お風呂に毎日浸かりたい!気になるガス代事情を徹底調査!

寒い季節はお風呂の湯船に毎日浸かりたくなります。しかし毎日お風呂を入れるとガス代も気になる…という方も多いことでしょう。

ガス代の請求書にビックリした経験もあるのではないのでしょうか。では実際に毎日お風呂に入るとどのくらいのガス代がかかるのでしょう。

気になるガス代や、節約法などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バイトを辞めるときの確認事項!あなたは給料日まで耐え忍ぶ?

過酷なバイトを辞めると決め、給料日までじっと耐える…。給料日なのに振り込まれていない…!何とも切ない...

子供の口臭対策!正しく対処して子供の健康をしっかり守ろう!

子供の口臭が気になった事はありませんか?子供の口臭は意外と悩んでいる方が多いようです。 口臭の原因...

仕事のストレスで動悸がする人は・・緊張場面での心の対処法

仕事のあらゆる場面で緊張する場面は突然やってきます。 仕事で動悸がする人は知らず知らずのうちにスト...

日本の資源が少ない理由~日本が世界に誇れる資源とは何か…

日本の資源が少ない理由をご存知ですか?先進国の中でも資源が少ないと言われ続けた日本は、他国によって支...

キッチン掃除のコツ!簡単ピカピカきれいが続くおそうじ法!

キッチンはお家の中でも特に汚れがたまりやすい場所です。 油汚れが蓄積し、お掃除も大変です。そこでキ...

職場のストレスで胃痛…つらい症状の原因・対処法について

職場には仕事・人間関係・環境など様々なストレスがあります。 そしてそのストレスが原因で胃痛などの症...

筋トレで腹筋の引き締め!器具なし自重トレーニングのポイント

腹筋の引き締めには筋トレがおすすめです。筋トレと言えばジムやトレーニングルームのトレーニング器具を思...

ストレス症状が子供に現れたら…親としてできることは何?

近年、ストレスからくる症状が現れる子供が増えてきているようです。 子供のストレスを緩和させるために...

アルバイトの求人募集に電話するとき緊張しない方法は??

アルバイトの求人募集に電話するときって緊張しませんか?どうして緊張するの?どうすれば緊張しないで話せ...

中学生必見!勉強のやる気を出す方法!目から鱗のこんな方法

中学生になると、小学生時期に比べると勉強の難易度も上がり学習範囲も広がります。 しかし勉強に部活に...

シャンプーが頭皮のかゆみの原因に!?健康的な頭皮の為のお話

慢性的な頭皮のかゆみを感じていませんか?そのかゆみの原因は毎日のシャンプーが関係している可能性があり...

仕事でのストレス…病院に行くべき症状は?体の為に考えたい事

多かれ少なかれ仕事をする上でストレスを感じる事は避けられません。 しかし体調を崩し、日常生活に支障...

感受性の強い人は恋愛に向き?不向き?繊細なあなたはHSPかも

感受性が強い人は、人の気持ちを敏感に感じ取り、相手を思いやることができるので恋愛においてはたくさんの...

日本で一番の金持ちって?いつかは載りたい長者番付への道!

日本で一番の金持ちが誰か知っていますか?毎年米誌フォーブスが発表する世界の長者番付にその答えが載って...

車のローン~年収400万ならどれくらいの金額の車が妥当か?

年収400万あれば、自分の乗りたい車を多種から選ぶことができる年収です。 しかし年収のよって無理な...

スポンサーリンク

毎日お風呂を入れるとガス代はいくら?計算してみよう!3

ガス代の計算は、以下のようにおこないます。

【必要な条件】

・はじめの水の温度
・沸かしたいお湯の温度
・沸かしたい水の容量

【計算方法】

ガス代を計算するためには上記の条件に沿って、「200Lの水を、15度から40度まで沸かしたい」というように前提条件を出します。

また、熱効率を考慮しなければならず、お風呂のお湯を沸かす場合は発生したガスのうち、70%程度が使われると考えることができます。

「200Lの水を、15度から40度まで沸かしたい」という場合

40度-15度=25度
200L×25度=5,000kcal
5,000kcal÷0.7=7,143kcal

まずは、200Lの水を15度から40度まで上げたい場合は、7,143kcalのエネルギーが必要だということがわかりました。

ガスはm3(立方メートル)という単位で表されますが、1m3あたりのエネルギーは約11,000kcalです。

7,143kcal÷11,000kcal=0.6493……

約、0.65m3のガスを使う、ということになります。

あとは、契約されているガス会社のホームページから料金表を見て、単価をかければガス代が分かります。たとえば、m3あたり160円であれば、
160円×0.65m3=104円
と計算することになり、「200Lの水を15度から40度にするには104円かかる」ということがわかるようになります。

ガス料金の単価はガス会社によっても差がありますので、今回はガス代までは計算せず、使用したガスの量でお風呂の入り方を比較していきましょう。

引用元-シャワーかお湯をためるのか、結局どっちがお得なの?【ガス編】 | マネーの達人

毎日お風呂を入れ替えるより焚き直しの方がガス代がお得に!

お風呂の残り湯の「焚き直し」は、「一からの給湯」よりエコなの?

 街で30人に聞いた結果、6割の方が、水を「一から入れ直す」よりも、前日に入ったお風呂の「残り湯を追い焚き」したほうが「エコだと思う」と答えました。そこで、実験!まずは、自動お湯張りのお風呂を42℃に設定。一から浴槽にお湯を張り、設定した量のお湯が溜まるまでの時間を計ってみると…15分8秒かかりました。続いて、水温15℃の水道水を、浴槽に同じ量溜めてから追い焚きすると…42℃になるまで44分12秒と、およそ3倍もかかってしまいました。つまり、ガスも3倍使ったのでしょうか?そこで、2つの実験前後のガス使用量をメーターの数値で比較してみると…一から給湯した場合は0.791m3だったのに対し、焚き直しは0.848m3と、ほとんど差はなく、ガス代は7円増えただけ。一体どうして?給湯器のメーカーを訪ね、理由を伺うと…給湯器のフタを開け中身を見せて答えてくださいました。
 実は、「一からの給湯」する給湯の熱交換器は、「風呂の湯はり、キッチン、シャワー、洗面所」などを兼ねているため、隣にある「追い焚き専門」の熱交換器の3~4倍ほどの大きさがあったのです。つまり、「一からの給湯」は、たくさんのガスを使って短時間で沸かし、「追い焚き」は少しずつガスを使って時間をかけて沸かしていたのです。
 つまり、先ほどのお風呂では、一から水を入れた場合、水道代がおよそ57円かかったので、焚き直しの方がエコ!

引用元-知識の宝庫!目がテン!ライブラリー

毎日のお風呂のガス代を節約する方法

フタで保温!!

まずはお風呂にフタをすることです。フタをすることで上に熱が逃げることを防ぐことができます。元々フタがついていないお風呂でも保温シートを買えば大丈夫です。保温効果が高まるのでオススメです。さらに、ほこりや汚れも浴槽の中に入りにくくなります。

引用元-お風呂のガス代っていくら?シャワーの方がオトクなの?

換気扇を止める

換気扇は風呂場を換気することでカビ等生えないようにするためのものです。しかし、お風呂に入っている間も換気扇をつけているとせっかく温めたお風呂の熱が逃げてしまいます。換気扇はお風呂に入っている間や浴槽にためている間は止めるようにしましょう。

シャワーを使う時はタイマーを使って時間管理!

特に冬は必ずといっていいほどお風呂に入るときにシャワーを使うと思います。「お風呂+10分シャワー」のガス代、水道代は、「30分シャワー」と同じガス代、水道代になります。お風呂をためているのに、寒いからと思ってシャワーを浴びていると、いつの間にか10分、20分時間が経ってしまいます。そこで、タイマーを使って余計なガス代をかけないようにしましょう!!

引用元-お風呂のガス代っていくら?シャワーの方がオトクなの?

毎日のお風呂の入り方を変えるだけでガス代節約のポイントに!

入浴は続けておこなう

入浴時間が家族でバラバラだと、光熱費が余計にかかりやすいです。
特に、冬は浴槽のお湯も冷めやすく入るたびに追い炊きをしなくてはならなくなります。
そんなことをすれば、光熱費はうなぎのぼりですね。
ですから、可能な限り風呂は続けて入りましょう。
そうすれば、浴室内も温まっているのでシャワーを止めても寒くありません。

引用元-お風呂にかかるガス代や水道代を節約する方法とは?

シャワーは最後に一気に浴びる

浴槽のお湯を使って髪や体を洗うのは限度があります。
ですから、シャワーを浴びるときは顔や体、髪を洗って最後に一気にシャワーで流しましょう。
そうすれば、シャワーを浴びる時間が大幅に節約できます。
子どもを複数いれる場合は、子どもをすべて洗ってからシャワーをかけましょう。

引用元-お風呂にかかるガス代や水道代を節約する方法とは?

季節によって給湯器の温度を変える

夏はぬるめのお風呂が気持ちよく、冬はその反対です。
ですから、1年中同じ温度のお風呂に入るのではなく、季節によって設定温度を変えましょう。
そうすれば、季節によって光熱費が安くなります。
また、真夏の日中ならば冷水のシャワーも気持ちがよいです。

引用元-お風呂にかかるガス代や水道代を節約する方法とは?

毎日のお風呂でガス代が気になるならガス会社を変えるのも有効!

ガスには主に都市ガスとLPガスの2種類があります。都市ガスとLPガスには熱量に違いがあり、ガスの単価が異なります。都市ガスは熱量が小さいですが単価も安く、LPガスは熱量が大きいですが単価も高くなっています。
いずれのガスも料金は1カ月の使用量によって、基本料金と従量料金の単価が段階的に設定されています。
都市ガスは公共事業であるライフラインの1つとして国が認可し、優遇措置や価格設定を行っています。都市ガスは基本的にガス管で供給し、設備のない地域のみプロパンガスが使用されています。
一方、LPガスの供給にはボンベが使われています。そのLPガスは一般企業の自由競争で成り立っているため、会社や地域によっては価格が異なってきます。海外からの輸入に頼っているため、円安ででも値段は上がります。
都市ガスは料金に差が出ませんが、LPガスを使っている地域の人は、使用している会社の料金が適正であることと、地域内に他に安いガス会社がないかなどを確認して見ると、毎月のガス代を節約できる可能性があります。

引用元-冬のガス代は夏の約3倍!風呂の水を1℃上げると3円を支払う|フクポン

twitterの反応


https://twitter.com/ST09060906/status/700977894613331968


https://twitter.com/natsuki_1129/status/699168302694727680
https://twitter.com/machan_01/status/697785775111294976


https://twitter.com/YU_Matsj/status/694529674714583041