化粧の順番は??アイメイクを上手に仕上げて美人度アップ!

みなさん化粧の順番やアイメイクのこだわりはありますか?

今は二日酔いメイクや整形メイクなど、みんなが様々なメイク楽しんでいます。

そこで今日は美人度を上げる基本のメイクテクニックを紹介します。参考にしながら、自分のアレンジを加えてメイクを楽しんでみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ニキビに効く化粧水って?男も大事なニキビケアのやり方は??

男も女もニキビは大敵です!! 皆さんニキビが出来た後に洗顔料や化粧水でニキビケアをやりますが、 ...

女性が化粧する心理は?パターン別メイクが与える心への影響

女性が化粧をする事には、様々な心理が潜んでいるようです。 化粧のポイントや化粧の度合い、化粧する場...

香水好き女子必見!メンズ達は『石鹸の香り』がお好き??

この記事の目次です1 女性の香りにメンズは『異性』を感じるらしい2 メンズはシャンプーや石鹸の香りに...

ワックスやスプレーではげる!?髪の健康を守る整髪料の使い方

髪型をキメるためには、ワックスやスプレーなどの整髪料は必須アイテムです。 しかしこの整髪料、使い方...

「運動」「食事」「睡眠」が大事な理由。ストレスに関係あり?

「適度な運動」「バランス良い食事」「十分な睡眠」は健康な生活を送るための3本柱と昔から言われています...

成人式のスーツはオーダーメイドでみんなに差をつけよう!

成人式に着るスーツが、自分にとって初めてのスーツという人も多いでしょう。 そこで成人式のスーツはオ...

前髪の切り方!アシメ編~簡単・おしゃれにセルフカット!

前髪は顔の印象を決める重要なパーツです。できればおしゃれな印象にイメチェンしたい! そんなあなたに...

ストレス症状の悪化から考えられる病気は?ストレスの予防策

ストレスを感じることで体には様々な症状が現れます。その症状をそのままにしておくと大きな病気につながっ...

前髪の切り方って?ぱっつんスタイルををセルフカットする!

可愛い芸能人も多数取り入れているぱっつん前髪。ぜひとも真似したい女性も多いようです。 しかしぱっつ...

化粧水と乳液は男でもつけた方がいい??肌の老化を防ごう!!

化粧水や乳液は男なんて付けなくてもいい!! 洗顔だけで十分だ!なんて思っている男の人は意外と多いと...

学校で人気の髪型は?メンズヘアのポイントとアレンジ方法

学校でも髪型を楽しむオシャレメンズが増えています。 しかし学校には校則という厳しい縛りも・・・そこ...

体脂肪が気になる女性の皆さん。30代からできることがある!

女性の30代といえば、そろそろ体型と健康の両方が気になるお年頃ですね。独身でも既婚でも、崩れ始めたス...

ニキビが・・洗顔は朝は洗顔料?それとも水?一体どっち??

10代はニキビが治らず悩まされた人も多いと思いますが 20代・30代でもニキビは嫌なものですよね!...

男性へのクリスマスプレゼント!50代の男性が喜ぶものとは?

男性へのクリスマスプレゼントは毎年悩みの種です。 そこで今回は50代の男性にスポットを当てて、喜ば...

筋トレの効果が現れる期間は?効果的なボディメイクのポイント

筋トレを始めて、どのくらいの期間で効果が現れるかをご存知ですか? 筋トレの効果が現れるのには体内で...

スポンサーリンク

化粧の順番①アイメイクのポイント・アイブロー

最初は眉からメイクを始める

眉は骨格や元々の眉の形、目指すメイクによって書き方も形も様々です。

また、最初から左右対称に描ける人は少ないです。

なので、練習あるのみと思って、毎日描いてみてください。

コツとしては、まず鏡に顔を近づけすぎないことです。

他人と会話するときの距離が鏡と顔のベストな距離感です。

また、眉を描くときは眉だけを見ず、顔全体を見ながら描きます。

こうすると、左右対称に描きやすいです。

どうしてもうまく描けないという人は、元々の眉の形を生かした眉にしましょう。

パウダータイプのアイブロウを使うとふんわりとした仕上がりになるので、失敗が目立ちません。

また、髪をカラーリングしている人は、眉マスカラで眉の色を髪の色に合わせるとよいです。

引用元-アイメイクの順番6つの基本ステップ

化粧の順番②アイメイクのポイント・二重を作る

アイプチのやり方

①アイプチを塗る部分のまぶたの皮脂をティッシュやコットンでオフ。
②付属のプッシャーで二重のラインを付ける位置を決める。
③二重にする部分にアイプチを塗る。※塗りすぎ注意!
④アイプチが乾いて半透明になったら、プッシャーで二重にしたい部分を押さえながら目を開ける。
⑤プッシャーを押し込み、二重のラインを整える。

アイプチのコツ

↑④で二重のラインを付けるために目を開けるまでは薄目の状態で行う
アイプチは薄く塗る
乾くのを待ってから二重のクセ付けをする

慣れないうちはついたくさん塗ってしまったり、焦って乾かないうちにプッシャーを使ってしまいがちですが、
そうするとのりがぐちゃぐちゃになって汚くなりやすいですΣ(・ω・ノ)ノ!

まぶたが重くて薄く付けるだけではうまく二重にならないという方は、1回に塗る量は少なめにして二度づけしてみましょう。

引用元-アイプチのやり方~コツをつかんでパッチリ二重をGET♪

化粧の順番③アイメイクのポイント・ビューラー

1
ビューラーでデカ目①:上まつげ

まずはビューラーから始めます。

【目線は少し下】にしてやるのがコツ。
上まつげの根元を軽く挟み痛くなければ、そのままぎゅーっと。
根元がしっかりカールしていると、目元が明るくなるので手を抜かずに上げましょう♪

次はまつげの真ん中あたりを先ほどより少し弱めの力でぎゅー。
まつげがカクンと折れてしまわないように気をつけましょう。

毛先は軽くきゅっと上げます。

これで、全体的になだらかに上向きのカールができます。

あとは気になる目尻・目頭をビューラーで上げてバランスを整えましょう♡

2
ビューラーでデカ目②:下まつげ

下まつげが生えているなら、しっかりビューラーをしましょう♪
「下まつげは女の命」というメイクさんがいるほど、印象を左右します。

まず、ビューラーを逆さまにして、指を通します。
普通に持ったまま手首をひねるのは少し辛いので、初めから逆さにして持つことをオススメします。

あとは生え際をぎゅっと挟むだけ!
【目線は少し上】にしてやるとしたまつげでも挟みやすいです。
下まつげはそこまで長くないので、根元を一回カールさせるだけでもかなり変わるのです♡
このひと手間で目元がさらに明るくなります。

引用元-【基礎編】ビューラー&マスカラ♡まつげでデカ目は叶えられる! | 4meee! (フォーミー)

化粧の順番④アイメイクのポイント・アイシャドウ

一番明るい光色をブラシにとって、目を閉じてアイホール〜眉下の広い範囲に目頭から目尻まで塗っていきます。

眼球の幅に2番目に明るいアイシャドウを乗せていきます。

眼球の丸みを意識しながら丸く乗せていきます。

3番目の明るいアイシャドウを二重の幅より太めに目頭〜目尻に向かって横に引いていきます。1回で乗せようとしないで、何回かに分けて乗せていきます。

目を閉じた状態で乗せるので奥二重や一重の人は目を開けた時に乗せたアイシャドウが見えない場合があるので乗せた後に目を開けて前から見た時に確認して見える幅まで上に伸ばしていきます。(アイシャドウを乗せても目を開けた時に見えないと効果が出ないので)

一番暗い、影色のアイシャドウをまつげギリギリの目のキワに目頭〜目尻に向かって乗せていきます。

上まぶたのグラデーションの完成です。明るい色のアイシャドウから乗せているので自然なグラデーションになっています。

下まぶたにもアイシャドウを乗せて立体感を出していきます。

上まぶたでも使った2番目に明るいアイシャドウを下まぶた全体に乗せていきます。

目のキワ〜涙袋の幅に乗せます。あまり太くなりすぎないように 意識します。

最後に下まぶたの3分の1に上まぶたにも使った1番暗い、影色を乗せます。

1回で乗せようとしないで見て確認しながら何回かにわけて少しづつ乗せて立体感を出します。

完成です。

基本的にどの色味にも対応できますので試して下さい。

引用元-基本のアイシャドウ 使い方 | メイク方法(かわいい・ナチュラル・アイメイク)プロが教える簡単メイク

化粧の順番⑤アイメイクのポイント・アイライナー

簡単で失敗しないアイラインの引き方です。

1. ペンシルタイプ

目尻から目の中央までラインを引く
そしたら目頭からラインを引いて中央でドッキングする

2. リキッドタイプ

まず目の中央から水平に目尻へ細いラインを引く
そのラインと本当の目尻を結んで出来た三角を埋める
目頭のほうへ、だんだん細くなる極細のラインを引く

3. ジェルタイプ

まつ毛の生え際を意識して、少しずつラインを引く
ジェルが乾かない間に、目尻のラインを綿棒でスッとぼかす
上まぶたの粘膜の中を、まつ毛の間を塗りつぶす感じで埋める
※ 補足
ペンシルは同系色のパウダーアイシャドウを重ねると、長持ちする
リキッドは乾く前にまばたきすると、まぶたについてしまうので注意
ジェルはインパクトがあるので、アイメイクの最後にのせる

引用元-女性の魅力は目で決まる!「アイライン」の色んな引き方 – M3Q – 女性のためのキュレーションメディア

化粧の順番⑥アイメイクのポイント・マスカラ

根元にブラシを当て、マスカラ液をしっかりと絡ませる

まずはマスカラをつける前に、ブラシの余分な液をティッシュで挟んでオフしておきます。

目頭の根元にブラシをグッと当て、2〜3秒間キープします。ブラシを小刻みに左右に動かし、根元にしっかりとマスカラ液を絡ませます。

根元にしっかりと塗ることで、まつ毛が下向きになるのを防ぎ、同時にアイライン効果も生まれます。

毛先に向かってブラシをスッと抜く

根元にしっかりとマスカラをつけているので、中間〜毛先は薄くつける程度でいいです。

下まつ毛には、ブラシの先端を使って1本ずつにマスカラ液をおく

下まつ毛には、ボリュームタイプのマスカラではなく、ロングタイプのものを使いましょう。

再びマスカラ液をとってティッシュオフし、ブラシ縦にして先端を使い、1本ずつにマスカラ液をおく感じでつけます。

ブラシを横にし、毛先に向かってスッと抜く

ブラシを横にして、下まつ毛の根元に寝かせておいてから、毛先に向かってスッと抜きます。

マスカラ液のダマがなくなるまで繰り返します。

引用元-もう一度見直そう!ぱっちり目元を作るマスカラの正しい使い方 | folk

twitterの反応

https://twitter.com/NnTk69/status/665420080445071360


https://twitter.com/maimai1357246/status/489610440670859264