子供の言葉の発達はいつから?幼児期の言葉の発育目安とは

子供はいつから言葉を発するようになるのでしょうか?言葉を発することができない時期でも、頭の中では言葉の理解が進んでいます。

言葉の発達は個人差もあり、パパやママにとっては、子供の成長が気になることでしょう。

そこで子供の言葉にみる成長についてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ストレッチを効果的に!理学療法士が教えるコツ・ポイント

体をほぐすストレッチは、筋肉の緊張を緩和し体の状態を整えるために効果的です。 そこでストレッチのプ...

感受性の強い人は恋愛に向き?不向き?繊細なあなたはHSPかも

感受性が強い人は、人の気持ちを敏感に感じ取り、相手を思いやることができるので恋愛においてはたくさんの...

Welcome東京!急増する外国人観光客について

近年、外国人観光客が東京に急増しています。海外から見る東京の魅力とは何でしょうか? 外国人観光客の...

風邪をひいた時、お風呂に入って汗を流すと治るって本当なの?

風邪をひいたら「風邪薬を飲んで十分な栄養と睡眠を取る」というのが定番ですね。それ以外にも独特な治し方...

男の子・女の子への誕生日プレゼント選び何にする?2歳編

もううちの子も2歳・・最近うちの子はわがままになってきてプレゼントにも 好みが出てきて・・2歳の男...

旦那にイライラ・・頼りない!と思ったときには思考を変える!

うちの旦那は何をやらせても全然だめ・・頼りない・・という奥様! イライラしていてもいいことは一つも...

女性の魅力アップ!本を読む習慣で素敵な女性を目指そう!

メイクにスタイルに、女性の魅力は見た目だけではありません。知識や教養を持ち合わせた女性はとても魅力的...

キッチン掃除のコツ!簡単ピカピカきれいが続くおそうじ法!

キッチンはお家の中でも特に汚れがたまりやすい場所です。 油汚れが蓄積し、お掃除も大変です。そこでキ...

アルコール殺菌消毒の原理は?正しく使って抗ウイルス対策!

カーエアコンの臭いが気になる事があります。それは車のエアコン内部のカビが影響しているようです。 こ...

腹痛の原因はストレス!?病院で正しく治そう過敏性腸症候群

原因のわからない腹痛が続く…その症状はストレスからくるものかもしれません。 ストレスが原因の腹痛は...

風邪症状に吐き気…薬も飲めない胃腸風邪の治療や予防について

風邪症状につらい吐き気…それはただの風邪ではなく、胃腸風邪かもしれません。 胃腸風邪は治療薬がない...

子供の携帯代、安いのはどこ?知っておきたいお財布に優しい話

子供に安心・安全に使わせられる安い携帯はあるのでしょうか?子供に携帯を持たせることで、家計に大きな負...

神社参拝には効果的な時間帯があった!いつ行けばいいの??

願いをこめての神社参拝。お参りする時間帯に決まりはあるのでしょうか? 神社という神聖な場所に流れる...

ストレス発散の心理学的解消法!ストレスを抱えている人へ!!

あなたはストレスをどうやって発散していますか?最近では、ストレスの発散方法を診断してくれるという心理...

心理と行動から読み解く!無視という行為の色々なあれこれ

無視というのはする側もされる側もあまり気持ちのいいものでは ありませんよね。もちろんいじめ的な無視...

スポンサーリンク

子供の言葉の発達はいつから?

言葉の発達は、身体的な成長に比べて時間がかかります。というのも、生まれたばかりの頃は声を出す場所である咽頭部の発達が未熟なので複雑な音声を発することができないためです。舌も自由に動かせないので、「あー」「うー」といった音を発するので精一杯。意味のある言葉を発するための準備期間とされ、言葉としてはっきり発音できるようになるのは早い赤ちゃんでも1歳を過ぎてからです。

赤ちゃんの言葉が発達する時期は?月齢でどう違う?

赤ちゃんの言語の発達の進み具合は、個人差がありますが、発達の過程はほとんど一緒です。以下の段階を踏んで発達します。

赤ちゃんの言葉の発達過程

● 生後0~1ヶ月頃:無意識的に生理反射として泣いたり笑ったりして声を発する
● 生後2~3ヶ月頃:機嫌がいいときなどに喉の奥でクーという音(クーイング)をたてる
● 生後4~8ヶ月頃:低いうなり声や高い声、唇をふるわせるなど複雑な音を出すようになる
● 生後9~10ヶ月頃:パパパやマママといった連続子音や母音など、言葉に近い音を発する
● 生後10~12ヶ月頃:何となく意味が分かる言葉を発する。異なる二つ以上の子音+母音を出す
● 生後1歳頃:マンマ、ブウブウ、バァバなど、意味が通じる言葉(有意味語)を発する


引用元-赤ちゃんの言葉はいつから?発達過程は?時期の早い・遅いはある? – こそだてハック

子供が最初に話す言葉、「まんま(ごはん)」が1位!

NTTコミュニケーション科学基礎研究所は19日、札幌市で開かれた日本心理学会で幼児が初めて話す言葉の上位50語を発表した。それによれば、第1位は「まんま(ごはん)」で、以下「おっぱい」、「いないいないばぁ」、「ママ」、「はーい(返事)」、「ワンワン」、「ねんね」、「パパ」、「バイバイ」、「よいしょ」の順で続く。

この研究は、インターネット上に設けた「赤ちゃん成長ダイアリー」に、子供がいつ、どんな言葉を話したかを記入してもらい調査したもの。生後10カ月~3歳の子供を持つ親398人が、2007年4月から今年2月までに記入したデータを基に分析した。

もっとも多かった「まんま」は、生後10カ月から話され始め、平均1歳3カ月半で話された。

上位50語を分類すると、あいさつなどが16語と最も多かったが、普通名詞や性質を示す言葉、家族などを示す言葉、動作語や代名詞・疑問詞などバラエティに富んでおり、赤ちゃんは早い時期から多様な言葉を使っていることが判明した。同研究所では、今後さらに男女差など詳細な分析を進めるという。

引用元-赤ちゃんが最初に話す言葉、「まんま(ごはん)」が1位 | マイナビニュース

子供が言葉を理解できるのはいつから?

生後8~9か月ごろ

生後8~9か月ごろになると、大人が話す言葉のニュアンスがすこし伝わるようになり、名前を呼ぶと自分の名前だとわからなくても振り向いたりします。

生後9~10か月ごろ

生後9~10か月ごろになると、大人のしぐさを見て、バイバイなどをまねる赤ちゃんも多くなってきます。

大人の声をまねようとして「アー」「ウー」だけでなくいろいろな声をだすこともありますね。

生後10~11か月ごろ

ママの後追いが激しくなる生後10~11か月ごろは、言葉をある程度理解できるので、「どうせわからない」と思わずに、そばを離れるときには「すぐ戻るね」などと声をかければ安心したりできますよ。

このころにはママのいうことを理解して、指さしなどのしぐさでコミュニケーションをとる様子がみられれば、言葉を話す土台はできているといっていいですね。

ママが「ちょうだい」という言葉を理解して、やりとりができたりする時期です。

お互いコミュニケーションをたのしむのがいいですね。

引用元-赤ちゃんは言葉をいつからしゃべる&理解できる?教え方は? | 育児や子育てに関する気になること解決しよう!

いつからしゃべるの…?子供の言葉の発育は個人差がある!

赤ちゃんがしゃべる時期が遅いと心配になりますよね。

赤ちゃんのしゃべる時期は早い子どもと遅い子供で8ヶ月以上も差があり、かなり個人差があります。

ひとり歩きが出来る時期よりも幅があるので、焦らずじっくりと、赤ちゃんがしゃべり始めるまで赤ちゃんとのコミュニケーションを大事にして頂きたいです。

赤ちゃんが話しができるようになるには、脳の発達や声帯が上手く使える必要があり、ママとのコミュニケーションで徐々に話せるようになっていきます。

初めはことばにならないような「あ~」「う~」といった喃語(なんご)から、意味のある言葉が出てくるようになります。

立つことができるようになると、声帯の位置が下がってきてしゃべりやすくなる頃でもあります。

ママ・パパの話しかけによってもはじめに話す言葉が変わってきたりして、赤ちゃんの個性でしゃべる時期・内容も変わってきます。

赤ちゃんは嬉しい・不安・恐怖などの感情も喃語で表現するようになってくるので、上手くコミュニケーションを取ってあげてください

引用元-赤ちゃんがしゃべる時期はいつから?平均は何ヶ月?話す前兆は | 知恵の泉

いつからしゃべる?子供の言葉を引き出すコツ

赤ちゃんがしゃべるようになるには、ママをはじめ周りの人の言葉を聞きマネをすることで喋られるようになります。

そのため、ママが赤ちゃんに話しかけることは大切です。赤ちゃんがしゃべりたくても上手く声にならない喃語を聞いてあげて、コミュニケーションを取ることが早く赤ちゃんが喋られるようになるコツです。

ゆっくり・ハッキリ発音

ママが早口で話すと赤ちゃんが聞き取りづらいことがあります。

赤ちゃんは思ったより言葉をゆっくり話さないと聞き取りが上手くいかないことがあります。

単語と単語に間を開けて話すことで赤ちゃんが言葉を認識しやすくなります。

「まんま・おいしい・ね?」といった感じで区切って話すとよいです。

2語・3語で話しかける

赤ちゃんと話をするときは、「まんま(ご飯)」と1語だけで話すよりも、複数の単語をつなげるとよいです。

また、長すぎるのもよくなく、2,3語の言葉で話してあげるとよいです。

例えば「イチゴがおいしいね?もっと食べる?」などは長すぎるので、「イチゴ・おいしい」「もっと?」という感じにするとよいです。

「それ」「これ」よりも単語を話す

物を指で指して「これがいい?」「それがいい?」といった指定語を言うよりも、具体的な物の単語を話したほうが赤ちゃんに伝わりやすいです。

引用元-赤ちゃんがしゃべる時期はいつから?平均は何ヶ月?話す前兆は | 知恵の泉

twitterの反応


https://twitter.com/roonko/status/649076271297785856


https://twitter.com/pingumoi/status/89478457150545920
https://twitter.com/harumezame/status/76201681657933825
https://twitter.com/Koukakurou/status/608138582511919104