、あるインフラでは、30代後半までを若い人としている。みたいな。

あなたがその会社で働いて活躍でき、成長できるか。また、楽しく働けるかはあなたと会社との相性に関わる部分がとても大きいです。
そして、相性の良い会社や業界の方が選考にも通りやすい。なぜなら、会社は入社して活躍してくれそうな人が欲しいわけで、活躍するかどうかは能力もあるけど相性が影響すると思っているから、暗黙の選考基準になっていることは多い。このため、あなたにとってはいい会社でも、他の人には向いていないということも、その逆もたくさんあるので、就職偏差値や、就職人気ランキングとか気にして選んでいると、間違った会社選びをしちゃうかもしれませんよ。

引用元-就職活動での志望企業の選び方

twitterの反応

https://twitter.com/M_C_ha/status/632248865224196096


https://twitter.com/hayato7010/status/619853635766259712


https://twitter.com/Mory3neday/status/616918658099474432


https://twitter.com/ztd0bvbf78wu331/status/631440383935811584
https://twitter.com/hunter_bisko/status/618360878065291265