ジョギングにはランニングシューズが必須?靴選びの重要性

ジョギングを始めるにあたり、ランニングシューズを用意する必要はあるのでしょうか?

ジョギングやランニングにはシューズが重要とよく聞きますが、具体的にどのような必要性があるのでしょうか?

そこでジョギングとランニングシューズについてまとめてみました。ぜひ参考にして自分に合ったシューズ選びに役立ててください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クリスマスを彩る!ホームイルミネーションのライトアップ!

クリスマスが近づく頃には、イルミネーションをライトアップしているお家も多くなってきました。 そこで...

旦那の小遣いはいくらが妥当?旦那の小遣いの使い道って??

世の中の旦那さんにとって一番切実な問題・・【小遣い!!】 旦那さんはもっほしいと思っていても奥さん...

美容院でのトリートメント!種類が多すぎ…どう選べばいいの?

美容院でトリートメントをお願いする時に、どの種類を選ぶべきか悩んだことはありませんか? トリートメ...

免許証の番号の意味って?あの噂って本当?免許証あれこれ

免許証には様々な番号が記載されています。 数字が何を指しているかは見ているだけではわかりませんが、...

ランニング初心者は膝に注意!ビギナーが知らない膝への負担

ランニングの初心者が膝を故障しやすいと言う事をご存知ですか? その膝の痛みには初心者ならではの原因...

旦那の小遣いは収入の1割が妥当!?家計とのバランスは?

旦那さんの小遣いは収入の1割が妥当という説があります。 皆さんのお家ではいかがでしょうか?この収入...

国内外で長期出張のホテル生活。溜まった洗濯物はどうする??

出張が多いお仕事の方が、頭を悩ませるのは洗濯物ではないでしょうか。長期ともなればホテル生活も長くなり...

専業主婦からの離婚~仕事探しのために必要な準備とポイント

夫婦仲の悪化でやむなく離婚という選択をする時、様々な問題が生じます。 特に専業主婦の離婚は、仕事探...

資産運用!100万円あったら何ができる?賢いお金の生かし方

最近では銀行の金利も軒並み低くなり、銀行に預金していても資産運用の価値がありません。 100万円の...

リフォーム・リノベーションをdiyで!自分で創る理想のお家

最近ネットやテレビなどでよく目にするリフォーム・リノベーション・diy… 興味はあるけどなかなか一...

仕事のストレス…病院に行くべき?体にあたえる影響とは…

仕事をしている上で、ストレスを感じるのは避けられないことです。 しかし過度のストレスは精神や身体に...

ワックスとスプレーの違いは?おしゃれな髪型を作るポイント

髪型をセットする必須アイテムとして多くの方が使用しているワックスとスプレー。 しかし実際には何とな...

中学生必見!勉強のやる気を出す方法!目から鱗のこんな方法

中学生になると、小学生時期に比べると勉強の難易度も上がり学習範囲も広がります。 しかし勉強に部活に...

会社の年賀状問題!喪中の場合は一体どうするべきなの??

年末に近づき、会社でも年賀状の用意に忙しい頃でしょう。 そんな時に送付された喪中はがき・・・こんな...

名前の診断でキラキラネームと言われた!あなたの子供は?

ちょっとした社会問題にもなっている名前診断、あなたはご存知でしたか?キラキラネームって何なの?あなた...

スポンサーリンク

ジョギングにランニングシューズは必要?

なぜシューズが必要なのか

たかが走るだけなのに、なぜ専用のランニングシューズが必要なのか?

現代人にとって、走ることは思った以上に負担がかかる運動です。

普通に走るだけでも、人間のかかとには体重の約3倍の力がかかると言われています。

体重が60kgの人だと約180kg。

1歩の歩幅が約1メートルだと仮定すると、5kmのジョギングで5000歩。

この1歩1歩ごとに180kgの力がかかとにかかる計算になります。

また、かかとだけでなく、ふくらはぎ、太もも、腰など、下半身を中心に疲労が蓄積。

これらの負担を吸収し、快適な走りを実現するため、専用に作られているのがランニングシューズ。

ケガを防止するためにも、ランニングシューズは必須のアイテムなのです。

引用元-ジョギングに必要なもの(シューズ編)

ジョギングはランニングシューズじゃないとダメ?

ランニングシューズとウォーキングシューズの違い

当たり前ですが、
ランニングシューズはランニングを目的とし、
ウォーキングシューズはウォーキングを目的としています。

この目的のため、それぞれには以下のような特性があるのです。

■ウォーキングシューズ

・重い
・耐久性が高い
・安定性が高い

■ランニングシューズ

・軽い
・衝撃に強い
・柔らかい
・通気性が良い

歩くのと走るのでは足の動きや負荷のかかり方に違いがあるため、
ランニングに適した靴の設計とウォーキングに適した靴の設計では大きく異なります。

◆具体的に言うと・・・

歩くとき、走る時と比べて勢いがないため足がぶれやすいのです。
そのため、着地時の安定性を持たせ、足が地面から離れている時に振り子の効果を利用するため、ウォーキングシューズはある程度重い設計になっています。
これに対しランニング時はシューズは重いと疲れやすくなります。

その他にも具体的な違いはいろいろありますが、本題とはズレるので割愛します。

こういった違いのため、
ウォーキングシューズでランニングをしたり、
ランニングシューズでウォーキングをしたりすると、
必要以上に疲れたり、負荷のため怪我のリスクが高まるのです。

引用元-「人気」「おすすめ」はNG!ランニングシューズの正しい選び方 | ダイエット&健康の最新情報

ジョギングに最適なランニングシューズの選び方のポイント

とにかく履いて履いて履きまくって選びます。サイズは必ず
2つ以上を試してベストサイズを選びます。

1つのサイズで試してこれでいいと思っても、別のサイズも
履いてみると、結局後から試した方がよりしっくりくる
ベストサイズだったりします。

ランニングシューズは指先に余裕が出来るくらいの
大きさが良いので普段履いている靴よりも0.5センチ~
1センチほど大きくなると思います。

●かかとをすっぽりと包み込み、しっかりホールドしてくれる
ものを選ぶ。
かかとを上げた時に少しずれる様であれば大きい証拠。

●指の部分が楽に曲がるもの、屈曲性のあるものを選ぶ。

●購入する時は午前よりも午後に購入する。午後は足が
むくんできて午前よりもサイズがやや大きくなるからだそうです。

●サイズを選ぶ時は、まずかかとを合わせてつま先が
人差し指1本分の太さくらい余るものを選ぶ。

●指先が自由に動かせるもの、余裕のあるものを選ぶ。

●足首が自由に動くものを選ぶ。

●必ず両足に履いて、ひもをしっかり結んでしばらく店内を
歩いてみて感覚を試す。

以上、ランニングシューズの選ぶポイントをまとめてみました

引用元-ランニングシューズの選び方

ジョギングに適したランニングシューズの特徴

【サイズ】

 ・足のつま先からかかまでの長さのことですね。ただ、ランニングシューズは一般的なカジュアルシューズなどとはサイズの選び方が異なるそうです。
 ・また、左右の足のサイズが異なる方も意外に多くいらっしゃるようで、その場合はインソールなどで調整するそうです。

【横幅】

 ・あまり意識をされている方が少ないようですが、足の幅も個人差があるので、それに合ったシューズを選びます。
 ・同じブランドのシューズでも、足の横幅の長さに合わせて複数種類がきちんと用意されていたりします。ちょっと驚きですよね。

【アウトソール(靴底)】

 ・一般的に、ジョギング・ランニング初心者は、足の関節や筋肉に負担が少なくなるよう、厚くクッション性の高いアウトソールのシューズを利用した方が良いそうです。
 メーカー、ブランドにより様々な機能/種類があります。

【重量】

 ・シューズの材質やソールの厚さとの関係が深く、マラソン大会などで記録を狙うような方や足や身体の筋肉が出来上がっている人は軽いものを選ぶそうですが、ジョギング・ランニング初心者は、多少重量が重くなっても、アウトソールが厚いシューズを選んだ方が良いそうです。こちらも、メーカーやブランドによって、様々な特徴があります。

引用元-ジョギング・ランニング初心者におすすめのシューズは? | 仙台・宮城 ランナーズボイス

快適なジョギングにはランニングシューズの紐通しも重要!

色々な方法がありますが、要は履いているうちに緩まない、解けなければよいのです。
アンダーラップシューレーシング
ややゆるみがち。走っているうちに靴のアッパー素材もひもも多少伸びますから、このひもの通し方の場合はわずかにきつめにしておきます。

オーバーラップシューレーシング

比較的ゆるみが少ない通し方です。一般的にはこの通し方でよいでしょう。
足首に近い部分に、ホールが2つあるタイプがあります。これは写真のようにひもをかけます。この方法はゆるみが少なくなります。このタイプのシューズの紐は長めですので、このように紐をかけないと長すぎてしまうことがままあります。

余ったひものまとめ方と最後に穴が二つある場合のひもの通し方。結び目が解けないように、こうした処置は習慣化してほしい
最後にひもをまとめます。これは走行中のひもの解けを防止するために大事なことです。レース中にひもが解ける選手をよくみかけますが、解けたひもを踏んだり、靴が段々緩くなってきたりとたいへん危険です。まとめ方は、二重に結ぶ方法と他のひもに差し込んでしまう方法があります。靴ひもは締めすぎれば屈曲時に足の甲が痛くなるし、緩いと脱げたり靴の中で足が動きすぎてマメを作る原因になります。100メートルでも走って違和感があれば、躊躇せずに調整しましょう。レースの時には、ウォーミングアップ後に調整します。

引用元-2/3 失敗しない!シューズ、ウエアの選び方 [ジョギング・マラソン] All About

twitterの反応


https://twitter.com/tsuiyotsui/status/687278152494612480


https://twitter.com/____zw4/status/687302543316131840


https://twitter.com/maromaromaro_/status/686206650395439105
https://twitter.com/casher_chagrin/status/686762943573168133