中学生が勉強のやる気を出す方法!勉強好きになるメカニズム

中学生になると、勉強の範囲も広がり難易度も格段に上がっていきます。

そんな中、子供がなかなか勉強しない…と悩んでいる親御さんも多いようです。

ではそうすれば子供は勉強へのやる気がでるのか、気になる勉強へのやる気について調べてみました。

子供がやる気を出す為には親としての考え方の転換も必要かもしれません。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

勉強のノートのまとめ方は?達人が教えるノートのとり方とは?

勉強のノートはみなさん先生が黒板に書いたことをまる写しする人も多いと思います。 しかし頭のいい人や...

大学の面接でよく聞かれる質問と適切な回答とは…目指せ合格!

大学入試の面接は、合否に大きく影響する最もパーソナルな部分を試される関門です。 面接を乗り切るため...

中学生必見!勉強のやる気を出す方法!目から鱗のこんな方法

中学生になると、小学生時期に比べると勉強の難易度も上がり学習範囲も広がります。 しかし勉強に部活に...

学校で人気の髪型は?メンズヘアのポイントとアレンジ方法

学校でも髪型を楽しむオシャレメンズが増えています。 しかし学校には校則という厳しい縛りも・・・そこ...

留学の大学選び!おすすめの国とは?国から留学先を選ぼう!

大学で留学を考えているなら、志望校を決める段階からチェックしておくことがおすすめです。 各大学で、...

日本語の勉強に外国人にオススメのドラマ!上達の近道とは?

日本語の勉強をするのにドラマを活用しているという外国人は多いようです。 会話やストーリーから活きた...

将来なりたい職業がない大学生必見!!みんな悩んでいます!!

大学生も後半になるにつれて就職という大きな悩みが出てきます。 将来就きたい職業がない、わからないと...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでしょうか? 比較的大きな企業であれば、ま...

大学への編入の難易度は?大学へ編入というもうひとつの道!

皆さんは大学への編入という通常のセンター試験での合格とは違う方法が あることをご存じでしょうか。 ...

就職に資格は必要??就職に本当に有利に働く資格とは一体何?

就職活動は情報が命!皆さん就職に有利に働く情報を求めていると 思います。その中でも資格は皆さん必要...

リクルートスーツの男性が知っておくべき定義は?就活のルール

就活をする時に男性が悩むポイントの一つに、リクルートスーツ選びがあります。 どんなスーツを選べばい...

日本語の勉強に最適な日本の歌は?海外で話題のJ-MUSIC

日本語は世界の中でも習得するのが難しい言語と言われています。 そこで難しい日本語の勉強にオススメな...

勉強にノートはいらない?ノートを使わない人の考え方は??

学生さんは勉強をするときにノートは必需品だと思います。 しかし勉強が出来る人の中にはノートはいらな...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増える中、最近は部活の拘束時間の長さを問題視...

校則が厳しい学校では髪型に悩む。簡単にできるヘアアレンジ!

髪型や服装がキマっていないと、その日のテンションが下がりますよね。でも学校へ行くのに毎日髪型を変える...

スポンサーリンク

中学生が勉強にやる気がなかなか出ない原因は…

子どもが勉強に対してやる気を出さない原因

じゃあ勉強のメリットって????

実は多くの子どもが勉強をしない理由って、
勉強するメリットが明確になっていないからです。
だって勉強したって、気持ちよくなるわけでも、
お金をもらえるわけでも、楽しいわけでもないからです。

子どもからすると、勉強するよりも、

友達と遊ぶ→楽しさ&友達との仲が深まるメリット
ゲームをする→楽しさを感じるメリット

の方がよほどメリットがあるわけです。
大人になると、今勉強しておけば将来・・・
というような未来のメリットに目を向けられるようになります。

ただ、中学生のうちから
そういった未来に目を向けられる子ってほとんどいません。
中3くらいになると、少しずつ目を向けられるようになるのですが、
中1、中2の段階ではまず無理です。

引用元-中学生の勉強の<<やる気が出ない悩みの解決策>>

中学生に勉強へのやる気を起こさせる2つの着火点

まず、1つ目の点火プラグは「人」によって“発火”されるということです。これはみなさん、思いあたる節がいろいろあることでしょう。たとえば、A先生が教えれば子どもたちは夢中で勉強するようになるが、B先生に変わった途端に勉強が嫌いになり、成績も落ちていくということが往々にしてありますね。数学ができる子は数字の問題の面白さを小学校のときに教えてくれた先生がいたり、英語が得意な子は英語で会話する楽しさを教えてくれた外国人がいたり。歴史の展開を面白おかしく話をしてくれた授業のおかげで日本史が得意になった子など、枚挙に暇がありません。誰と出会うかによって、好奇心の歯車が動くようになっていきます。

引用元-子どものやる気に”着火”させる2つの方法 | ぐんぐん伸びる子は何が違うのか? | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

2つ目の点火プラグです。それは「雰囲気」です。

医者の家庭では医者が育ち、学者の家庭では、学問に対する意識が高い子が育つ傾向があります。スポーツ選手の家庭ではスポーツの得意な子が育ち、芸能人の家庭では芸能人になる子が出てくることが少なくありません。いつも思考することが当たり前の家庭では、考えることが好きな子どもが育ち、アウトドアが好きな家庭では、自然に対する意識の高い子ができます。要するに、小さい時から“(自分も将来)そうなる”という雰囲気があるのです。

“そうなる”雰囲気の中で育てば、意識せずとも、自分は将来、この道に行くのだなと思い育っていきます。強制されたものではなく、無意識のうちに形成された場の中に浸かることで、いつしか「静かなスパーク」をしていくのです。無意識であるだけに、環境の力とは実にすさまじいものです。

引用元-子どものやる気に”着火”させる2つの方法 | ぐんぐん伸びる子は何が違うのか? | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

中学生がやる気を出す勉強法は…

中学生が、

「自分からやる気を持って勉強し始める」

というのは、並大抵のことではありません。

ほとんどの親御さんは、

「うちの子は、やる気さえあればできる」

「本人がやる気さえ出してくれれば…」

と思っていらっしゃるのではないでしょうか?

勉強でも社会に出た大人がする仕事でも、なんでもそうですが、
「やる気」というのは、何をするにも大切な「キモ」になります。

やる気があるのとないのとでは、結果が全然違うというのは、
親御さんが一番わかっていらっしゃるはずです。

では、「やる気が出る、やる気を出す」為には、
何が必要だと思われますか?

これは、中学生に限ったことではありません。

結論から言いますが、「やる気」は、

「努力したことに対して、目に見えた効果が実感できること」

即ち、中学生の勉強におきかえるならば

「勉強したことが、成績アップにつながること」

になります。

そして、中学生の場合は

「短時間で効果が出た(成績が上がった)という実感」

これが、一番やる気を、「勉強を続けるモチベーション」を
継続させるパワーになります。

大人でも同じですが、自分が努力したことに対する対価が
自分に返ってきて初めてやる気が生まれるはずです。

大人の場合は、給料であり、役職などのポスト、表彰、
ねぎらいの言葉かもしれません。

中学生は、まだまだ子供ですから単純に

「勉強したら成績が上がった」

ということが、一番のやる気につながるのです。

引用元-中学生がやる気を出す勉強方法【言ってもやらない中学生が勉強し始める?】          佐々木勇気 実績 評判 口コミ 高校受験はまだ間に合う!志望高校合格法:やる気の出る勉強方法

中学生は勉強していれば後からやる気がついてくる!

「やる気が無いから勉強できない」という
考え方じたいが、少し的外れです。

つまり、

1.やる気
2.勉強

と考えており、

やる気が「先」で、
勉強が「後」だと誤解しているんです。

多くの中学生と親御さんは、

この誤解を抜けられないために、

“やる気”の問題を抱え、
苦しんでいるのだと思います。

でも、もう大丈夫。

正しい考え方はこうです。

1.勉強
2.やる気

つまり――

まず勉強して、その結果
やる気が出てくるんですね。

勉強するのが「先」で、
やる気が出てくるのは「後」なんです。

これは、大掃除をする時の心理状況と似ています。

最初はやりたくなかったけど、

掃除をし出したら気持ちが乗り、
ドンドンきれいになった経験は、ありませんか。

それと同じで、

先に行動(勉強)することが全てなのです。

ですから、「やる気を出す方法」を探しているうちは、
絶対にやる気が出ませんし、成績も上がりません。

「やる気が無いから勉強できない」という
悩み方じたいが、的外れだったのです。

勉強が先、やる気は後。

この “正しい法則” を知っていれば、

「うちの子、やる気が無いんです…」と

深刻に悩むことは無くなります。

引用元-勉強のやる気が出ない中学生との向き合い方

中学生が勉強へのやる気を継続させる為のポイント

1. まずは取り掛かる

勉強をする際の最大の関門は、「勉強を続ける」こと以上に「勉強を始める」ことにあります。面倒に感じていたり、やりたくないと思っていることほど、腰が重くなりがちです。

そのため、たとえば自宅で勉強をするのであれば、何をするよりもまず先に机に座り、勉強道具を広げ、どんなに簡単なことからでもいいので、まずは勉強を始めることを心掛けましょう。

2. わかるところから始める

勉強のやる気を損なわせる大きな要素のひとつが「わからない」ことです。
もちろん「わからない」から勉強する必要があるのですが、「わからない」ことに取り組み続けるのはなかなかしんどいもの。そうやって苦しんでいるうちにやる気を失ってきて、「わからないからもういいや」となってしまいがち。

最初のうちは、「わからなければ飛ばす」くらいの心構えで、わかるところからどんどん勉強に取り組むようにするとやる気が長持ちします。

3. 時間を目標にしない

目標をもって勉強に取り組むことはとても大切なことです。ですが、その目標を時間にするのは、できる限り避けましょう。
たとえば「2時間勉強する!」と決めたとして、ものすごく集中していても、ダラダラと勉強していても、どちらも2時間は2時間。待っていても時間は過ぎるため、十分な成果が得られにくくなります。

引用元-【環境もやり方も】勉強のやる気を出す10の方法|ベネッセ教育情報サイト

twitterの反応


https://twitter.com/lyo_youe/status/748804380321656833