猫が子供を守る時の母猫に見られる母性本能と威嚇行為とは…

猫は気まぐれでわがままなイメージがありますが、実は子供を守る母性本能が強いという一面も…

そこで今回は猫が見せる母性本能について詳しくリサーチしてみました!

猫はどのように子供を守るのか、私たち人間には理解しがたい猫なりの守り方もあるようです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お風呂は毎日入りたい!気になる光熱費の節約ポイントとは

寒い日が続くこの季節、できることなら毎日お風呂に浸かって、一日の疲れを癒したいところ… しかし気に...

下痢にいい食べ物・飲み物は?また避けたい食べ物・飲み物は?

下痢が止まらないのはもちろん、それが長引くのはもっとつらいですよね。 下痢の時にはいい食べ物・飲み...

エアコン掃除は自分でできる!?節約ピカピカ掃除のポイント!

エアコン掃除は業者に頼むものと思っている方も多いようですが、実は自分で掃除することができます。 自...

産後の体重の戻り方は大丈夫?体型を戻すためのポイント!

出産後、妊娠中に増えた体重や体型を戻すのに苦労しているママも多いようです。 産後の体重の戻り方には...

名前の画数は気にしない?姓名判断に振り回されない命名って

最近では赤ちゃんの名前を命名する時に、画数を気にしない方が増えているようです。 昔は赤ちゃんの画数...

ジョギングとランニングは速度に違い!自分に合った走りとは…

ジョギングとランニングを同じものと思っている方も多いようですが、その違いは速度にありました。 ダイ...

アニメオタク必見!部屋を好きなアニメ部屋に装飾しよう!!

最近は外国人気も高まり、アニメオタクに対するイメージも昔とは変わってきました。 オタクの部屋のイメ...

電車内でのマナー!電話の新ルールは?緩和でもマナーは守ろう

2015年10月1日に電車内での携帯電話の新ルールが適用されますが、 電車内でのマナーやエチケット...

子育てでイライラしている妻に夫ができる上手なサポートとは…

子育て中の妻が常にイライラしていると感じている旦那さんも多いことでしょう。 子育ては旦那さんが思っ...

感染症の予防3原則!しっかり守って菌に負けない健康な体作り

寒い季節には学校や会社などで感染症が流行します。しかしその感染症の流行を予防するために必要な3原則が...

血液型が性格に影響を及ぼす??血液型・性格判断、徹底解明!

日本では昔から血液型が性格に大きく影響していると考えられてきました。 これは世界的に見てもかなり珍...

子供の運動神経を伸ばすトレーニングとは?ママ・パパ必見!!

現代の子供は昔の子供に比べて運動神経が発達しずらい環境です。 昔は外で色々な場所で色々な遊びを体験...

プレゼント何にしよう…?大人女子が喜ぶテッパンアイテム!!

女性へのプレゼントにいろいろと悩んだ経験はありませんか?特に女友達へのプレゼントは、女性同士でも迷い...

お正月料理をお取り寄せ!知って得するポイント・注意点!

最近ではお正月料理をお取り寄せする家庭が増えているようです。 手間を省いたり、少し贅沢な正月を過ご...

消防の試験の難易度は?消防士になりたいとお考えの方へ!!

消防士の仕事は過酷であり、体力がないと対応できない仕事だと思います。 しかしながら人気の職業で消防...

スポンサーリンク

猫が子供を守る!?母性本能が高い母猫の特質

母猫が子猫を守るために現す母性にはとても強いものがあります。

この母性は自分の産んだのではない子猫にも発揮されます。育児中の母猫なら、お腹をすかせた子猫をそばに置くだけで、難なく受け入れてもらえます。

メス猫の中でも育児中の母猫は、特に母性本能が強くなっていて、助けを求める子猫の鳴き声に抵抗できません。

母猫たちが保育園を

複数飼育の環境では、近い時期に重なって出産があると、その子猫たちは全ての母猫からほぼ平等に扱われます。

群れで生活しているメス猫たちは、子猫たちに対して社会的にとても寛容です。

時には保育園のような大きな子猫の集合体を作り、母猫たちを中心としたメス猫が代わる代わる面倒を見たり、子猫がミルクを欲しがれば分け隔てなく授乳をすることもあります。

このような状況は野生で見られることはありません。

野外で暮らす大人猫のテリトリーは広く、他の猫との密度の濃いつき合いはまず見られません。また、母猫Aの子猫が、母猫Bの子猫に出会うことも巣に近づくこともほとんどありません。

このように、自分の産んだ子猫以外の子猫と出会う可能性がほとんどないことが、自分の子猫と他の子猫を明確に区別するハードルを作らなかった理由ではないかと考えられています。

引用元-高円寺アニマルクリニック_猫の手帖『子猫の面倒見は良いが大人になると追い払う』

猫が子供を守る「母性攻撃行動」とは…

母性攻撃行動

 「母性による攻撃行動」とは、妊娠中、もしくは出産したばかりの母猫が見せる威嚇、ひっかき、噛みつきです。
 猫が恐怖を感じて逃げ出そうとする限界の距離を「逃走距離」(とうそうきょり)と言いますが、通常は2メートル前後です。しかし母猫ではこの距離がやや長くなり、かなり離れた場所からでも「シャー!」という威嚇をしてくることがあります。

母性攻撃行動・予防策

 母性による攻撃行動は期間限定のものですので、その行動自体をとがめる必要はありません。人間が「不用意に子猫を母猫から引き離そうとしない」、「母猫のそばで急な動きをしない」などの注意点を守っておけば、攻撃を受けることはまず無いでしょう。

引用元-猫のひっかき・噛む癖~威嚇から攻撃まで、猫が見せる凶暴性の原因と対策

母猫の威嚇

妊娠中の母猫はイライラと気が立っていますので、少しのことで威嚇攻撃をしてきます。子猫を出産すると母性はより強くなります。不用意に親子に近づいたり、可愛いからと子猫を手に取ろうとすると、子供を取られまいとする母猫は威嚇、引っ掻き、嚙みつきなどの行動に出ます。暫くして母猫の気持ちが落ち着くまでそっとしておいてあげましょう。子猫の世話は母猫に任せて、人間は母猫のお乳がよく出るように、食事の世話など環境作りに専念した方が良いでしょう。

引用元-猫が威嚇するとき、シャーッ!に込められた意味は? – ペットティー

猫が子供を守る為の威嚇行為

猫の威嚇行動は?鳴き声の「シャー」の意味は?

猫は恐怖や敵意を感じると、頭を低くし、唸り声を上げながら背中を丸めて体毛を逆立たせます。これは体を大きく見せながら防御の姿勢を取っているためだといわれています。そして相手にキバをむきながら、「シャー!」という鳴き声を出します。「シャー」という鳴き声は、猫がヘビを真似たものだといわれています。

猫は恐怖や敵意を感じても、いきなり攻撃を行うのではなく、まずは威嚇によって相手を遠ざけようとします。威嚇によって相手がいなくならない場合は、前足を使って「猫パンチ」をし、相手をけん制します。それでも相手が怯まない場合は、爪を出して直接的に攻撃をしてしまいます。

引用元-猫がシャーと威嚇する!行動の原因・意味は?しつけできる? – pepy

猫が理由もなく威嚇をすることはほとんどなく、多くの場合は何らかの原因があります。恐怖や敵意を人や物に感じたときや縄張りに入られたときに、猫は本能的に威嚇行動をしてしまいます。先住猫が後から来た猫に威嚇をするのも恐怖や縄張り意識からだといえますね。

引用元-猫がシャーと威嚇する!行動の原因・意味は?しつけできる? – pepy

猫が子供を守るための威嚇行動が見られた時の対処法

猫がシャーと唸るときは目を合わせず無視する

猫がシャーと唸る場合は、猫とは目を
合わさないようにしましょう。

威嚇する猫と目を合わせることは、
猫の世界では威嚇するのと同じ意味を
持っていて”ケンカの合図”だと捉えられて
しまいます。

なだめようと猫に近づくのも危険です。
猫は気が立っているので、落ち着くまで目を
合わさずに猫を無視するようにしましょう。

MEMO
猫が威嚇するときのサインは?

シャー、フーなどの声で鳴く
毛を逆立てて牙を出す
尻尾を大きくバタバタと振る

引用元-猫が突然の威嚇!飼い主が知っておきたい3つの対処法とは?

音で驚かせる

猫の機嫌を取ろうとしたり、怯んだり
怒ったりする態度は、猫の威嚇落ち着かせる
ためには逆効果です。

あなたが怯んだ瞬間、猫は威嚇すれば
自分の思い通りになると学習し、さらに
威嚇や攻撃行動をエスカレートさせます。

猫の威嚇をやめさせるには「音で驚かせる」
ことが効果的です。

猫を音で驚かせる方法

両手を強く「パン」と打つ
風船を割る
水鉄砲をかける

このように、猫を音で驚かせることで威嚇や
攻撃をしても無駄だと学習させるのです。

ただ、繰り返し言いますが、決して叱ったり
叩いたりしないようにしましょう。

引用元-猫が突然の威嚇!飼い主が知っておきたい3つの対処法とは?

母猫が子猫を食べるのは子供を守る為だった!?

なぜ子猫を食べてしまうのか

出産って大変です。

お腹を痛めて生んだかわいい我が子を
食べるなんて人間からしてみれば
信じられない光景ですよね?

子猫の死因で『母猫が子猫を食べる』
ケースが10%くらい占めているようです。

なので珍しい事ではないんですね。

実際にどのようなケースで子猫を食べるのか
各章で解説していきます。

子猫の成長が見込めない説

子猫が病気だったり虚弱体質だった場合、
いずれ死は目に見えています。

子猫が巣で死んだとすれば、
以下のように安全が脅かされるのです。

・病気が他の子猫に移る可能性がある
・死臭から外敵が来る可能性がある

これらの危険要因を排除するために
母猫は子猫を食べてしまうようです。

子猫を育てるところに外敵が来た説

猫の視力はそこまで良くない。

この視力の悪さをカバーしているのが
耳と鼻である。

足音や、騒音などで猫が危険を察知し
外敵に備えるわけである。

しかし子猫を数匹抱えてるとなると
自分はおろか子供まで守れる保障なんてどこにもないわけである。

ではどうするか?

自分の安全の確保をするために子猫を食べ
いつでも逃げれるように準備するのである。

引用元-母猫が子猫を食べる理由を徹底解明!!動物の母親すべてに当てはまる意外な本能について – ねこにゅー

twitterの反応

https://twitter.com/Amen184/status/773801810435842048
https://twitter.com/nashiaki068/status/688802446835974144
https://twitter.com/kio_testbot/status/725267313730027520


https://twitter.com/Zoe4moran/status/780787525736550400