ストレスが続くと食欲不振や吐き気を感じるのはなぜ?

ストレスは日頃よく感じているものですよね。ストレスを感じると食べる気が起きなくなったり、または酷いストレスになると吐き気を感じたことはありませんか?ストレスを感じながらの日々が続くと食欲不振や吐き気を感じるのはなぜなのでしょう?原因と対処法を調べました

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

産後の骨盤矯正の方法は?ダイエットにも役立つ体型戻しのコツ

産後は出産した事による骨盤のゆがみが生じてしまいます。骨盤がゆがんでいると、体調や体型にも悪影響を与...

消化を知ることで食べ物の摂り方と時間を変える!ダイエットの知識

ダイエットをしている人はカロリーばかりに目が行きがちですが 食べ物の消化時間や摂取するタイミングを...

ジョギングとランニング、ダイエットに効果的なのはどっち?

ダイエットのために、ジョギングやランニングを習慣にする方が増えています。 みなさんはジョギングとラ...

女性の抜け毛は20代でも急増!?今すぐ頭皮環境の改善を!

実は20代女性でも抜け毛が気になる人が急増中です。 抜け毛がひどくなって頭皮環境が悪くなってくると...

男性に合うココナッツ、バニラの香水と効能とは?

ココナッツやバニラの香水は甘くて幸せな香りですね。ココナッツ、バニラの香水は素敵な香りだけでなく体に...

豆乳を効果的に摂取する時間帯は?生活に上手に取り入れる方法

豆乳にはダイエットや美肌など、女性に嬉しい効果がたくさんあります。 効果的に摂取するためには、飲む...

エステで効果的に痩身する!美しくやせるためのポイント!

憧れの細く引き締まった体を手に入れるための痩身エステ。興味がある女性も多いことでしょう。 そんな痩...

プロテインを効果的に筋肉にアプローチさせるコツ・ポイント

プロテインと聞くと、筋肉隆々のボディービルダーを思い浮かべる方も多いことでしょう。 しかし最近のプ...

ソフトコンタクトで目が充血!どうしたらいいの?

ソフトコンタクトを付けていると目がゴロゴロ・・・気付けば充血も!自分に合ったコンタクトレンズを付けて...

ストレッチを効果的に!理学療法士が教えるコツ・ポイント

体をほぐすストレッチは、筋肉の緊張を緩和し体の状態を整えるために効果的です。 そこでストレッチのプ...

下痢はツラい!!お腹の調子を整える食べ物や飲み物を紹介!!

今すぐ何とかしたい体の不調のひとつ。それは「下痢」ですよね。でも「下痢」って、時には体に必要な作用だ...

美容院でカラーにかかる時間はどのくらい?色持ちのコツとは…

美容院でカラーをオーダーすれば、かなりの時間を美容室で過ごすことになります。 そこで美容室でカラー...

筋トレで得られる効果は女性にとって嬉しい事ばかりだった!

筋トレといえば、男性が筋肉増強のために行うイメージがありますが、実は女性にとっても嬉しい効果ばかりだ...

腹痛の原因はストレス!薬の服用で見られる改善・予防法!

ストレスからくる急な腹痛…つらい症状を今すぐ改善したい。そんな時、薬の服用はどのような効果があるので...

ストレス症状の悪化から考えられる病気は?ストレスの予防策

ストレスを感じることで体には様々な症状が現れます。その症状をそのままにしておくと大きな病気につながっ...

スポンサーリンク

ストレスが原因の食欲不振の症状

特に体に異常がなくても、ささいなことが原因で食欲不振を感じたことは誰にでもあるのではないでしょうか?

たとえば・・・

結婚式などでスピーチをする前はすごい緊張で食欲がなかったのに、スピーチが終わって「ほっ」と安心したとたんに食欲が出てきた。

子供の受験の結果発表の日。結果がわかるまでは不安で食欲がなかったけど 「お母さん、合格したよ!」の電話で「よかったー」と安心したとたんにお腹がすいてきた。

緊張やストレスを感じている時は、交感神経がはたらいて食欲はおさえられます。リラックスしているときは、副交感神経がはたらいて食欲がわいてきます。

緊張するできごとが原因でたまに食欲不振になる、というのは心配ないですが、食欲不振が頻繁におきる、日常的に食欲不振を感じる、というのは心配です。

原因は、日常的にストレスが強くて交感神経ばかり活性化してしまい、食欲をつかさどる副交感神経が十分にはたらけなくなっていることでしょう。

胃や腸などの消化器系は、副交感神経がはたらいている時に活発に動きます。栄養を消化・吸収するのも、疲労物質や老廃物を排出するのも、副交感神経の仕事。

食事をすると吐き気がしたり、胃の調子が悪くなるのは、ストレスで交感神経が活性化しすぎて胃腸がはたらけないことが原因です。

引用元-食欲不振の原因・症状・解消法について

食欲不振と吐き気などの症状はストレス性胃炎なのですか?

ストレス性胃炎といわれ、食欲不振、気持ち悪さ、吐き気、胃もたれ、胃が熱く感じる、胃酸を吐いてしまう、などの症状が続いています。 一週間ぐらいして食欲が出てきて治ったかなと思い、普通の量(といってもいつもよりは少量です)の食事(たとえば少し油分、マヨネーズ、バターの入ったものも含める)をすると、胃もたれ、強い気持ち悪さが戻り、少しだけですが胃酸とともに戻したりもしています。何も食べてはいけないのかと思ってしまいますし、いつまで食べれないのだろうと不安です。またその不安がストレスになってしまいます。

引用元-ストレス性胃炎といわれ、食欲不振、気持ち悪さ、吐き気、胃もたれ、胃が熱… – Yahoo!知恵袋

私も昔胃炎になり、吐き気が酷く食べられず、一週間で5キロ痩せました。病院に行っても症状がなかなか改善せず、何度も病院に行きました。
食べ物は無理せず、ゼリーでもいいですが、おかゆやうどんなど消化にいいものを食べた方がいいと思います。
あまりにも食べられないときは、点滴を打ってもらった方がいいかもしれません。
吐き気止めのお薬も出してもらうと、少しはいいですよ。

引用元-ストレス性胃炎といわれ、食欲不振、気持ち悪さ、吐き気、胃もたれ、胃が熱… – Yahoo!知恵袋

ストレスが続くと出る食欲不振や吐き気などは自律神経失調症の可能性がある!

自律神経失調症とは

はっきりした身体の病気がないのに、精神的な影響で、自律神経症状がからだに出る状態です。
たとえば、ストレスが続いたりすると自律神経症状が出てきます。全身倦怠、めまい、頭痛、動悸、
血圧の上下、下痢、不安感、緊張、イライラ、発汗、ふるえ、肩こり、吐き気、食欲不振、不眠といった
さまざまな症状があり、数えきれません。ただ、これらの症状から安易に自律神経失調症と
自己診断してはいけません。うつ病やパニック障害などの可能性もあるからです。
一方、なんらかの身体の病気があって、その原因や経過に心理的なものが深く関わっている場合を
心身症といいます。
例えば、ストレスによる胃潰瘍や高血圧、気管支ぜんそく、過敏性腸症候群といったものです。
心因的な要素が大きい自律神経失調症や心身症はともに病態を表し、病名ではありません。

引用元-知ってるようで知らない!?“自律神経失調症”について学ぼう!! « 製薬・医療・病院・クリニックの派遣のお仕事 | パソナ

ストレスによる食欲不振や吐き気(自律神経症状)の軽減には

自律神経失調症は治ります。

自律神経失調症は、自律神経のバランスを整えれば症状を軽減することができます。
症状を良くするには、症状の原因を克服することです。しかし、「回復したから、もう安心」と
楽観して、新たなストレスをため込んだり、不規則な生活を送ると、再び自律神経のバラ
ンスが乱れる事になります。治療の過程の中で、「一病息災」的な考え方をすれば、生活
も自然に健康になります。自分を支えてくれる人も増えていくでしょう。それが結果的
にポジティブな行動や考え方ができるようになり、幸せになることへとつながっていきます。
自律神経失調症は、症状の原因を改善していけば治る病気です。
自分のストレス状態を教えてくれるから体のサインととらえて、生活を見直すバロメーターと
考えましょう。

引用元-知ってるようで知らない!?“自律神経失調症”について学ぼう!! « 製薬・医療・病院・クリニックの派遣のお仕事 | パソナ

食欲不振や吐き気を感じたら疑う疾患とは

慢性胃炎

原因の約8割がピロリ菌の感染によるものですが、その他、非ステロイド性抗炎症薬の副作用や慢性的なストレスなども原因になると考えられています。胃の粘膜が弱まり、炎症が繰り返されて治りにくくなっている状態です。腹部膨満感、胃もたれ、胃痛、胸やけ、吐き気、げっぷなどの症状が慢性的に繰り返され、食欲不振に陥ります。また、胃潰瘍に進行することもあります。

引用元-食欲不振 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、ピロリ菌や非ステロイド性鎮痛剤、ストレスなどが主な原因で起こると考えられています。強い胃酸と消化酵素によって胃や十二指腸の粘膜が局所的に欠損する疾患です。胃潰瘍は食事中から食後にかけてみぞおち周辺に重苦しい痛みが起こりますが、十二指腸潰瘍は早朝や空腹時にみぞおち周辺がシクシクと痛み、食事をとると治まるのが特徴です。共に胃もたれや吐き気、食欲不振をともないます。

引用元-食欲不振 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

胃がん

胃がんは、日本人に非常に多いがんで、それにはピロリ菌の感染率と塩分の多い食生活が関係していると考えられています。初期はまったくといっていいほど自覚症状がなく、みぞおちの痛みや膨満感、食欲不振、吐き気が出てきたころには疾患が進行している場合が多いのです。胃がんが進み、粘膜が破壊されると黒褐色の吐血や下血を起こすようになります。それにともない、貧血症状があらわれることもあります。

引用元-食欲不振 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

ストレスが原因で招く食欲不振の対処法

消化の良い食べ物を少量ずつ食べる

食欲のないときは、消化の良い食べ物を少しずつ食べることが大切です。とくに食欲が減退しがちな夏は、量より質に重点を置き、疲労回復に効果的な玄米、豚肉、ウナギ、豆類、ねぎ、山芋などをとり入れましょう。家族や仲の良い友人とテーブルを囲んだり、食材の配色や盛りつけなどに工夫をすることで、食欲が出てくることもあります。

市販の薬を使う

食べすぎ飲みすぎなどが原因で胃腸の調子が悪く食欲がないときは、市販の胃腸薬を服用してみましょう。ストレスなどで気分がふさぎ、胃腸の症状や食欲不振が起きている場合は、健胃消化作用のある生薬が配合された漢方処方の胃腸薬が効果的です。

病院で診察を受ける

胃腸の不具合をともなう食欲不振が長引く場合は、内科や胃腸科、消化器科を受診しましょう。神経性食欲不振症の場合は家族が気を配り、心療内科で相談してみましょう。

引用元-食欲不振 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

twitterの反応

https://twitter.com/i_u1019/status/628398206368395264
https://twitter.com/96Ayumi15/status/628093563352432640


https://twitter.com/Moriyama_fake/status/626543507432275968
https://twitter.com/Kamishige19/status/626167067742351360