発達障害の子供の特徴とその周りの人の対応方法とは??

発達障害という言葉を皆さんご存知でしょうか??

調べていくうちに発達障害の子供といっても千差万別であり、周りの人の

接し方や対応が重要だということが分かりました。

ご参考になればと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

会社の人への年賀状!一言に気持ちをこめて送りましょう!

プリントされた年賀状でもあなたの言葉を一言添えるだけで、気持ちのこもった新年の挨拶になります。 し...

旦那へのイライラ解消法!夫婦円満に過ごすためのポイント!

毎日生活していると旦那に対してイライラを募らせることが多々あります。 旦那へのイライラはなるべく貯...

旦那の小遣いはなし!?サラリーマンの厳しいお財布事情とは

みなさんのお宅では旦那さんの小遣いはいくらですか?中には小遣いなしというツワモノまで… お小遣いが...

友達と喧嘩して許してくれない時に・・・あなたの行動は??

友達とささいな行き違いで喧嘩することは皆さん経験がおありだと思います。 友達と喧嘩になった時一番や...

「運動」「食事」「睡眠」が大事な理由。ストレスに関係あり?

「適度な運動」「バランス良い食事」「十分な睡眠」は健康な生活を送るための3本柱と昔から言われています...

アニメは子供だけじゃない!おすすめの大人向けアニメ!

アニメを大人だってみたい時はあります。そしてみている人もたくさんいます。そんななかから、今回はアニメ...

頭皮のフケは、かさぶただった!?症状の原因や正しい対処法

悩んでいる方も多いフケ症状の原因は、頭皮のできたかさぶたかもしれません。 頭皮のかさぶたを改善する...

下痢が1週間続いている・・病気の可能性も考えられる??

もしあなたが1週間も下痢が続いているとしたら、まず病気を疑うべきです便秘で辛い人の話はよく聞きますが...

自分の性格が分からない、変えたい人に贈る!自分の性格の考え方

自分の性格というのは分かっているつもりでもなかなか分からないものですよね。 自分の性格はこうだと思...

ストレス症状が子供に現れたら…親としてできることは何?

近年、ストレスからくる症状が現れる子供が増えてきているようです。 子供のストレスを緩和させるために...

免許証の紛失~番号悪用で実際にあった事例と未然に防ぐ方法

免許証にはあなたの個人情報にもつながる番号が記載されています。 紛失した場合、悪用されてしまったと...

いけ好かない…。プライド高いキャラと上手に付き合う方法とは

学校でも仕事でも、恋愛にもいそうな「プライド高いキャラ」です。嫌われて当然!と思いますか?でも、キャ...

仕事のストレスで動悸がする人は・・緊張場面での心の対処法

仕事のあらゆる場面で緊張する場面は突然やってきます。 仕事で動悸がする人は知らず知らずのうちにスト...

風邪で鼻水が止まらない!鼻風邪の原因と予防方法を徹底解析!

風邪をひいたときにいちばんつらい症状は何ですか?発熱・のどの痛み・鼻水・鼻づまり…中でもやっぱり鼻水...

職場での人間関係!!女性の多い職場では悩みが多い??

女性が多い職場では女性特有の悩みを皆さん抱えている人が 多いのではないでしょうか?? 女性が多い...

スポンサーリンク

発達障害の基礎知識!発達障害とは??

発達障害の原因は、脳機能(認知)の障害です。
親の育て方やしつけが原因でもなく、精神疾患でもありません。
見聞きしたものを理解し、記憶する、過去の経験に照らして、計画を立ておこなうといった、脳のさまざまな機能のことを「認知機能」と呼びます。発達障害がある子どもの脳にはこの認知機能に、かたよりがあることがわかっています。
認知機能に障害が起こる主な原因
1. 遺伝的素因
脳機能の障害は、もって生まれた遺伝的な素因が大きく関係しています。
2. 環境要因
いじめ、虐待など人間関係で生じるストレスが脳の働きに影響することもあります。
発達障害の3つのグループ
発達障害は大きく3つのグループに分類されます。

ADHD(注意欠如・多動性障害)
LD(学習障害)
ASD(自閉症スペクトラム障害) 自閉症、アスペルガー症候群など

それぞれに医学的な診断基準があり、その特徴も異なります。
また、3つのグループはその概念が生まれた源が異なるため、重なり合う部分も多く、どう診断するかも、機関によって異なることがあります。

引用元-発達障害とは|どんぐり発達クリニック|東京都世田谷区 千歳烏山

子供の発達障害に見られる特徴

「まだ教室から出てはいけない状況なのに、一人だけ出て行こうとして、
止められるとかんしゃくを起こす」

「(大人の都合で)予定していた事と違う事をすることになると、かんしゃくを起こす」

「いつもと違う初めての公園へ行こうとしたら、かんしゃくを起こした」

「やりたくない事をやる時間になると、モノに当たる」

引用元-かんしゃくを起こす

知っている間柄の子どもたち数人がワイワイ遊んでいる状況で
「その輪に入ろうとしない」

「誘われても嫌がる」

「自分が遊んでいるオモチャに他の子が干渉してくると嫌がる」

「自分ひとりだけ、他の遊びに夢中」
(他の子は遊具で遊んでいるのに、ひとりだけ遊具を使わない遊びに夢中)

引用元-他の子と遊ぼうとしない

「他者が話している途中で、しゃべりたい事をしゃべり始める」

「質問を何度も繰り返す」

「気に入ったフレーズ(曲やギャグなど)を独り言でつぶやき続ける」

引用元-おしゃべり関係

「遊びに夢中になると周りが見えなくなる。その遊びをやめる時間なのに、止めて次の行動に移ろうとしない」

「”これで最後”が通じない」

昔の我が家のケースで言うと、
「そのアニメが終わったらお風呂に入ろう」
でそのとおりに行動することはなかったし、
「今やってるゲームが終わったら晩ご飯ね」
でゲームを止める事もなかったです。
ゲームオーバーになっても、当たり前のように再スタートしていました。

引用元-行動に区切りをつけられない

発達障害の子供への対応方法は??

子どもへの適切な対応の仕方は、子どもによって異なります。
まずは行動をよく観察して、理解するところから。
行動のパターンや気持ちの変化を見つめましょう。

わかるように伝える
何かを伝えるときは

具体的に
簡潔に
わかりやすく

を心がけます。
皮肉や例え話、遠まわしな表現は理解が難しい場合も多いです。
また、「○○しない」のような否定形に敏感な子どももいます。
その場合、「××する」という表現を使うといいと思います。

引用元-子どもへの対応で覚えておきたいこと

私がお伝えしたいのは
「親が理解し、なるべく早い時期から、子どもにあった適切な対応を」
ということです。

障害のある子ども・可能性のある子どもについて相談できる機関が、
全国各地にあります。
そういった機関を利用することは、
子どもに適切な支援をしてあげるきっかけになります。

子どもが幸せに生活していくためには
「障害名は何か?」
「障害とされるのか、そうではないと診断されるのか」
よりも、
「親は特性を学び、理解する」
そして
「子どもにあった適切な対応をする」
が大切だと思います。

引用元-親御さんに伝えたいこと

もし自分の子の友達が発達障害だったら・・対応は??

我が子が発達障害って認められる親ばかりでは無いんですよ…
確かに早期発見、早期療育と言われていますが、それにはまず親が発達障害と向き合わなければならないんです。
専門家でも『少し発達がゆっくり』『発達が凸凹している』などと言葉を濁す物を、どストレートに伝えてしまったんですよね?
普通だと思っている自分の子どもを、いきなり発達障害扱いされたらどんなにショックか分かりませんか?
発達障害は本当に微妙な子がたくさんいます。
特に小さければ小さい程、判断が難しいですし、主様が書かれた条件の幼児なら割と良く見かけると思います。
早く…と思う気持ちも確かに優しさかもしれませんが、ママ友だから、支援するからと簡単に解決出来る問題では無いですよね。
親子間で乗り越えなきゃいけない壁がたくさんあります。
姪御さんに似ていると思ったなら、姪御さんと同じような対応をしてあげる、で良かったと思います。
以後こういう事があったら、相手から話してくるまで気付かないふりするのも優しさですよ。
親切のつもりだったかもしれませんが、怒らせたというより傷付けたという事に気付いて下さい。

引用元-よその子供が発達障害と思われる場合の対応を教えて下さい : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

発達障害の子供の小学校の基礎知識

通常級にするか、特別支援級にするかは知的障害の有無だけでは選択ができません。行動面の特性、集団生活への適応度合いなどを勘案しながら決定していく必要があります。基本的には以下のようなメリットとデメリットが考えられ、そのデメリットを補うための制度も存在しています。しかし、学校長の方針や学級の担任の力量に依るところが大きいのが実情です。

通常級

メリット:一般的な集団の中で生活することができる。
デメリット:個別的なきめ細やかな対応は期待しにくくなる。
通級:通常級に在籍しながら特別支援教育を受けるための制度。国語や算数などの一部科目を個別で教えてもらうことができる。

特別支援級

メリット:学級編成が最大8人のため、個別対応が期待できる。
デメリット:学習内容が通常級と異なる場合が多い。また、私立中学受験の際に不利になる場合がある。
交流級:特別支援学級(学校)に在籍しながら、普通級に在籍しているお子様と一部の授業や行事をともに過ごす制度。

引用元-小学生の発達障害 : 子どもの発達障害

twitterの反応


https://twitter.com/supika_24/status/635292879577968641
https://twitter.com/supika_24/status/633257177130512385
https://twitter.com/phstgomi/status/632779657394282496