新生児の湿疹トラブル!赤ちゃんの顔を肌ケアする方法はコレ!

新生児の肌はツルツルのイメージですが、赤ちゃんの顔は意外に湿疹トラブルが多いのです。
「乳児湿疹」「新生児ニキビ」などと言われ、深刻な症状も多いとか。
今回は新生児の肌トラブルについて探ります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

携帯の機種変更のお得な方法は?大手3社別・機種変事情!

携帯の機種変更をお得に行う方法はあるのでしょうか? それは携帯大手3社によっても方法は違うようです...

ジョギングとランニングの効果の違いを正しく理解しよう!!

ジョギングとランニングの方法や効果の違いをご存知ですか? 一般的に混同されやすいジョギングとランニ...

名前の画数は気にしない?姓名判断に振り回されない命名って

最近では赤ちゃんの名前を命名する時に、画数を気にしない方が増えているようです。 昔は赤ちゃんの画数...

つらい腹痛と下痢症状が続く原因を理解し正しく対処しよう!

つらい腹痛や下痢症状が続く原因は様々あります。その症状を放っておくと、さらにつらい状況になってしまう...

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目されているのをご存知ですか? 自分の国...

不妊治療の第一歩!病院で行うタイミング療法ってどんなもの?

妊娠を待ちわびているのになかなか赤ちゃんができない…頭に不妊治療という言葉がよぎる方もいらっしゃるこ...

成人式のスーツはオーダーメイドでみんなに差をつけよう!

成人式に着るスーツが、自分にとって初めてのスーツという人も多いでしょう。 そこで成人式のスーツはオ...

近場移動に便利な電動自転車。改造するのは違法じゃないの?!

電動自転車は坂道などに便利ですね。最近ではさらに改造してものすごい速さで走れるそうです。でもそれって...

神社参拝を夜中にするってどんな時?知っておきたい神社の常識

神社への参拝に決まった時間はあるのでしょうか?そこには日中や夜中の時間帯によって、神聖な神社には違っ...

下痢にいい食べ物・飲み物は?また避けたい食べ物・飲み物は?

下痢が止まらないのはもちろん、それが長引くのはもっとつらいですよね。 下痢の時にはいい食べ物・飲み...

友達からの嫉妬がうざい!これって友情?女同士の危うい関係

仲のいい友達からの嫉妬にうざいと感じた事はありませんか? いくら仲良くしていても、女性同士には相手...

リクルートスーツに男性がかける相場は?就活のスーツ事情!

就活中の必須アイテム、リクルートスーツ。何かと出費のかさむ就活で、男性がかけるスーツ代の相場はどのく...

車検時に交換が必要になる部品の知識と自分で見極める方法

車検の見積もりを取ると、交換が必要になる部品の項目がいくつか上がってきます。 しかし車検会社から言...

お年玉の相場は甥・姪だとどのくらいなの?年齢別徹底調査!

お年玉の相場は甥・姪だと、どのくらいなのでしょうか?正月の子供の楽しみとはいえ、大人にとってみれば毎...

彼氏の冷たい態度が辛い…もしかして別れのサインかも!

大好きな彼氏が急に冷たい態度…好きだからこそ、この状況は辛いですよね。 その状況を改善する為には、...

スポンサーリンク

赤ちゃんの顔に湿疹が!原因は?

乳児湿疹とは

乳児湿疹とは、乳児期に起きる湿疹の総称です。

生まれて以降~4ヶ月頃までにできる、思春期ニキビや芯のある大人ニキビに似た、赤いブツブツを、『新生児ニキビ』と言います。
新生児ニキビは、額や頬によくできます。

また、カサカサしたかさぶたのようなもの、フケのような固まりを、『乳児脂漏性湿疹』と言います。
乳児脂漏性湿疹は、頭や髪の生え際、まゆげ、耳の裏など皮脂腺の多い場所によくできます。

これらすべてが、乳児湿疹と呼ばれます。

乳児湿疹の原因とは

主な原因は、「母親の女性ホルモンの影響により過剰分泌される皮脂だ」と言われています。
この過剰に分泌された皮脂が、毛穴に詰まったり、肌表面に溜まることで、『乳児湿疹』ができます。
そのため、赤ちゃんには必ずと言っていいほどできるもので、その原因から防ぎようのないものであると言えます。

しかし、他にもいくつか要因はあります。
例えば、母乳をあげている期間の母親の食事内容が、乳児湿疹に繋がる場合もあります。
脂質や糖質の多い食事、油物やジャンクフード、お菓子、スイーツなどを過度に摂り過ぎることで、母乳を通じて赤ちゃんに脂質や糖質が蓄積されます。

この場合は、母親の食事内容を見なおせば、ある程度は改善できます。

引用元-赤ちゃんの顔にできる湿疹、正しい乳児湿疹ケアとは | 化粧品メーカー社長の美容ブログ

新生児ニキビと脂漏性湿疹

赤ちゃんにニキビが…!原因は?

大人や思春期のニキビは「毛穴に皮脂が詰まって炎症を起こす」「アクネ菌が繁殖する」というのが代表的な原因。赤ちゃんも例外ではなく、たっぷりと汗をかいた後に毛穴がつまると、ニキビや湿疹などの赤いブツブツができてしまいます。他にも、寝る時間が大人よりも多い赤ちゃんならではの原因もあります。それは肌に触れる寝具の汚れ。ちょっとした汚れでも、赤ちゃんの肌は過敏に反応してしまうのです。

これらよりも強く影響するのは出生時に受け継いだ母親のホルモンの影響です。赤ちゃんの毛穴は未発達で、ホルモンに対応しきれず皮脂や汚れを毛穴に停滞させてしまうのだとか。それが皮脂腺を刺激して、ニキビができてしまうのです。

引用元-赤ちゃんにできる「新生児ニキビ」原因とケア方法 | ヘルスケア大学

脂漏性湿疹の原因

生まれて間もない時期は、新陳代謝が盛んなのに加え、お母さんの女性ホルモンの影響が残っています。そのため、生後3か月くらいまでは特に、皮脂の分泌が盛んです。これは成長の過程で起こる当たり前の現象なので過剰に敏感になる必要はありませんが、この頃の乳児の肌は汗や皮脂が溜まって汚れやすい状態です。

引用元-乳児の「脂漏性湿疹」の原因とケア方法 | ヘルスケア大学

洗浄と保湿でツルピカ顔になる?

乳児湿疹のケアの基本は「洗浄」と「保湿」

大切な石けん洗浄

痛々しい発疹が出来ていると、どうしてもその部分をそっとしておきたくなります。
しかし、皮膚を洗わなかったり、お湯だけでそっと洗っていると、皮脂がしっかり落ちずに炎症が悪化してしまいます。
ベビー用の石鹸をよく泡立て、手のひらで優しくこするように顔・体を洗ってあげましょう。
赤ちゃんを片手に抱いて固形石鹸を泡立てるのが難しい場合は、ポンプ式の泡石鹸がおすすめです。

特に皮脂が多い赤ちゃんの場合は、ベビーソープよりも、無添加の固形の石鹸(石鹸素地100%または純石鹸分99%と表記されるもの)が良いと言われます。

引用元-赤ちゃんの肌荒れ「乳児湿疹」の原因とケア方法!石鹸洗浄と保湿を行い、乾燥を予防しよう – Column Latte

皮膚科に行くか迷ったら

赤ちゃんがいるお母さんが一番気になるのは、「皮膚科に行くべきかどうか」だと思います。
しっかり洗浄・保湿を行っても改善が見られないのであれば、なるべく早い段階で皮膚科に行った方が、結果的に治りが早くなります。

ステロイド剤を使うのが心配という声もよく耳にしますが、赤ちゃん用に弱いステロイド剤を処方してくれるので心配はいりません。
逆に皮膚の炎症を長引かせることで本格的なアトピーへ移行してしまったり、強いステロイド剤を使わなければいけない程炎症が悪化してしまうケースもあります。

引用元-赤ちゃんの肌荒れ「乳児湿疹」の原因とケア方法!石鹸洗浄と保湿を行い、乾燥を予防しよう – Column Latte

新生児の肌ケア

赤ちゃんの肌をきれいにした後は、一番水分を必要としている状態です。洗顔の後は必ずスキンケアをしてあげましょう。水分量が多いローションやジェル、油分量の多いクリームやオイル、水分と油分の両方を含む乳液などさまざまな製品があります。こぼれず全身にムラなくのばしやすいことから、乳液タイプは特に人気があります。

赤ちゃんの肌は水分も油分も少ないので、乳液を使うことで両方を補うことができます。乳液タイプのローションなど使いやすい製品も出ていますので、一番使いやすく効率的に保湿できるアイテムを選びましょう。

引用元-赤ちゃんのカサカサ肌対策|新生児からの正しいスキンケアの仕方

入浴後、5分以内にベビー用のローションやクリームを塗ります。顔から始まり、耳の裏側や首まわり、腕や足のしわなども伸ばしてムラなく塗りましょう。大人と比べてそれほど乾燥していないようにも見えるのですが、一度乾燥すると全身に肌トラブルを引き起こす可能性もありますので、くまなく塗布することが大事です。脇の下や指の間など細かい部分は見落としやすいのですが、こちらも忘れずにケアをします。

引用元-赤ちゃんのカサカサ肌対策|新生児からの正しいスキンケアの仕方

肌湿疹にはベビーローション!

生後2ヶ月までに多い脂漏性湿疹や新生児ニキビは清潔が大事

生後2ヶ月までの乳児は皮脂の分泌が旺盛。皮脂が毛穴に詰まると新生児ニキビに、皮脂が真菌に分解され遊離脂肪酸が形成され乳児の肌に炎症を起こす場合は脂漏性湿疹に繋がります。主な原因は皮脂の過剰分泌なので、定期的に乳児の肌を拭いてやることが乳児湿疹対策としては効果的です。また、皮脂をこま目に拭くことは、乳児の肌を乾燥に晒すことにもなります。皮脂の除去と同時に乾燥対策もしないと、後述の乾性湿疹になる可能性もあります。

引用元-乳児湿疹にはベビーローションで対策がおすすめ

特に乳児湿疹対策におすすめはベビーローション

いくつか乳児の乾燥対策グッズを紹介しましたが、一番のおすすめはベビーローションです。というのも、ベビーローションは気軽に何度も使え、顔、手足、体など塗ることができる範囲が広いからです。

赤ちゃんの肌はすぐに乾燥します。乳児湿疹の対策には乾燥しそうな状況(外出など)や乾燥が目立つ場合(乳児の肌がカサカサ)、乳児湿疹が現れた場合など頻繁にベビーローションを塗ることが大事です。したがって、簡単に塗ることが出来るベビーローションがおすすめなのです。

引用元-乳児湿疹にはベビーローションで対策がおすすめ

乳児湿疹 ある医師の見解

乳児湿疹(乳児アトピー)について

 乳児湿疹は乳児アトピーと呼ばれることもありますが、本質的には同じものです。乳児湿疹の大部分は1歳までに軽快しますので、成人のアトピーとは異なるものです。湿疹がひどくても、本当のアトピーになるかどうかは1~2歳まで経過を見ないと分かりません。
 そのため当院では1~2歳まではあえてアトピーとは呼ばず、乳児湿疹と呼ぶことにしています。乳児湿疹だろうがアトピーだろうが、名前が違うだけで対応は同じです。
 湿疹の原因は、“体質的に皮膚が弱いこと”です。正常にある皮膚のバリヤー機能が弱く、すぐにじゅくじゅくしたり、乾燥したりするわけです。また、刺激に弱いので、じんましんが出やすいのも特徴です。

引用元-乳児湿疹 乳児アトピー アレルギー 原因

乳児湿疹(乳児アトピー)やアレルギーに関しては、多くの人が持論を述べています。ステロイドを使えば治る、使わない方が治る、石鹸は使った方が良い、使わない方が良い、食事制限はした方が良いしない方が良い。なぜ人によってこれほど主張がバラバラなのでしょうか?
 対立した意見をどちらも正しいと述べる人がいるということは、治療に正解はないということです。

引用元-乳児湿疹 乳児アトピー アレルギー 原因

twitterの反応


https://twitter.com/Syuki_1986/status/532720761220259840
https://twitter.com/naomarch2/status/530520818296823808
https://twitter.com/kotori_y/status/521307941987573761