夫婦の生活費の平均は?理想と現実…賢い家計の見直しとは

夫婦の平均的な生活費をご存知ですか?独身時代と違い、これから先の将来を考え支出や収入についてしっかり考えていく必要があります。

そこで一般的な生活費の平均や、モデルケースについてまとめてみました。

夫婦2人でどのように家計を考えていくか、今一度考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

年下の男性に告白させる大人の女性にしか出来ないテクニック!

恋愛経験も豊富な大人の女性は色々なテクニックを駆使して 自分から告白するのではなく、年下の男性から...

結婚は相手とのタイミングが合わないと無理??早めの決断を!

結婚したい!!といくら自分が思っていても相手がそう思っていなければ できないのが結婚だと思います。...

彼氏との同棲がストレス…良好な関係を続けるための方法!

大好きな彼氏との同棲は幸せな毎日を思い浮かべる女性も多いようですが、実際に生活が始まると現実的な問題...

彼氏のことを好きすぎる。恋愛でそんな辛いことありませんか?

彼氏が好き過ぎる・・・どうしていいかわからない、苦しい、辛いといった人が付き合い杯めのカップルにはた...

旦那は家事の手伝いどこまでしてる?円満夫婦が実践する分担法

皆さんの家庭では旦那は家事をどこまで手伝っていますか? 妻が共働き・専業主婦によっても違いますが、...

彼氏に浮気の兆候が・・見抜く方法を浮気調査の専門家が教える!

最近彼氏の様子がおかしい・・夫の帰りが遅い・・これって浮気の兆候?? テレビだけじゃなく、世間でも...

専業主婦からの離婚~仕事探しのために必要な準備とポイント

夫婦仲の悪化でやむなく離婚という選択をする時、様々な問題が生じます。 特に専業主婦の離婚は、仕事探...

結婚を意識するのは付き合う前から!結婚前提の付き合いとは

付き合う前から結婚を意識した事はありますか? 恋愛と結婚は違うと言っても、好きな人との未来を考える...

好きな人の態度が冷たい…好き?嫌い?気になる男性心理とは

好きな人から冷たい態度をとられてしまうと、女性としては寂しく落ち込んでしまうことも… しかし男性が...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増するようです。 また実際に離婚を選択す...

年下の男性がかわいい!年上の女性がいい!こんな男女へ・・

年下の男性がかわいい!なんだか気になるなぁ! 年上の女性は大人で甘えさせてくれるから付き合いたい!...

結婚に不安な理由は収入?相手の収入は結婚に影響するの??

結婚したい!でも今の彼氏の収入が・・・と不安なあなた 確かに結婚に向けてお相手の収入は非常に気にな...

恋人との喧嘩の理由は??よくある恋人との喧嘩のきっかけは?

恋人との喧嘩のきっかけは皆さんささいなものですよね しかしきっかけはささいなものでもだんだん溝が広...

女性は結婚すれば楽になる!?専業主婦の理想と現実の違い…

最近、働く若い女性の中で結婚して専業主婦になりたいと考える方が増えているようです。 その願望は、「...

遠距離からの結婚準備!何から始める?幸せの為のステップ

つらい遠距離恋愛を経て、結婚!幸せの絶頂かと思いきや、遠距離恋愛中の結婚準備は意外と大変です。 2...

スポンサーリンク

夫婦の支出!生活費の平均は?

夫婦2人の場合は?

リクルート・ブライダル総研が、2014年の6月に464人を対象に行った調査によれば、夫婦の生活費の平均的な内訳は次のようになっています。

生活費 20~25万円

内訳

・住居費 6~8万円 (ローン、住居費含む)
・食費  3~4万円
・光熱費・通信 3~3.5万円
・家具・家事用品 1~2万円
・被服 1~2万円
・保険・医療 2~2.5万円
・教養・娯楽 1~2万円

住居費に関しては、住む場所によって家賃に差があります。首都圏は、2LDKで9万円~10万円くらいが相場であるのに対し、首都圏以外の場所によっては、2LDKで4万円くらいが相場のところも。

また、両親と同居して家賃を抑えているという人もいるようです。

引用元-いくらあれば生活できる?夫婦の平均生活費2015 | mamaPRESS

総務省の統計局の発表によれば、2015年4月~6月、家族2人以上の一世帯あたりの月平均支出は「285,188円」ということでした。

内訳は食費が「70,524円」とか…正直、ちょっと驚いてしまいました。でもこの調査は平均収入が「546,931円」ということですので、それなりに収入のあるご家庭の話といえるでしょう。

生活費の額は家族の人数や年代によって大きく変わってきます。
とある結婚情報誌の調査によれば、新婚夫婦2人暮らしの場合、1か月の生活費の平均は「21.2万円」でした。子供が生まれると必然的に支出も増えますから、総務省の統計と合わせて考えてみると家族構成によって「21~28万円」といったところでしょうか。

引用元-結婚後の生活費。平均はいくら?管理や分担は?内訳を調査。 | お役立ち情報満載のオールジャンルジャパン!

理想とされる夫婦の平均的な生活費

二人暮らし(同棲・夫婦など)の場合

ここでは手取り30万円の収入があり、二人暮らし(同棲・夫婦など)をしている場合を例に生活費とその内訳を記載しています。

手取り収入…300,000円

理想の内訳

食費 45,000円(15%)
住居費 75,000円(25%)
光熱・水道費 15,000円(5%)
通信費 18,000円(6%)
保険料 12,000円(4%)
趣味・娯楽費 9,000円(3%)
被服費 9,000円(3%)
交際費 6,000円(2%)
日用雑貨費 6,000円(2%)
こづかい 36,000円(12%)
その他 9,000円(3%)
貯蓄 60,000円(20%)
一般的に理想的な貯蓄額は収入の20%と言われており、上記のパターンはその条件をクリアした生活費の内訳となっています。

欲を言えば、今後の出産やマイホーム購入を視野に入れ、その負担を少しでも補填するためにもう5%プラスして25%ほどを貯蓄に回したいところです。

引用元-あなたの生活費と内訳は適正?理想の収支バランスを把握しよう

夫婦の生活費の平均で一番差が出るのは「家賃」

20代や30代の夫婦における生活費では、家賃や住宅ローンの生活費に占める支出割合が多くなります。都心部では特に家賃が高くなり、新婚カップルが多く選ぶ間取りの1LDKから2LDKの部屋であると8~11万円ほどかかります。

基本的に、家賃は収入の3分の1程度に抑えるのが目安だと言われていますが、立地や条件の良い物件を選ぶとそれ以上になってしまう場合もあります。家賃は固定費として必ず毎月かかってくる支出ですから、家賃を抑えることで、その分毎月の生活費を抑えることができます。

しかし、家賃を収入の3分の1よりも1~2万円プラスすることで旦那さんや奥さんのモチベーションが上がることもありますので、必ずしも無駄な支出とは言い切れません。

家賃については、二人でよく話し合って物件を決めるようにしましょう。生活費について考える前に物件を決めてしまった場合、あまりにも収入に見合わないと気づいた場合には思い切って引っ越しを視野にいれるのもおすすめです。

引用元-気になる夫婦の生活費大調査!自分は平均より上?それとも下?

夫婦で生活費の平均を把握することが重要!

結婚したら生活を見直そう

新婚夫婦は、これまでのお金の使い方をしていては、家計が破綻してしまう。

これまで海外旅行やブランド品の購入などをしていた方も、意識を変えなければ平均以下の貯蓄額になってしまう。これからの時代は年金や給与も減る傾向にあるので、今までよりも一層生活は厳しくなる。

結婚したらすぐに生活を見直すことで、10年後・20年後には大きな差になる。出来ることから1つずつ、節約術を実践しよう。

引用元-新婚夫婦の生活費節約術|目安を知り貯金額の目標を立てよう

家計簿をつけよう

生活費を計算してくれるアプリをご存知ですか?手書きの家計簿に挫折した経験のある方でも、簡単に記録を付けることが出来ます。レシート撮影で情報を読み込めたり、自動的に生活費を計算してくれたりと、様々なアプリが出ているので、ぜひチェックしてみてください。

家計簿を始める際には細かく費用を振り分けるのではなく、ある程度大雑把な振り分け方をすることが長続きの秘訣です。また毎日記録しなければならないという訳ではなく、「気が向いた時や時間のある時に記録して、1か月分の支出をまとめる」というスタンスで行う方が長続きがします。レシートを捨ててしまう癖のある人は、まずはレシートを保管することから始めましょう。

引用元-あなたは生活費の内訳を知ってますか?夫婦や独身の人数別平均!暮らし方別の費用と節約方法を大公開!|welq [ウェルク]

夫婦の生活費の平均額を見直そう!すぐできる賢い節約方法

1. ポイントカードを上手に使う

買い物の際、ポイントカードを利用することでポイントをためることができます。ためたポイントは景品に交換したり、次の会計時に値引きされたりします。たくさんのポイントカードを持っていると、一つ一つのポイントがたまりづらくなりますので、ポイントカードを統一するかスーパーなどは一つの店舗に絞って買い物をするのが良いでしょう。

2. エコバッグを使う

スーパーでは、袋が1枚3~5円ほどします。スーパーで週に3回ほど買い物する方であれば1年で約720円、10年で7200円になります。また、スーパーの袋に比べてエコバッグは頑丈なため、重いものを買うときには重宝します。かわいいエコバッグを見つけたからと言って頻繁に買い替えるのは、節約のための無駄な出費となりますのでやめましょう。

3. 公共料金や家賃をクレジットカードの引き落としにする

公共料金や家賃がお持ちのクレジットカードで引き落とせるのであれば、今すぐに変更しましょう。家賃や公共料金は毎月必ずかかってきますし、金額もばかになりません。クレジットカードであればポイントがたまりますし、ポイントはそのまま支払いにあてることのできるクレジットカードもありますので、お得です。

引用元-気になる夫婦の生活費大調査!自分は平均より上?それとも下?

twitterの反応

https://twitter.com/nakanakaiikanj1/status/710259185531785216


https://twitter.com/Raising_HeartEx/status/708854662875623424


https://twitter.com/runway_30/status/708749030814134272