日本のアニメの経済効果とは?日本経済はアニメに救われる!?

日本のアニメ市場は国内外に留まらず、どんどんと拡大させ、それに伴う経済効果も注目されるようになってきました。

今までマイナーなイメージだったアニメがクールジャパンとして、日本の特色の一つという形で打ち出されるようになっています。

そこで実際にアニメがもたらす経済効果はどのようなものなのか調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

将来を考えた選択をしよう!!仕事への不安や不満の解消法!!

漠然とした将来への不安で心を病む人もいる現代。あなたはどうでしょうか?今の仕事に満足できていますか?...

領収書とレシートを一緒に渡す時は割印を押す!これって??

会社の経費として計上する場合は領収書を貰うのが一般的です。 しかし領収書の中には明細が記載されてい...

仕事でのミスを怖いと感じている人は・・仕事でのミスは宝物!

仕事でのミスを怖いと思っているのは社会人として当然のこと! ミスをしないように・・・ミスしたらどう...

女性が仕事を一生続ける事のできる職業ってなにがあるの?

女性は一生のうちに、結婚・出産・子育てなど、様々なステップがあります。 仕事を続けるという視点から...

新人が仕事が暇でやることがない・・と思っている人必見です!

新人の時って仕事もまだ何をやっていいのかわからず、 仕事を与えてもらえず暇な時期って必ずあるもので...

仕事を辞めたいと思ったら…家族で乗り越える転職のススメ!

人間関係や業務内容など、仕事を辞めたいと感じているサラリーマンは多いようです。 仕事に関して不満を...

絵が下手でも漫画のプロになれる?画力よりも必要なものとは…

漫画家になりたい人はまずアシスタントとして技術を磨くのが一般的です。 しかしアシスタントであっても...

上司のパワハラ!無視されるという孤独な職場環境への対処法

会社での上司からのパワハラは、社会的に問題になっています。 そこで今回は、上司から無視されるという...

公務員になりたい!!どんな勉強をするの?スケジュールは?

安定しない時代で、人気の職業なのが公務員。公務員になるためには一体どんな勉強をするのでしょうか?公務...

仕事と趣味の違いを世の中の人はどう考えている?その違いは?

自分の好きなことを仕事にしたいと思うのは皆さん思うところでは ないでしょうか? しかし仕事と趣味...

仕事での人間関係の悩み・・女性必見!円滑にする方法とは?

仕事での悩みで男性も女性も一番多いのが人間関係の悩み・・ 人間関係というのは一人一人個性も性格も違...

リクルートスーツに男性がかける相場は?就活のスーツ事情!

就活中の必須アイテム、リクルートスーツ。何かと出費のかさむ就活で、男性がかけるスーツ代の相場はどのく...

仕事での電話が怖い人必見!仕事の電話を克服する方法とは??

電話の応対で怖い思いをしたことがありますか?それが仕事上ならトラウマになっちゃいますよねでも、電話に...

今の職場の環境が合わないと思っている人は・・もう一度再確認

今の職場の環境が自分には合わないような気がする・・・ 転職しようかな・・そんなことを考えている人も...

仕事の相談を異性にする?しない?男と女の相談の違いとは?

あなたは仕事の相談や人生、恋愛の相談を一体誰にしますか?? 場合によって相談する相手は変わると思い...

スポンサーリンク

日本のアニメの経済効果をもたらす市場とは…

アニメ自体の市場や産業規模は決して大きくはない。2011年のアニメ業界市場(アニメ制作企業の売り上げをベース)は、前年比3%増の1581億円(日本動画協会調べ)。最大手の東映アニメーションの2012年度決算売り上げは330億円。例えば国内ユニクロ(ファーストリテイリングの国内ユニクロ事業)が約6000億円ということを考えれば、おのずとその規模が分かるだろう。

 一方、アニメ産業市場(ユーザーが支払った金額をベース)の2011年の売り上げは1兆3393億円。両者には10倍近い差がある。つまり、業界自体の規模は小さいが、流通時の付加価値、経済波及効果は絶大。アニメは、関わる企業に新たな利益や価値を生む一種の「磁力」として機能しているのだと言える。

 それではアニメは具体的にどんな力があるのか。まずは物理的なもの。アニメは、それが加わることによって、「動員の拡大」「購買の増強」などが見込める。動員の最たる例は、毎年3日間で50万人以上を動員する「コミックマーケット」(コミケ)だろう。作品単位で見ても、放送開始やDVD発売など、1万人規模のホールイベントを行える作品も多く、例えば2012年10月には、40以上もの作品イベントが全国各地で行われた。徳島市で開催されるアニメのイベント「マチ★アソビ」が、直近のvol.9(2012年9月22日から10月8日まで開催)で5万2000人を集客したように、地方に万単位で人を集めることも可能だ。

引用元-アニメパワーを活用する大手企業 2012年のアニメ界を振り返る(2)|エンタメ!|NIKKEI STYLE

日本のアニメの経済効果の規模は?

「アニメの経済市場は大きく2つに分類されます。1つは、『アニメ業界市場』といって、制作や放映、配信、パッケージ化など、アニメ制作企業が生み出す狭義の経済市場。もう1つは、『アニメ産業市場』ですね。ライセンス利用料、キャラクター商品、アニメ専門チャンネルの売上、海外販売、パチンコ映像制作やパチンコ台出荷売上などを算定した、広義のアニメ市場です」

では、その具体的な経済規模はというと…?

「2011年のアニメ業界市場の売り上げは約1581億円でした。実は、アニメそのものが直接生み出す経済効果は、それほど大きくありません。例えば、出版では角川ホールディングスが1473億円、音楽業界ではソニーミュージックグループが1743億円、ゲーム業界では任天堂1社で6746億円も売り上げます。一方、アニメ産業市場の売り上げは、1兆3393億円。アニメの世界では、間接的な経済効果の方が圧倒的に大きいのです。ちなみに、この1兆3393億円のうち、約6041億円がキャラクター商品販売を主とした”商品化”で占められています」

引用元-アニメ業界の経済規模ってどのぐらい?!|韓国経済.com

日本のアニメの「聖地巡礼」でも経済効果が!

 アニメやマンガ、映画などの作品の舞台やモデルとなった土地を訪問することを「聖地巡礼」というが、聖地巡礼のために日本を訪れる外国人観光客が増えている。

 上に挙げた作品はすべて知らないという人も多いかもしれないが、「新世紀エヴァンゲリオン」はどうだろうか。首都が神奈川県箱根町にあたる第3新東京市に移転したという設定であることから、同町がマップを配布して話題になるなど、国民的な支持を得た作品でも、この「聖地巡礼」の取り組みは行われている。

引用元-アニメの舞台訪れる「聖地巡礼」 外国人観光客にも大人気 | ZUU online

訪日外国人のうち80万人が聖地巡礼のために来日

 観光庁が訪日外国人に「訪日前に期待していたこと」を複数回答で尋ねたところ、6.1%が「映画・アニメ縁の地を訪問」と回答したという(訪日外国人消費動向調査(2014年7‐9月期報告書)。

 6.1%というと大したことのない数字に見えるかもしれないが、2014年の訪日外国人旅行者数が約1341万4000人だから、81万8000人が聖地巡礼に期待して訪日したという計算になる。これは簡単に見過ごせる数字ではない。

引用元-アニメの舞台訪れる「聖地巡礼」 外国人観光客にも大人気 | ZUU online

日本のアニメ「ラブライブ」の経済効果に外国人も驚き!

日本のアニメ「ラブライブ」の大ヒットに外国人も衝撃!

劇場版「ラブライブ」の観客動員数200万人突破で興行収入は28億円超え!
アニメDVDやCD、関連グッズの売り上げを含めるとその経済効果は500億円超えか!?

海外「凄いね、このアニメってこんなに人気だったのか(笑)」

日本のアニメ「ラブライブ」の経済効果に外国人も驚き!

映画の観客動員数200万人突破、興行収入は28億円超え。

CD総売り上げ枚数200万枚突破、売り上げ金額は30億円超え。(1枚1500円換算)

アニメDVD・BDの総売り上げ枚数70万枚超え。 売り上げ金額は350億円超え。(1期、2期合計、1枚5000円換算)

その他声優のライブDVD・BDの売り上げ、ゲームの売り上げ、アニメグッズや関連商品の売り上げを全て含めると、それはもう凄まじい経済効果を生み出してるそうです。

ちなみにラブライブのスマートフォン向けアプリは全世界で2000万ダウンロードもされてるというから驚きです。
(重複ダウンロード除くユニーク数)

その経済効果は少なく見積もっても500億円以上!

引用元-海外反応! I LOVE JAPAN  : 日本のアニメ「ラブライブ」の経済効果500億円超えに外国人も驚き! 海外の反応。

アニメの経済効果NO.1!日本の経済を救うコミケ

年の暮れにはさまざまな催し物が開催されますが、なかでもコミックマーケット(コミケ)は毎年大盛況のイベントです。コミケとは、世界最大の同人誌即売会のこと。毎年8月と12月の年2回に3日間ずつ、東京国際展示場(東京ビックサイト)で開催され、3日間で合計50万人前後の人が来場します。一説によれば、1回の経済効果は180億円とも言われる

引用元-経済効果180億円!コミックマーケットが日本経済を救う? | 特集 | d-labo

 コミケとは「コミックマーケット」の略称で、コミケットとも言います。ともすれば「殻」に閉じこもりかねない同人誌活動を、広く一般に向けてアピールするための場としてはじまりました。以来、企画参加者としてのサークル、読み手、受け手としての一般参加者、そしてコミケット準備会の三者が共同で運営していくイベントとして定着しています。

 1975年にはじまったこのイベントは、以来場所を変えながら次第にその規模を大きくし、現在では2日間(または3日間)開催、一日当たりの参加サークル数は約11,000、参加者は10万人を超え、開催期間中の延べ入場者数はコミックマーケットで40万人を数える

引用元-コミケにいこう! – コミケットとは?(第1章 -はじめに)

twitterの反応

https://twitter.com/sheep_rabbit_/status/705927733730107392
https://twitter.com/musaccc/status/707801205762891776


https://twitter.com/otaku_economist/status/706271004889210881


https://twitter.com/slimepudding/status/698600328132886528


https://twitter.com/Shinsha_yayan/status/690473241056514048