ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

下痢にいい食べ物・飲み物は?また避けたい食べ物・飲み物は?

      2015/10/16

下痢にいい食べ物・飲み物は?また避けたい食べ物・飲み物は?

下痢が止まらないのはもちろん、それが長引くのはもっとつらいですよね。

下痢の時にはいい食べ物・飲み物もあれば、避けたい食べ物・飲み物があります。

お医者さんにも聞いてみました。これを理解しておけば下痢に勝てるかもしれません。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

感受性の強い人は恋愛に向き?不向き?繊細なあなたはHSPかも

感受性が強い人は、人の気持ちを敏感に感じ取り、相手を思いやる...

朝の満員電車でめまいが…最近体調がおかしいと感じる人へ

朝の通勤ラッシュ時、満員電車に乗るとめまいが…なんて経験はあ...

女友達との旅行で起こりうる喧嘩を回避する方法と対処法!

女友達との旅行はワイワイ盛り上がり、楽しい時間です。 しか...

感受性が強い赤ちゃんの特徴とバランスを整えるママとの関わり方

赤ちゃんは感受性が高いと言われていますが、中にはその感受性の...

保育園に入れない場合は幼稚園?働くママの苦悩と保活事情とは

保育園の待機児童が問題視される中、なかなか改善されない現状に...

嫁の料理の品数に不満を感じる夫~あなたの家庭は大丈夫?

あなたの食卓にはいつもどのくらいの品数の料理が並びますか? ...

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目...

車検時に交換が必要になる部品の知識と自分で見極める方法

車検の見積もりを取ると、交換が必要になる部品の項目がいくつか...

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

スポンサーリンク

昔から伝わる下痢に効く食べ物・飲み物は?腸内環境も大事

食べ物や飲み物の中には、下痢の症状を和らげてくれたり、腸の回復を助けてくれるものもあります。まだ薬がなかった時代、民間療法にも使われ、活躍してきた食べ物、飲み物です。必ずしも効果を保障できるわけではありませんが、整腸剤の使用と併せて試してみるのもよいでしょう。成分としては、「タンニン」や「ペクチン」といったものをを含んでいる食べ物、飲み物が下痢に効くと考えられます。「タンニン」には「収れん作用」があり、荒れてしまった腸の粘膜を保護してくれる作用があります。また、「ペクチン」は水溶性の食物繊維で、便の中の水分を吸い取って便の硬さを調整してくれる機能があります。

引用元-下痢を止める食べ物と飲み物 | 下痢の改善相談室

最近は、コンビニ食品、ファーストフードなどで空腹を満たす人が増えています。特に若者の間では増加の傾向があります。確かに美味しくて、便利ですが、食品添加物がどっさり入っているという事を知っている人はどのくらいいるでしょうか。他の加工食品の中にもしっかり入っています。市販のお米(白米)すら添加物が入っているのが現実です。このような食品添加物は下痢の原因になる事が多いものが含まれています。下痢の原因は人によって様々ですが、昔に比べると体の害となるものを多く摂取している事は間違いないようです。しかも有害なものを排出する食物せんいや腸内の善玉菌の数も減っています。 有害なものを排出する働きを持っている腸内善玉菌を増やすサプリメントなどを大いに利用することは下痢解決の早道でもあり、病気に負けない身体づくりをします。

引用元-下痢を止める食べ物と飲み物 | 下痢の改善相談室

下痢が激しい時に効く食べ物・飲み物は?避けたい食べ物・飲み物は?

○ 下痢の激しいとき

 :吐き気・嘔吐のあるときは少しづつ摂る。小児では
脱水が起こり易いので体重の変動に注意しましょう。水分の補給が最も大切
です。急な体重の減少があれば、その分脱水が進行したと考えましょう。
温かい水分とともに適量の塩分補給も重要です。ナトリウムなどの電解質を
含んだスポーツ飲料を利用するのもよいでしょう。(できれば体温より暖かい
ものがよい)湯ざまし・番茶・重湯・くず湯・味噌汁・おすまし・野菜スープ
りんご果汁など。


引用元-下痢のときの食べ物・飲み物 医療法人 岡本医院/ウェブリブログ

○ 下痢の時に避けたい食品(症状が完全に回復するまで避けましょう)

1 冷たい食べ物や飲み物(アイスクリーム・ジユース・炭酸飲料・清涼飲料)
2 脂肪の多いもの 牛乳は脂肪分が多いので下痢の酷いときはさける
  てんぷら・とんかつなどの揚げ物・中華料理・脂肪の多い肉・脂ののった魚・
  うなぎ・バター・チョコレート・ケーキ・マヨネーズ・カレー、
3 繊維の多いもの;繊維の多い野菜(たけのこ・ごぼう・とうもろこし・切干大根・わらび・ぜんまいなど)、こんにゃく・海藻・豆類・そば・サツマイモ・生の野菜、
4 刺激の強いもの;香辛料・炭酸飲料・ビール・酒・アルコール飲料・コーヒ

引用元-下痢のときの食べ物・飲み物 医療法人 岡本医院/ウェブリブログ

幼児以上の子供の下痢にはこれ!いい食べ物・飲み物は

下痢の時の食べ物・飲み物(幼児以降)

水分を十分おぎなうことが大切
水分補給が一番大切です。下痢で水分が失われるので水分を摂取する必要があります。水分を多く飲むから水っぽい下痢になるのではありません。
下痢の時には水分のみでなく塩分も体から逃げて行きます。水、お茶、甘いジュースには塩分が含まれていないので、これだけでは塩分不足になってぐったりするので注意しましょう。
イオン飲料やスープ、みそ汁などを上手に利用しましょう(病院で処方するソリタ顆粒や市販のOS-1、アクアライト等のイオン飲料は塩分濃度が理想的です)。

*炭酸飲料やジュースは控えましょう。
消化の良い物を心がけましょう
吐き気がなくて食べられるなら、栄養を補うために消化の良い食事も始めます。
野菜スープ、リンゴのすりおろし、とうふ、バナナ、おかゆ、うどん、パン、白身魚の煮付け、鶏肉、煮野菜など

引用元-徳島/北島|小児科・アレルギー科・小児循環器内科|くぼ小児科クリニック|診療内容/子供に多い病気/下痢の時の食べ物・飲み物

最近下痢の多い人が注意したい食べ物・飲み物とその代用食は?

■乳製品グループ

【注意する食品】低脂肪ではない牛乳、クリーム、アイスクリーム、ベリー類が入ったヨーグルト
【代用する食品】低脂肪の乳製品、豆乳、シャーベット、チーズ、乳酸菌が入っているヨーグルト

■肉、魚、豆、卵グループ

【注意する食品】揚げ物、ソーセージ、ベーコン、脂身の多い肉、ナッツ類
【代用する食品】脂身の少ないもの、ナッツ類は塊がなくペースト状になっているもの

■穀類グループ

【注意する食品】雑穀米、雑穀パン、雑穀パスタ、雑穀シリアル、ナッツなどが入ったパン、ポップコーン
【代用する食品】白米、白パン、コーンフレークなど、食物繊維の少ないもの

■野菜グループ

【注意する食品】ほとんどの生野菜、揚げた野菜、ブロッコリー、キャベツ、カリフラワー、とうもろこし、芋の皮
【代用する食品】生レタス、よく火を通した野菜

■果物グループ

【注意する食品】バナナとメロン以外の多くの生の果物、ドライフルーツ、プルーン、レーズン、果実の入ったジュース、プルーンジュース
【代用する食品】よく熟れたバナナ、メロン、缶詰のフルーツ、果実の入っていないジュース

■飲み物

【注意する食品】コーヒー、お茶、エネルギードリンクなどカフェインが入ったもの、アルコール
【代用する食品】カフェインの入っていないもの。下痢による脱水を予防するために1日に約2リットルの水分を摂取しましょう

引用元-下痢に困っている人の食事療法 [療養食・食事療法] All About

下痢の予防には、原因に応じた生活習慣と食べ物・飲み物の見直しを

下痢の予防には、原因に応じた生活習慣の見直しが大切

下痢の予防には、日頃の健康管理が欠かせません。食べすぎ・飲みすぎに気をつけ、下痢の原因となる食べ物・飲み物(脂肪分や糖分の多いもの、大腸への刺激が強いもの など)は控えるようにしましょう。乳酸菌を含むもの(みそ、漬け物、体質上問題なければチーズやヨーグルト など)や、ペクチンという成分を含むもの(りんご、みかん、柿 など)を食べると、整腸作用が期待できます。
また、十分な休息や運動などで、ストレスを発散させることも大切です。下痢になりやすく、毎回パターンが決まっている人は、原因を避けられるように生活週間を見直しましょう。

引用元-下痢にお困りの人は必読!よくある原因を知っておこう|便秘・下痢|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック

twitterの反応

 - 豆知識

ページ
上部へ