ストレッチの効果が現れる期間は?体を整えるポイントとは…

ストレッチは体の調子を整える為に有効的とされています。

ストレッチはいったいどのくらいの期間続ければ効果が現れるのでしょうか?

そこでストレッチの効果が期待できる期間や、ストレッチのポイントなどを調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

旦那の小遣いはなし!?サラリーマンの厳しいお財布事情とは

みなさんのお宅では旦那さんの小遣いはいくらですか?中には小遣いなしというツワモノまで… お小遣いが...

大人から始める趣味や習い事。かっこよく生きてみませんか??

大人になって時間やお金に余裕が出来た時、あるいは忙しい日常だからこそ何かを始めたいと思ったりしません...

ジョギングの効果は3カ月からが本番!痩せる体の基礎作りを

太ってきたらすぐに痩せたい!という願望はあるものです。 しかし何事もすぐに効果が出るものはありませ...

お風呂に毎日浸かりたい!気になるガス代事情を徹底調査!

寒い季節はお風呂の湯船に毎日浸かりたくなります。しかし毎日お風呂を入れるとガス代も気になる…という方...

神社参拝には効果的な時間帯があった!いつ行けばいいの??

願いをこめての神社参拝。お参りする時間帯に決まりはあるのでしょうか? 神社という神聖な場所に流れる...

ランニング初心者女子が知っておきたい効果・ポイント・注意点

最近ランニングを始める女子がどんどん増えているようです。 そこでランニング初心者女子が、気を付けて...

子供の運動神経は12歳までに良くする!脳も鍛える遊び方は??

うちの子供は運動神経が良くなるのかしら?? うちの家系は運動音痴だから・・うちの子は運動神経は良く...

年間で貯金100万円を貯める簡単な方法!!知って達成しよう!

生活費、交際費、娯楽費…お金を貯めよう貯めようと思っても細々使って気が付けば全然貯まってない!ってこ...

職場のストレスでもう限界…そうなる前に上手に対処しよう!

職場のストレス体調面や精神面で、限界を感じた事はありませんか? 適度なストレスは、自分のパフォーマ...

口臭の原因「舌苔」ってなに?正しいオーラルケアで口臭予防!

口臭の原因にもなる「舌苔」をご存知ですか?舌の表面が白くなる「舌苔」は体の健康状態によっても変化しま...

ウォーキングの効果!ダイエットを成功させる為のポイント

ダイエットを目的としたウォーキングを習慣にされている方も多いことでしょう。 ウォーキングの効果は、...

友達からの嫉妬はめんどくさい!友達?敵?上手に回避する方法

仲良くしている友達から嫉妬された事はありませんか? 友達からの嫉妬は人間関係をめんどくさくしてしま...

豆乳を効果的に摂取する時間帯は?生活に上手に取り入れる方法

豆乳にはダイエットや美肌など、女性に嬉しい効果がたくさんあります。 効果的に摂取するためには、飲む...

パソコンで仕事をする人は頭痛が起こりやすい!その対処法!

仕事をする時に現代ではほとんどの人が必ずパソコンを使うと思います。 長時間パソコンを使っていると目...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちはだかります。 その中でも特に問題になる...

スポンサーリンク

ストレッチはどのくらいの期間続ければ効果が出るの?

一切ストレッチを行わなくてもストレッチをした後のような、
体や心の状態を維持するにはどれくらい続けたらよいかという事を、
気にする人がいますが根本的な考え違いをしています。

例えば、肩こりで悩んでいる人が上半身のストレッチを行えば、
即座に肩こりが解消されるかもしれません。

これは即座に効果があらわれたと言えますが、
一晩も経てばまた肩こりの症状が発生するでしょう。

継続的にストレッチ後の肉体状態を維持するには、
体質を変える必要があり最低でも3か月はストレッチを続ける必要があります。

よってストレッチの効果は3か月程で現れ始めると言えます。

しかし機械か何かのセッティングや試験ではないので、
一度済ませてしまえば生活を変えなくてもOKというものではなく、
ストレッチが生活の一部になる事が最終的な目標です。

これは筋トレも一緒で一定期間ハードな筋トレをこなせば、
誰でもそれなりの筋肉が付きますがトレーニングしなくなれば元に戻ってしまいます。

人間は生きて活動しているのですから何事も継続的に行う必要があります。

3か月で効果が出始めるというのは、3か月で習慣化するので、
始めたころのような心的エネルギーを消費しなくてもストレッチし続ける事が出来るようになるという意味も含まれています。


引用元-ストレッチの効果はどれくらいの期間で現れるのか? | ウツカラダデザイン

ストレッチを長期間続ける事で得られる効果

■身体の可動域が広がる

私たちの身体は年を重ねるごとに大きな動きをする機会が減り、だんだんと硬くなっていきます。そうすると運動効果が下がったり、怪我をしやすくなってしまいます。

ストレッチで普段使わない筋肉を伸ばしたり、動かしたりすることで、縮こまっていた身体を目覚めさせ、可動域を広げることができます。すると普段の生活での動きもスムーズになり、運動のパフォーマンスや消費エネルギーをUPさせることにつながります。

柔軟性を上げて筋肉を動かしやすくすることで姿勢も整い、見た目も若々しくなりますよ。

■血行が良くなり、代謝が上がる

ストレッチで筋肉を動かすと、周辺の血管に刺激を与えて血行を良くすることができます。すると酸素や栄養素も運搬しやすくなり、代謝がUP。冷えの改善や疲労回復効果も高まります。

日頃から血行を良くする習慣を取り入れると、疲労や老廃物を排出するサイクルもスムーズになり、むくみや倦怠感を改善することができます。元気で若々しい身体をキープするためには、こまめに毎日身体を大きく動かす習慣をつけましょう。

■リラックス&ストレス解消

身体を伸ばしたり、大きく動かしたりすると血行が良くなって頭もスッキリ。ストレス解消やリラックス効果もあります。また、長時間のデスクワークなどで歪んでしまった姿勢が改善されることで、ストレスが溜まりにくくなるというメリットも。

引用元-侮れない!ストレッチするだけで得られる健康効果3連発 | nikkanCare.ism(ニッカンケアイズム)

ストレッチを効果的に行う3つのポイント

「筋肉を緩める」感覚をつかもう

まず、ストレッチというと、筋肉を伸ばすと言う風に思い込んでいる人が多いですが、ストレッチにおいて一番重要な感覚は、「筋肉を緩める」ことなのです。

筋肉を伸ばそう伸ばそうと思い込むと、筋肉にはかえって緊張が走り、ある種の筋トレ的な状態になってまうため、本来の目的である“関節を柔軟にするストレッチ”ではなくなります(だからと言って、強く伸ばしたとしても、筋トレとしての効果はあまり期待できませんのであしからず)。

ですから、まずは筋肉を緩めるという感覚を想起する必要があります。

引用元-ビジネスパーソンの「健康」をブラッシュアップする!~パーソナルトレーナーが教える初歩からのトレーニング – 一番重要なのは「筋肉を緩める」感覚をつかむこと ~ストレッチをはじめよう[後編]:パーソナルトレーナーが教える初歩からのトレーニング|人事のための課題解決サイト|jin-jour(ジンジュール)

ストレッチをしているときは、「息を吐く」ことを忘れない

そして他にも重要なことがあります。それは呼吸です。

人の身体は、息を止めることで筋肉が緊張するという性質があり、ストレッチ時に知らぬ間に息を止めてしまうと、自然と筋肉は緊張し、緩めていると思っていても、あまり伸びていることにはならないのです。

ですから、ストレッチをしているときには、息を長く吐くことを忘れずに行って下さい

引用元-ビジネスパーソンの「健康」をブラッシュアップする!~パーソナルトレーナーが教える初歩からのトレーニング – 一番重要なのは「筋肉を緩める」感覚をつかむこと ~ストレッチをはじめよう[後編]:パーソナルトレーナーが教える初歩からのトレーニング|人事のための課題解決サイト|jin-jour(ジンジュール)

効果的なストレッチを長期間続けるコツ

ハードル低めの目標設定

掲げる目標設定はハードルを低めひくめに設定しておきましょう。
高い目標を掲げることで、それを達成するまでは頑張るという意志の強い人、高い目標があるからこそ頑張れる人も中にはいると思います。ですが、三日坊主から抜け出すための方法としては目標を低めに設定すること。あまりに高い目標だと、途中で苦しくなり、三日坊主どころか挫折する人も中には出てしまうからです。
しかし、ハードルを低くすることでゴールが見えやすくなり、目標が達成しやすくなるそうです。自分でも達成できるんだという自信がついて、やっと目標のハードルを徐々に上げていくことがでるのではないでしょうか。
ただし、自分がどのようになりたいのか、何のために始めたのか?など、その経緯や目的(目標)を見失わないようにしましょう。目的が無くては続けるためのモチベーションも見失うことになってしまいますからね。

引用元-続けるコツは習慣づけ!習慣化する6つのコツ | ダイエットSlism

日々の変化を記録する

自分が実践したことや、毎日の変化をPCやノート手帳に残すようにしましょう。記録していく中で変化がつくようになり、日々の成果が出てくるようになれば更なるモチベーションになりますよね。記録をつけていくことが楽しくなっていきますし、あのとき自分は頑張ったという良い宝物にもなります。

引用元-続けるコツは習慣づけ!習慣化する6つのコツ | ダイエットSlism

ストレッチを効果的に行うための注意点

反動はつけない

反動を使うストレッチは筋肉や腱を傷める恐れがあります。静かにゆったりと、筋肉や腱にほど良い緊張を感じたところで止めてそのまま何10秒かキープしましょう。
これまでによく行われてきた柔軟体操のように、反動をつけて行ってはいけません。反動や「あおり」を利用する柔軟体操は、急激に筋肉に負荷がかかるので危険です。

引用元-ストレッチを行うときの注意点 | 『よくばりダイエット必勝法』 – 楽天ブログ

オーバー・ストレッチ

筋や健は、ある程度緊張が感じられるまでストレッチしないと、ストレッチ効果が生じませんが、痛いのを我慢して無理にストレッチすることは禁物です。この無理にストレッチすることは、オーバー・ストレッチング(OverStretching:過伸展)と呼ぱれ、逆効果であるばかりか、筋や健を痛めることがあります。強過ぎず弱過ぎず、加減をしながら行うことが大切です。
無理なストレッチは逆効果であるだけでなく、筋肉や腱を傷めてしまいます。

引用元-ストレッチを行うときの注意点 | 『よくばりダイエット必勝法』 – 楽天ブログ

twitterの反応


https://twitter.com/oaf888xa/status/679859984109191170


https://twitter.com/sy_mcrn/status/670580942692466688