金利が高い地方銀行のネット支店が狙い目!口座開設のポイント

マイナス金利政策により、銀行に預金しておくメリットがなくなっています。

しかし地方銀行は大手メガバンクよりも高い金利のお得な商材がたくさんあるようです。

地方銀行の口座をネットで開設する人も増えており、その金利の高さや地方銀行ならではのユニークな商材が注目されているようです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚しない理由は何?男に結婚を意識させるための方法とは…

近年、結婚を選択しない男性が増えているようです。その理由は様々ですが、一様に結婚への明るいビジョンが...

領収書とレシートを一緒に渡す時は割印を押す!これって??

会社の経費として計上する場合は領収書を貰うのが一般的です。 しかし領収書の中には明細が記載されてい...

旦那の小遣いと家計の割合は?夫婦で考える収入と支出について

日本は世界的にみても、旦那さんが小遣い制という家庭が多いようです。 毎年サラリーマンのお小遣いの平...

キッチンの掃除方法!いつもピカピカ場所別お掃除のコツ!

キッチンはお家の中でも、水垢汚れや油汚れが多い場所です。 キッチンの掃除には時間と労力がかかると思...

ストレス発散に音楽を!心の癒しや安らぎを与える音楽とは…

ストレス発散の方法として音楽を日常に取り入れている方が多いようです。 好きな音楽を聞いたり、心に効...

頭皮のフケは、かさぶただった!?症状の原因や正しい対処法

悩んでいる方も多いフケ症状の原因は、頭皮のできたかさぶたかもしれません。 頭皮のかさぶたを改善する...

旦那の小遣いは昼食代込み!サラリーマンの厳しいランチ事情

家計の節約で一番先に目を付けられるのが、旦那さんの小遣いというお家も多いことでしょう。 しかし小遣...

金利が高い海外の銀行!投資に有利な面とその落とし穴も・・

日本はゼロ金利政策で、銀行に預金を預けてもあまり意味がない状態です。 しかし海外の銀行はびっくりす...

フケの原因はシャンプー!?市販シャンプーの正しい選び方!

気になるフケ症状。その原因は毎日使っている市販シャンプーにあるかもしれません。 フケの原因ともなる...

髪の毛サラサラはドライヤーで作れる!美髪のポイント・注意点

ドライヤーは髪の毛を傷めると言われていましたが、実はツヤツヤサラサラの髪の毛の為にはドライヤーが重要...

子供の口臭事情!寝起きに臭いがきつくなる原因と対処法!

子供の寝起きのキツイ口臭に驚いたコトはありませんか? 子供の寝起きの口臭がきつくなる原因はいくつか...

ストレスの原因は家族!?みんなでできるストレスフリー生活

生活していく中でストレスを感じる事は避けては通れません。しかしそのストレスの原因が家族によるものだっ...

給料の手取り額の平均はどのくらい?様々な平均を徹底比較!

自分の給料の手取り、みなさんしっかり把握していますか? 自分の給料はだいたい平均からいってどのくら...

アルコール殺菌消毒の原理は?正しく使って抗ウイルス対策!

最近では病院や施設などでのアルコール消毒が習慣化されています。 アルコール消毒はどのような原理で殺...

お風呂に毎日浸かりたい!気になるガス代事情を徹底調査!

寒い季節はお風呂の湯船に毎日浸かりたくなります。しかし毎日お風呂を入れるとガス代も気になる…という方...

スポンサーリンク

金利の高い地方銀行の口座を開設するならネット支店がおすすめ!

地方銀行は地域密着という話をしてきましたが、利用制限がないのでその地域に住んでいないひとでも利用することができます。店舗が近くにないと口座を開設するのにも不便ですから、地域外のひとはあまり利用してきませんでした。

しかし、インターネット支店を設ける地方銀行が増えたことにより、遠く離れたところからでも口座を開設し、商品の購入や運用が可能になりました。

地方銀行のインターネット支店は、他の支店よりも金利条件がよく、特に定期預金の金利が高くて人気があります。なかには、金利以外の特典がつくようなユニークな商品(JALマイル、カタログギフトなど)もあります。ボーナス時期など限定で高金利の定期預金を募集するところもありますので、キャンペーン情報をチェックしてみて下さい。

地方銀行のインターネット支店に口座を開設するときには、近所に入出金できるATMがあるかや、その際の手数料について確認しておきましょう。開設したはいいけど手数料がかかって逆に損してしまったなんてことにならないように注意してくださいね。

引用元-地方銀行が注目されている、その理由とは?

地方銀行の金利の高い商材がネット支店にぞくぞく登場!

地方銀行がインターネットを通じて預金などを集める「支店」を相次ぎ開設している。将来的に預金の伸び悩みが見込まれるなか、地元に限らず全国から顧客を獲得する狙いだ。店舗運営の費用がかからない分、相対的に高めの金利を設定するのが特徴で、残高は全国の約20の地銀で1兆円規模に達する。

ネット支店は店舗に行かずに口座開設の手続きができる。全国のコンビニや他の金融機関のATMを利用して、出入金する。ネット支店で、投資信託などの金融商品も扱う地銀もある。

引用元-地方銀行がネット支店開設で全国から顧客を獲得 2013/02/13 インターネット銀行 円 定期預金 金利比較 Blog

ネット支店は通常より金利を高くして預金を集めている。例えば、期間1年の定期預金金利は大手行では0.025%なのに対し、静岡銀行のネット支店は0.4%の金利を設定している。

同行はネット支店を07年に開設。11年度に金利優遇のキャンペーンを実施したところ、ネット預金が1500億円増の2000億円弱になった。県民人口の減少に備え「今後10年を見据え、今から顧客を囲い込む戦略だ」という。

ネット支店は地理的な制約がないのも売りのひとつ。池田泉州銀行のネット支店は全国の47都道府県に顧客を広げている。昨年末の残高は1300億円強と預金獲得の主な手段のひとつになっている。ネット支店の預金は沖縄銀行で300億円弱、十八銀行(長崎県)で約160億円と着実に伸びている。

引用元-地方銀行がネット支店開設で全国から顧客を獲得 2013/02/13 インターネット銀行 円 定期預金 金利比較 Blog

地方銀行のネット支店の金利が高い理由

ネット銀行の金利が良い理由

通常、定期預金の金利というのは、日銀が民間の銀行に貸し出す政策金利(無担保コールレート翌日物金利)に連動します。日銀が低い金利で民間銀行にお金を預けてくれるのに、それ以上に高い金利で市民から預金を集める必要がないからです。

つまり、すべての銀行がこの日銀が民間の銀行に貸し出す政策金利(無担保コールレート翌日物金利)を基準に定期預金の金利を決めているのです。

では、なぜその中でもネット銀行は同じ指標を見ているのに高い定期預金の金利を設定できるのでしょうか?

1.ネット銀行とメガバンクはコストが違う

ネット銀行は、大手の都市銀行や地銀とも違い、店舗を持っていません。店舗がないことでそこに配置する人員も非常に少なくてすみます。つまり、企業を経営する上でかかるコストが少ないのです。そのため、預金金利を上げたとしても、利益の出る構造を維持しているのです。

2.ネット銀行は、利用してくれるお客さんを増やす必要がある

百年単位で続いている大手の都市銀行は、すでに日本国民の多くの方が利用しています。しかし、ネット銀行は最近利用者が増えているとはいえ、まだまだ取引自体をしたことがない人も多くいるのです。たとえ、定期預金で利益が出なくても、利用したことがあれば、株式投資や住宅ローンなど別の商品を利用してくれる可能性も高くなります。そのため、ネット銀行はいい条件で定期預金の商品を提供しているのです。

引用元-ネット銀行の金利が良い理由 – 定期預金|金利比較ラボ

金利が高いおすすめの地方銀行はどこ?

地方銀行、第二地方銀行にはインターネット支店を開設している銀行があり、ネット支店専用、インターネット限定などで、金利の高い定期預金を扱っているところが数多くあります。ネット支店ということで全国から口座開設が可能です。

 ネット専業銀行も比較的金利が高いことで知られていますが、地銀のネット支店にはさらに金利の高いところがあります。そして現在最も金利が高くトップを走っているのが、

 ・香川銀行 セルフうどん支店の「超金利トッピング定期預金」 金利0.5%(1年)

 ・トマト銀行 ももたろう支店の「スペシャルきびだんご定期預金」 金利0.45%(1年)

 です。

 ただし、どちらも1万円以上100万円までで、1年ものという商品です。

 この他の地銀のネット支店にもまだまだ金利の高いところはありますが、最近は金利が下落傾向にあります。そのような中、この2行はまだ以前と同様の金利を継続しています。

引用元-定期預金金利が最も高い地銀ネット支店 | 金融サービスOutlook

金利の高い地方銀行の口座を開設する時の注意点

口座開設にあたって気をつけたいこと

通る可能性が高いもの

先ほど挙げた5つの口座を作りたい理由の中で、通る可能性が高いのは

勤務先で給与の受け取り口座として指定された
離れて暮らす家族に仕送りする際、振込手数料の安い同じ銀行で統一したい
この2つです。

1つ目は銀行側で勤務先との取引を確認できれば、口座を作れます。

2つ目は銀行のエリア内に家族が住んでいて、以前から取引があるなら作れるかもしれません。
ただし、当の本人がエリア内に移る予定が無いと、渋られる可能性もあります。

通る可能性が低いもの

これから移住するので便宜上、前もって口座を作っておきたい
その地域の不動産を購入するために融資を受けたい
この2つは難しいでしょう。

1つ目は「移住前」というのがネックです。
銀行側にしてみれば嘘をつかれている可能性があるからです。
移住後に住民票などで、エリア内に住んでいることを証明できれば口座を作れるでしょう。

2つ目は不動産購入を目的とした巨額の融資が絡んでくるので、なおのこと口座の開設は困難になります。
地道に同じエリアの他の銀行をあたるしかないでしょう。

その地方銀行で提供している魅力的なサービスを利用したい
この場合は銀行によって対応が異なりますので確認が必要です。

引用元-地方銀行の口座開設で知っておきたい6つのポイント | 借りてるメディア

twitterの反応


https://twitter.com/3_only4U/status/705924719762132997


https://twitter.com/nnoriihiko/status/699349431091486720