ジョギングとランニングは速度に違い!自分に合った走りとは…

ジョギングとランニングを同じものと思っている方も多いようですが、その違いは速度にありました。

ダイエットや健康維持のためには、自分に合った速度で正しく行うことが効果的です。

そこでジョギングとランニングの違いを知り、自分に合った速度から始めてみましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

旦那の給料は平均と比べてどう?各世代の平均と生活の実態は?

旦那の給料が低いと毎月ため息が出てしまう主婦の皆さんも多いことでしょう。 ‌みんなはどんな生活をし...

中学生必見!勉強のやる気を出す方法!目から鱗のこんな方法

中学生になると、小学生時期に比べると勉強の難易度も上がり学習範囲も広がります。 しかし勉強に部活に...

旦那にイライラする時の対処法は?夫婦円満に過ごす秘訣とは…

旦那さんの言動にイライラしている奥様は多いことでしょう。しかし奥様のイライラは家庭全体の空気を凍らせ...

資産運用は比率が重要!リスク分散・年齢・貯蓄に見る割合とは

資産運用を始めるにあたり、運用資金をいくらくらい充てるかは重要なポイントになります。 リスクや自分...

風邪による鼻水を止める方法は??是非試してみて下さい!!

風邪をひいてしまうといろんな症状に苦しみますよね。特に鼻水はつらい!仕事を休むわけにはいかない…!そ...

前髪の切り方どうするべき?子供の可愛さを引き出すカット法

子供の前髪はお家でセルフカットしているママも多いことでしょう。 前髪くらい…と切り始めると、いつの...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。 しかし会社を辞めるからといって、...

筋トレの効果が現れる期間は?効果的なボディメイクのポイント

筋トレを始めて、どのくらいの期間で効果が現れるかをご存知ですか? 筋トレの効果が現れるのには体内で...

将来こんな職業がなくなる??ロボットに人間が職業を奪われる

映画で見たようなロボットが人間の世話を全てしてくれる世の中! 人間はどんどん便利な世の中になる・・...

つらい腹痛と下痢症状が続く原因を理解し正しく対処しよう!

つらい腹痛や下痢症状が続く原因は様々あります。その症状を放っておくと、さらにつらい状況になってしまう...

新米ママさんへ。母乳と粉ミルクを比較して、基本を学ぼう!!

赤ちゃんを育てるとき、母乳で育てる派・粉ミルクで育てる派・母乳とミルクの併用で育てる派と、ママさんは...

キッチンの掃除方法!いつもピカピカ場所別お掃除のコツ!

キッチンはお家の中でも、水垢汚れや油汚れが多い場所です。 キッチンの掃除には時間と労力がかかると思...

日本アニメの歴史~日本が発信するアニメーションの世界とは…

近年日本アニメが世界的にも注目され、クールジャパンとして日本のアニメ文化を広める働きがあります。 ...

友達からの嫉妬がうざい!これって友情?女同士の危うい関係

仲のいい友達からの嫉妬にうざいと感じた事はありませんか? いくら仲良くしていても、女性同士には相手...

日本のアニメの世界シェアって一体どれくらいなんだろう??

日本のアニメは世界で注目され、国内でもクールジャパンとして海外へ打ち出す為の働きが盛んになっています...

スポンサーリンク

ジョギングとランニングの違いは速度にあった!

ランニングとは

「ランニング」とは走ること全般を意味しているので、広義では「ジョギング」も「ランニング」の中に含まれています。ランニングとジョギングの違いを具体的に表すとすれば、一番大きなものは速度でしょう。個人差もあるので一概には言えませんが、目安にするなら1kmを5分以内に走るのが、ランニングだと考えられています。これを時速に換算してみると、約10.7km。このスピードよりも速く走るのがランニングということになります。1分間の心拍数で見ると、ランニングの目安は130~150程度だと言われています

引用元-ランニング・ジョギングの基礎知識 ランニングとジョギングの違い|ランニング婚活パーティー

ジョギングとは

ランニングと比較して、ゆっくり走ることを「ジョギング」と言います。目安としては、走りながら会話ができる速度です。陸上競技の練習で、ウォーミングアップやクールダウンの際にゆっくり走るのをイメージしてもらうと、分かりやすいでしょう。1kmを7分程度で走るのが、ジョギングの目安。1分間の心拍数で見ると、120~130程度となりますが、個人差も大きいです。

引用元-ランニング・ジョギングの基礎知識 ランニングとジョギングの違い|ランニング婚活パーティー

ジョギングとランニングの目的の違い

ジョギングには、明確な目的があります。

その目的のほとんどが健康な身体へ改善するためです。

健康診断の結果などで生活習慣病の一つである「メタボ」と診断されて改善のために行っている方も多いと思います。

また、ジョギングしている方の職業も普段、あまり身体を動かすことが少ないような職業に就いている方が多いのも特徴的です。

身体を動かす機会の少ない職業として・・

オフィスワーク

他人に自分の姿をアピールするような職業
などの職業方が「ジョギング」をしていることが多いです。

そして、「ジョギング」のさらに速度が早い種類のものが「ランニング」です。

ランニングは完全に「走る」です。

ジョギングとランニングの大きな違いは、ジョギングは健康状態の維持・改善や人体機能の回復などの効果を目的としているため、ジョギングの速度や人体の筋力向上などを重視はしません。

一方、「ランニング」する目的は、自身の肉体の改造や記録の更新などライバルと競うのが目的と言えます。

主に筋力の増強やスタミナを身体に付ける・・もしくは、筋力やスタミナを維持する目的で行われます。

引用元-「ウォーキング」・「ジョギング」・「ランニング」の違いと目的・効果 | 歩 – ウォーキングの効果 -

ウォーキング→ジョギング→ランニング!徐々に速度を上げていこう!

ウォーキングとは「歩く」ことで、ジョギングとランニングは「走る」ことになります。「歩く」と「走る」の動作の違いは両足が地面から離れる瞬間があるかどうかです。走る動作の着地の衝撃が大きいのは両足が地面から離れる瞬間があるからです。走る場合の着地の衝撃はスピードにも左右されますが体重の2~3倍になることもあります。体を痛めず長続きさせるためにはそれぞれの特徴を理解し自分に合った運動を選ぶことが大切です。
運動を継続させるためには以下のようなポイントがあります。
運動の種類(ウォーキング、ジョギング、ランニング)
運動量(距離や時間)
運動の強さ(速度)
ウォーキング→ジョギング→ランニングという順番に取り組むことが基本になります。短期間で運動の種類、運動量、運動の強さ全てのレベルを上げるということがないように、痛みや疲労の状態を確認しながら3つのポイントをうまく調整し計画を立てて運動を続けてください。時には休養を取り入れたり、レベルを下げることも必要です。
ジョギングの効果にはさまざまなものがあります。持久力が向上しスタミナがつけばハードに体を動かせても疲れにくくなります。また継続的に体を動かせると体の循環や呼吸などの機能が向上します。また足の筋力向上の効果も考えられます。特に最近では、減量やメタボリックシンドロームの改善を目的として取り組まれる方が増えている傾向がみられます。

引用元-ジョギング、ランニングについて | いきいき!簡単エクササイズ | かがわ糖尿病予防ナビ

ジョギング?ランニング?自分に合った速度で始めよう!

時速10km未満がジョギング、時速10km以上がランニング、時速4~6kmがウォーキングと言われているそうです。

ですがこれは個人差が大きいので、あくまで目安として考えて下さい。

当然のごとく、時速が早いほど運動強度は増し、消費するカロリーは多くなります。

ジョギング・ランニングの初心者はウォーキングから始めると良い

ジョギングやランニングを始めたいけど、なかなか踏み出せずにいる、という人は多いかもしれません。

そのような場合、いきなり走るのではなくウォーキングから始めてみるのがおすすめです。

歩きながら基礎体力を高め、少しずつ速度を上げて最終的にはランニングが苦でないと思えるように移行していけば良いのです。

始めは、少し早めの時速6kmほどのウォーキングから。

慣れてきたら次は時速7km、次は時速8km、といった具合に、少しずつペースアップして、最終的に時速10kmほどで走れるようになれば、スムーズにウォーキングからジョギング・ランニングに移行できます。

引用元-ジョギング・ランニング・ウォーキングの違い ~時速やダイエットなどの観点から~ | 違いを知りたい好奇心サイト−ちがいッチ!

ジョギングとランニングの正しいフォーム

トレーニングを始めても、正しいフォームで走らなければ、運動効率も悪いうえ、怪我にもつながりかねません。
ちょっとしたコツを意識して走れば、もっと楽に走れます。

腰の高い走りにはお腹の意識
初心者の方に一番多いのが、腰が落ちて背中が丸まって走っている姿。
これでは脚への負担も大きく、スピードも上がりません。

ズボンのチャックを締めるようなイメージで、おへその位置を少し上げてみてください。

自然と骨盤の位置が安定し、腰の高い走りができるようになります。

腕ふりは、肘を後ろにひく
腕ふりは、力みが入ったり、脇が開いたり癖が出やすいところです。

肘を90度くらいに開き、脇はできるだけ締めた状態で、後ろへグッと引きます。
そうすれば自然に前に戻ってきます。

目に見える身体の前で一生懸命ふっている方が多いですが、肩甲骨を意識しながら後ろへ引くだけです。

手は力を入れて握らず、生卵を持っているイメージで。

直立より前傾姿勢で
短距離ランナーのように直立で走るより、少し身体を前傾にさせた方が、長い距離は楽に走れます。
自分の身体が一本の棒だと思って、真っすぐのまま倒れこんでいくイメージ
です。

なかなか感覚がわかりづらいと思います。

そういう方は一度、次の動きをやってみてください。
かなり前に倒れているのを感じますが、重心を前にした方が楽です。

「気をつけ」の姿勢から、つま先立ちになります。
そのまま身体を前に倒して行き、転ぶ直前で片脚を出して走り出します。

引用元-初心者も走りやすく!正しいランニングフォームのチェック方法 – Column Latte

twitterの反応

https://twitter.com/k_ne1888/status/683274815621300229


https://twitter.com/ha_maichi/status/671303876700606464
https://twitter.com/coru726/status/688563763256020992


https://twitter.com/spitz245/status/640151677064970240