仕事の相談を上司にする・・相談時の上司と部下の言い分は?

仕事の相談を上司にする・・というのは部下からすれば少し勇気がいることです。

的外れな相談をしたら上司に怒られる・・急がしそうだから相談しづらい・・

上司の皆様も考える必要がありそうです。

仕事の相談における上司と部下の言い分を調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新人が仕事が暇でやることがない・・と思っている人必見です!

新人の時って仕事もまだ何をやっていいのかわからず、 仕事を与えてもらえず暇な時期って必ずあるもので...

あなたの心が少し変われば職場の人間関係は劇的に改善する!

職場の人間関係で悩んでいる人は多いと思います。 しかしあなたの考え方や視点を少し変えるだけでも職場...

日本で一番の金持ちって?いつかは載りたい長者番付への道!

日本で一番の金持ちが誰か知っていますか?毎年米誌フォーブスが発表する世界の長者番付にその答えが載って...

今の職場の環境が合わないと思っている人は・・もう一度再確認

今の職場の環境が自分には合わないような気がする・・・ 転職しようかな・・そんなことを考えている人も...

仕事でわからないことがある時。上司への上手な聞き方は??

上司や先輩に仕事でわからないことがあってすぐ聞きたい時って その時の状況だったり、タイミングによっ...

リクルートスーツを着こなす!男性就活生のネクタイ選び!

厳しい就職活動。リクルートスーツに身を包み、面接を掛け持つ男性も多いことでしょう。 そんな面接でネ...

会社の年賀状問題!喪中の場合は一体どうするべきなの??

年末に近づき、会社でも年賀状の用意に忙しい頃でしょう。 そんな時に送付された喪中はがき・・・こんな...

バイトを辞める上手な切り出し方とは?バイト先のことも考えて

アルバイトでも働いている年月やバイト仲間との関係が良いとなかなか 辞めるという切り出し方がわからな...

Welcome東京!急増する外国人観光客について

近年、外国人観光客が東京に急増しています。海外から見る東京の魅力とは何でしょうか? 外国人観光客の...

日本の資源が少ない理由~日本が世界に誇れる資源とは何か…

日本の資源が少ない理由をご存知ですか?先進国の中でも資源が少ないと言われ続けた日本は、他国によって支...

仕事での人間関係の悩み・・女性必見!円滑にする方法とは?

仕事での悩みで男性も女性も一番多いのが人間関係の悩み・・ 人間関係というのは一人一人個性も性格も違...

自分1人に仕事が集中していると感じる人は・・・仕事あるある

自分一人に仕事が集中しているなぁと感じている人っていませんか? そう思った人は仕事は出来る人だと思...

子供のための貯金は運用が必要?子供の未来の為にできること!

子供の将来の学費や夢の実現のために、親として応援してあげられるだけの貯金を残しておきたいものです。 ...

起業に失敗・・再就職はどうしてる?失敗した人のその後は?

みなさん起業するときは夢と希望にあふれていると思いますが、現実は 100社起業したとして5年後に残...

「電話が怖い」を乗り越える方法!うつ病にならないために!!

電話の着信が怖いと思ったことはありますか?友達との携帯は平気なのに仕事の電話だけが怖いという人もいま...

スポンサーリンク

上司に仕事の相談をするときのコツは??

「何の相談か」「相談の内容」「自分の意見」の手順相談の手順としては、下記のように「何の相談か」「相談の内容」「自分の意見」「判断を仰ぐ」といった順番に伝えていくとスムーズでしょう。加えて、まずはビジネスマナーを守った声のかけ方をするのも大切です。

上司に仕事の内容を相談をする方法は口頭で!自分の意見を必ず入れる

上司に仕事の相談をする場合の方法は、口頭で聞くことが大事です。直接コミュニケーションをとることも大事ですし、そもそも相談とは”やり取り”をしていくことで解決まで導かれるものなのです。メールや電話といった、コミュニケーションを取りづらいツールを使用しての相談はあまりお勧めできません。また、相談をするタイミングにはあまり悩みを持たなくてもいいでしょう。新入社員にとっては、相談と経験が知識を溜めていく重要なファクターとなります。当然、調べて解決できることは自分でやるべきですが、相談しようと思ったのならためらわずどんどん声をかけていきましょう。

引用元-仕事の相談を上司にする方法と注意点 | ビジネススキルのことならキャリアパーク

仕事で自信がなくなった時は上司に相談を

上司に正直に打ち明け、相談する

 自信がなくなったときにまず取るべき対処法は、上司に相談することです。その責任の重い仕事をあなたに担当させる判断をしたのは、上司にほかなりません。あなたならその責任を全うできると考えたからこそ、仕事を任せたのでしょう。それは光栄なことですが、上司はあなたの感じているプレッシャーまで理解しているわけではありません。

 ですから、正直に「続けていく自信がなくなってしまった」と打ち明け、善後策を上司といっしょに考えるのです。仕事を任せた責任がある以上、上司は真剣に相談に応じてくれるはず。適当なサポート役をつけてくれるかもしれませんし、そうでなくても、上司自らがサポートしてくれる可能性は高いと考えていいでしょう。自分だけで悩んでいるのでは得られない対処法が生まれることを信じて、「腹を割って」上司に相談してみましょう。

 ただ、放任主義の上司だったり、上司との人間関係が良好でない場合は、相談しにくいかもしれません。その場合は先輩や同僚にアドバイスを求めるという方法もありますが、その成果はあまり期待できないと考えたほうがいいでしょう。やはりあくまも上司に相談すること。それが、あなただけでなく上司を含めたセクション全体のためにもなるのです。

引用元-上司へ悩みを具体的に相談する!責任の重い仕事をこなす「自信」がなくなってしまったときの対処法|U-NOTE [ユーノート]

仕事の相談・・上司から部下への言い分は?

事前に相談してくれれば他にやりようもあったのに、勝手に自分で判断して失敗する。そんな部下を見ると腹が立ちますよ。重要な案件やプロジェクトでそういうことがあると、部門の業績に響きますから、こちらも甘い顔はできません。

 一方で、なんでもかんでも「どうしましょう」と聞いてくる依存的な部下も困ります。管理職は細かいことにいちいち首を突っ込んでいるヒマはないんです。

 いま、私が言ったようなことを「矛盾している」と感じる部下もいるようですが、わかっていないですね。私は、自分で判断すべきことと、事前に相談すべきことの区別をしっかりしてくれと言っているんです。なにも矛盾していません。

引用元-上司VS部下:第11回 自分で判断すべきこと、上司に相談すべきことのボーダーラインはどこか? | BizCOLLEGE <日経BPnet>

仕事の相談・・部下から上司への言い分は?

僕が自分で判断して結果が悪いと上司は「なんで事前に相談しなかったのか」と責めます。でも、それは結果論じゃないでしょうか。結果がよいときには、そういうことは言いません。器の大きい上司だったら、結果の良し悪しに関係なく、部下の判断を支持してくれるはずです。もっと任せてほしいですね。

 ただ、うちの上司にそれを求めても仕方がないので、こまめに相談するようにしたら、今度は「いちいち聞くな」です。やっていられません。

 もともと上司にはあまり相談はしてきませんでした。相談しても、よいアドバイスや支援をしてくれることは少なく、面倒くさそうに応じられることさえあります。よいアドバイスがもらえるならば、言われなくても、もっと相談しますよ。

引用元-上司VS部下:第11回 自分で判断すべきこと、上司に相談すべきことのボーダーラインはどこか? | BizCOLLEGE <日経BPnet>

上司が部下の相談を嫌がるのは上司の資格がない!

部下の相談を嫌がる者は、私に言わせれば上司の資格など皆無です。
ましてや自信が無く不安とは、放置などできない筈ですから。
但し、相談の仕方はあります。
ここを間違えたら「こいつダメだ」と思われる確率が飛躍的に高まります。

まず、メールはダメです。それでは真剣さが伝わりません。
上司に直接「仕事のことで相談があります。お時間を割いて下さい」と
ハッキリ言いましょう。同時に日時や場所まで決めてしまいましょう。

仕事のやりかたは現状で良いのか?

⇒単純に質問文のままを尋ねてもダメでしょうね。
自分なりに理由を考え、許可を求める姿勢が大切です。
理由はもちろん、会社全体の方針と所属部署の役割を正しく認識した上で
自分なりに考えた結果です。

自分の部署はこのままで良いのか?

⇒ストレートに言うと、解釈次第では直接上司批判と思われます。
ここは言葉を飾りましょう。
先の質問に絡め、改善提案の形式にするのがBESTと思います。

自分は必要とされているのか?

⇒NGワードに等しいです。本音はコレでも、飾りましょう。
例えば「もっともっと役に立つ人材になりたい。何が足りないか?」
という趣旨で質問すべきでしょうね。

引用元-部下の仕事の悩みを聞くのは上司として「面倒」ですか?私は… – Yahoo!知恵袋

コーチングでの仕事の報・連・相とは??上司の立場で考えよう!

コーチングアップにおける「報連相」の基本は、上司の立場に立って、上司が把握しておきたいと思っている情報は何か、どんな情報を伝えれば上司は安心していられるかを把握して、その情報を過不足なく伝えることです。たとえば何かトラブルがあったときに、上司から「何も聞いてないよ」と言われないように情報を前もって耳に入れておくとか、あるいは、仕事がうまくいったときに、上司が「おれのアドバイスのおかげだろう」と言える余地を残しておくために事前に相談しておくといったことが考えられます。
「報連相」というと、できて当たり前のビジネスの基本といった印象があるかもしれませんが、それだけに大切なスキルですし、決しておろそかにできない、とても大事なことなのです。

引用元-提案が通る人はここが違う!上司が協力してくれる相談のテクニック|評価が上がる!上司を味方にする技術|ダイヤモンド・オンライン

仕事の相談を受ける上司の方へ!相談しづらいオーラを出していませんか?

職場を見渡すといろいろな人から相談される人がいる一方で、あまり相談されない人もいます。なぜ、こうした違いが生まれるかと言うと、いわゆる“話しかけやすいオーラ”や“話しかけにくいオーラ”が表面に出ているからです。例えば、こんな経験はありませんか?

先輩: 「じゃ、頼んだよ。何かあったら、いつでも相談に来てください」
後輩: 「はい」
(1時間後)
後輩: 「(分からないことが出てきたから、先輩に相談に行こうかな……うわ、これはダメだ。眉間にしわ寄せて画面をにらみつけてる。キーボードを叩く音も激しいし、忙しそう。なんか機嫌も悪そうだし、後にしよう……)」

 この“オーラ”という、なんとなく伝わる空気感や雰囲気はなぜ出てしまうのか。紹介した例は分かりやすいと思いますが、主に表情やしぐさといった行動が原因です。
 眉間にしわを寄せ、画面を凝視している様子から、周囲の人は「この人は機嫌が悪い」と判断するでしょう。また、タイピングのスピードや足の貧乏ゆすりといったことも“忙しさ”を感じさせますね。こんな様子を見て「後にした方がいいのではないか」と相談が遅れてしまうのはよくある話です。

引用元-そのひとことを言う前に:相談しない部下も悪いが、相談されない上司も悪い (1/2) – ITmedia エンタープライズ

twitterの反応

https://twitter.com/fore__play/status/661917583898075136
https://twitter.com/roro17_k/status/661825997470199808


https://twitter.com/aorokumemo/status/661329907666960384


https://twitter.com/konyanyan/status/658476574086332417