お風呂は毎日入れてる?子供の健康を守るための入浴とは…

みなさんは子供を毎日お風呂に入れていますか?習慣や環境によってもお風呂の頻度は変わってくるようです。

しかし子供をお風呂に毎日入れる事は、子供の成長にとっても良い影響を与えてくれるようです。

子供の健康や成長のためにもポイントや注意点を守って、毎日の習慣として取り入れましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子供がいる主婦のお仕事!資格なしでもできるお仕事を調査!

子供が大きくなり少し手が離れた頃に、仕事復帰を考える主婦の方は多いようです。 しかし主婦の仕事復帰...

子供の通帳に使用する印鑑!どんな素材や文字を選べばいい?

子供の為に通帳を作る時に必要となる印鑑は、どの様なものがいいのでしょうか? 自分の通帳の印鑑と兼用...

子供の口臭事情!寝起きに臭いがきつくなる原因と対処法!

子供の寝起きのキツイ口臭に驚いたコトはありませんか? 子供の寝起きの口臭がきつくなる原因はいくつか...

両親の不仲が子供に与える影響~知らぬ間に付けている心の傷!

不仲な両親のもとで育つ子供には様々な悪影響を及ぼすことをご存知ですか? 両親の喧嘩や無関心など子供...

名前の画数は気にする?姓名判断に頼るか自分の好きな名前か?

名前は赤ちゃんへの生まれて初めてのプレゼントと言われています。 これから一生幸せに暮らせるようにと...

みんなの産後の体重変化はどうだった?先輩ママたちの体験談!

長かった妊娠期間を終え、産後は体重の変化も気になるところ。 増えた体重や体型は元に戻るのか…それに...

男の子が喜ぶプレゼントは?6歳は成長に合わせて選びたい!

男の子へのプレゼント選びは女の子のプレゼントを選ぶより難しい。 6歳頃の男の子はどんなものを贈ると...

出産入院!持ち物準備に必要なものは?先輩ママのリアルな意見

もうすぐ出産入院。初めてのことで持ち物準備を何から始めていいかわからない・・・ そんな時にぜひ参考...

子育てでイライラと自己嫌悪を繰り返すママの対処法とは??

子育てでイライラ…子供を叱って自己嫌悪に陥る。そんな負のスパイラルを繰り返すママはたくさんいます。 ...

男の髪型は子供でも重要!髪の毛を自宅でおしゃれにカット!

子供の髪はお家で切るというご家庭も多いことでしょう。 しかし今の子供は昔と違い髪型にもこだわりが強...

子供の携帯はおすすめ?メリット・デメリットで見る問題と対策

あなたは子供に携帯を持たせる事をおすすめしますか? 様々な事件から子供を守るために持たせるという親...

新生児の湿疹ってなかなか治らない!正しい顔の洗い方はコレ!

ママさんは新生児の肌ケアに余念がありませんよね。それでもできてしまうことが多い湿疹。新生児の湿疹の種...

子供名義の通帳を作るデメリット!子供の為に作ったけど・・

教育費や将来の貯蓄などで、子供名義の通帳を作る方は多いようです。 しかし子供名義の口座開設には知っ...

子供のために貯金するおすすめの方法は?親としてできること!

マイナス金利の影響で、銀行に貯金していてもメリットがない時代になっています。 子供のために貯金する...

感受性が強い赤ちゃんの特徴とバランスを整えるママとの関わり方

赤ちゃんは感受性が高いと言われていますが、中にはその感受性の高さゆえに子育てに行き詰まりを感じてしま...

スポンサーリンク

子供を毎日お風呂に入れる?みんなの意見

お風呂に毎日入る・入らない派
それぞれの言い分

お風呂に入るタイミングや間隔は、習慣化されている方が多いようです。

<毎日お風呂に入る派>

毎日お風呂に入る派は、寝ている間も汗はかくので流したい!という意見が多かったようです。
また、気になる部分としては“臭い”でした。
毎日汗を流して、せっけんで洗わないと、自分の臭いが気になるようですが
他の方に関しては、嫌な臭いがしなければ、お風呂に入る回数は気にならない、という方が多いようです。

<毎日お風呂に入らない派>

毎日お風呂に入らい派も、臭わないから、お風呂は1日おきで良いかな等、臭いで、お風呂に入るか入らないか決める方も多いようですね。
また、お国柄、地域性、気候、文化の違いなどもありますし、体調、皮膚の状況、ケガ等にもよるので、毎日お風呂に入らないこともあるでしょうね。

引用元-お風呂に毎日入る・入らない派それぞれの言い分 | Cozy Life

共通するのは“匂いがしなければよい”“不潔じゃなければよい”“清潔感があるとよい”という感じのようです。
ただ、臭いはしなくても、他の人に「自分が毎日お風呂に入っていない事を知られるのは恥ずかしい」「不潔と思われたくない」という考えもあるようです。
他の人がどのようにしているのか気になりますが、自分も他人も不快に感じなければ、毎日お風呂に入らないことは問題ないのかも知れませんね。

引用元-お風呂に毎日入る・入らない派それぞれの言い分 | Cozy Life

子供と毎日お風呂に入って「浴育」しよう!

最近耳にするようになってきた「浴育」。入浴の教育?なーんとなくわかった気になっていたけど、ホントのところ、どんなことを浴育っていうんだろう……。そこで、「浴育」を提唱している東京ガス都市生活研究所主幹研究員の興梠さんにお話を伺ってきました!
「正しい入浴法を教える」といった硬いものではなく、「親子でお風呂に入ることで、いろんなことを子どもに自然と学び取ってもらおう」というのが浴育のスタンスです。一緒に半身浴をしていれば、子どもも自然と半身浴をする習慣がつく。それは結果として、安全でリラックスできる入浴につながります。一緒に季節湯を楽しんだり、入浴剤を手作りしたりすれば、楽しいイベントであると同時に、子どもにとっては生活の知恵を学ぶきっかけになる。お風呂を通じてさまざまな事を教えることができます。それは長い目で見たとき、子どもの人生を豊かにすると思うんです。
入浴時間を使ったコミュニケーションも浴育のひとつ。普段口にできないことも、お風呂でなら話せる。お風呂場にはそういう親密さを生む雰囲気がありますよね。話を聞いたり、遊んだり。時には勉強をしてみたり。一緒に入ることで、親は子どものことを知ることができますし、子どもは自然に親から作法や知恵を学ぶことができる。

引用元-浴育のススメ!子どもといっしょにお風呂に入ろう:お風呂を楽しむ『湯の国』

毎日子供をお風呂に入れると嬉しい効果も!

■1:夕食の食欲がアップする

子どもが小食だったり、ご飯の時間帯には食べず後になってから食べると悩むママも多いですよね。

夕方17時半くらいに、お風呂に入れて、18時半とかに、夕食にする。こうすることで、食事時間を30分~1時間おそくできますよね。このたかが30分は、意外と食欲にいい影響を与えます
先にお風呂に入れれば、その分必ず夕食の時間は遅れます。少しでも遅い方が、食欲は湧きますよね。またお風呂に入ることで体力も使うので、お腹がすくように。これはプールの後にお腹が急激にすくのと同じ原理でしょう。

お腹がすいた方がご飯も美味しいですから、楽しさや集中度も違うでしょう。子どもにもっと食べて欲しいママは、お風呂の後にご飯の方が良いでしょう。

■2:寝つきが良くなる

子供の睡眠時間が遅いのも、ママの大きな悩み。実はお風呂を最後にしてしまうことで、寝付きが悪くなってしまうのです。

<子どもは、体が温まっているうちは、眠れません。早めにお風呂に入れておくことによって、寝付きも良くなります。温まった体温が、下がると、眠りにつきやすくなります。だから、お風呂→ごはん→おふとんが、うまく行きました>

引用元-子どもの発育に影響?「お風呂の時間」を決めるべき理由3つ – WooRis(ウーリス)

毎日のお風呂が子供のアトピーを悪化させることも…

痒みがあるアトピー性皮膚炎ですが、お風呂に入ると体が温まるため痒みが止まっていたのがお風呂に入ることで痒みが出てしまいます。そのために「お風呂の温度」「入る時間」に気を付けなければなりません。

また、体や顔を洗う際しっかりと汚れを落とす必要があります。ステロイド剤などの薬を付けている場合はしっかりと落とさないでいると薬の効きが悪くなり、薬の量が増えていき悪循環になります。しかし、ゴシゴシ洗ったり、洗浄剤の強い石鹸などは肌に刺激が強すぎるので注意が必要です。

色々と注意することが多いですが、アトピー性皮膚炎の敏感な肌には必要です。重要なのは皮脂を取りすぎず、汚れをしっかり取ることです。まとめてみましたので是非試してみてください。

お風呂の温度は夏は38度、冬は40度くらいがベスト!
お風呂につかる時間は最低10分程度に!
お風呂の塩素を除去する。(市販で売っています)
石鹸&シャンプーは無添加、無香料に。
洗うときはタオル(綿の)で泡立て炎症がある部分は泡だけで、その他はタオルで。
最後に湯船につかる

炎症している部分はカサカサしているので入浴剤を入れたいと思ってしまいますが、油分があるため注意が必要です。かかりつけのお医者さんに聞いてみてからにしてください。

引用元-アトピー性皮膚炎!お風呂の注意点やハウツーまとめ!実際の体験談を3つ紹介♪ [ママリ]

子供を毎日お風呂に入れる時の注意点

洗いすぎに注意!

毎日シャンプーし、ボディソープを付けたタオルやスポンジで体を洗っていませんか?じつは、からだについている汚れのほとんどは水溶性です。お風呂のお湯に浸かるだけでほとんど落ちてしまいます。

石鹸で洗う必要があるのは、胸や脇、背中など脂っこい部分や、汚れの気になる陰部の周囲です。しかも冬場は空気が乾燥し、肌も乾燥しています。夏場と同じように腕や脚も石鹸で洗っていると、肌の表面を保護している皮脂が不足して乾燥肌の原因となります。

汚れの気になる部分や、汗をかいた首周り、背中周りは石鹸を手に付けて優しく洗い、それ以外の部分を週に1~2度石鹸で洗うようにするだけで、十分清潔を保つことができます。

引用元-入浴が乾燥肌の原因に?注意したい子供の冬のお風呂の入れ方[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

お風呂あがりは即、保湿!

お風呂上りの肌はしっとりと潤っているように感じますが、肌の表面から水分が蒸発する際に、一気に肌は乾燥していきます。お風呂上りは、体が冷える前に保湿してあげましょう。目安としては5分以内です。

市販の保湿クリームなどで全身を保湿し、とくに乾燥や肌荒れの気になる部分にはワセリンやホホバオイル、馬油のような油脂でカバーすると保湿効果が高くなります。

いちど乾燥肌が悪化すると、自然にうるおいを保てる健康な皮膚に回復するまでには長い時間がかかることがあります。

引用元-入浴が乾燥肌の原因に?注意したい子供の冬のお風呂の入れ方[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

twitterの反応


https://twitter.com/0b_ks_gogogo/status/402841565204205568