娘の友達関係が心配…親としてできることは?過干渉にも注意

子供はどんどん大きくなり、成長しながらいろいろな友達と接することになります。

その中で人間関係の楽しみや難しさなどを多くの事を学んでいくことになります。

特に女の子は関係性が複雑になる時期があり、親として心配になる場面も多々あります。

そこで娘の友達関係について親としてどう対応し向き合うべきなのかまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子供の通帳に使用する印鑑!どんな素材や文字を選べばいい?

子供の為に通帳を作る時に必要となる印鑑は、どの様なものがいいのでしょうか? 自分の通帳の印鑑と兼用...

男の子が喜ぶプレゼントは?6歳は成長に合わせて選びたい!

男の子へのプレゼント選びは女の子のプレゼントを選ぶより難しい。 6歳頃の男の子はどんなものを贈ると...

子育てでイライラして怒鳴るのはNG!子供に与える影響とは…

子育てをしているとイライラする場面は多々あります。突発的に子供を怒鳴ることもあるでしょう。 しかし...

保育園に入れない場合は幼稚園?働くママの苦悩と保活事情とは

保育園の待機児童が問題視される中、なかなか改善されない現状に働くママは困った状況に陥っています。 ...

名前の画数は気にする?姓名判断に頼るか自分の好きな名前か?

名前は赤ちゃんへの生まれて初めてのプレゼントと言われています。 これから一生幸せに暮らせるようにと...

男の髪型は子供でも重要!髪の毛を自宅でおしゃれにカット!

子供の髪はお家で切るというご家庭も多いことでしょう。 しかし今の子供は昔と違い髪型にもこだわりが強...

夫の単身赴任と保育園!入園ポイントと知っておきたいアレコレ

夫の転勤が決まった時、保育園頃の子供のいる家庭では一緒について行くことも多いようですが、共働き家庭で...

両親の離婚は子供に少なからず悪影響を与えます。忘れないで!

年々離婚率がアップし、3組に1組は離婚しているそうです。事情があっての離婚でしょうが子供がいるならば...

男の子・女の子への誕生日プレゼント選び何にする?1歳編

わが子が誕生してから1年・・この1年色々あったなぁ なんて思っているママさん・パパさん!誕生日のプ...

子育てでイライラと自己嫌悪を繰り返すママの対処法とは??

子育てでイライラ…子供を叱って自己嫌悪に陥る。そんな負のスパイラルを繰り返すママはたくさんいます。 ...

子供と仕事の時間のバランス~子供に与える影響とスキンシップ

仕事をするママにとって、一番の悩みとなるのが子供との時間がなかなか取れないということです。 そこで...

娘の友達がわがまま!娘の親として対応はどうしたらいいの?

娘が仲良くしているお友達がわがままな子だったら…我慢している娘を見て、親としては何とかしたいと考える...

インフルエンザの症状!子供には気を付けたい危険な合併症も…

毎年冬の寒い時期はインフルエンザが流行しやすくなります。特に子供の感染には気を付けたい症状も…。 ...

子供の言葉の発達はいつから?幼児期の言葉の発育目安とは

子供はいつから言葉を発するようになるのでしょうか?言葉を発することができない時期でも、頭の中では言葉...

感受性が強い赤ちゃんの特徴とバランスを整えるママとの関わり方

赤ちゃんは感受性が高いと言われていますが、中にはその感受性の高さゆえに子育てに行き詰まりを感じてしま...

スポンサーリンク

娘の友達関係が心配な親の声…

◎友達との関係について

●うちの子は友達に対する競争心(?)が強いです。持ち物を比べたり、服を競い合ったりしているようです。先日、「○○ちゃんよりおしゃれな服がほしい」とねだられ、びっくりしました(就学前の保護者)
●わたしのころと違い、今はケータイやインターネットなど、友達とのコミュニケーション・ツールが多様になっています。メリットもあるでしょうが、デメリットも少なくないはず。娘はまだケータイもネットも使っていませんが、いずれ使うようになると、思わぬトラブルに巻き込まれるのではないかと心配です(小3の保護者)
●仲良しのグループがあるのですが、もしも仲間外れにされたりしたら、親としてどう対応したらよいかがわかりません(小5の保護者)

引用元-女の子の保護者は「友達づきあい」が心配!?|ベネッセ教育情報サイト

小学3年生の娘のことなんですが、近所にいつでも遊べる友達がいてません。
同じクラスの子はいてるのですが、自己主張が強い子なので気が向かないときは娘が誘ってもムリと簡単に断られるそうです。
学校では、友達と遊んだりはしているそうなんですが、学校以外ではまだ家の行来きなどなく、土日などは必ずと言っていいほど遊びません。誘いに来ることもありません。
担任の先生曰く、娘はクラスのムードメーカーみたいなのですがどうも心配なのです。

引用元-子供の友達関係が心配です。 – 友達・仲間 解決済 | 教えて!goo

娘の友達関係が心配…子供の年齢によって対応も違う!

低学年と高学年とで対応を変化させる

小学生の友達関係は、低学年のときと、高学年のときとで様相がかわってくることをふまえたいところです。
低学年のとき子供に友達がいないようにみえても本人が気にしていないのなら、親がとりたててさわぐことではありません。
ただし、友達がいないということより、コミュニケーション全体を苦手としているようなら、発達上の問題もあるかもしれないのでただただ心配するよりは、専門家に相談してみたほうが得策です。
低学年なら親のかかわりをとおして子供同士が友達になることもありますので、友達に子供を連れてくるよう頼んで家に招いてみるとか、子供連れでもOKのクラブ活動に親が子供と参加してみるなどなど、学校とはまた別のかかわりのなかに子供をつれだしてみるのもいいでしょう。
ただし、心構えとしては友達ができたらラッキーという程度で。あくまでも、友達は持つべきものであるというような暑苦しい考え方で挑まないようにしましょう。
あくまで「友達がいない」ことが問題なのではなく、友達がいないことで子供が辛い思いをしていないかということをポイントにしましょう。

引用元-小学生の子供に友達がいないかも?親がとるべき態度とは | そっか~(人´∀`)

娘の友達関係が心配…中学時期のトラブルは不登校の原因に!

中学生の不登校のきっかけ・原因で外すことはできないのがいじめです。中学生年代の子どもは残酷です。おそらく大人以上にやり方が陰湿だったり、残酷だったりします。

この年代は思春期ですし、異性の目も気になります。大人からすればささいなことでも子供にとっては傷が深く、また言いぐさや表現、からかいも時に度が過ぎてしまいます。

また、いじめほどの明確な嫌がらせはなくとも、些細な友だち関係のいざこざ、関係のもつれをきっかけに不登校になる生徒も多いようです。

あくまで個人的な感想ですが、いじめは男女問わずあっても、友達関係関係をきっかけに不登校になるのは女子生徒のほうが多い印象です。

引用元-中学生の不登校原因、きっかけは友達・友人関係が多い – 不登校ナビ

女子グループに多く見られる仲間外れと陰口

女子生徒の不登校の背景に多いのは人間関係のもつれです。思春期の女の子はグループを作りがちで、どうしても仲間外れや陰口、悪口、無視がどこの学校でも見られると思います。

今は他の人がターゲットでも、いつその矛先が自分に向くかヒヤヒヤしながら学校で過ごすのはやはり苦痛が伴います。

girls-685787_640-compressor
さらに思春期では自我の芽生えといって、自分らしさと他の人との違いに敏感になります。自分はこうしたい、ああしたいという気持ちがあっても、他の人との違いやいわゆる”普通”から外れることの恐怖と葛藤がつきまといます。

女子生徒の不登校でよく見られるのは、他人の悪口を言いたくないし、そういう事には関わりたくないという自我の芽生えと、他の人と足並みをそろえることの葛藤の末に自分にその矛先が向いてしまうケースです。

引用元-中学生の不登校原因、きっかけは友達・友人関係が多い – 不登校ナビ

娘の友達関係が心配…親としてできることは?

子供の態度の変化をよく見る。

心に悩みを抱えている子供は、何かしらのサインを示しています。

どんな変化が見られる?

・通らない理屈を通そうとする。(何でも自分の思い通りにしたい!)
・常にイライラ・・・(心のモヤモヤを手当たり次第ぶつけている)
・態度が悪い(返事をしない、わざとに無視をする)
・親の誘いに乗らない(1人になりたがる)
・八つ当たりをする(特に兄弟姉妹、両親に)

なぜなのでしょう?

高学年にもなれば、口も達者になります。自分の考えも持つようになります。しかし、まだ子供です。

心の中のモヤモヤを、自分で上手に処理する力は未熟です。

ですから、相手(家族)の気持ちを考えずに不満をぶつけたり爆発させるのです。

引用元-子供が友達関係で悩んでた時にママとして私がとった対処法 | ママズアップ

子供の話に耳を傾ける。

共感することで、子供の心は素直になります。

「友達と、何かあった?」

我が家の場合ですが、子供のイライラが続く時はその理由を聞いてみます。

最初は「ママが悪い!○○(妹)が悪い!」と言うのですが、

そこで反論せずに「わかったよ。でも本当の理由は他にあるんじゃない?友達と何かあった?」と聞くと

一瞬「・・・」となりますが、ポツリポツリと話をし始めることがほとんどです。

子供の気持ちに共感する

心に溜めこんでいる事を吐き出すことで、子供の表情・態度は大きく変わります。

人は誰でも話を聞いてもらい、さらに共感してもらえることで

自分を理解してもらえたと感じ、人の気持ちにも思いやりを持てるようになります。

子供の心を育てるためには、共感することがとても大切です。

引用元-子供が友達関係で悩んでた時にママとして私がとった対処法 | ママズアップ

娘の友達関係が心配でも押しつけはNG!

どんなに心配でもお子さんの交友関係に押し付けはタブー

このことは、小学校高学年のお母さんに良く見られる傾向があるのですが……。

「あの子と遊んじゃダメ」「この子と一緒にいるとあなたまで悪い子に見られるわよ」「あの子はいつも問題を起こしているから、他のお母さんもお付き合いしない方がいいと言っているわ」等の内容は絶対に口に出さない方が良さそうです。

なぜって、お友達のことはお子さんが一番よく分かっていることだからです。

お子さん自身の意思でお友達を選ぶ力、大切にしてあげてくださいね。事柄によりけりですが、例えそれでお子さんが良い選択が出来なくとも、お子さんはそこから、人間関係の距離を学ぶことでしょう。

人間同士の対話がツールを通して行うことが多くなってきた現代だからこそ、幼稚園・小学校でのコミュニケーションを大切にしてあげたいですよね。

引用元-ストレスに強いママになる! 子どもへの心配事を解消するコツ4つ | パピマミ

twitterの反応


https://twitter.com/suwaremasen/status/799011196720427008


https://twitter.com/choco_uma/status/794566706785959936


https://twitter.com/no_ra_mo/status/791083037735792640
https://twitter.com/tkglove0401/status/783189284874399744