ワダイビジネスサテライト

ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

*

目の下のクマやたるみの原因は??最近老けてきたと感じる方へ

      2015/10/03

 - 美容・健康

最近老けてきたと自分で感じる人は目の下を見てみましょう

あなたの目の下にはクマやたるみはありませんか??

目の下のクマやたるみは実年齢よりあなたを大幅に老けているように

みせます!その理由や解消法を調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

55c015e69c22867b949f47f902251c3f_s
美容院でのトリートメント!種類が多すぎ…どう選べばいいの?

美容院でトリートメントをお願いする時に、どの種類を選ぶべきか悩んだことはありませんか?

トリートメントの名前や金額だけではなかなか判断ができません。

そこで美容院のトリートメントの種類やその効果について調べてみました。ぜひ参考にして自分に合ったトリートメントをオーダーしましょう!

0820b645551580f3c6471b114c0af800_s
消化を知ることで食べ物の摂り方と時間を変える!ダイエットの知識

ダイエットをしている人はカロリーばかりに目が行きがちですが

食べ物の消化時間や摂取するタイミングを知れば効率的にダイエットの効果を

高めることが可能です。知って効率的なダイエットに役立てて下さい。

389f945cc0c785c47cba04a3bcf927ee_s
二重にしたい!アイプチでくせつけは??そのほかの方法は??

女性であれば一重の人は二重にしたいと思う人は多いのではないでしょうか。

そこで一番最初に試した人が多いのがアイプチでのくせつけだと思います。

アイプチの他にも色々なアイテムでくせつけを試していることがわかりました。

ストレッチ 効果 理学療法
ストレッチを効果的に!理学療法士が教えるコツ・ポイント

体をほぐすストレッチは、筋肉の緊張を緩和し体の状態を整えるために効果的です。

そこでストレッチのプロ・理学療法士が教える効果的にストレッチを行うために必要なポイントやコツをまとめてみました。

ぜひ参考にして、効果的に体の調子を整えましょう。

女性 化粧 心理
女性が化粧する心理は?パターン別メイクが与える心への影響

女性が化粧をする事には、様々な心理が潜んでいるようです。

化粧のポイントや化粧の度合い、化粧する場所によっても、女性の心理が垣間見えるようです。

そこで化粧から見られる女性心理について調べてみました。

産後 骨盤矯正 方法
産後の骨盤矯正の方法は?ダイエットにも役立つ体型戻しのコツ

産後は出産した事による骨盤のゆがみが生じてしまいます。骨盤がゆがんでいると、体調や体型にも悪影響を与えてしまいます。

そこで効果的に骨盤矯正を行う方法をまとめてみました。

そこには産後ならではの方法やポイントがあるようです。ぜひ産後にお役立てください!

1130-4-2
ボディラインを整える!女性の鍛えた筋肉の美しい姿に感動!!

筋肉を鍛えるのは男性だけだなんて昔の話です。
ダイエットをするだけの理由で筋肉を鍛えるのもちょっと前の話です。
今は健康に美しくなるために筋肉を鍛えるのです。
今回は女性が美しいボディライン手に入れるためのお話です。

風邪 吐き気 微熱
風邪じゃない!?吐き気や微熱の症状が続く原因はいったい何?

寒い季節、吐き気や微熱で風邪の症状と思ってしまう人も多いことでしょう。

しかしその症状はもしかすると、風邪以外の原因からくるものかもしれません。そこで吐き気や微熱を伴う風邪以外の原因について調べてみました。

b434b212d642a8e103ca78eb5547a7bb_s
ウォーキングの効果を短時間で得る為に知っておきたいポイント

ウォーキングは健康維持や美容・ダイエットに効果的と多くの方が実践されています。

そこで短時間でも効果が期待できるポイントをまとめてみました。

ぜひ参考にして、正しく効果的にウォーキングを取り入れてみましょう!

5fc06c90790afbd7e2d0ff3425d4ce13_s
有酸素運動と筋トレを交互にやると体型はどのように変わる??

有酸素運動と筋トレの違いを知ろう!!どういう体型になりたいか!! トレーニングに …

a60a0490e19d0ed78fed16c05adc0ffd_s

目の下のクマは老化でたるみがでているかも

目の下がたるむと、やっぱり老けてみえますよね。。。よくあるのが、目の下のたるみが、くまを余計目立たせているパターン。いわゆる「たるみクマ」ですね。眼の下にたるみができる原因は、簡単にいえば、歳をとって肌が衰えるから。顔の皮膚と筋肉の老化です。目のまわりにある筋肉は大変薄くて衰えやすいため、加齢とともに弱ってくると、皮下脂肪を支えにくくなって、目の下にタルミができてしまうのです。

引用元-たるみクマの原因と解消法:目の下のくまを消す方法

目の下 たるみの原因

老化のほかにも原因は、あります。目元のたるみの中身は脂肪なのですが、目のまわりの筋力が低下すると肌の弾力性も落ち、目の下の脂肪を支えられなくなって垂れ下がってくるのです。

また、血行不良やリンパの流れが悪く、余分な脂肪や水分が排出されないと、皮下組織の脂肪細胞が増加するため、目の下はたるみます。

目の下の脂肪は体質的に多い人と少ない人がいて、もともと目の下の脂肪が多い人は、クマやたるみができやすく、目が大きい人や頬骨がはっている人などに、多くみられます。

引用元-たるみクマの原因と解消法:目の下のくまを消す方法

スポンサーリンク

  人気記事

目の下のクマには種類がある

1つ目は、まぶたのたるみによってできる影で、
黒クマといいます。
まぶたのたるみの原因としては、
加齢による皮膚、筋肉(眼輪筋)のゆるみや、
眼窩隔膜(がんかかくまく)という膜のゆるみによって
目の周りの脂肪(眼窩脂肪)が
前方へ飛び出してしまうことなどが挙げられます。

引用元-目の下のクマの原因と解消法 | 目の下のクマ・たるみ治療専門

2つ目は、まぶたの血行不良や、
うっ血の色が皮膚を通して見えてしまう状態によるクマで、
青クマ、赤クマ、紫クマなどと言われます。
まぶたは、とても血行に富んだ場所です。
眼精疲労や、寝不足、運動不足、不摂生などで、
まぶたが血行不良になったり、うっ血(血の流れが滞ること)に
なったりするとクマの原因になります。

引用元-目の下のクマの原因と解消法 | 目の下のクマ・たるみ治療専門

3つ目は、
まぶたの皮膚の色素沈着が原因の茶クマです。
紫外線によるシミや、皮膚の新陳代謝の低下、
血行不良な状況を放置しているような場合、
目をこする癖のある人、
アトピー性皮膚炎などの慢性炎症が原因で、
まぶたに色素がたまってしまうと茶クマになります。

引用元-目の下のクマの原因と解消法 | 目の下のクマ・たるみ治療専門

目の下のくまもたるみは年齢より老け顔に・・・

目の下のたるみとくま。Wの効果で老け顔に・・・

私たちは目と目を見てコミュニケーションをとっています。そのため、目の周りの印象があなた自身のイメージに大きく影響を与えています。

目の下もまた例外ではありません。目の下のたるみやくまによって、実年齢よりも老けてみられることも多いのです。

たるみとくまの違いは?

「たるみ」と「くま」どちらも目の下に生じるものですが、その違いはそれぞれが発生する「原因」にあります。

目の下の「たるみ」は、目の周りの筋肉が衰えることによって、下まぶたの皮膚が重力に従って垂れ下がってしまうことで生じます。

一方目の下の「くま」は、下まぶたに何らかの「色素沈着」が起こっている状態です。

たるみが原因で起こる「影くま」をご存知ですか?

たるみによる「影」が、くまを出現させてしまうことも。「影」の発生機序には2つのパターンあります。

1つは、目の周りの脂肪が減り、皮膚がたるみ「目の下の骨が浮き出て」影ができるケース。

そしてもう1つは、目の下の皮膚を支えている筋肉の筋力低下によって「涙袋がたるみ」影ができるケースです。これらのくまは総称して「影くま」と呼ばれています。

引用元-目の下のたるみとくまの違い|【シロノクリニック】美容皮膚科

目の下のクマとたるみを解消しよう

目元のクマやたるみを解消するリンパマッサージ

目元だけではなく、全身のリンパの流れをよくすることが有効です。
リンパは、軽くさする程度で流れがよくなります。

ふくらはぎの内側を、下から上に向かってさする(左右行う)
太ももの内側を、ひざから足の付け根に向かってさする(左右行う)
仰向けになり、足の付け根を外側から内側に向かってさする
マッサージクリームなどを塗り、上まぶたは眉頭から眉尻へ、下まぶたは目頭から目尻に向かってさする
首を、耳の下から肩にかけてさする

その他に、超音波マッサージがリフトアップに効果があるといわれています。

たるみを解消する化粧品

たるみには、肌にハリを与える効果のある化粧品が有効です。
コラーゲンやヒアルロン酸が配合されたものは、肌にハリを与えます。
また、レチノールが配合されたものは、シワに効果的といわれています。
また、最近では、自分の血液を利用した再生医療による治療法が注目されています。

引用元-ほうれい線や目の下のクマをまねく表情筋のたるみ撃退法|トピックスファロー

シャンプーのやり方ひとつで目の下のクマやたるみを解消

皆さんはシャンプーをしている時は、上を向いていますか?それとも、下を向いていますか?子供の頃、お母さんに洗ってもらった名残りで、大人になった今でも下を向いたままシャンプーをしている人は多いかもしれません。

私は、「おばけが出たら怖いから」という理由で顔を上げて(できるだけ目も開いて)シャンプーする癖がついていますが、それはともかくとして、下を向きっぱなしのシャンプーはたるみを招きやすいと言われています。頭皮を洗う力の方向も、つい顔の方へ向かいやすくなるからかもしれませんね。こんなちょっとしたところからでもたるみ予防ができます。

目元のたるみは、顔の中でも比較的早いうちに表れてきます。しかも、目という印象に残りやすい場所なだけに、その人全体の印象を決める重要なところ。いつまでもイキイキとした自分でいられるように、ちょっとした小さなサインも見逃さず、「まだ大丈夫」と思っている人も将来のために“たるみを防ぐための何か”を始めてみませんか?

引用元-2/2 クマじゃない?? 目の影はたるみかも?! [肌の悩み・対処法] All About

twitterの反応

 - 美容・健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。