アルコールは消毒だけじゃない!布についたシミ取りもできる!

ノロやインフルエンザなどの感染を防ぐため、最近ではお家に消毒用のアルコールを常備している人も多くなりました。

しかし消毒用のアルコールはウイルス除去以外にも、日常の中でもいろいろと使用することができます。

布についたシミ取り方法や布団のカビとりなど、生活の中で使えるアルコールについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

突然に起こる痙攣…。その原因はストレスかもしれませんよ?!

突然、まぶたや顔の一部がピクピク動いたことはありませんか?足がつったりすることも含め、すべて「痙攣」...

ダイエットの基本!筋肉つけて脂肪を落とす…基礎代謝アップ!

筋トレで筋肉を増やして体脂肪を減らすと、基礎代謝がアップします。最近では男女共に筋トレが人気ですよね...

ストレス解消にスマホアプリがおすすめ!活用ポイント&注意点

暇つぶしや遊びなどで利用できるスマホアプリがたくさんあります。 今、その中でもストレス解消できるス...

下痢を見たら食べ物がそのままでてきた!?原因と改善方法は?

下痢を見たら食べ物がそのままでてきた経験ありますか?突然の下痢には非常に悩まされます。下痢になる原因...

ゴミを分別しない人はこう思われる!明日から少し気をつけよう

たまにコンビニなどでゴミを分別しない人を見ると 自分のことしか考えてないな~と少し嫌な気持ちになる...

ストレッチの効果が現れる期間は?体を整えるポイントとは…

ストレッチは体の調子を整える為に有効的とされています。 ストレッチはいったいどのくらいの期間続けれ...

携帯のgps機能は電源off?メリットとデメリットを知ろう

携帯電話のgps機能をみなさんはご存知でしょうか? そんなの誰でも知っている!と思っているあなた!...

リフォーム・リノベーションをdiyで!自分で創る理想のお家

最近ネットやテレビなどでよく目にするリフォーム・リノベーション・diy… 興味はあるけどなかなか一...

女性必見!魅力がないと悩む前に試してみたい素敵女子への道

女性の魅力とはなんでしょうか?見た目・スタイル・性格など、魅力を感じるところは人によっても違います。...

糖質が少ない酒は??毎日飲む人へ!少し体に気を使うあれこれ

ダイエットを始めたけど会社の飲み会が・合コンが・・付き合いが・・・ そんなことってしょっちゅうあり...

女性の男性ホルモンと生理の関係は??知ってコントロールを

あなたは女性ホルモンと男性ホルモンの関係を知っていますか? 女性は両方のホルモンのバランスが重要で...

旦那へのイライラ解消法!夫婦円満に過ごすためのポイント!

毎日生活していると旦那に対してイライラを募らせることが多々あります。 旦那へのイライラはなるべく貯...

夫の単身赴任が辛い…と考えるよりも考え方を変えてみては!

夫の単身赴任が決まり、別々の生活が始まることを考えると辛い気持ちになります。 しかしそれはあなただ...

口臭の原因がわからない・・歯医者直伝!口臭の原因と治療法

男も女も自分の口臭は非常に気になるものです。 しかし自分の口臭の原因が何かわからない・・・毎日葉を...

精神が不安定でイライラする人の原因は?もしかしたら・・・?

精神が不安定ですぐカッとなる人、急に落ち込む人などの原因は?? ひどいようならもしかしたら病気の可...

スポンサーリンク

布についたペンのシミは消毒用アルコールで取れる!

消毒用アルコールなどの有機溶剤には、
油分を浮かせて落とすという効果があります。

油性ペンの付いた場所に染み込ませてしばらく待てば、
油性ペンの油分が浮かびあがってくるという仕組みですね。

ただ、ニオイが強いものが多いので、
必ず換気をして行うようにしましょう(゚д゚)(。_。)ウン!

引用元-油性ペンの落とし方|服や布,皮の染み抜きはコレ! | ALL You NeeD is InformaTion Blog

消毒用アルコールや変性アルコールを使う

[1] 市販の消毒用アルコールやメチルアルコール(変性アルコール)はついたばかりのインクの染み取りに理想的です。アルコールはインクの色素を中和させて染みを消します。普通に洗濯のできる服を消毒用アルコールまたはメチルアルコールに浸け置き、その後通常通りに洗濯します。[2] 下記の工程で染み抜きを行うこともできます。
綿棒に消毒用アルコールを浸けます。
アルコールを付けた綿棒(または小型のスポンジ)で染みのある部分をそっと叩きます。
新しい綿棒に換えて、同じ工程を必要に応じて繰り返します。
新しい綿棒に水をつけ、染みの部分を軽く叩いてアルコールを吸収します。同じ工程を繰り返す前に布地を完全に乾かすと一層効果的です。消毒用アルコールは乾いた布地に使うと最も効果がありますが、その都度水で洗う必要があります。頑固なインクの染み取りは、吸収、洗浄、乾燥を繰り返すために時間がかかります。
染みのついた箇所を乾燥させます。その後通常通りに服を洗濯します。

引用元-インク汚れを服から落とす 6つの方法 – wikiHow

消毒用アルコールで布団のカビが除去できる!

布団のカビの除去を自分で行う方法

まずは自分でカビの除去を行う方法です。
一番コストがかからず手軽に実行できますので、まずはこの方法を試してみましょう。

1、エタノール(アルコール)で殺菌する

まずはエタノールでカビの菌を殺します。

通常の消毒用エタノールを霧吹きでカビが発生している箇所に、しっかりと染み込ませる様に吹きかけましょう。後は乾くのを待つだけで殺菌は終了です。

この方法でまずカビの殺菌は終了です。
ただし、これだけだと殺菌は出来ますがカビの黒い斑点(汚れ)まではこの方法では落ちないんですね。

そこで、次の方法を試します。

2、キッチンハイタ―などの塩素系漂白剤でカビの汚れを落とす

漂白剤は布団の生地をいためやすいですし、布団の柄や色が落ちてしまうマイナス面もあるのですが、その分しっかりとカビの汚れも落とせます。

まずは泡タイプのキッチンハイタ―を、カビの黒い斑点部分に吹きかけてしみ込ませましょう。その後は黒い汚れが薄くなるまで放置します。

色が薄くなってきたら、お湯に浸したタオルで、たたく様にしてキッチンハイターを拭き取っていきます。
ハイタ―を拭きとったら、今度は乾いたタオルで水分を拭き取り、日干しして完全に乾かします。

引用元-布団のカビ除去方法 自分でできる?クリーニング業者?予防は? | SpecialDeals

キッチンの布巾は消毒用アルコールで殺菌できる!

台ふきんに雑菌の住みかに

菌やカビについて調査研究している衛生微生物研究センターの、食卓やキッチンの台ふきんについての調査では、一般家庭13件の台ふきん全てから雑菌が検出されたとのこと。

約8割の台ふきんが1,000万個/10cm2 以上の雑菌で汚染されており、最も汚染されていた台ふきんは、なんと2.8億個/cm2 もの雑菌が付着していました。

引用元-「隠れ食中毒」に要注意!実は台所のふきんは雑菌だらけ!? – 美レンジャー

布きんの具体的な掃除の手順

■準備するもの

布きん等を清潔にするために用意するものは下記の通りです。
・液体キッチンブリーチ
・アルコール除菌スプレー
・つけおき用の桶
※キッチンブリーチがない場合はキッチンハイターでも良い

■布きんの掃除手順

1.「キッチンブリーチで漂白」を週に2回行います。
2.週に1回は「直射日光に当ててしっかり乾かす」。
※湿った状態だと雑菌が繁殖しやすくなります。乾かすことで菌が存在できない状態になるのです。
※毎日乾かせるのならぜひ実践してみて下さい。

引用元-布きん等を清潔に保つ方法|掃除の方法

台拭きはアルコールで消毒しないと除菌できない!

使用直前に「アルコール除菌剤」を吹きかけて拭いた台ふきんでのみ、食中毒原因菌を0に近い状態まで除去できた。
水拭きは菌を「とりきる」ことはできない
今回の実験は、一般家庭で汚染された食品を食卓にこぼしたものと想定しています。ご家庭でこぼした食品を水拭きで拭きとる場合、汚れを全てふき取ったように見えますが、実際は食品に付着していた菌をとりきることはできず食卓に残っています。実験結果からも水拭きでは食卓の菌をとりきることができなかったことがはっきりと示されています。

アルコールで拭くことが水拭きより有効

アルコールは、大腸菌、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌のような食中毒菌に対して短時間で殺菌力を発揮します。使用後洗って一夜干しした台ふきんでも、アルコールを噴霧することで新品同様の台ふきんを使った場合と同じく高い除菌力を発揮しました。またアルコール拭きのメリットは、水拭きのように水分が残らない点です。拭いた場所を瞬時に乾燥させることで菌の発育に必要な水分を取り除き、繁殖を防ぎます。ただしアルコールの除菌力は持続性がないので、アルコール拭きを毎日行うと大変効果的です。

引用元-キッチン&食卓の雑菌研究室 | アルコール除菌 ラボ@キッチン&食卓

消毒用アルコールを使用する時の注意点

・原液又は濃厚液は刺激作用があるので経口投与しない事。

・眼に入らないように注意する事。眼に入った場合は水でよく洗い流す事。

・広範囲又は長時間使用する場合には蒸気の吸入に注意する事。

・同一部位に反復使用した場合には脱脂などによる皮膚荒れを起こす事があるので注意する事。

引用元-アルコール除菌・消毒剤の使い方と注意点

アルコールは引火しやすい性質があります。
料理で熱いフライパンにブランディーを入れて燃やすことはご存知でしょう。薄いアルコールでも温度が上がれば燃えます。消毒用アルコール(80度)のような濃度が高いものは、20℃以上になると燃えます。使用にあたっては、そばに火種となるものを絶対に置かないでください。電気器具のスイッチの小さなスパークも危険です。これはベンジンや石油でも同じです。
アルコールは気化して可燃性ガスとなり、空気中に3%以上19%未満含まれると、火気の近くでは引火・爆発することがあります。使用する時は、風通しに気をつけ、火気の近くには、絶対に置かないでください。

引用元-アルコールの取扱上の注意点

twitterの反応


https://twitter.com/siVIPake/status/578138798036418560
https://twitter.com/MegaBlaziken/status/544498163348815873


https://twitter.com/GammaRay_HM/status/499711048316751873