ウォーキングの効果!ダイエットを成功させる為のポイント

ダイエットを目的としたウォーキングを習慣にされている方も多いことでしょう。

ウォーキングの効果は、ダイエットを成功させるために最適です。

正しいウォーキングの方法やポイントを押さえて、効果的にダイエットを成功させましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

口臭の原因は胃腸だった??気になる口臭改善の対策とは…

口臭の原因には様々な要因が考えられますが、その中の一つに胃腸が原因になっている事があります。 もし...

ジョギングダイエットの効果的な期間~スタイルアップのコツ

気候も暖かくなりダイエットを目的にジョギングを始める方も多いことでしょう。 しかしジョギングダイエ...

ストレスが続くと食欲不振や吐き気を感じるのはなぜ?

ストレスは日頃よく感じているものですよね。ストレスを感じると食べる気が起きなくなったり、または酷いス...

ランニング初心者は膝に注意!ビギナーが知らない膝への負担

ランニングの初心者が膝を故障しやすいと言う事をご存知ですか? その膝の痛みには初心者ならではの原因...

化粧の順番は??アイメイクを上手に仕上げて美人度アップ!

みなさん化粧の順番やアイメイクのこだわりはありますか? 今は二日酔いメイクや整形メイクなど、みんな...

化粧の順番は??チークのタイプで変わる!憧れ肌になる方法

化粧をする上でチークは表情や肌質を作る重要なポイントです。 チークのタイプによってナチュラル肌やツ...

タバコを禁煙!禁断症状って何?禁煙中の気になる体への影響

健康や美容のためにタバコを禁煙する人も増えています。しかし禁煙中は禁断症状に襲われてしまう人も多いよ...

ダイエットの基本!筋肉つけて脂肪を落とす…基礎代謝アップ!

筋トレで筋肉を増やして体脂肪を減らすと、基礎代謝がアップします。最近では男女共に筋トレが人気ですよね...

ジョギングとランニングの効果の違いを正しく理解しよう!!

ジョギングとランニングの方法や効果の違いをご存知ですか? 一般的に混同されやすいジョギングとランニ...

ストレス症状の悪化から考えられる病気は?ストレスの予防策

ストレスを感じることで体には様々な症状が現れます。その症状をそのままにしておくと大きな病気につながっ...

筋肉トレーニングに器具を取り入れて理想の体を手にいれよう!

筋肉トレーニングに器具を用いることで、効果的に理想の体型に近づくことができます。 しかし器具といっ...

「運動」「食事」「睡眠」が大事な理由。ストレスに関係あり?

「適度な運動」「バランス良い食事」「十分な睡眠」は健康な生活を送るための3本柱と昔から言われています...

筋肉を作る食事で女性は綺麗になれる!?女性必見です!!

ダイエットのみならず、美と健康を得るという意味で、最近は女性も筋肉を作るという考え方があります。女性...

左の肋骨のあたりが痛い!!疑われる原因と治療法は??

『肋骨周辺の痛み』感じたことはありませんか?痛い場所が右・左どちらかによっても原因は変わってくるよう...

『深呼吸』すると『肩甲骨』が痛い!!考えられる原因は??

『深呼吸したときに肩甲骨が痛い』という経験ありませんか??肩甲骨周辺の痛みは、筋肉痛によるものが大半...

スポンサーリンク

ウォーキングがダイエットに最適!

ウォーキングは有酸素運動の代表的な運動で、脂肪を燃焼させる効果があります。

有酸素運動とは、体内の糖質や脂肪が酸素とともに消費される運動のことをさします。
運動の中ではサイクリング、ウォーキング、ジョギング、水泳などがこれに当てはまります。

有酸素運動を行うと、最初のうちは血液中の糖類・体内(筋肉や肝臓)に蓄積されている糖質が燃料として使われます。

さらに、有酸素運動を続けると、体内の糖質は燃料(エネルギー)として使いきられてしまいます。
さらにさらに、有酸素運動を続けます。すると体は「体内から糖質以外の燃料を捻出しなくっちゃ!」と、今度は体脂肪を燃料として使い始め、こうして有酸素運動によって脂肪が燃焼するのです。

脂肪が燃焼するためには酸素が大量に必要になります(紙や木などが燃えるために酸素が必要なのと同じ原理です)から、有酸素運動は脂肪燃焼=ダイエットによいのです。

有酸素運動では20分以上継続しないと体脂肪を燃やし始めませんから、運動に慣れてない人が急にハードな運動を何分もする、というのはしんどいですし、体にも負担がかかります。
一度でも運動が辛いと思ってしまうと、辛いことをわざわざ続けたくないと思ってしまうのが人間の心理です。
有酸素運動の中でも手軽なウォーキングは普段運動をしていない方、ダイエットしたいけど楽をしたい、と言う方に向いているのです。

引用元-ウォーキングをすればダイエットに効果があるのですか? | ダイエットお役立ちコラム | テイコクダイエットスクール

ダイエットに効果あり!ウォーキングの消費カロリーの目安

ウォーキングにはどれだけのダイエット効果があるのか、
ウォーキングで消費するカロリーについて見ていきます。

目安として、消費カロリーと、見込めるダイエットの効果は以下のようになります。

■普通に歩く時の速度

体重50kg/30分:80kcal(1ヶ月実践で-333g)
体重50kg/1時間:160kcal(1ヶ月実践で-666g)

体重60kg/30分:95kcal(1ヶ月実践で-400g)
体重60kg/1時間:190kcal(1ヶ月実践で-800g)

■早足でのウォーキング

体重50kg/30分:130kcal(1ヶ月実践で-540g)
体重50kg/1時間:260kcal(1ヶ月実践で-1080g)

体重60kg/30分:160kcal(1ヶ月実践で-666g)
体重60kg/1時間:320kcal(1ヶ月実践で-1.3kg)

体重や、走り方で消費カロリーはだいぶ変わってきますが、
だいたいこんな感じです。

引用元-ウォーキングの効果~時間ごとの消費カロリー(30分・1時間)~ | ダイエット&健康の最新情報

ダイエット効果を上げるウォーキングのポイント

1.姿勢よく歩きましょう

ウォーキングをする時には、猫背で下を向き、ダラダラ歩いていては全く効果がありません。
背筋を伸ばし、胸を張り、足を意識しながら歩くことがポイントです。
特に痩せたい部分(腹筋や太もも、ふくらはぎなど)があれば、そこを意識して「今、その部分の脂肪が燃焼している!痩せている」と意識イメージしながら行うと良いでしょう。

引用元-ウォーキング効果で-9kgのダイエットに成功した体験談 | ダイエットブックBIZ

2.踏み出しは親指、着地はかかとを意識する

ウォーキングをすり足などで行う人はいないと思いますが、かかとや親指には意識をつけましょう。
親指で踏み出し、かかとから着地する。これだけでいつもの歩き方とは全然変わります。姿勢良く、この歩き方をすると、綺麗に歩くこともできますのでおすすめです。

3.速く歩く(早歩き)

ウォーキングはただ歩けばいいというわけではありませんし、のんびり景色を見ながら歩くのではあまり効果はありません。それは散歩になってしまいます。ダイエット効果をえるためのウォーキングの基本は「早歩き」です。

この早歩きは人によってスピードも違うので、目安としては「人とお話が出来きて、多少、息が上がる程度」がおすすめです。

普段歩くペースよりも、ダイエットをしているという意識を持って、普段よりも速いスピードで歩くイメージです。

4.腕を振りながら

早いウォーキングを正しい姿勢で行うために、腕もしっかり振りましょう。
こぶしを軽く握り、ひじを90度に曲げて振ります。腕を振ることでウォーキングの疲れも軽減されます。

引用元-ウォーキング効果で-9kgのダイエットに成功した体験談 | ダイエットブックBIZ

ウォーキングを継続させるコツは?

無理はしない

ウォーキングは、続けてこそ効果があります。ですから、無理をして嫌になってしまうよりも、『楽しいときだけやる』『楽しいからやる』くらいの感覚で続ける方が良いのです。

ちょっと体がつらいときに、無理をして歩くことはありません。食事や睡眠の時間を削ってまで、わざわざウォーキングに出かけることもやめましょう。楽しくできる範囲で、とにかく長く続けることを意識しましょう。

引用元-時間じゃない!しっかり効果を出す<目的別>ウォーキング法

毎日、体重計に乗らない

ダイエット目的でやっているのですから、体重の増減が気になる気持ちは分かります。でも、先に見たように、ウォーキングは短期でダイエット効果が出る運動ではありません。ですから、毎日体重計に乗ってしまうと、「あんなに歩いたのに、全然減ってない…」「歩く前より増えてる!?水分とりすぎたのかなぁ…」と、思うように体重が減らないことがストレスになり、嫌になってウォーキング自体をやめてしまう可能性があるのです。効果を信じて運動をした方が、ダイエットに成功しやすいという統計も出ています。まずは1か月、体重計には乗らずにウォーキングしてみましょう。

引用元-時間じゃない!しっかり効果を出す<目的別>ウォーキング法

ウォーキングにはダイエット以外にもたくさんの効果が!

ダイエット以外にもうれしい効果がいっぱい

 ウォーキングダイエットでは、毎日30分で1万歩程度歩くことになります。ウォーキングとは言え、ゆっくりした散歩とは違います。いつもよりペースをあげた速歩きなので、運動強度からすると安静時の5~6倍のエネルギーを消費します。また、20分以上にわたって有酸素運動が行われるため、脂肪の燃焼効果も期待できるでしょう。肥満は万病のもとと言われていますが、ウォーキングダイエットのような中強度の運動を20分、歩数にして8000歩を超えると、高血圧や糖尿病のリスクが減って生活習慣病の予防につながるという研究結果も報告されています。

 さらに2012年のスウェーデンの研究報告では「20分程度の中強度の運動が、長寿遺伝子のスイッチを入れる」というものがあります。ウォーキングダイエットが健康維持にも効果的であることが分かるでしょう。

 もちろん背筋を伸ばして胸を張れば姿勢が良くなりますし、心肺機能も強化されます。脂肪が燃えやせやすくなるだけでなく、脚力・持久力の向上や体位の引き締めにもつながるのです。

引用元-ウォーキングダイエットの正しいやり方とその効果 – ITmedia ヘルスケア

twitterの反応


https://twitter.com/Prehnitenine8/status/687829291283812353


https://twitter.com/biyou_kennkou__/status/686420965081759745
https://twitter.com/ponsuke_LB/status/686947015499100161
https://twitter.com/saikyoumethod/status/687560763255291905