女性の化粧はマナー!?女性に求められるメイクという身嗜み

いつの頃からか女性が公共の場で化粧をする事が、当たり前のマナーとされています。

服装や立ち居振る舞いを気にするように、女性は化粧においてもTPOをわきまえる必要があるようです。

そこで様々な場面で求められる、女性の化粧マナーについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

女性の平均体重って?体重60キロは太ってる?それともぽっちゃり?

日本人は細くて華奢な子が、特に多いです。海外では体重60キロ前後の女性が多く平均的です。実際に60キ...

体脂肪が気になる女性の皆さん。30代からできることがある!

女性の30代といえば、そろそろ体型と健康の両方が気になるお年頃ですね。独身でも既婚でも、崩れ始めたス...

ジョギングとランニング、ダイエットに効果的なのはどっち?

ダイエットのために、ジョギングやランニングを習慣にする方が増えています。 みなさんはジョギングとラ...

ニキビに効く化粧水って?男も大事なニキビケアのやり方は??

男も女もニキビは大敵です!! 皆さんニキビが出来た後に洗顔料や化粧水でニキビケアをやりますが、 ...

消化を知ることで食べ物の摂り方と時間を変える!ダイエットの知識

ダイエットをしている人はカロリーばかりに目が行きがちですが 食べ物の消化時間や摂取するタイミングを...

朝の満員電車でめまいが…最近体調がおかしいと感じる人へ

朝の通勤ラッシュ時、満員電車に乗るとめまいが…なんて経験はありませんか? 毎日のようにめまいが続く...

男性へのクリスマスプレゼント!50代の男性が喜ぶものとは?

男性へのクリスマスプレゼントは毎年悩みの種です。 そこで今回は50代の男性にスポットを当てて、喜ば...

学校で人気の髪型は?メンズヘアのポイントとアレンジ方法

学校でも髪型を楽しむオシャレメンズが増えています。 しかし学校には校則という厳しい縛りも・・・そこ...

前髪の切り方で変わる!モテる男のポイントセルフカット!!

女性なら前髪カットは美容室で…というイメージですが、男性の場合はセルフカットしている人の方が多いこと...

社会人にプレゼント!彼氏や男友達へ一体何をあげればいい?

クリスマスや誕生日など彼氏や男友達に一体何のプレゼントをあげれば 喜ばれるの??毎年悩む女性の問題...

フケの原因はシャンプーにあった!女性のための対処法とは…

頭皮に悩みを抱える女性は年々増加しています。その中でもフケ症状に悩まされる方が多いようです。 フケ...

筋トレで得られる効果は女性にとって嬉しい事ばかりだった!

筋トレといえば、男性が筋肉増強のために行うイメージがありますが、実は女性にとっても嬉しい効果ばかりだ...

産後の骨盤矯正の方法は?ダイエットにも役立つ体型戻しのコツ

産後は出産した事による骨盤のゆがみが生じてしまいます。骨盤がゆがんでいると、体調や体型にも悪影響を与...

ストレス症状の悪化から考えられる病気は?ストレスの予防策

ストレスを感じることで体には様々な症状が現れます。その症状をそのままにしておくと大きな病気につながっ...

プロテインを効果的に筋肉にアプローチさせるコツ・ポイント

プロテインと聞くと、筋肉隆々のボディービルダーを思い浮かべる方も多いことでしょう。 しかし最近のプ...

スポンサーリンク

いつから女性の化粧がマナーになったの?

大正時代に入り、第一次世界大戦の影響で好景気となった日本は、産業が発達し、人々の生活は、衣・食・住の全てにおいて一層近代化が進んでいきました。さらに、明治時代よりも女性の社会進出は確実に進み、デパートの店員、事務員、バスガールなど、さまざまな職業に就いていきました。「日常」と「晴れ」の場に、「社会生活」が加わるというライフスタイルの変化に伴い、女性たちのよそおいに対する意識も大きく変わっていったのです。

例えば、大正2年に発行された美容本『上品で粋な化粧の秘訣』では、化粧について「これからの婦人は自然と広く社会に触れ、いろいろな方と交際も繁なくなりますから、どこまでも身ぎれいに美しくし、相手に快感を与え、晴れやかな気分にさるやう心がけ…」と語っています。

つまり、 よそおいを整えること、化粧やファッションは社会生活の上で大切な“女性としての心がけ・マナー”として強く意識されるようになったのです。

引用元-ポーラ文化研究所|「美白の化粧文化史」化粧コラム “第14回 「化粧はマナー」になった時代。

ビジネスで女性が化粧しないのはマナー違反!?

ビジネスシーンでのノーメイクはNG!

もし、ノーメイクで職場に行くとなると、周りから、「顔色が悪い」「だらしがない」「見苦しい」といった悪い印象を持たれてしまう可能性があります。また、社内だけならまだしも、取引先と会うというシーンであれば、それは大変失礼に値します。相手に敬意を払うためにも身だしなみを整える=化粧をするということが大事になり、ノーメイクはマナー違反とみなされます。仕事では自分の見栄えとは別の部分で化粧は重要なマナーとなります。

職場や職種によって適切な化粧の程度は異なる

仕事中のマナーとして化粧は必須ですが、化粧の仕方は、人それぞれだと思います。職場や職種によって適切な化粧の程度は異なるかと思います。派手なもの、奇抜なものはNG。仕事ではTPOをわきまえた、節度ある化粧を心掛けましょう。

化粧の仕方は洋服選びと同じ

仕事中のマナーとして化粧は必須ですが、化粧の仕方は、人それぞれだと思います。職場や職種によって適切な化粧の程度は異なるかと思います。化粧の方法も洋服選びと同じと考えると良いかもしれません。派手なもの、奇抜なものはNG。仕事ではTPOをわきまえた、節度ある化粧を心掛けましょう。それを踏まえて、自分に似合う好みのメイクをすればいいのです。

引用元-化粧に関するビジネスマナー!女性のメイクの基本 | ビジネスマナーのことならキャリアパーク

TPOをわきまえて!通夜・葬式での女性の化粧マナー

基本的には薄くシンプルなメイクです。しかし、シンプルがいいからといってノーメイクはマナー違反です。
まずベースメイクですが、厚塗りは避けて、シミや赤味などはきちんと隠します。パール入りやラメ入り、つやの出るリキッド・クリームファンデーションで仕上げるのは避けます。
また黒っぽいファンデーションの色も目立つので避けたほうがいいでしょう。
アイシャドウはつけなくても問題ありません。つける場合はパール入り、ラメ入りを避けてマットなベージュやブラウン系に留めましょう。
アイラインとマスカラもつけなくても問題ありません。しかし、アイシャドウもアイラインもマスカラも無いと、いつもと違いすぎるという方はもちろん厚くならない程度に入れても構いません。
目元バッチリとならないようにメイクしますので、つけまつ毛は必要ありません。
眉はきちんと描きます。但し、はっきりと角度をつけたり、短すぎたりすると、活発で元気なイメージになりますので、上げないでやや直線の短すぎない眉を描きます。
口紅は唯一色を添えても良い場所ですが、やはり派手な真っ赤、ピンク、オレンジなどは避けた方が無難です。口紅はしないという選択肢もありますが、唇に色味がない場合は、顔全体に生気がなくなりますので、注意が必要です。
でも、絶対に気をつけるべきなのが、ラメ、パール、グロスなどで唇がテカることです。葬儀の場では光は抑えるようにしましょう。

引用元-» お葬式でのメイクの注意点|葬式の常識、服装・身だしなみ・マナー講座

化粧は女性の嗜み!様々なマナーに対応するナチュラルメイク

ナチュラルメイクが流行しつつある一方で、プロ級のメイクテクニックを身につけようとする一般女性も増えてきました。
少し前には、分厚いつけまつげやアイラインを引いて印象深い顔にするのが主流でしたが、最近はナチュラルな雰囲気の顔に見せるためにメイクの技を高めている人も少なくありません。

本来なら、素顔のままで何のメイクもなしに過ごすのが肌のため。
メイクには多少なりとも時間もお金もかかり、毎日するのは面倒と感じている女性もいます。

しかし、すっぴんで堂々と生活できるほど肌が美しい人でも、全くメイクをしないのはマナー違反だといわれるシーンがあります。
公式な場に出るときには、アイメイクやリップメイクだけでもしていかないと周囲に失礼にあたることがあるのです。

どんなシーンでも活躍してくれるのが、ナチュラルメイク。
というわけで、年を重ねていくほどにナチュラルメイクに上達しようという女性が増えています。

引用元-化粧のマナー | なでしこMAGAZINE

電車や公共の場所での化粧もマナー違反!

電車内でメイクをする女性に少なからず嫌悪感を抱いてしまうのか。それは、不特定多数の前で平気でメイクを直す女性には、恥じらいが微塵も感じられないからです。

当の本人は、「知り合いが見ていないからいいか」という、軽い気持ちでしていると思います。それが恥じらいの欠如の原因。みなさんは、彼氏、もしくは会社関係の人と一緒にいる女性が、電車内でがっつりメイクをする姿を見かけたことがありますか? おそらくそのパターンは少ないはず。なぜなら彼女たちは、「これから参加するデートなどのイベント、または仕事」のために、電車内でメイクをしているからです。

つまり、見られたくない人の前では恥ずかしいからしないにも関わらず、無関係の人の前では恥じらいを捨ててする、ということ。恥じらいを捨てられるということは、いつか好きな相手の前でも捨ててしまう可能性を示唆しているとも言えます。しかもそこには、恥じらいを捨てた姿を断りもなしに見せつけられる人を、思いやる心遣いすら欠けているのです。

「見たくないなら見なければいい」と思う女性もいることでしょう。メイクをすることは、身だしなみを整えることの一環ですよね。これを男性に置き換えてみましょう。電車内で堂々とヒゲを剃って身だしなみを整える男性を発見したら、完全にスルーできるでしょうか。一瞬だけでも見てしまうのでは? メイクをする女性は、電車内でヒゲを剃る男性と同じ。悪い意味で人目を引いてしまうのです。

引用元-【レポート】電車の中で化粧をする女性に嫌悪感を抱いてしまう理由 – ライブドアニュース

twitterの反応


https://twitter.com/Mahirune/status/674448884114952192


https://twitter.com/abs_kami_/status/672108804566306820