常識・非常識?仕事での境界線は?ジェネレーションギャップも

社会人として仕事をしている以上常識は持ってもらわないと会社で仕事は出来ません!

しかし仕事での常識・非常識ってもしかしたらジェネレーションギャップも存在する??

仕事での常識・非常識のあれこれを調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

リクルートスーツに男性がかける相場は?就活のスーツ事情!

就活中の必須アイテム、リクルートスーツ。何かと出費のかさむ就活で、男性がかけるスーツ代の相場はどのく...

卒業する大学と就職先の関係性はある!?就活大学生必見!!!

就職活動は情報が命!!大学生はどういう基準で就職先を選んでいるの?? 卒業する大学によって就職...

あなたの心が少し変われば職場の人間関係は劇的に改善する!

職場の人間関係で悩んでいる人は多いと思います。 しかしあなたの考え方や視点を少し変えるだけでも職場...

資産運用は比率が重要!リスク分散・年齢・貯蓄に見る割合とは

資産運用を始めるにあたり、運用資金をいくらくらい充てるかは重要なポイントになります。 リスクや自分...

仕事でわからないことがある時。上司への上手な聞き方は??

上司や先輩に仕事でわからないことがあってすぐ聞きたい時って その時の状況だったり、タイミングによっ...

ホワイト企業の特徴とは??ホワイトとブラックの判断基準!!

ホワイト企業の特徴と判断基準は?? 最近世間やニュースなどで議論されているホワイト企業とブラック企...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多いことでしょう。 しかし経営を効率的に健...

仕事でのミスを怖いと感じている人は・・仕事でのミスは宝物!

仕事でのミスを怖いと思っているのは社会人として当然のこと! ミスをしないように・・・ミスしたらどう...

「電話が怖い」を乗り越える方法!うつ病にならないために!!

電話の着信が怖いと思ったことはありますか?友達との携帯は平気なのに仕事の電話だけが怖いという人もいま...

自分1人に仕事が集中していると感じる人は・・・仕事あるある

自分一人に仕事が集中しているなぁと感じている人っていませんか? そう思った人は仕事は出来る人だと思...

日本の資源って何なの?海外の反応からみる日本の心とは…

日本は昔から資源の少ない国とされてきました。資源の輸入依存なども問題とされています。 しかし海外の...

将来を考えた選択をしよう!!仕事への不安や不満の解消法!!

漠然とした将来への不安で心を病む人もいる現代。あなたはどうでしょうか?今の仕事に満足できていますか?...

絵が下手でも漫画のプロになれる?画力よりも必要なものとは…

漫画家になりたい人はまずアシスタントとして技術を磨くのが一般的です。 しかしアシスタントであっても...

リクルートスーツを着こなす!男性就活生のネクタイ選び!

厳しい就職活動。リクルートスーツに身を包み、面接を掛け持つ男性も多いことでしょう。 そんな面接でネ...

日本は資源が少ない国?日本が世界に誇れる資源とは何か?

エネルギー資源の話になると必ず出てくる、日本は資源が少ないという問題。 資源が少ないと言われる日本...

スポンサーリンク

新社会人は仕事での常識・非常識がわからない??

今回は社会人のみなさんに、後輩の言動で非常識だと感じた経験について聞きました。

Q.後輩社員の言動で非常識だと感じたことはありますか?

A.はい……22.3% いいえ……77.7%約2割と少なめですが、その内訳をみると決してスルーできません。次の質問を見てみましょう。Q.その言動は勘違いでしょうか。それともわざとだと思いますかA.勘違い……57.9% わざと……42.1%なんと、「わざと」と思っている人が約4割という多さに。「勘違い」と「わざと」の違いは何でしょうか?

引用元-後輩社員の非常識な言動、先輩の約4割が「わざと」と認識!「先輩女子社員にお酌を要求」 | 仕事全般 | 内定・仕事 | フレッシャーズ マイナビ 学生の窓口

■社会人としての常識を知らないだけ?

・「周りの男性社員が女子社員にお酌させていたから、新入社員がついで、と要求」(女性/27歳/金融・証券)・「自分ばかり大変だと本気で思っていたようです」(女性/27歳/医療・福祉)・「勘違いして、偉い人に簡単な業務を聞いていた。見た目より偉い人だと言っておけばよかった」(女性/29歳/情報・IT)・「仕事中にでもゲームをしていいと思っている」(男性/27歳/団体・公益法人・官公庁)・「飲み会が始まる頃になって、『いったん帰ったら出かけるのが嫌になったので、欠席でもいいですか?』と電話が来た。大人として、勘違いであって欲しい」(女性/26歳/商社・卸)新人の頃は「社会人のルール」や「社内の暗黙の了解」はわかりません。会社ごとの特色もありますから、徐々に身に付けていきたいですね。しかしながら、仕事中のゲームや直前に飲み会を欠席するのは、確信犯かもしれません。

引用元-後輩社員の非常識な言動、先輩の約4割が「わざと」と認識!「先輩女子社員にお酌を要求」 | 仕事全般 | 内定・仕事 | フレッシャーズ マイナビ 学生の窓口

仕事を休む時のメールやLINE報告は非常識?電話は常識なの?

一方でメール肯定派からは、電話は相手をムダに拘束するとか、かけてもつながらない場合があるという指摘があった。確かに早朝なら会社には誰もいないし、上司が寝ていたり通勤途中だったりする可能性もある。
あるユーザーは「電話が当たり前と言う輩は、なぜ電話が当たり前なのか、電話でないといけないのかを教えて欲しい」と憤っている。しかしこれに対する反対派の意見を抽出してみても、あまりパッとしたものが見当たらない。

「メールやラインの欠席報告は非常識だと思う……」 「『あり』と思っている奴等の思考が理解できない、というか理解したくない」

なぜメールやLINEではダメなのか明確に説明できず、感情的に反発するものが少なくない。かろうじて電話でなければ「失礼に当たる」と理由を説明する意見が見られる。

「欠勤するなら、礼儀として電話をするのが筋ではないでしょうか」

どうやら一方的に送信されるメールやLINEは、上司の「承認」「了解」のステップを経ないので礼を失する行為に当たるようだ。
「直接電話で話さないのは受理しない。自分が長ならね」という声から察するに、欠勤を承認する権限は最終的に自分であると誇示することで、「自分が長」であることを確認している人がいるのだろう。

引用元-「欠勤連絡にメールやLINEダメ」派の不可解な主張 「非常識」「失礼」「欠勤率が上昇する」 | キャリコネニュース

仕事のキャリアが上がっていくにつれて常識・非常識が形成

それでも20代の頃はまだそれなりに、元気に頑張っている人がたくさんいます。ところが30代くらいになると、急に元気な人が少なくなってしまうのです。結婚をした、子供ができた、マイホームを買って住宅ローンを抱えたとか、人それぞれ、それなりに守るものができ始める人が増えるのが、ちょうどこの頃なのでしょう・・・。

奥さんや子供がいれば、大黒柱として家族の生活を守る義務も生じますから、若い頃のように夢や理想だけで生きていくことは難しいかもしれません。そうして社会の現実を知れば知るほど、できることとできないことを、自分の中で意識的に、あるいは無意識のうちに、分類していくようになるのです・・・。

40代になって頑張ろうと思っても、慣性の法則のようなものが働いていて、もうなかなか思いきれません。すると自分がチャレンジしない、自分が夢や理想を追求しない、できない言い訳を、社会や会社などの外部要因に多く求めるようになります。

できない言い訳が自分の怠惰さにあるのか、外部要因にあるのか、自分でもよくわからなくなってきます。そうこうしているうちに、気がつけば自分の周りは、自分と同じように言い訳をしている人たちばかり。

こうした状況が常態化し、自分が創り出した限界や言い訳を、疑問にすら思わなくなっていきます。業界の常識が世間の非常識であること、若い頃に素朴に感じた疑問など、すっかり忘れてしまうのです。

引用元-私の仕事観~業界の常識が世間の非常識になる理由~|不動産投資の健美家(けんびや)

会社での常識は仕事をする人へのストレスに??

「今いろんな方たちと話している時に、仕事でちゃんと自分のパフォーマンスを発揮できている人は「こうじゃなきゃいけない」という感覚があまりなかったりします。自分の価値観で仕事ができていたり、自分に何ができて何ができないのかをちゃんと受け入れられている。
でも日本で”常識”とされていることって、自分のことを受け入れられないようにすることが多いんです。自分のことを受け入れるために、常識がすごく邪魔をすることがある。たとえば”ポジティブ”。前向きでいるべきだという感覚が当たり前みたいになっていますが、その考えに引っ張られて等身大の自分を見られなくなっていたり、自分のことを苦しめる原因になっています。」
―ストレスを感じてない人は“自分を受け入れられている状態”ということですか?
「そうですね。ストレスをなくそうとする人が多い。でもストレスをゼロにすることなんて不可能だと思うんですよね。ストレスをゼロにしようとすること自体が実はストレスになってるっていう。『ああ、まだストレス感じてる』と、ストレスを感じている自分に対して自己否定感を覚えて、またストレスを生み出してる。そうじゃなくて“ストレスはあって当たり前”みたいな感覚でやっていくことが大事かなと。

引用元-仕事のストレスを解消する! 非常識メンタル術(プロローグ)/森川陽太郎さんに聞く、ストレスとの向き合い方:Men’s HOLOS

仕事での常識はもしかしたら他人には非常識??

人には誰でも「心のクセ」がある

 相手に対して「非常識だ」とか「普通はやらないのに」と思ってしまった場合は、「これはあの人の“心のクセ”なんだな」と思ってしまった方が楽なものです。

 私たちが誰かに愚痴を言う時には、「こういうことがあったの。普通だったら先に言うべきだよね」とか、「常識じゃ考えられないでしょ」などと言ったりします。しかしそう言っている自分も、誰かからそう思われていたりするものです。そして誰かから「非常識」だと思われていた場合、自分にもそれについての理由や言い分があるものです。

 このように「自分の常識は他人の非常識」「他人の常識は自分の非常識 に過ぎないことも多いものです。

 私たちは「常識」や「普通」にこだわって生きています。

 ちなみに常識とは「一般の社会人が共通にもつ、またもつべき普通の知識・意見や判断力」(『大辞泉』)、普通とは「特に変わっていないこと。ごくありふれたものであること。それがあたりまえであること」(『大辞泉』)です。

 私たちは、これらを守って生きることが「大人になること」であるとも思っています。もちろん、こう考えることは間違いではないでしょう。

引用元-【6】「非常識な人だ」と思う前に、相手の「心のクセ」だと考えよう:日経ビジネスオンライン

twitterの反応


https://twitter.com/kaarrryjp/status/644100990736596992


https://twitter.com/morukko/status/641989293561376769
https://twitter.com/mame8mago/status/640542907242450945


https://twitter.com/funasick/status/631986500192698369