子供の成長の記録の残し方は?時代と記憶を残すおすすめ方法

子供の成長記録を残していますか?

写真や映像、日記など、成長を残す方法はいろいろあります。

子供の成長の記録は、その子だけでなく家族の記録にもなります。

子供の成長に家族の歩みを乗せて、上手に記録を残してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新生児の湿疹ってなかなか治らない!正しい顔の洗い方はコレ!

ママさんは新生児の肌ケアに余念がありませんよね。それでもできてしまうことが多い湿疹。新生児の湿疹の種...

子供の携帯はおすすめ?メリット・デメリットで見る問題と対策

あなたは子供に携帯を持たせる事をおすすめしますか? 様々な事件から子供を守るために持たせるという親...

子供のために貯金するおすすめの方法は?親としてできること!

マイナス金利の影響で、銀行に貯金していてもメリットがない時代になっています。 子供のために貯金する...

男の子が喜ぶプレゼントは?6歳は成長に合わせて選びたい!

男の子へのプレゼント選びは女の子のプレゼントを選ぶより難しい。 6歳頃の男の子はどんなものを贈ると...

娘の友達関係が心配…親としてできることは?過干渉にも注意

子供はどんどん大きくなり、成長しながらいろいろな友達と接することになります。 その中で人間関係の楽...

子供の口臭と発熱症状…考えられる原因とそれぞれの対処法

子供の口臭が急にきつく感じる事はありませんか?その時に発熱しているのであれば、風邪やその他の病気の可...

携帯のgps機能は電源off?メリットとデメリットを知ろう

携帯電話のgps機能をみなさんはご存知でしょうか? そんなの誰でも知っている!と思っているあなた!...

子供にはテレビを見せない方がいい!?上手に付き合う方法は…

小さな子供の成長の為にはテレビは見せない方がいいと言われることがあります。 実際に子供がテレビを見...

ストレス症状が子供に現れたら…親としてできることは何?

近年、ストレスからくる症状が現れる子供が増えてきているようです。 子供のストレスを緩和させるために...

子供の呼び方どうしてる?親が息子を呼ぶ時の使い分けとは…

みなさん自分の子供に対してどんな呼び方をしていますか? 多くの方が自宅と外での呼び方を使い分けてい...

お風呂は毎日入れてる?子供の健康を守るための入浴とは…

みなさんは子供を毎日お風呂に入れていますか?習慣や環境によってもお風呂の頻度は変わってくるようです。...

子供の言葉の発達はいつから?幼児期の言葉の発育目安とは

子供はいつから言葉を発するようになるのでしょうか?言葉を発することができない時期でも、頭の中では言葉...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 しかし実際のところ、「プレゼントよりも現金...

出産入院!持ち物準備に必要なものは?先輩ママのリアルな意見

もうすぐ出産入院。初めてのことで持ち物準備を何から始めていいかわからない・・・ そんな時にぜひ参考...

娘の友達がわがまま!娘の親として対応はどうしたらいいの?

娘が仲良くしているお友達がわがままな子だったら…我慢している娘を見て、親としては何とかしたいと考える...

スポンサーリンク

子供の成長記録を残すという事…

時代の記憶を残す

子供がかわいいと、どうしても顔や上半身ばかり撮ってしまう。それも分かるのだが、私たちの親が残してくれた自分のアルバムを見て面白いと思うのは、その時代が分かる写真だ。例えば昔の郵便ポストは今のような四角ではなく、円筒形で頭にベレー帽のような飾りがあった。昔のポストと並んで写っている自分の姿を見ると、その時代の空気まで甦る。

基本的に、写真や映像はその場の空気や温度、匂いまでは記録することはできない。だが脳は記憶している。それらの記憶を引き出すトリガーとしての写真や映像が、子供に残すべきものなのだろう。

すなわち、子供と建物、子供と街並み、子供と看板など、その場所にいることが分かるよう、なるべくワイドな構図がいい。高級なカメラを買う必要はない。スマートフォンでも、後ろに下がって撮ればいいのだ。すべてそんな写真でなくてもいいが、子供を撮っているとき、1枚でも「残して持たせる」写真を撮るように意識してみよう。

また、親も一緒に写るとなおいい。その当時の親の姿は、子供が大人になったとき、本人の姿と比較しやすいからだ。あなたの40歳の姿を、子供が40歳になったときに見るわけである。そのときのファッションや年格好といったものは、時代を伝える大事な情報となるだろう。それらの写真は、今はあまり価値がないかもしれないが、子供はきっと懐かしがってそのときのことを思い出す。

ではその写真を、どのように残したらいいのだろうか。それはもちろん、これから20年、30年と保つメディアで残すべきだ。

引用元-子供の成長を記録するということ──コデラ総研 家庭部(70) | サイボウズ式

子供の成長の記録をアルバムに残すのがオススメ!

1歳までは月1冊、1歳以降は年1冊がトレンド

赤ちゃんや子供の可愛い写真を撮り溜めても、「見返さなくてもったいない」「どこにデータを保存したか忘れてしまう」といった悩みを抱えるお父さん・お母さんは少なくありません。

そこで今、手軽で簡単に作れるフォトアルバムで、成長記録を残す方法が流行っています。

写真のデータは劣化が遅いので長くいつまでも残しておける記録として、フォトアルバムは赤ちゃんや子供の成長の様子がいつでもすぐに見られる成長記録として、と分けて考える方が増えてきました。

成長の早い乳児期の赤ちゃんは、1か月経つだけでも様々な成長の変化を写真に収めることができるため、1歳までは月1冊の頻度で作る方が多くなっています。

1歳以降は、乳児に比べて成長が緩やかになるので、誕生日や年末・年始などを区切りに、年1冊フォトアルバムを作ってあげるご両親がほとんどです。

こういった赤ちゃんや子供の定期的な成長記録があると、おじいちゃん・おばあちゃんも楽しみが1つ増えて、非常に喜ばれます。

引用元-赤ちゃん・子供の写真をフォトアルバムにして成長記録を作ろう!|フォトブックおすすめ比較

子供の成長を記録する写真を撮影するポイント

ポイント1:家族の変化を楽しもう。

Emiさんのイチオシは、家族での定点撮影。「わが家は毎年、年末年始に同じソファーに座って家族写真を撮影しています。子どもたちが大きくなっていく様子がよくわかるし、そのときの髪型や服装からわかる流行の移り変わりも、何年か後に見たときに盛り上がるポイント(笑)。いずれ子どもが『写りたくない』という時期も来るかもしれませんが、それも成長過程の一つ。子どもたちが大きくなっても続けたいですね」

ポイント2:豊かな表情を切り取ろう。

表情、といっても顔だけではありません。後ろ姿や手足など、体のいろいろなパーツに注目して、かわいい姿を残しましょう。「ぷにぷに、むちむちの手足は絶対残しておきたいカット!笑っている表情だけでなく、後ろ姿や、くしゃくしゃの顔で泣いている顔もオススメです」

ポイント3:モノにもフォーカスしてみよう。

おもちゃや絵本、洋服などは成長とともに使わなくなり、いつかは手放してしまうもの。そんなモノたちも写真で残しておくことで「このおもちゃ、お気に入りだったね〜」と親が思い返したり、「これ、覚えてるよ!」と子どもとのおしゃべりのきっかけになったり。普段の生活にあるのが当たり前になっているモノこそ、かけがえのない思い出になるんです。

ポイント4:シーンや場所を残そう。

普段の生活のちょっとした一コマ、家族で出かけた場所などを撮影した写真が、そのときの記憶が鮮やかに蘇らせることもあります。例えば、子ども部屋や外出先で撮影する家族の影など。「そのときは単なる日常の風景だけど、数年経つと変わってしまう。そんな貴重なシーンを残したいですね」

引用元-Emiさんに聞く!子どもの成長記録を上手に残す撮影のコツ| マイポケットStyle

子供の成長の記録にフィンガーペイントもオススメ!

フィンガーペイントとは

指や手で描くアート作品

「フィンガーペイント」とは、指や手を使って作るアート作品のことです。同じように体を使って作る作品では手形アートや足型アートがありますが、もっと自由にいろいろな発想で描けるのがフィンガーペイントです。色をにじませたり、滑らせたり、混ぜたり、作り方に正解がないフィンガーペイントは作る人によっていろいろな表情を見せてくれます。

幼児教育にも効果的?

海外では幼児教育にも良いとされ、古くから活用されてきました。体を使って自由に絵を描くことで、脳を刺激したり、心を解放させたり、セラピー効果もあると言われています。

引用元-手や指で直接描く「フィンガーペイント」。子どもの成長記録に | iemo[イエモ]

子どもの成長記録に

子どもの成長記録として手形や足型を残しておく方法がありますが、指の形がはっきりと残るフィンガーペイントも、同じように成長記録として使うことができます。

ただ形を残す手形や足型に比べて、フィンガーペイントはいろいろな形に作り変えることができるので、指の形を活かした個性的な作品も作ることができますよ。どんどん大きくなってしまう小さな手を、素敵な作品として残しておくのにオススメです。

引用元-手や指で直接描く「フィンガーペイント」。子どもの成長記録に | iemo[イエモ]

子供の成長を記録するコツ

『自然と続けられる状況を作る』

「やらなきゃ!」と思うと気が重くなるので、友人とスクラップブッキングサークルを立ち上げ、サークル活動を兼ねて写真整理をしています。

『楽しむ』

ときには、早朝に起きてまとめて整理することも。時間はかかりますが完成したときの達成感は格別です。

『お財布にもやさしい工夫を』

スクラップブッキングの材料は全部購入するのではなく、チラシの挿絵や包装紙を再利用。カメラメーカーのサイトから台紙やタグ、日記のフォーマットなどを無料ダウンロードすることも多いです。

引用元-子どもの成長記録、どう残す? | 浜松市子育て情報サイト ぴっぴ

『記録する日を決める』

6か月、1歳など、月齢が変わる記念日に必ず書くようにしています。そのタイミングを逃すとどんどん先送りになって思い出せなくなるので…。

『無理しすぎない』

仕事を始めてからは毎日が慌ただしく過ぎていくため、母子手帳とはますくファイルだけで正直手いっぱい。無理せず続けられるものを継続しています。

『夫に協力を頼む』

主人にも気づいたら記入してもらえるようにお願いしています。そうは言っても、なかなか書いてはもらえませんが…(笑)。

引用元-子どもの成長記録、どう残す? | 浜松市子育て情報サイト ぴっぴ

twitterの反応


https://twitter.com/kurozu0962/status/781050999037370370
https://twitter.com/nitoto820/status/781090450652311553


https://twitter.com/osa030/status/776256882654584832
https://twitter.com/pplDOLL9/status/776031173201895424