仕事のストレスで動悸がする人は・・緊張場面での心の対処法

仕事のあらゆる場面で緊張する場面は突然やってきます。

仕事で動悸がする人は知らず知らずのうちにストレスがたまっている可能性が・・

人の体は自分に正直に出来ています。自分の心構えや対処法を知っていれば

ある程度緩和できるかもしれません。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

発達障害の子供の特徴とその周りの人の対応方法とは??

発達障害という言葉を皆さんご存知でしょうか?? 調べていくうちに発達障害の子供といっても千差万別で...

嫁が料理嫌い…気になる原因と克服させるためにできる対処法

結婚した男性にとって、嫁の手料理はかなり重要なポイントになります。 しかし嫁が料理嫌いだった場合、...

アルコール殺菌消毒の原理は?正しく使って抗ウイルス対策!

最近では病院や施設などでのアルコール消毒が習慣化されています。 アルコール消毒はどのような原理で殺...

アニメは子供だけじゃない!おすすめの大人向けアニメ!

アニメを大人だってみたい時はあります。そしてみている人もたくさんいます。そんななかから、今回はアニメ...

旦那が喧嘩した時に暴言を吐く・・暴言男の心理と対処法は?

夫婦喧嘩の最中に旦那さんから暴言を吐かれたことはありますか? 男性の中には心無い一言を投げかけてく...

ストレス症状でくしゃみが止まらない!症状の原因・解消法

風邪や花粉症でもないのにくしゃみが止まらなくなったことはありませんか? その症状は、日ごろのストレ...

ストレスの原因は自分自身!?自分と向き合う改善へ糸口とは?

仕事や日常生活にストレスはつきものです。しかしそのストレスを上手に発散する人とそうでない人がいます。...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音によるトラブルです。 自分では騒音と思...

ビジネスホテルの予約はいつから?ホテル難民の回避方法!

近年ビジネスホテルの予約が取り辛くなっている傾向にあるといわれています。 出張などで利用するビジネ...

旦那の小遣いはなし!?サラリーマンの厳しいお財布事情とは

みなさんのお宅では旦那さんの小遣いはいくらですか?中には小遣いなしというツワモノまで… お小遣いが...

肩こり解消には枕選びが重要!?辛い症状を緩和させるポイント

肩こりには様々な原因がありますが、その中で睡眠や枕も影響するといわれています。 枕を変えるだけで、...

食事でのマナーの基本!あなたはちゃんと知っていますか??

食事のマナーの基本って大人になっても意外と知らないことの方が 多いような気がします・・・ もしフ...

美容院でのトリートメントは必要?効果や長持ちさせるポイント

美容院でカラーやパーマをするとトリートメントを勧められることがよくあります。 家でするトリートメン...

プライドが高いのを治したい!と本気で思っている方へ!!

あなたは自分はプライドが高いと思っていますか?思っていませんか? 思っている人はそんな自分を治した...

お正月のおせち料理を簡単・美味しく準備する為のポイント!

お正月のおせち料理の準備は手作りやお取り寄せなど、家庭ごとの様々です。 自分で作るのはは難しそう…...

スポンサーリンク

仕事の緊張場面で動機が・・ストレスのメカニズム

動悸は様々な原因で生じますが、主な原因の1つとして「ストレス」が挙げられます。
ストレスで動悸が生じるのは、どのような機序によるものなのでしょうか。
過剰なストレスを受けると心身に様々な症状が生じますが、これらは主に、

ストレスホルモン(副腎皮質ホルモン)の乱れ
自律神経系の乱れ

の2つが原因だと考えられます。
そして動悸も、主にこの2つの原因によって生じます。

引用元-ストレスで動悸が生じた時に考えられる疾患とその対処法

ストレスを受けると、身体は「緊張状態」だと判断し交感神経が活性化し出します。交感神経が活性化すれば、血圧が上がり、心拍数も上がります。これによって私たちはストレスを受けると動悸を感じやすくなるのです。
また交感神経が活性化しているときは緊張状態に適応して、感覚が研ぎ澄まされ、敏感になります。実際に心拍数が上がっていないのに動悸を感じるという方もいますが、この場合は交感神経が活性化している事で感覚が敏感になり、いつもより心臓の鼓動を感じやすくなっているためだと考えられます。

引用元-ストレスで動悸が生じた時に考えられる疾患とその対処法

仕事の緊張する場面で動悸が起こるのは自然なこと

心の動きに敏感な心臓

会議でプレゼンテーションをしたり、重要な商談があったり、緊張する場面では、どうしても心臓がドキドキしてしまうもの。これはごく自然な心の動きだし、「いい仕事」をするためにはある程度の緊張も必要。でも、あまりにも完璧主義だったり、神経質な人は、とりたてて緊張するような場面でもないのに、動悸の発作におそわれることがあります。これは心臓神経症と呼ばれるもので、極度の不安などが原因。心療内科で抗不安剤を処方してもらったり、ストレスに強い心のバランスのとり方を学ぶ必要があります。

発作が激しいパニック・ディスオーダー

心臓神経症よりも、さらに激しい症状が出るのがパニック・ディスオーダー(恐怖性障害)です。これは「自分は死ぬんじゃないか」という恐怖感があるのが特徴で、20~40代のたくさん仕事をかかえたワーキングパーソンがなりやすいもの。動悸が激しくなり、呼吸困難、吐き気、手足のしびれなどの症状が出て、一度これになると「また発作が起こるのではないか」という不安感がつきまといます。真面目で神経が細く、いつも疲れ気味の人は要注意。ストレスをためないことも、仕事のスキルのうちですよ。

引用元-『動悸がする』ビジネスマンの悩み | 健康Salad

どんな仕事の人がストレスで動悸やめまいが起こりやすいのか??

仕事のストレスと動悸

【ストレスから動悸になりやすい仕事】

仕事からストレスがこうじて動悸がするようになる人が大勢います。人間関係もそうですが職業柄ストレスを感じやすいという職種もあるのです。たとえばIT業界や不動産業界、クリエイティブな仕事や公務員は特にストレスが大きい仕事といえそうです。格好がいいと人気の職業なのですが、残業や休日出勤などせいかつの乱れもおきやすく、負担が増してしまうのでしょう。

ストレスの動悸とめまい

ストレスからくる動悸に加えてめまいまでするようになれば、どうにかしないといけないと感じることでしょう。ストレスは過度の緊張感を生みますので体の筋肉も硬直しがちです。肩や首の筋肉がコリコリに固まってしまうと脳への血流も阻害されてしまいめまいとして表われてくるかもしれません。動悸にめまいともなれば立っていられずに安静にするしかないでしょう

引用元-ストレスによる動悸-仕事中のめまいや不整脈の症状、漢方・薬など

ストレスの動悸と向き合うために

ストレスから動悸がしているとわかる時点で動悸の原因がはっきりしています。それはとてもいいことです。ただしストレスを感じる環境を変えられる人と変えられない人がいます。変えられない人は自分磨きと思って立ち向かうしかないでしょう。

引用元-ストレスによる動悸-仕事中のめまいや不整脈の症状、漢方・薬など

仕事で極度の緊張状態でストレスが・・動悸がする場合の対処法

動悸対策で一番簡単な対処方法が深呼吸です。しかし、多くの人が間違った深呼吸をしてより動悸を激しくしてしまうことがあります。

正しい深呼吸でしっかり気持ちを落ち着かせましょう。正しい深呼吸をするには、しっかり息を吐くことが大切です。息が吸えないと思っていますが、息は吐ききれば必ず吸いたくなります。吐き切らないで空気が残っているので、逆に息が吸えなくなり苦しくなります。

しっかり息を吐いて新鮮な空気をたくさん吸うことで落ち着きましょう。また姿勢が悪いと上手く深呼吸ができません。背筋を伸ばし胸を開くようにして深呼吸するだけで、正しい深呼吸ができるようになります。

引用元-仕事の緊張やストレスから起きる動悸。原因と対策は? | MENDY(メンディ)

動悸を解消する方法としてとても大事なことがリラックスすることです。リラックスすることで、筋肉の緊張をほぐし交感神経の働きを副交感神経の働きへと変化させていくことが大切です。

マッサージやストレッチなど体をほぐすこともとても大切な行動です。その他軽い運動をしたり、ゆったりと湯船に入ることなども体をリラックスさせ筋肉の緊張をほぐす効果があります。

動悸に襲われないようにするためには、日ごろから筋肉を緊張させる機会を多くするのではなく、一日に必ず筋肉の緊張をほぐす行動をとることで、動悸に強い体を作っていくメンテナンスをすることも大切です。

引用元-仕事の緊張やストレスから起きる動悸。原因と対策は? | MENDY(メンディ)

仕事のストレスから動悸がする人は・・気楽に考えてみよう!

良い意味での気楽さを持ちましょう

動悸を起こすストレスに限らず、プレッシャーや不安に強い人の特徴の1つとして、物事を気楽に考える事ができる、というものがあります。
これは、悪い意味の“お気楽”という事ではなく、失敗してもくよくよせず「まぁいいか」「こういう時もある」と受け流せるという事です。また、失敗や不運も“貴重な経験の1つ”と考え、ただの悪い出来事やマイナスの経験で終わらせないという事でもあります。
息切れや動悸が出る程のストレスを抱える人は、繊細で几帳面な人が多いと考えられますが、それも度が過ぎれば神経質になり、自らを追い詰めることになります。
普段から何事も気にし過ぎ、心配性だと自覚のある人は、不安や恐れといった負の感情はなるべく溜めこまないように意識しましょう。「なんとかなる」「今回がだめでも次がある」と気持ちを楽に、心に余裕を持つ事です。

引用元-動悸をまねくストレスを手軽に解消する5つのメンタルケア – ザ・チェンジ

twitterの反応


https://twitter.com/sodapop1302/status/687455469028294657
https://twitter.com/shixoxri/status/685767623456329728


https://twitter.com/kt_yukari/status/685069490074210304