産後の骨盤矯正の効果は?結構重要!知っておきたい体のコト

産後の女性の体には様々な変化が現れます。その一つに出産による骨盤のゆがみがあります。

産後は正しく骨盤矯正する事で、効果的に体を元の状態へ戻すことができるようです。

そこで産後の骨盤矯正について、効果的なタイミングや方法などをまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

頭皮の乾燥が・・シャンプー後のケアが重要な理由とは??

顔や体だけでなく頭皮も乾燥することをご存知ですか?頭皮が乾燥することで様々な悩みの原因にも… そう...

地名から?物の名前から?色々あるキャラクターの名前の付け方

ゲームのプレイヤー設定のときなど、自分で名前を考えるときに意外と悩みますよね?そこで人気マンガのキャ...

エアコン掃除は自分でできる!?節約ピカピカ掃除のポイント!

エアコン掃除は業者に頼むものと思っている方も多いようですが、実は自分で掃除することができます。 自...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音によるトラブルです。 自分では騒音と思...

資産運用は比率が重要!リスク分散・年齢・貯蓄に見る割合とは

資産運用を始めるにあたり、運用資金をいくらくらい充てるかは重要なポイントになります。 リスクや自分...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中には自分ではどうしようもない場合もありま...

旅行をサプライズでプレゼント!彼氏に最高の思い出を贈ろう!

付き合いが長くなると彼氏へのプレゼントに何を贈ろうか悩んでしまいます。 そこで物ではなく素敵な思い...

携帯の新規契約の最安値は?携帯大手3社にみる低コスト携帯

携帯の新規契約を最安値で行うには、どこの携帯会社がいいのでしょうか? 最安値といっても、自分の使い...

薄毛に悩む女性が急増?気になる抜け毛の本数1日何本くらい?

最近は男性だけでなく、抜け毛・薄毛に悩む女性が急増しているそうです。シャンプーの時など、特に気になり...

将来を考えた選択をしよう!!仕事への不安や不満の解消法!!

漠然とした将来への不安で心を病む人もいる現代。あなたはどうでしょうか?今の仕事に満足できていますか?...

肩こりマッサージでもみかえし!これっていいの?悪いの?

肩こりを解消しようと、整骨院やマッサージ店で施術をしてもらうと、筋肉痛のような痛みがきたことはありま...

感染症の予防3原則!しっかり守って菌に負けない健康な体作り

寒い季節には学校や会社などで感染症が流行します。しかしその感染症の流行を予防するために必要な3原則が...

友達からの嫉妬がうざい!これって友情?女同士の危うい関係

仲のいい友達からの嫉妬にうざいと感じた事はありませんか? いくら仲良くしていても、女性同士には相手...

資産運用!100万円あったら何ができる?賢いお金の生かし方

最近では銀行の金利も軒並み低くなり、銀行に預金していても資産運用の価値がありません。 100万円の...

日本に来る観光客の不満は一体何??改善するべき6項目!!

日本はおもてなしの国です。というキャッチフレーズは よく耳にします。 しかしはたして日本は外国人...

スポンサーリンク

産後の骨盤矯正の効果

女性が妊娠すると、出産に合わせて産道を作るため、自然と骨盤が開いていきます。
そして、赤ちゃんの頭がだんだん下に下りていくと、さらに骨盤が開いていきます。

出産後は骨盤が急速に戻ろうと働きます。
この時にしっかり骨盤を矯正しておかないと、骨盤のズレや歪みを起こしてしまうことになります。

その結果、骨盤という人間にとって大事な部分から背骨全体がバランスを崩し、腰痛などの痛みが
発生する場合があります。

また、身体のバランスが崩れることによって、体として太りやすい造りになってしまいます。

産後の骨盤矯正が効果的な理由としては、出産の際には避けて通れない骨盤の開きやズレを正常な状態に
戻し、出産後の生活において骨盤のズレによるさまざまな症状を和らげたり改善したりする働きがあります。
それと同時に、骨盤の歪みが原因となる体重増加を防いだり、ダイエットにもなります。

「産後の肥立ち」ともいいますが、産後は自分の体を休める重要な時期でもあります。
この時期に無理をして、産後の子育てなどに支障が出ることもあります。
ただでさえ、3時間おきの授乳などで母親は睡眠不足にもなり、授乳による疲れも出てきます。
休息の時間とも言うべき出産後、すぐに無理なダイエットや激しい運動でのダイエットはお勧め出来ません。

しかし、骨盤矯正なら、毎日数分の簡単な運動で骨盤が改善され、それによって体調維持、体力向上、
ダイエットにも効果
が出ます。

引用元-産後骨盤矯正は効果あり?効果を検証してみました

産後の骨盤矯正と通常の骨盤矯正はまったく違う!

産後の骨盤矯正と通常の骨盤矯正の違いとは

通常の骨盤矯正と産後の骨盤矯正はまったく異なるものです。

通常の骨盤矯正は日常の姿勢や運動不足、内臓疲労、ストレス、体の癖などからくる骨盤のゆがみを本来あるべき定位置にもどす矯正になります。

それに対して、産後の骨盤矯正は、妊娠で開いた骨盤をもとの位置に正す矯正です。

妊娠5〜6か月くらいになると子宮が骨盤から大きくせり出し、骨盤内部の圧力が高まり、骨盤上部が徐々に開き始めていきます。

その後、出産時の陣痛が始まると、胎盤の靭帯が弛緩し骨盤下部が大きく広がり赤ちゃんが産道を通りやすくします。そのため帝王切開で出産した場合、骨盤上部だけが広がり、自然に出産した場合ならば骨盤上部、下部の両方が広がります。この出産の後に開いた骨盤を元に戻します。

通常の骨盤矯正と産後の骨盤矯正は原因も目的も異なります。産後の骨盤矯正は、時期によりやり方が異なるので注意しましょう。

引用元-産後の骨盤矯正は効果大!産後の骨盤矯正の始め方と基礎知識

産後の骨盤矯正を行う効果的な時期は?

産後の骨盤矯正を行うのに最も効果的な時期は、産後2ヶ月から6ヶ月の間の4ヶ月間です。
分娩時に最大に開きゆるんだ骨盤は、産後3~4ヶ月をかけて、遅くとも6ヶ月くらいまでには、左右交互に少しずつ縮みながら元の状態に戻ります。

しかし、妊娠前から骨盤に歪みが生じていたり、妊娠中に体のバランスが崩れてしまったりすることも少なくなく、骨盤は正しい位置に戻りにくくなります。
骨盤が元の状態で固まる(閉じる)までは、骨盤の骨を結合している靭帯は柔らかく緩み、骨盤はグラグラの状態です。
この時期に骨盤を正しい位置に戻すことで、出産前よりも健康により美しくなることも可能
なのです。

ただし、骨盤矯正を始める時期は出産後早ければ早い方がいいかというと、そうではありません。
赤ちゃんが出てきたにもかかわらず、まだぽっこりと出ているお腹に驚き、すぐにニッパーやガードルなどでお腹を締めようとする方がいますが、本来骨盤の中に収まっているべき直腸・子宮・膀胱も一緒に押し下げられ、尿漏れや子宮脱を引き起こす危険性があるのでやめましょう。

また、自然分娩で出産し、母子ともに健康と判断された場合は、通常1週間程度で退院となりますが、母体は退院するまでにすべて元の状態に戻るわけではありません。
産後1ヶ月は後陣痛があったり、悪露が出たりと、出産の影響が体に残ります。

そうでなくとも産後の母体は体の中が大きく変化し、傷つき、疲れていますので、産後1ヶ月程度は体に負荷をかけないよう、休養を心がけましょう。

引用元-産後はチャンス!骨盤矯正で理想の体型をゲットする4つの方法

産後、効果的に骨盤矯正する方法

骨盤ベルトやリフォームインナーをつける

骨盤ベルトやリフォームインナーは理想的なボディラインのために、お腹のお肉を正しい位置におさめるようサポートしてくれます。育児をしながら継続しての運動が難しい場合にも、続けやすくてうれしいケアですね。ただし、あまり早い段階からキツくしめすぎると、骨盤に悪影響を及ぼす可能性がありますので、ベルトやインナーは産後の時期毎に適切なものを選ぶようにしましょう。

骨盤体操や骨盤スクワットを実践する

骨盤を元の位置に戻す体操やスクワットがあります。産後の週数に合わせて内容を確認しながら、体に負担のないようにじっくり進めるようにしましょう。

引用元-産後の骨盤矯正、いつからいつまで?効果、方法まとめ – こそだてハック

整体やマッサージの施術をうける

プロの手を借りて、産後の骨盤ケアをしたいという方はおすすめです。産後の1ヵ月健診が終了して特に問題がなければはじめられ、定期的に骨盤を元の位置に戻すメンテナンスを行って行きます。最近では、託児所がついている所や、パパも同伴で施術を受けられるところが多いので、予約をする際にぜひ相談してみましょう。

ヨガやピラティス

ヨガやピラティスは体の歪みを正せる他、基礎代謝を高めることができる産前産後の女性に人気のエクササイズです。マタニティ専用のスクールに通われていた方もいるかと思いますので、ぜひ継続して通うようにしましょう。

引用元-産後の骨盤矯正、いつからいつまで?効果、方法まとめ – こそだてハック

自宅で効果的に骨盤矯正できる産後エクササイズ

骨盤矯正エクササイズでゆがみを矯正

骨盤矯正は、助産院やクリニック、整体、エステサロンなどでも行っていますが、ここでは家で簡単にできるセルフケアエクササイズをご紹介します。

骨盤を締める体操その1

・床に寝て両ヒザを立て、足は骨盤の幅くらいに開きます。

・息を吸って、吐きながらお尻を上げ、お尻の穴に力を入れるイメージで締めます。

・息を吸いながらゆっくりお尻を下げます。

・5回くり返し、5回目はお尻を上げたまま自然に呼吸をして20秒キープします。

骨盤を締める体操その2

・椅子に座り、太ももにタオル、またはクッションを挟みます。

・太ももを内側に寄せるように力を入れます。

・これ以上内側にいかないというところまで寄せたら、タオル(クッション)が落ちないよう10秒間キープします。

骨盤を締める体操その3

・足を肩幅に開いて立ちます。

・腰に手を当て、ヒザを緩めた状態で大きく円を描くように骨盤を回します。

・左右それぞれ30回ずつ行いましょう。

骨盤を締める体操その4

・床に寝て両ヒザを立てます。手は、体の横に置きます。

・息を吐きながら、両ヒザが離れないように意識して脚を横に倒し、10秒間キープします。

引用元-産後の太もも痩せには骨盤矯正が効果的? | ヘルスケア大学

twitterの反応


https://twitter.com/yunapoko/status/673449926093758465