筋肉トレーニングを自宅で効果的に行う為のポイント・注意点

筋肉トレーニングはジムだけでなく、自宅でも行うことができます。

自宅でお金をかけず効果的にトレーニングするためのポイントや注意点をまとめてみました。

ぜひ参考にして、引き締まった体を手に入れましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジョギングの効果はお腹の脂肪にも!お腹周りは短時間継続が鍵

お腹周りについたなかなか落ちない脂肪・・ そう!あなたのお腹周りにもしつこくついているこいつです。...

自転車通勤は距離と所要時間を考えて!チャリ通のポイント

最近、自転車通勤をする方が急増しています。運動不足解消・通勤費の節約などその理由は様々です。 通勤...

元カノと結婚式や同窓会でまさかの再会!!どうしたらいい??

自分の意思ではなくて同窓会や結婚式で元カノと再会…ということは十分あり得ますよね。そんな時どう振る舞...

口臭の原因「舌苔」ってなに?正しいオーラルケアで口臭予防!

口臭の原因にもなる「舌苔」をご存知ですか?舌の表面が白くなる「舌苔」は体の健康状態によっても変化しま...

バイトを辞める上手な切り出し方とは?バイト先のことも考えて

アルバイトでも働いている年月やバイト仲間との関係が良いとなかなか 辞めるという切り出し方がわからな...

お年玉の相場はいくら?孫へのお年玉って一体どれくらい??

正月の子供の楽しみのひとつ、お年玉。毎年成長していく孫へのお年玉の相場はいくらなのでしょうか? 年...

子供の口臭対策!正しく対処して子供の健康をしっかり守ろう!

子供の口臭が気になった事はありませんか?子供の口臭は意外と悩んでいる方が多いようです。 口臭の原因...

発達障害の子供の特徴とその周りの人の対応方法とは??

発達障害という言葉を皆さんご存知でしょうか?? 調べていくうちに発達障害の子供といっても千差万別で...

消化を知ることで食べ物の摂り方と時間を変える!ダイエットの知識

ダイエットをしている人はカロリーばかりに目が行きがちですが 食べ物の消化時間や摂取するタイミングを...

電子書籍の漫画の値段が高いのはなぜ?端末・紙どちらを選ぶ?

最近は電子書籍が普及し、漫画も端末で読む方が増えきているようです。 そこで気になるのが漫画の値段。...

ダイエットの基本!筋肉つけて脂肪を落とす…基礎代謝アップ!

筋トレで筋肉を増やして体脂肪を減らすと、基礎代謝がアップします。最近では男女共に筋トレが人気ですよね...

幼稚園でママ友との付き合い方は?上手な付き合い方を伝授!!

可愛いお子様の幼稚園入園は、とっても嬉しいですよね。それと同時にママ友同士の交流もスタートです。ママ...

クレジットカードと現金・金券を併用して上手な買い物をしよう

あなたはクレジットカードと現金を毎月うまく併用できてますか? クレジットカードと現金・金券を併用す...

会社の人への年賀状!一言に気持ちをこめて送りましょう!

プリントされた年賀状でもあなたの言葉を一言添えるだけで、気持ちのこもった新年の挨拶になります。 し...

エアコンが臭い!カビの発生を抑えてスッキリ爽やか快適生活

エアコンを使用する時にカビ臭いと感じる事はありませんか? 実はエアコンはカビにとって繁殖しやすい場...

スポンサーリンク

自宅で筋肉トレーニングを行うメリット・デメリット3

筋トレを自宅で行うメリット

・お金があまりかからない

・移動時間などタイムロスがない

・他人の目を気にすることなく自由に行える
以上、筋トレを自宅で行うメリットとなります。

正しい方法を行えば、最低限の器具で十分な結果を出すことができますし、なんと言っても、忙しい毎日を過ごしている日本人は移動時間のロスが大きいと思います。
かつ、トレーニング始めの方は、他人の目が気になりますよね。

私の場合、ジムにいきなり行ったら、器具の動かし方が分からずにトンチンカンなやり方をして、笑われて恥ずかしかった思い出があります(悲)
しかも、かなりおデブな体型でしたんので、他人から見られる目が気になってトレーニングどころではありませんでした。

筋トレを自宅で行うデメリット

・誤った方法で筋トレを行い、結果が出ない

・一人で行うので、孤独

・誘惑が多い

以上、筋トレを自宅で行うデメリットとなります。
自宅でトレーニングを行う場合は家族が一緒に行うのではない限り、孤独となります。
また、誘惑も多いです。

引用元-筋トレを自宅で行うメリット・デメリット | 筋トレを自宅で行い、120%成功する方法

自宅でできる!筋肉別おすすめトレーニング

胸筋の筋トレメニュー

自重トレーニングの代表的な種目であり、筋トレの代名詞でもある腕立て伏せを、目的や筋力に合わせて使い分け、胸の筋肉を鍛えましょう。
腕立て伏せ
膝つき腕立て伏せ
大胸筋上部に効く腕立て伏せ

腹筋の筋トレメニュー

腹筋を集中的に鍛えるなら、股関節の動作がメインになり、腰の筋肉に負荷が集中してしまうシットアップより、クランチ系がおすすめです。
クランチ
リバースクランチ
リバーストランクツイスト

背筋の筋トレメニュー

器具を使わない自重トレーニングでは背筋の中でも脊柱起立筋という脊椎に沿った筋肉を集中的に鍛えることができます。広背筋は懸垂など器具を使ったトレーニングで鍛えましょう。
バックエクステンション
ベントオーバー
スパインヒップリフト

肩筋の筋トレメニュー

肩の筋肉は腕立て伏せでもある程度鍛えることが出来ますが、逆立ちした状態で鍛えると肩を集中的に鍛えることができます。ただし、難易度が高いので無理は禁物です。
逆立ち腕立て伏せ

腕筋の筋トレメニュー

手幅を狭くした腕立て伏せで二の腕(上腕三頭筋)を集中的に鍛えます。
ナロープッシュアップ

脚筋の筋トレメニュー

日常生活でもスポーツでも下半身は重要です。あらゆる種目で脚の筋肉を万遍なく鍛えましょう。
スクワット
シングルレッグスクワット
ランジ
レッグカール
カーフレイズ
トゥレイズ

引用元-自重トレーニング | 自宅でできる筋トレメニュー

自宅で筋肉トレーニングするならダンベルがおすすめ!

自宅での筋力トレーニングに必要な器具は何でしょう?という質問をよくいただきます。

実際に器具が一切無くてもできる運動は沢山ありますし、自宅の椅子や雑誌を鞄に詰めたりしたものを使用するだけでもバリエーションはかなり増やせます。

ですが何とかして、ダンベルとチューブを買いましょう、

ダンベルとチューブなどのラバーは、どちらもマシンなどと違い、自由な軌道で運動できるという利点があります。

引用元-自宅での筋力トレーニングに必要なおすすめ器具(ダンベル・チューブ)

ダンベルと言っても重さや形など様々。目的や体力レベルによってベストなものは変わりますが、個人的なオススメや判断基準を書きます。

重さを変えられるもの

これは必須。絶対に重量を変えられるものがいい。

トレーニングの種類で必要な重さは変わる。他にも筋トレのレベルアップに合わせて変えたり、体調やコンディションによっても重さを変えられるべき。

重さ別に何種類もダンベルを置ける人以外は、重量変更が可能なものにしましょう。

必要なセットの重量

片方15kg〜20kgが2つで1セットを基準。可能な限り1セット揃えることをオススメします。1つ(片方)だけだと、出来るトレーニングの種類が極端に少なくなってしまいます。

目安としては、

女性や男子中学生くらいは20kgセット(10kg×2)で十分。
男性で平均以上の体格の人は、将来的な筋力の成長を見据えて40kgセット(20kg×2)を用意したい。

引用元-ダンベル筋トレ!初心者向けの器具選び方からトレーニング方法まで。 | とらっぷる

自宅で筋肉トレーニングする時のポイント

回数を多く行う

自宅で自主トレーニングを行う場合はできるだけ回数を多くやりましょう。最初のうちは慣れないと中々難しいと思うので慣れるまでは小さい数から行い、慣れてきたらどんどん回数を増やしていきましょう。

とはいえ、ただとにかく回数を増やせばいいという訳ではなく一回一回をしっかりと意識してやる事が大切です。なにも考えずに行うとなにも身にならないのでしっかり意識しながら筋トレを行って下さいね。

休憩を短くする

自宅で筋トレを行う場合1セット終わってもう1セット行うまでの休憩の時間を短くして行なってみましょう。
大体30秒以内くらいに短くしてみて下さい。
動作はゆっくりと行う
筋トレをする時にリズム良く早い動作でやるのではなく、ゆっくりとした動作で行いましょう。そうする事で筋肉をしっかり収縮、緊張させる事ができ、筋トレ自体もハードになってくるので筋肉にも刺激になり筋トレの効果が増してきます。

変化をつける

毎回同じメニューをやっていると体が慣れてきてしまい筋肉への刺激が減ってきます。自宅でのトレーニングの場合1週間〜2週間でメニューを変えていく様にしましょう。そうやって変化を常に与えていく事で筋肉の成長を促します。

引用元-簡単筋トレメニュー。自宅で簡単に筋トレをしよう!女性でも簡単にできるメニューも|welq [ウェルク]

自宅で筋肉トレーニングを行う注意点

必ずウォーミングアップを

体が温まっていない状態で筋トレを行うと、ケガをしてしまう恐れがあります。
必ず最初にウォーミングアップを行いましょう。

ウォーミングアップの方法としては、軽めのジョギングや早足で歩くウォーキングがあります。
体が温まってきたら、腕を大きく振ったり太ももを高く上げたりして、関節がスムーズに動くようにしておきましょう。
少し呼吸が弾んで軽く汗ばんできたら、ウォーミングアップは終了です。

負荷をかけ過ぎないように

強い筋肉を作りたいからといって、最初から負荷を大きくして筋トレをするのは危険です。
ダンベルやバーベルを使う場合は、自分が持てるギリギリの重さにするのではなく、少し余裕のある重さから始めましょう。
無理して負荷を大きくしても、鍛えたい場所が鍛えられなかったり、別の部位へ負荷がかかり思わぬケガに繋がりかねません。

引用元-筋トレを行う際の注意点 ダンベルやバーベルなど、トレーニング器具の通販|ティズスタイル

関節を伸ばしきらない

ダンベルなどの筋トレ器具を持つのが辛くなってくると、肘をまっすぐ伸ばして器具を持ってしまう人がいます。
関節を伸ばして持つことで、楽に持つことができるのですが、骨を使ってダンベルを支えている事になるので、骨に負担がかかってしまいます。
関節を伸ばした状態で筋トレをしても、あまり効果は得られないので、関節を伸ばしきらないように意識しながらトレーニングをしましょう。

引用元-筋トレを行う際の注意点 ダンベルやバーベルなど、トレーニング器具の通販|ティズスタイル

twitterの反応


https://twitter.com/metako1231/status/673798860293083137
https://twitter.com/yoshimiyashita/status/656831022600884224
https://twitter.com/nekokonekotomo/status/671683152729890816


https://twitter.com/workoutaaaaaan/status/649215854920400897
https://twitter.com/Merkmalzy/status/636746058245144576