子育てでイライラして怒鳴るのはNG!子供に与える影響とは…

子育てをしているとイライラする場面は多々あります。突発的に子供を怒鳴ることもあるでしょう。

しかし子供にとっては、怒鳴る事は暴力と同じような影響を与えてしまうようです。

子供とママの心の為に、怒鳴らない子育てを考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子供の口臭対策!正しく対処して子供の健康をしっかり守ろう!

子供の口臭が気になった事はありませんか?子供の口臭は意外と悩んでいる方が多いようです。 口臭の原因...

前髪の切り方どうするべき?子供の可愛さを引き出すカット法

子供の前髪はお家でセルフカットしているママも多いことでしょう。 前髪くらい…と切り始めると、いつの...

不妊治療の第一歩!病院で行うタイミング療法ってどんなもの?

妊娠を待ちわびているのになかなか赤ちゃんができない…頭に不妊治療という言葉がよぎる方もいらっしゃるこ...

男の子・女の子への誕生日プレゼント選び何にする?2歳編

もううちの子も2歳・・最近うちの子はわがままになってきてプレゼントにも 好みが出てきて・・2歳の男...

子供の貯金口座はどうする?子供の為に考えたい貯蓄について

子供の将来のためにと、子供名義の貯金口座を開設する方が増えているようです。 しかし子供名義の口座を...

感受性が強い赤ちゃんの特徴とバランスを整えるママとの関わり方

赤ちゃんは感受性が高いと言われていますが、中にはその感受性の高さゆえに子育てに行き詰まりを感じてしま...

子供の携帯はおすすめ?メリット・デメリットで見る問題と対策

あなたは子供に携帯を持たせる事をおすすめしますか? 様々な事件から子供を守るために持たせるという親...

お風呂は毎日入れてる?子供の健康を守るための入浴とは…

みなさんは子供を毎日お風呂に入れていますか?習慣や環境によってもお風呂の頻度は変わってくるようです。...

子供がいる主婦のお仕事!資格なしでもできるお仕事を調査!

子供が大きくなり少し手が離れた頃に、仕事復帰を考える主婦の方は多いようです。 しかし主婦の仕事復帰...

子供の成長の記録の残し方は?時代と記憶を残すおすすめ方法

子供の成長記録を残していますか? 写真や映像、日記など、成長を残す方法はいろいろあります。 子供...

インフルエンザの症状!子供には気を付けたい危険な合併症も…

毎年冬の寒い時期はインフルエンザが流行しやすくなります。特に子供の感染には気を付けたい症状も…。 ...

子供の性別!理想の兄弟の組み合わせ~産み分けのご参考に!

あなたは子供の性別が気になりますか? 意外と多くの人が気にしている子供の性別。特に2人目の妊娠時は...

子供の呼び方どうしてる?親が息子を呼ぶ時の使い分けとは…

みなさん自分の子供に対してどんな呼び方をしていますか? 多くの方が自宅と外での呼び方を使い分けてい...

子育てでイライラと自己嫌悪を繰り返すママの対処法とは??

子育てでイライラ…子供を叱って自己嫌悪に陥る。そんな負のスパイラルを繰り返すママはたくさんいます。 ...

子供のために貯金するおすすめの方法は?親としてできること!

マイナス金利の影響で、銀行に貯金していてもメリットがない時代になっています。 子供のために貯金する...

スポンサーリンク

イライラして怒鳴るのは子育てとしてNG!

子どもに暴力をふるってはいけない、というのは誰でも分かっていることだと思います。怒鳴ることも同様に、暴力を振るうのと同じぐらい、子どもの精神を傷つけるものです。

自分より体が何倍も大きい存在に、大きな声で怒鳴られる。しかも、親という、子どもにとっては絶対的な存在に事あるごとに怒鳴られる。

そんなことが続けば、子どもの心は恐怖で萎縮してしまうのは当然と言えるでしょう。

結果、

・常に怒られるのを恐れて何かと回避行動をするようになり、自分から積極的に行動しない

・人の顔色を見て行動をするようになり、誰とも本音を話せず、精神的に孤立してしまう

・他人と関わるのが精神的に苦痛になり、最終的には引きこもったり病気になってしまう

ということになってしまうのです。

また、子どもが大人になり、自分より弱い存在に出会ったとき、怒鳴る、暴力を振るうなどの行為で自分の思い通りにしようとすることもあるでしょう。

引用元-親が怒鳴ることで子どもの心に及ぼしてしまう「恐ろしい影響」 | It Mama

イライラして怒鳴る子育てはデメリットでしかない!

1.怒鳴っても自分が疲れるだけ

まずはこれですよね。怒鳴ればその時はうまくいくかもしれませんが、その後必ず陥る自己嫌悪も考慮すれば、ずっと続いていく子どもとの付き合い方としてはあまり良い選択肢ではありません。毎日毎日神経をすり減らしながら共に生きるなんてまっぴらです。なんとかしなきゃ!

2.短期的な結果しか生まないという事実を受け止める

上でも書きましたが、怒鳴るという行為は一歩引いてみれば、短期的で表面的な結果しか生みません。子どもにより良く育ってもらうためにはそんなことに必死になるのではなく、長期的な子どもの成長を考えて目の前の行為について考える必要があると思います。

3.自分がなぜ怒鳴っているかを客観的に分析する

気持ちが穏やかなときは怒鳴っていないことに気づきます。冷静に考えてみると、結局は何か他のことがうまくいってなくてイライラしている、というケースが私は多かったです。また、自分が頭ではちゃんとした方が良いと思っていても実際はできていないことを、自分の子どもができていないとイヤになることがあるということにも気づきました。人って「自分みたいな人間」が嫌いらしいです。
まず自分を見つめ直してみる、というのは重要な要素です。子どもを通して自分を知り、成長していけると思います。

引用元-【良習慣】子どもをつい怒鳴ってしまう人必読!子どもの創造性を救い出すための5つの習慣。 | 「本」で人生を変えていくブログ

子育てでイライラしたら怒鳴るのではなく真剣に叱ろう!

厳しく叱るといっても、どう叱ればいいか分からないとご相談に来られる保護者の方もいらっしゃいます。

感情に任せて怒鳴ったり体罰を与えるのは良いことではありません。

特に女性は、仕事を終えて帰宅すると家事に追われてしまうので、子どもに背を向けて家事をしながら、「バカって言わないの!」と大声で言ってしまいがちです。

しかし、それでは子どもは次第に慣れてきて、「またか……」と思うだけです。

今回のケースでは、ご主人が大きな声で一喝されているようなので、その後ご相談者様が子どもをきちんと座らせ、向き合って座りちゃんと子どもの目を見て諭すようにしましょう。

「バカ! って言ってはいけないの! ○○君(お子さんの名前)だってバカって言われたら嫌な気持ちになるでしょ!? 自分が言われて嫌な気持ちになったり悲しくなったりすることは絶対人にも言っちゃダメ!」と言ってはいけない理由も話し理解させましょう。

向き合って座らせると、「何だかいつもと違うぞ」と子どもに感じさせることができます。

そしてできれば、お母さんは少し前かがみになり、お子さんと目の高さを合わせ手を握って真剣な眼差しで叱りましょう。

そうすれば、「悪い事をしたんだ」と分からせながらも、手のぬくもりで愛情を感じる事ができるので、自己肯定感を損なうこともありません。

引用元-優しく諭す? 大声で怒鳴る? 叱り方によって子どもの将来が変わる! | パピマミ

子育てでイライラ…怒鳴る前に試してみよう!

その場からいったん去る

家にいる時に子どもに腹を立てた場合は、子どもの対応を夫に交代してもらい、自分は数分間部屋の外に出ます。確かに、これでは夫に責任を丸投げしてしまうことになります。けれどもこれまでの経験から言うと、たいていの場合、嵐が始まった時にその場にいなかった夫は、子どもを怒鳴りつけたりせず、私よりもうまく対処できるのです。その間に私は頭を冷やせます。

引用元-子どもにイライラさせられても穏やかに対応するための8つの方法 | ライフハッカー[日本版]

自分は腹を立てていると子どもに言葉で告げる

これも、私自身の経験から効果があるとわかっています。きつい言葉で叱る代わりに、深呼吸をしてから、「ママは今本当に怒っているのよ」と娘に言います。それで腹立たしい行動をやめてくれることもありますが、たいていは「私も怒ってるわ」や「怒っちゃダメ」などと言い返してきます(娘はまだ5歳ですから、これでも自分なりにもっともらしいことを言っているつもりなのでしょう)。

引用元-子どもにイライラさせられても穏やかに対応するための8つの方法 | ライフハッカー[日本版]

物事を広い視野でとらえる

時には、広い視野に立って物事をとらえるだけで、イライラした気持ちを発散できる場合もあります。時間の余裕がない朝に、娘が着替えもせずに遊ぼうとしているのを見てカリカリした時は、ずっとずっと昔の、自分が子どもだった頃を思い出してみましょう。当時の自分も、遊びをやめようとはしなかったでしょう。子どもはみんな同じで、とにかく遊びたい、それだけなのです。いちいち腹を立てても意味がありませんよね? 深呼吸をして、娘が自分の望む方向で動いてくれるようにするための別の方法を考えましょう。

引用元-子どもにイライラさせられても穏やかに対応するための8つの方法 | ライフハッカー[日本版]

イライラして怒鳴ってしまった後はしっかりフォローしよう!

1.「ママに嫌われたの?」という不安を取り除く

大好きなママに嫌われたくない! そう不安に感じている子供を安心させてあげましょう。

怒鳴られたとき、子供は「自分は嫌われてしまったのではないか」と不安に感じています。大好きなママに嫌われるということは、子供にとってとてもつらいこと。早くこの不安から解き放ってあげましょう。そのためにも「ママはあなたが好き」ということを一番初めに伝えるようにしてください。これだけで、子供はママの話に安心して耳を傾けることができます。

2.怒鳴ったことを謝りましょう

感情をぶつけること、怒鳴ることは、どんな理由があったとしても望ましい方法ではありません。「感情をぶつけてしまってごめんね」としっかりと謝りましょう。そしてあなた自身、他の方法で伝えられるようにしていくことを伝えてみましょう。

3.怒鳴ってしまった理由は一番最後に一言で伝える

「ママは○○だった。」
「ママはあなたのために一生懸命やったのにわかってもらえなくてとても悲しかった。」
「ママ疲れていたみたい」

怒鳴ってしまった理由は、ママにもあると思います。一番伝えたいことをシンプルに、一言で子供に伝えましょう。

引用元-2/2 子供を怒鳴るのはママの心のSOS! [子育て] All About

twitterの反応

https://twitter.com/setsuna_uw/status/672627902756732928
https://twitter.com/southpawcats/status/524067314803568640
https://twitter.com/uncho_yt/status/319518891644682240
https://twitter.com/akrinnngo/status/407098062775910401
https://twitter.com/love_hiko_evol/status/583107564033847299


https://twitter.com/mikakakakaaa/status/697701009276047360