旦那の小遣いは収入の1割が妥当!?家計とのバランスは?

旦那さんの小遣いは収入の1割が妥当という説があります。

皆さんのお家ではいかがでしょうか?この収入1割説について、詳しく調べてみました。

家計や収入の増減など、家族の状況に合わせて考えてみることも大切なようです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。 しかし会社を辞めるからといって、...

コレステロールと食事は関係ない?卵何個もOKという新事実!

これまで私たちは親から卵はコレステロールが高いから一日個までなどと 教えられた方も多いのではないで...

免許の返納は若者でも可能?違反が消滅するって本当なの??

最近は免許を自主的に返納する人が急増しているようです。 多くの場合が高齢者であり、若者の返納率は少...

年末年始のホテル料金は高い!ホテル事情と安く泊まるポイント

年末年始はホテルでゆったり過ごしたい。しかし年末年始は宿泊料金も割高になってしまうところも… そこ...

妻の誕生日何も予定なし・・な時は手料理で喜ばせてみては?

妻の誕生日になにを贈るか毎年悩んでいる男性は少なくありません。 そんな悩める誕生日プレゼント、今年...

夫の単身赴任と保育園!入園ポイントと知っておきたいアレコレ

夫の転勤が決まった時、保育園頃の子供のいる家庭では一緒について行くことも多いようですが、共働き家庭で...

子供の運動神経を伸ばすトレーニングとは?ママ・パパ必見!!

現代の子供は昔の子供に比べて運動神経が発達しずらい環境です。 昔は外で色々な場所で色々な遊びを体験...

日本で一番の金持ちって?いつかは載りたい長者番付への道!

日本で一番の金持ちが誰か知っていますか?毎年米誌フォーブスが発表する世界の長者番付にその答えが載って...

ツボ押し効果に科学的根拠なし!?期待できる健康への影響は?

ツボ押しは健康維持に効果的とされ、様々な分野で推奨されています。 しかしツボ押しの効果に科学的な根...

お風呂に毎日浸かりたい!気になるガス代事情を徹底調査!

寒い季節はお風呂の湯船に毎日浸かりたくなります。しかし毎日お風呂を入れるとガス代も気になる…という方...

知らないと損する!母子家庭を支援する手当てとその条件は??

近年、ライフスタイルが多様化して、シングルマザーで子育てを頑張る女性が増えましたね。そんなシングルマ...

美容院でのトリートメント!種類が多すぎ…どう選べばいいの?

美容院でトリートメントをお願いする時に、どの種類を選ぶべきか悩んだことはありませんか? トリートメ...

女性の好意は視線で確認を!男性と女性の視線の違いとは??

女性と話している時、しっかり目を見て話をする女性に男性は ドキッとしたことがあるのではないでしょう...

日本のアニメに対する海外の反応は?世界市場拡大への課題

ここ数年、日本のアニメに対して海外の反応が大きくなっています。 良くも悪くもクールジャパンとして海...

ストレス症状でくしゃみが止まらない!症状の原因・解消法

風邪や花粉症でもないのにくしゃみが止まらなくなったことはありませんか? その症状は、日ごろのストレ...

スポンサーリンク

どのくらいもらってる?みんなの小遣い事情

■男性の方が小遣い制率は高め

Q.あなたは小遣い制ですか?

(男性)
はい(46.6 %)
いいえ(53.4 %)

(女性)
はい(25.6 %)
いいえ(74.4 %)

女性よりも男性の方が小遣い制の人が多めですが、意外と女性の小遣い制比率も高め。また、女性は「専業主婦」でも「共働き」でも、小遣い制の比率はほとんど変わらないという結果もでました。さて、ここで気になるのはその金額。

■男女ともに「1〜4万円未満」が平均的

Q.小遣いの金額はいくらですか?

(男性)
1位 2万円〜3万円未満(34.4 %)
2位 3万円〜4万円未満(25.6 %)
3位 1万円〜2万円未満(12.2 %)

(女性)
1位 1万円~2万円未満(29.4 %)
2位 2万円~3万円未満(22.1 %)
3位 3万円~4万円未満(14.7 %)

男性1位は「2万円〜3万円未満」、女性1位は「1万円~2万円未満」との結果になりました。

引用元-収入の1割? 男女同額? イマドキ夫婦に聞いた”お小遣い額”の決め方とは|イマドキ男女の結婚観|マイナビウエディング

旦那の小遣いは収入の1割が妥当!

年収に対して1割が妥当か

あるファイナンシャルプランナーは年収に対する割合は1割が妥当だと言っています。

例えば年収が480万の場合、1割は48万円。

それを12分割すると、月のお小遣いは4万円ということになります。

年収が1000万円の場合は100万円が1割となり、月のお小遣いは8.3万円となります。

個人的には年収の何割と決めてくれた方がモチベーションが高まりますね。

年収480万円で、お小遣いが8万円だったら貰いすぎだろ!ってなりますが、年収1000万円で、お小遣いが8万円だったら妥当だと思います。

引用元-夫のお小遣い事情!相場の平均はいくら?年収の何割が妥当? | Geeyuu Time

額はどれくらいが適正か。FPの畠中雅子さんは「長年、家計相談に応じてきた経験から、夫婦合計の小遣いは家計収入の合計額の1割が妥当」と判断する。

 どんなライフスタイルの家計でも、小遣いが多くなるとほかの生活費にしわ寄せがいくという。

 現状はどうか。新生銀行の「サラリーマンのお小遣い調査30年白書」によると、2012年の男性の小遣いは平均月3万9756円。月給が伸び悩むなか小遣いの減少傾向が続き、1981年並みの低さだ。
 男性の月給は直近で平均36万円ほど(厚生労働省調べ)で、小遣い額は月収の1割を超えている。この要因について、畠中さんは「本来の小遣いではない使い道が含まれているからだ」と見る。

引用元-収入の1割めど 夫婦「小遣い制」でお金ためるコツ :日本経済新聞

旦那の小遣いは収入の1割!?その根拠は?

「1割」は、よく見かける指標ではありますね。このあいだ見ていた主婦雑誌には「8~10%」とありました。

思うに、収入を100分率にして、家賃25%、食費15%(割合は適当です。それこそいろいろな説があるでしょう)…と必要経費を割り振っていくにあたって、結果としてそのくらいが妥当&理想、ということだろうとは思います。
お小遣いって、必要経費ではなくて個人が自由に使えるお金なので、まぁそのくらいだったら無駄遣いしてもいいかなっていう感覚なんだろうとも思います。
根拠として、明確なものがあるわけではないと思いますが、目安としてはわかりやすくて「アリ」な数字だとは私も思っていますよ。(うちは納まってないですけど…)
別にインチキな数字な訳でもないですし、都市伝説…というようなものではないと思いますけどね(笑)
家賃は収入の3割まで、とか、無理なく買える家は年収の5倍まで、とか、そういう指標と同じようなものだと思います。

引用元-「夫こづかいは手取りの1割」その根拠は?- 夫婦・家族 | 教えて!goo

旦那の小遣い収入の1割説に囚われ過ぎるのも注意!

<無理に同じ割合にすると小遣い以外の支出が増える>

 結局、「小遣いは月給の1割」というのは、小遣いを抑制するためのもっともらしい理由づけに過ぎません。
 そういった点で意味がないとは言いません。
 ですが、機械的に1割にこだわっても支出の抑制にはつながりません。
 小遣い以外の名目で支出することになるからです。

 ソフトブレーン・フィールドという会社が行ったアンケートでは、昼食代・喫茶代、雑誌・書籍代、散髪代、交遊費(飲み代)、煙草代、交通費・ガソリン代、通信費(携帯代)等は概ね小遣い額が上がれば上がるほど小遣いに含まれる割合が高くなっています

引用元-湾鉄調査部 「夫の小遣いは給料の一割」に対する疑問

<夫の支出をコントロールするなら「月収の1割」は無意味>

 ひどい場合には「月1万円のお小遣いでしたが5万円程カードを使用(参照)」なんていくらが小遣いだかわけのわからない事態になったりします。

 僕の知っている人は、飲み会を自分のカードで支払い、みんなから集めた会費を臨時収入にしていました。

 結局、「小遣いは月給の1割」という無理な条件を課しているために、実質的に青天井になってしまうのです。

 ファイナンシャル・プランナーが提案するならば、「夫のために使うすべての支出は、○円を下限にして世帯収入の○%を目安にする」という形で提案すべきでしょう。
 その上で世帯ごとの実情を勘案した柔軟性を持たせないと絵に描いた餅になります。
 「月収の1割」というのは分かりやすいですが、何の意味もないと思います。

引用元-湾鉄調査部 「夫の小遣いは給料の一割」に対する疑問

旦那の小遣いは1割?定期的な見直しが重要!

小遣い設定後も定期的な見直しをする

家計の収入と支出には変動があります。

子供が増えた時や学校に入るなどにより支出はかさんでいきますし、昇給や転職により収入も変動していきます。

その時々で収入と支出に見合った小遣いなのかを見直していきましょう。

小遣いの減額が必要な時もあるでしょう。

逆に収入に比べて小遣いが少ない時は、夫の仕事へのモチベーションも下がってしまいます。

きちんと増額もしていくことは大切です。

話し合いの上お互いに納得できる金額を決めましょう

節約を目的にお金の話を夫婦ですると、どうしても暗くなりがちです。

小遣いを使いすぎている場合、相手を責めたくなってしまうこともあるかもしれません。

ですが、お金の話はなるべく明るく話せるように心がけましょう。

夫婦で共通のライフプランや目標を持っていれば、それに向けて貯金や節約をしていく意識は高まります。

夫婦でしっかりと話し合って小遣いを設定していくことが大切であるといえます。

引用元-旦那の小遣いを決める時のポイント7つ

twitterの反応

https://twitter.com/kktn0121/status/673137315112353792


https://twitter.com/maapis2/status/540614781497913344
https://twitter.com/minimo2733/status/303339414598348800