日本の資源が少ない理由~日本が世界に誇れる資源とは何か…

日本の資源が少ない理由をご存知ですか?先進国の中でも資源が少ないと言われ続けた日本は、他国によって支えられています。

しかしそれでも世界のトップレベルまで登り詰めた理由には、日本にとっての「資源」があったからです。

世界にも誇れる日本の資源の現状はどうなっているのか調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

知らないと損する!母子家庭を支援する手当てとその条件は??

近年、ライフスタイルが多様化して、シングルマザーで子育てを頑張る女性が増えましたね。そんなシングルマ...

ビジネスホテルの予約が取れない!?原因や対処法について…

最近ビジネスホテルの予約がなかなか取れない状況が続いているようです。 このような状況は、出張などで...

産後の骨盤矯正の効果は?結構重要!知っておきたい体のコト

産後の女性の体には様々な変化が現れます。その一つに出産による骨盤のゆがみがあります。 産後は正しく...

ツボ押しは効果的な時間に!毎日の生活に取り入れたいツボ習慣

体の調子を整えたり、改善したりとツボ押しには様々な効果が期待できます。 毎日のちょっとした時間にツ...

資産運用は比率が重要!リスク分散・年齢・貯蓄に見る割合とは

資産運用を始めるにあたり、運用資金をいくらくらい充てるかは重要なポイントになります。 リスクや自分...

風邪症状に吐き気…薬も飲めない胃腸風邪の治療や予防について

風邪症状につらい吐き気…それはただの風邪ではなく、胃腸風邪かもしれません。 胃腸風邪は治療薬がない...

生理前に体重が減る?増える?女性の悩み!あなたはどっち?!

生理前、あなたは体重が増えますか?「え?減るんじゃないの?」さて、あなたはどっちでしょうか?ダイエッ...

旦那の小遣いは収入の1割が妥当!?家計とのバランスは?

旦那さんの小遣いは収入の1割が妥当という説があります。 皆さんのお家ではいかがでしょうか?この収入...

地名から?物の名前から?色々あるキャラクターの名前の付け方

ゲームのプレイヤー設定のときなど、自分で名前を考えるときに意外と悩みますよね?そこで人気マンガのキャ...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中には自分ではどうしようもない場合もありま...

大学生必見!大学卒業は就職に有利?何を基準に選考しているの?

受験勉強を乗り越えて入った大学生活も終盤・・そろそろ就職活動!!大学卒業は就職に有利に働くの?会社は...

行事とイベントの違いって一体何が違うの?日本の伝統??

よく目にする行事やイベント。この二つの言葉はどのような違いがあるのでしょうか? ほぼ同じように使わ...

女性の魅力アップ!本を読む習慣で素敵な女性を目指そう!

メイクにスタイルに、女性の魅力は見た目だけではありません。知識や教養を持ち合わせた女性はとても魅力的...

筋トレで腹筋の引き締め!器具なし自重トレーニングのポイント

腹筋の引き締めには筋トレがおすすめです。筋トレと言えばジムやトレーニングルームのトレーニング器具を思...

上司のパワハラで退職!?自分らしく働くためのプロセス!

最近は様々なハラスメントが取り沙汰されています。その中で職場の上司からのパワハラも問題になっています...

スポンサーリンク

日本の地下資源が少ない理由

新期造山帯は、激しく動いているところなので、地層が細切れになっています。いろいろな鉱物や金属が取れますがその量が少ないため、採掘しても採算が合わないことが多いです。
そのためよほど大きな鉱床が形成されていないとその採掘がおこなわれないのです。
現在採掘されている鉄などの金属鉱床の多くは、安定陸塊や古期造山帯で上部の侵食が進んで広い面積に露出している所です。

引用元-日本は新期造山帯なのに地下資源が少ないのはな… – 地学 | Yahoo!知恵袋

金銀銅など、かつては世界的な大産地でした・・・簡単に言うと、採り易い所は採りつくしてしまったのです。
他にも鉱物資源はありますが、採掘のコストの問題(輸入した方が安上がり)で手をつけないということもあります。

あと、仮に、新期造山帯なら地下資源の大産地が出現する確率がどこも同じであったとしても、日本は国土自体が相対的に狭いので、山地が国土に含まれにくいという見方もできます。

引用元-日本は新期造山帯なのに地下資源が少ないのはな… – 地学 | Yahoo!知恵袋

日本の森林資源が少ない理由

森林蓄積という数字は過去40年間で2.3倍に増え、積極的に使うべき人工林は約5倍、つまり日本の森林資源量は年々増加し続けていることになる。しかし、利用率は40%に過ぎない。

『日本の木材自給率は1950年代初頭まで100%近くを誇っていたものの、1970年代には45%に低下、1990年代には28%になり、その後も現在に至るまで20%前後で推移している。日本の森林被覆率の高さは、極端に言えば市場競争に敗れた森林が結果として「残った」とも言える』

引用元-誤った環境意識で危機に瀕する木の「折箱」から知る「日本は資源の乏しい国」という幻想|ニッポン 食の遺餐探訪|ダイヤモンド・オンライン

日本の森林資源はパンク状態だ。森林を大事にしている北欧諸国は森林の利用率が90%を越えているが、日本の利用率は先進国のなかではとりわけ下位に位置する。環境先進国の意識の違いを思い知らされるが、ほって置かれた日本の森林は危機に瀕している。

 年老いた木はCO2吸収効率も悪く、環境に悪影響を与える。そんな増えすぎた木が杉花粉症などの形で社会問題の一因にもなっていることは、周知の通りだ。

 植林した自然は伐採して、それを有効に利用しなければいけない。しかし、間伐や伐採という作業はマンパワーとコスト、そして時間がかかるので、それは経済的には簡単ではない。

引用元-誤った環境意識で危機に瀕する木の「折箱」から知る「日本は資源の乏しい国」という幻想|ニッポン 食の遺餐探訪|ダイヤモンド・オンライン

日本の水資源が少ない理由

日本は水資源に恵まれた国だと思いますか?
実は、雨は多いのですがそのままでは使える水は少ないのです。

我が国の水資源は限られており、首都圏では特に少ないのです!

我が国は雨に恵まれた国です。でも、1人1人が使える水は少ないのです。

引用元-水資源と私たち | 河川 | 国土交通省 関東地方整備局

日本は、世界でも有数の多雨地域であり、年間平均降水量は約1700mmと世界平均の約2倍近くの量にあたります。しかし、人口一人当たりに換算すると、世界平均の約1/4程度であり、かつ、降水量のほとんどが梅雨期や台風期に集中し、急峻な地形であるために、降った雨が一気に流れ出し、実際に使用できる水の量は少ない状況にあります。

引用元-我が国の水とその役割 | 河川 | 国土交通省 関東地方整備局

我が国は、洪水や渇水を起こしやすい不安定な状況です
日本の降水量は梅雨期や台風期に集中しています。また、山地が約7割を占めることから、河川が急流であり、降った雨が一気に流れ出すために、大量の雨が降れば瞬時に洪水となり、逆に日照りが続くと渇水となる特徴があります。

引用元-我が国の水とその役割 | 河川 | 国土交通省 関東地方整備局

世界からも賞賛!日本の資源は人間力・技術力!

日本の強みは?

1位 技術力、2位 ものづくり、3位 勤勉さ

 回答は、1位が「技術力」(111人)、2位が「ものづくり」(61人)、3位が「勤勉さ」(47人)だった。「技術力」は、伝統の技から高度先端技術まで幅広い分野にわたっていた。理由としては、「資源のない日本は、これまで高度な技術と勤勉さでもって発展してきた」「長い歴史を歩んできた日本独自の文化伝統を守り、一方で高品質で低価格な製品を生産する品質管理能力やナノテクノロジーをはじめとする優秀な技術開発能力を持つ」などが挙げられた。今の日本があるのは、技術に加え、日本人の国民性によると考えていることがうかがわれる。

引用元-全国会頭アンケート結果~資源のない日本の強みは “技術力”~ – 日本商工会議所

「心を込め、知恵を絞って生み出した品質は、どんな実利や資源よりも価値があるということだ」
「体制と人的要素は資源よりも重要だ。台湾の資源は中国よりずっと少ないが、結果はどうだ?」
「(日本人は)よく学び、恥を知り、向上心のある民族的性格であることに加えて、脱亜入欧したゆえだな」

「日本は教育と労働力を重視するが、われわれは石油や電力を重視する。これがポイントだろう」
「最も重要な資源は人間ということだろう」
「科学技術が進歩すればするほど、資源のニーズは少なくなる。科学技術が総合的に発達した国に貧しい国はない。科学技術こそ真の生産力だ」

「資源の多さや人の多さは関係がない。指導者がどんな人物なのかが重要だ」

引用元-資源の少ない日本が先進国になれたのはなぜか?=「結局は制…:レコードチャイナ

新たな資源で日本は資源大国へと前進している!

日本最東端の南鳥島沖の深海に大量のレアアース(希土類)を含む泥が堆積していると公表した。埋蔵量は国内消費量の少なくとも約230年分と推定する。

 沖縄県の久米島沖の深海底では独立行政法人、産業技術総合研究所の調査船が、マグマに暖められた熱水などが吹き出す地域をみつけた。レアメタル(希少金属)が存在する可能性もある。魚群探知機で“変わったカゲ”を見つけ、性能が向上する音響測深機という装置で精査した。

引用元-エネルギー新発見続々 日本は資源大国になれるの? |くらし&ハウス|NIKKEI STYLE

地球科学総合研究所が長く調査に携わってきた新しい資源の産出実験が予定される。「燃える氷」と呼ばれるメタンハイドレートだ。都市ガスの主原料のメタンを水分子がとじ込めている固体で、日本周辺の海底下などに豊富に存在するといわれる。
 実験は国の事業だが、同社の親会社、石油資源開発が掘削工事を担当。愛知県渥美半島沖の船から水深千メートル以上の海底下までパイプを伸ばし、地中で分離したメタンガスを採取する。

引用元-エネルギー新発見続々 日本は資源大国になれるの? |くらし&ハウス|NIKKEI STYLE

twitterの反応


https://twitter.com/ObjectiveEarth/status/704100621792587776


https://twitter.com/SYHAsama/status/701947990030753792