携帯小説をおすすめする理由!あなたは小説は本派?携帯派?

最近携帯小説の人気が密かに再燃し始めているということをご存知ですか?

一時期ブームになり、一度は陰りを見せた携帯小説が、今おすすめされる理由は何なのでしょうか?

普通の小説とは違う、携帯小説だからこそ人気になるポイントを調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

金利が高い地方銀行のネット支店が狙い目!口座開設のポイント

マイナス金利政策により、銀行に預金しておくメリットがなくなっています。 しかし地方銀行は大手メガバ...

旦那が喧嘩した時に暴言を吐く・・暴言男の心理と対処法は?

夫婦喧嘩の最中に旦那さんから暴言を吐かれたことはありますか? 男性の中には心無い一言を投げかけてく...

クリスマスイルミネーションイベントのお勧め!2015年度版

2015年もあと少し・・毎年最後の一大イベント!クリスマスが近づいてまいりました。 今年も全国各地...

ストレス症状が子供に現れたら…親としてできることは何?

近年、ストレスからくる症状が現れる子供が増えてきているようです。 子供のストレスを緩和させるために...

日本のアニメに対する海外の反応は?世界市場拡大への課題

ここ数年、日本のアニメに対して海外の反応が大きくなっています。 良くも悪くもクールジャパンとして海...

携帯の小説アプリが便利!アプリも色々!あなたも小説家に?

今、小説アプリが注目されています。趣味の読書や暇つぶしにも最適と人気を集めているようです。 また小...

大人から始める趣味や習い事。かっこよく生きてみませんか??

大人になって時間やお金に余裕が出来た時、あるいは忙しい日常だからこそ何かを始めたいと思ったりしません...

洗濯機の乾燥が乾かないとお思いの方は?基本の掃除をやろう!

最近洗濯機の乾燥で乾かない、乾きが悪くなったとお感じのあなた・・・ あたりまえのことですけどなかな...

お年玉の相場は甥・姪だとどのくらいなの?年齢別徹底調査!

お年玉の相場は甥・姪だと、どのくらいなのでしょうか?正月の子供の楽しみとはいえ、大人にとってみれば毎...

カラコンで眼科に怒られた…カラコンを知って正しい利用を!

カラコン使用について眼科で怒られた…そんな情報から眼科への受診をためらっているカラコンユーザーは多い...

旦那の小遣い5万ってどう?家庭ごとの適正金額をみつけよう!

旦那の小遣いが5万と聞いて、多いと思いますか?それとも少ない? 家庭ごとにそれぞれ事情やお金の使い...

娘と彼氏の旅行に反対する親の気持ちと親を安心させる為の嘘

娘が彼氏と旅行に行くことを反対する親は多く、なかなか賛成を得られるものではありません。 親には内緒...

豆乳を効果的に摂取する時間帯は?生活に上手に取り入れる方法

豆乳にはダイエットや美肌など、女性に嬉しい効果がたくさんあります。 効果的に摂取するためには、飲む...

ストレッチを効果的に!理学療法士が教えるコツ・ポイント

体をほぐすストレッチは、筋肉の緊張を緩和し体の状態を整えるために効果的です。 そこでストレッチのプ...

海外のホテルで支払うデポジットとは?海外に行く人は把握を!

海外のホテルで宿泊する際にはチェックインの時にデポジットの支払いを求められることが一般的です。 日...

スポンサーリンク

スマホユーザーにもおすすめ!携帯小説ブーム再来!?

ケータイ小説を読むスマホユーザーは増加傾向

ケータイ小説のブームが沈静化したのが3年ほど前。沈静化しても一定数のユーザーはついていたのですが、スマートフォンの売り上げ増加とともにケータイ小説をスマートフォンで読むユーザーが増加しているみたいです。特に数字が顕著に表れたのが昨年の4月~6月。NTTレゾナントとインターネットコムが1,047人を対象に実施した調査では、「ケータイ小説を知っていて、実際に読んだことがある」という回答したユーザー数がその3ヶ月で、22.0%から31.4%に上昇しています。ちなみに、この時期にはNTT docomoからXperia X10 SO-01Bが発売されています。
1番最近のデータ、スマホからの読者が増加傾向―「ケータイ小説」定期調査【9】では、ケータイ小説を「携帯電話で見るユーザー」、「PCで見るユーザー」数は微増していますが、「スマートフォンで見るユーザー」は微減しています。スマートフォンユーザーの急増がケータイ小説の閲読ユーザーに直結しているとは必ずしも言えないのかもしれません。ただ、やはり昨年に比べるとユーザー数の割合は増加傾向にあります。

引用元-スマホにもケータイ小説の波がやって来る!? 「スマホ小説」を探る。 | smatcha スマッチャ スマートフォン情報メディア

小説は携帯で読む時代!電子書籍をおすすめする理由

キミはこんな経験をしたことがないだろうか?

 なにかしらの記事を読んで、一冊の本に対しての興味がムクムクと大きくなっていってはいるが、残念なことに時間が時間であることもあって、書店は閉まっている。

 もしくは、書店は開いているが、なんだかだるくて外に出たくない。外にはゾンビがいるかもしれないし、少なくともアマゾンから金属バットが届くまでは、外に出たくないと思っているのだ。

 そうなるとおそらくアマゾンで、書籍を注文して届くのを待つのがベストな選択肢なのだろう。しかし、キミもそして俺も、今すぐにその本を読みたいと思っている。

 お急ぎ便で一日待たされている間に人を一人殺しかねないほどの激情だ。読みたい。読みたい。読みたい。

 勿論、書店を巡って本を買うのは好きだ。平積みになった本を眺めながらテクテク歩いて行くのは実に愉快だ。しかし、今日は気分的に外に出たくないし、行って本がなかったらやだし、でもでも今すぐに読みたいんだ。

 そういう人にとってKindleリーダーや電子書籍というものは本当に革命的に便利だ。

 今すぐ買って読みたいのであれば、今すぐ買って読めば良いのだから。

 紙の本は大好きだが、読みたいと思った本はスグにその場で読み始めたい。そんな思いに答えてくれるのが電子書籍の大きな利点だ。

引用元-「紙派だから」と言い出すキミは電子書籍をわかっていない – 景虎日記

携帯小説でおすすめの人気のストーリーとは…

 元々ケータイ小説は、「魔法のiらんど」「野いちご」「E★エブリスタ」などの携帯電話向けWebサービス上で執筆されるものであり、読者とコミュニケーションをとりながら作品を完成させていくという点に大きな特徴がある。この傾向は現在も大きく変わっていないが、そこで執筆される作品、そして作家の傾向に関しては大きく変化している部分がある。

 冒頭で説明した通り、かつてケータイ小説の人気作といえば、実話をもとにした若年女性にとってリアリティのあるもので、内容もハードで泣けるものが多くを占めていた。だが現在の人気ケータイ小説作品の動向を見ると、その傾向はかなり異なっている。

 というのも、ケータイ小説サイトで現在人気となっているものは、「平凡な女性がある日突然、イケメンの強い男性にモテまくる」という恋愛ストーリーが多くを占めているからだ。舞台は学校を中心とした現実社会であることが多いが、時折恋の波乱をはらみつつ、最終的にはハッピーエンドで恋が成就するというケースが大半。かつてのようなハードな展開を見せるものは少なく、空想主体の甘い恋愛ストーリーに人気が移っているといえよう。

引用元-空想の恋愛ストーリーがトレンドに – 日経トレンディネット

携帯小説は感情移入しやすいところがおすすめ!

書き手がライブな感情や体験をそのまま携帯電話へぶつけて来るから、文章は下手で、プロットもちぐはぐで、エピソードも突飛だった。語彙は紋切り型だし、おしゃれな語り口への憧れがあって垢抜けない。たまに卓抜な分析をしたと思ったら、余計なリップサービスで「私の気持ち」を書き込んで蛇足にする。書きたいことだけ勢いよく書くわりに、世間の常識を深く考えずに疑ったり、鵜呑みにしていたから、「変に気どった言葉づかい」になっていた。

ケータイ小説は、《そういう言葉》で書かれていたのだ。だから良識ある社会人たちの顰蹙を買い、嘲笑を浴びた一方で、同世代の似た境遇にいた人たちから熱く支持された。2007年から2008年にかけて、新刊書籍市場でベストセラーランキングの上位を独占していたのは、もう5年も前のことになる。すでにブームは去って、商業レーベルと投稿サイトが協同してラブロマンスやエンターテインメントを多産する、落ちついた市場に育っている。

引用元-ケータイ小説が”世界最新の文学”に見えた頃――『あたし彼女』書評 | ねとぽよ

携帯小説は自分で書いてみるのもおすすめ!

手軽だからこそ気をつけて楽しもう

手軽に書けるケータイ小説だからこそ気をつけることがある。
まずは著作権やプライバシーの侵害である。
著作権は、無断で「他人の文章を引用すること」「他人が撮った写真を使うこと」「他人が作った画像を使うこと」などがある。
例えば自分の小説中で登場人物が歌をうたった時の歌詞や、歌詞を引用する時にもその歌詞には著作権があり、この場合もきちんと許可を取ることが必要だ。
プライバシーに関しては、リアル系の小説を書く場合に特に慎重にするべきポイントである。
「登場人物の名前に本名を使用すること」「特定されやすい仮名」「登場人物から本人が特定されるような書き方」などは書かれた人のプライバシー権の侵害にあたりトラブルに発展してしまう。
次に気をつけたいのが出版詐欺である。
自費出版とはじめから了解していればいいが「自分の小説もいつか本に」と思っている作家に対して、いかにもサイトにアップロードしていたケータイ小説を書籍化するから金を払えという手口でだまそうとする悪質なものだ。

引用元-手軽だからこそ気をつけて楽しもう|ケータイ小説を書くことを楽しむ|ケータイ小説の魅力とは

twitterの反応

https://twitter.com/yu0729zu/status/708876327609208836


https://twitter.com/osakana_0325/status/693777896201031680
https://twitter.com/r09_ob/status/691562616162906112


https://twitter.com/wya__ayw/status/614400971544748033