子供のための貯金は運用が必要?子供の未来の為にできること!

子供の将来の学費や夢の実現のために、親として応援してあげられるだけの貯金を残しておきたいものです。

しかし最近のゼロ金利政策の影響で、銀行に貯金しているだけではなかなか貯まりません。

子供のための貯金は運用する必要があるのでしょうか。今やこれからの状況をふまえて考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

起業に失敗・・再就職はどうしてる?失敗した人のその後は?

みなさん起業するときは夢と希望にあふれていると思いますが、現実は 100社起業したとして5年後に残...

子供の口臭対策!正しく対処して子供の健康をしっかり守ろう!

子供の口臭が気になった事はありませんか?子供の口臭は意外と悩んでいる方が多いようです。 口臭の原因...

大学生必見!大学卒業は就職に有利?何を基準に選考しているの?

受験勉強を乗り越えて入った大学生活も終盤・・そろそろ就職活動!!大学卒業は就職に有利に働くの?会社は...

男の髪型は子供でも重要!髪の毛を自宅でおしゃれにカット!

子供の髪はお家で切るというご家庭も多いことでしょう。 しかし今の子供は昔と違い髪型にもこだわりが強...

マイナンバーで収入のごまかしやうそは?副業をしている人必見

世の中のサラリーマンでも副業収入を得ている人はたくさんいると思います。 マイナンバー制度が始まった...

バイトを辞める上手な切り出し方とは?バイト先のことも考えて

アルバイトでも働いている年月やバイト仲間との関係が良いとなかなか 辞めるという切り出し方がわからな...

不妊治療の第一歩!病院で行うタイミング療法ってどんなもの?

妊娠を待ちわびているのになかなか赤ちゃんができない…頭に不妊治療という言葉がよぎる方もいらっしゃるこ...

子供のための貯金に税金がかかる!?税金の詳しい仕組みとは

親として1円でも多く子供に貯金をしてあげたい!しかしその親の気持ちがこもった貯金に税金がかかってしま...

会社の人への年賀状!ビジネスマナーは出す?出さない?

会社の人へ新年の挨拶に年賀状を出すという習慣が、最近変わってきているようです。 個人情報の問題や、...

自分1人に仕事が集中していると感じる人は・・・仕事あるある

自分一人に仕事が集中しているなぁと感じている人っていませんか? そう思った人は仕事は出来る人だと思...

仕事の相談を上司にする・・相談時の上司と部下の言い分は?

仕事の相談を上司にする・・というのは部下からすれば少し勇気がいることです。 的外れな相談をしたら上...

運転が下手な人は仕事ができない?仕事と運転能力の関係

運転が下手な人は仕事ができない…こんなことを聞いたことはありませんか? 運転技術には感覚や判断能力...

子供の成長の記録の残し方は?時代と記憶を残すおすすめ方法

子供の成長記録を残していますか? 写真や映像、日記など、成長を残す方法はいろいろあります。 子供...

仕事でのミスを怖いと感じている人は・・仕事でのミスは宝物!

仕事でのミスを怖いと思っているのは社会人として当然のこと! ミスをしないように・・・ミスしたらどう...

指示と指導!違いは何?部下ができたら必ず必要なこの知識!!!

先生や上司から受ける言葉は指示でしょうか?指導でしょうか?相手の立場に立って、正しい指示・指導を行い...

スポンサーリンク

運用は必要?子供のための貯金はいくらくらい必要になるの?

教育資金はいくら必要?

「子供が成人するまでにかかる教育資金は1500万」。これは保険屋さんやテレビでよく耳にする金額です。

この金額を耳にして「どこにそんなお金があるのよ!」「ホントにそんなにお金かかるの?」と疑問に思っていらっしゃる方も多いと思います。

ということで子供の教育資金について調べてみたところ、現実的には500万~1200万円が妥当なようです。

現実的には最終学歴や公立か私立か、お子さんの教育環境の選択次第で結構開きがあるようです。

大学で一人暮らしをするならば仕送りや、私立の場合は学校への寄付などがありますから、そういったものを加味すると1500万円というのも頷けます。

ですからこの金額もテレビが誇大表現をしているわけでも保険屋さんが恐怖を煽っているわけでもなさそうですね。

引用元-悩める子供の教育費…貯めるなら学資保険or貯金どっちがお得? | MARCH(マーチ)

両親のタイプから見た子供の貯金運用法

(a)1円も損したくない! 徹底的安全志向タイプ

投資が嫌い、元本が保証されていない商品なんて考えられない、という安全第一な方には、やはり定期預金や積立預金が最適でしょう。

低金利の今は、長期の定期預金に預けるのではなく、短期の定期預金を自動継続していき、金利が上がったらすぐに有利な定期預金に預けましょう。なるべく、金利の高い銀行に預けること、不足分は積立預金や財形貯蓄で自動的に貯まる仕組みを整えておくこともポイントです。

(b)ある程度貯まると使ってしまう浪費家タイプ

お金があると使ってしまう浪費家タイプの方は、(A)の定期預金で教育資金を用意することは危険です。定期預金は解約や引出しが簡単にできるので、教育資金のはずがいつの間にか新車の購入資金にすり替わってしまうことも無きにしもあらずなのです。

浪費家タイプの方にオススメなのは、学資保険や低解約返戻金型の終身保険を利用する方法です。どちらも中途解約をすると損してしまう、解約手続きが面倒、というデメリットが、このタイプの方の浪費のよきストッパーとなってくれるでしょう。

(c)リスク許容度が高くインフレに対応したい投資家タイプ

元本割れや多少の損は受け入れられる投資家タイプの方にオススメなのは、今年からスタートしたNISAを活用する方法です。ご質問者様の貯蓄額100万円は、ちょうど1年間の投資限度額になります。100万円までは税金がゼロになるので、NISAで投資信託や株の運用で、預金や保険より高利回りを狙いたいところです。

引用元-子供の教育資金の運用方法3つのタイプ | パピマミ

子供のための貯金は貯蓄?それとも運用?

■教育資金を運用するかしないかは、その残りの時間にあり!?

ですが、教育資金は例えば現在お子さんが0歳であればあと10年以上もの時間がありますよね。

筆者はそのお金が実際に必要になるまでの間が10年以上ある場合においてはある程度のリスクを取った運用も検討してみていただくことをご提案しております。

例えば、毎月1万円の積立を15年間継続するとします。複利(※)で運用し、利回りが3%であった場合、元金180万円に対し、お金は約229万円(税引き前)にまで増えるんです。つまり、約49万円の利息が貰えたということですね。

※複利・・・利息をそのまま次の運用にまわす方法

この例では、ただ定期預金に預けているよりも、結果として大きな差がうまれたことになります。

ただし、運用(投資)には、必ずリスクが伴います。

そのことを十分認識したうえで、逆算してお子さんの大学進学までにまだ10年以上ある場合には“運用する”という選択肢もあるのです。

引用元-子どもの教育資金「ひたすら貯蓄or運用する」どっちが正解? | Woman Money(ウーマンマネー)

子供のための貯金!手堅く運用するなら国債がおすすめ!

安全性を確保しながら、効果的に教育費を準備するにはどうしたら良いか…。現時点で、筆者が相談者へアドバイスするとしたら、個人向け国債で学資を準備することをお勧めしたい。その理由は以下の通りだ。

低金利とはいえ、銀行の定期預金金利よりも十分有利で、利回りは0.48%(変動金利型10年物で、第46回分・平成26年2月17日の発行条件)

●変動金利であるため、今後インフレが進行し実勢金利が上昇しても、適用利率は金利もそれにつれて上昇する(半年毎に金利は見直される)

●購入後1年経てば、いつでも元本にて換金できる(直近2回の利子相当分は差し引かれるが)

●額面1万円から、1万円単位で購入でき、募集・発行も毎月実施されていて、継続的な少額積立購入に適している

●当初は、期間10年で運用し、満期時に、期間3年や期間5年の固定金利型へ柔軟に預け替えすることができる
 大切な教育資金の原資を減らさないためには、単に元本確保ということだけでなく、インフレ対応ができるという点で、個人向け国債の有効性を筆者は訴えたい。

 仮に、現状の変動金利型10年物の年率0.48%の利率が、18年継続した場合、単利計算で税込みであれば、返戻率は108~109%となり、民間生保の学資保険と比べ、条件で遜色はない利回り水準でもある。

引用元-「子どもが生まれたら、学資保険に加入!」はもう時代遅れ? | マネーの達人

最近人気の高い子供貯金の運用法「低解約返戻金型定期保険」

低解約返戻金型定期保険

最近増えているのが「低解約返戻金型定期保険」というタイプの生命保険です。契約者・被保険者はともに親となるタイプの生命保険です。
いわゆる「定期保険」の一種にあたるのですが、基本的には「将来の解約を前提とした保険」となります。数年~10年程度の保険料払い込み期間中は極端に低い解約返戻金しか出ないものの、その期間終了後は急激に返戻率が上昇し100%を超えます。
さらに、その後もゆるやかに返戻率が上昇していくしくみになっています。解約時期を子供の学費がかかる時期(大学入学時期)などと想定して保険を始めると、運用性と保障性の高い運用が可能になります。

引用元-子供の教育資金を積立する4つの方法とそれぞれの長短 | Money Lifehack

どういう家計に向いている?

保証と教育資金の積み立ての両立を図りたいという家計に向いています。ただし、前述の通り元本割れするような学資保険もあるので、どちらかというと「保障面を重視したい」という方向けの教育資金積み立て法といえるでしょう。
ちなみに、予定利率が大きく低下していることにより、学資保険の運用という面の優位性は大きく崩れています。

引用元-子供の教育資金を積立する4つの方法とそれぞれの長短 | Money Lifehack

twitterの反応


https://twitter.com/IFAagent/status/531681379856416768


https://twitter.com/6173b/status/352812505816498177