ホワイト企業の特徴とは??ホワイトとブラックの判断基準!!

ホワイト企業の特徴と判断基準は??

最近世間やニュースなどで議論されているホワイト企業とブラック企業。

しかしそんな簡単に線引きできるようなお話ではないようです・・

まとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

Welcome東京!急増する外国人観光客について

近年、外国人観光客が東京に急増しています。海外から見る東京の魅力とは何でしょうか? 外国人観光客の...

大学生必見!大学卒業は就職に有利?何を基準に選考しているの?

受験勉強を乗り越えて入った大学生活も終盤・・そろそろ就職活動!!大学卒業は就職に有利に働くの?会社は...

ビジネスホテルの予約が取れない!?原因や対処法について…

最近ビジネスホテルの予約がなかなか取れない状況が続いているようです。 このような状況は、出張などで...

祝社会人!プレゼントは何?お世話になった先輩への贈り物

お世話になった先輩の新らたな門出。社会人になる先輩へのプレゼントはどんなものがいいでしょうか? こ...

バイトを辞める上手な切り出し方とは?バイト先のことも考えて

アルバイトでも働いている年月やバイト仲間との関係が良いとなかなか 辞めるという切り出し方がわからな...

金の購入はおすすめの投資!手堅い金投資のポイントとは??

ゼロ金利政策で、預金を銀行に預けても全く意味をなさない現在。賢く手堅く投資をするなら金の購入がおすす...

仕事のミスで落ち込むひとへアドバイス…原因・解決方法はコレ

社会人が落ち込む原因で一番多いのは、仕事のミスではないでしょうか?そんなときの対処法や、ミスを引き起...

仕事でわからないことがある時。上司への上手な聞き方は??

上司や先輩に仕事でわからないことがあってすぐ聞きたい時って その時の状況だったり、タイミングによっ...

領収書とレシートを一緒に渡す時は割印を押す!これって??

会社の経費として計上する場合は領収書を貰うのが一般的です。 しかし領収書の中には明細が記載されてい...

起業に失敗・・再就職はどうしてる?失敗した人のその後は?

みなさん起業するときは夢と希望にあふれていると思いますが、現実は 100社起業したとして5年後に残...

仕事は楽しい(楽しかった)か??世の中の人にアンケート!!

仕事に辛さや苦しさを感じるアンケートは結構多いと思いますが、 裏を返せば辛さや苦しさとは正反対に仕...

新人時代は仕事が辛いと感じるもの・・入社半年のあなたへ!!

新人時代というのは仕事を一度はつらいと感じるものです。 あなたの先輩や上司もそうでした。しかしそれ...

卒業する大学と就職先の関係性はある!?就活大学生必見!!!

就職活動は情報が命!!大学生はどういう基準で就職先を選んでいるの?? 卒業する大学によって就職...

資産の運用の方法って一体何がいいの?知っておきたい豆知識

自分の大切な資産を運用してみたい!! しかし投資ってリスクがかなり高そうだし・・損はしたくないなぁ...

日本の資源が少ない理由~日本が世界に誇れる資源とは何か…

日本の資源が少ない理由をご存知ですか?先進国の中でも資源が少ないと言われ続けた日本は、他国によって支...

スポンサーリンク

ホワイト企業とブラック企業の判断基準は??

法令を無視して長時間労働などを強いる、いわゆるブラック企業問題で、厚生労働省は今年8月、疑いのある企業に立ち入り調査を実施し、悪質な労働基準法違反などがあった場合は社名を公表すると発表しました。若者を“使い捨て”にするブラック企業の活動を抑止するのが目的です。立ち入り調査を行うにあたり、“ブラック容疑”の主な根拠となったのは若手社員の離職率でした。待遇や労働環境が劣悪であるほど、離職率は当然、高まるからです。同省によると、大卒社員の3年以内の離職率は平均28.3%。これを極端に上回っている企業を中心に、取り締まりのメスが入りました。 離職率は、職場の働きやすさ/働きにくさを反映する重要なポイントです。したがって「ホワイト企業」とは、ブラック企業の反対で、若者の離職率が低い=新卒定着率が高い企業だと位置づけられます。

引用元-「ホワイト企業」とは? – 『日本の人事部』

ホワイト企業の特徴は??

▪︎「ノルマ」

こなせない業務量やノルマを与えられるのがブラック企業の特徴で、その反対のホワイト企業の特徴は、達成可能なノルマが課せられるか、またはノルマがない(個々の責任やチームで動く)ところです。

▪︎「残業」

残業が当たり前、慢性化しているのが、ブラック企業の特徴です。一方で、ホワイト企業はノー残業デーを設けるなど、残業をできるだけ減らそうと努力している、または残業自体ないのが特徴です。

▪︎「残業手当て」

残業代に関しては、サービス残業が当たり前で、会社によっては日が変わらないと帰れないようなこともあるのがブラック企業の特徴で、ホワイト企業では残業をしたらしっかりと残業手当がつくのが特徴です。

このようなホワイト企業とブラック企業の特徴の違いを見ても、できるだけホワイト企業で働く方がいいですよね。

引用元-ホワイト企業と呼ばれる会社の基準と見分け方  | 就活のことならキャリアパーク

ホワイト企業を狙う!!業界の特徴とおすすめは??

「ホワイト企業に就職したい」ならおすすめはメーカー

ホワイト企業が多いとされる業種は、土日が休みになるメーカーです。
とくに化学メーカー、輸送用機器メーカー、石油・石炭製品メーカー、ガラス製品メーカーは、定着率・有給取得率とも高くなっています。

ノンメーカーでは、「電気・ガス」と「情報・通信」がおすすめ

ノンメーカーの中では、「電気・ガス」は離職率が低く、有給取得率の高い企業が多く揃っています。Uターン就職者にも人気のある業界です。また、「情報・通信」も、比較的定着率や有給取得率の高い企業が多く、ホワイト業界と呼べるでしょう。
ノンメーカーの中でも「小売」「金融(特に証券)」「サービス」などは、定着率が非常に低くなっています。
また、「不動産」や「建設」は年収こそ高いものの、定着率、有給取得率ともに低めです。仕事の内容的に休みがとりにくい業界は、「ブラック」のイメージが浸透しているといえるでしょう。

しかし、 ホワイトかブラックかは簡単には判断できないことを忘れてはいけません。ブラック業界の中にもホワイト企業が存在しますし、大手といわれるメーカーにもブラック企業は存在します。気になる企業があれば、OBやOGを訪問したり、大学の就職センターに問い合わせるなどして、詳しい情報を入手しましょう。

引用元-ホワイト企業を探そう-おすすめのホワイト業界&ホワイト企業リスト

ホワイト企業と思うかはあなた次第!!

「ホワイト企業トップ300」発表以降、ネットでは「ブラック企業とホワイト企業の見分け方」議論が盛んになっている。だが、前出の人材会社関係者は「そんな便利なリトマス試験紙はないし、仮にあったとしてもあまり意味がない」と言う。

 なぜなら、その会社をブラックと思うかホワイト思うかは、人により受け止め方が異なるからだ。早い話が、ブラックとの世評が高い牛丼チェーン大手にしても、アパレルチェーン大手にしても、自分が働いている会社がブラックだとは感じていない社員が少なからずいる。さらに、それぞれのカリスマ経営者に心酔し、その会社で働いていることに誇りを持っている社員がいるのも事実だ。

 どの会社がブラックで、どの会社がホワイトか。結局は自分との相性で判断するしかなさそうだ。就職が「組織との結婚」と言われるのも、そのせいかもしれない。

引用元-(2ページ目)「ブラック企業=働きにくい/ホワイト企業=働きやすい」は本当か?条件と見極め方 | ビジネスジャーナル

ホワイト企業に入れるのは1%!優良ブラック企業の特徴!

どうあがいても、新卒でホワイト枠に入れるのは1%程度」ということ。恐らく、今どききちんと残業代も出して、相応の年収も確保できて、ある程度の安定感が見込める会社の採用枠など日本国内で数千人分というところだろう。民間企業への就職希望者は大体40万人だから、約1%だ。

 ブラック企業擁護論を叩く人たちは多分、新卒でその1%に入れなかった「非エリート」である可能性が高い。とすれば、残りの99%である我々がやるべきなのは、ブラック企業を叩くことでも、ブラック企業から目を背けることでもないはずだ。

 ブラック企業しか選択肢がない自分の現状を直視し、腹をくくり、ブラック労働に向き合うしかない(この場合のブラック労働とは決して違法という意味ではなく、「ハードワークでプレッシャーがある環境」ということである)。その上で優良ブラック企業を見極め、真のブラック企業に吸い込まれてしまわないようにするための「見抜く眼」を養うことも必要だろう。

引用元-(2ページ目)優良ホワイト企業入社組はわずか1%?ブラック企業と向き合い、抜け出す方法とは? | ビジネスジャーナル

twitterの反応


https://twitter.com/komehashi/status/591911000451878912


https://twitter.com/nanaoku_h/status/525477586504146944