ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

産後の体重の戻り方は大丈夫?体型を戻すためのポイント!

      2016/01/06

産後の体重の戻り方は大丈夫?体型を戻すためのポイント!

出産後、妊娠中に増えた体重や体型を戻すのに苦労しているママも多いようです。

産後の体重の戻り方には個人差があり、痩せやすい時期や体重戻しのポイントなどがあるようです。

産後の体を理解し、効果的に体重を戻すように心がけましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝の満員電車でめまいが…最近体調がおかしいと感じる人へ

朝の通勤ラッシュ時、満員電車に乗るとめまいが…なんて経験はあ...

女友達との旅行で起こりうる喧嘩を回避する方法と対処法!

女友達との旅行はワイワイ盛り上がり、楽しい時間です。 しか...

感受性が強い赤ちゃんの特徴とバランスを整えるママとの関わり方

赤ちゃんは感受性が高いと言われていますが、中にはその感受性の...

保育園に入れない場合は幼稚園?働くママの苦悩と保活事情とは

保育園の待機児童が問題視される中、なかなか改善されない現状に...

嫁の料理の品数に不満を感じる夫~あなたの家庭は大丈夫?

あなたの食卓にはいつもどのくらいの品数の料理が並びますか? ...

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目...

車検時に交換が必要になる部品の知識と自分で見極める方法

車検の見積もりを取ると、交換が必要になる部品の項目がいくつか...

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

スポンサーリンク

産後の一般的な体重の戻り方は?

産後の体重変化はこうなる!

出産直後は、赤ちゃんの体重+胎盤+羊水が出るので
だいたい4~5㎏はすぐに落ちます。

そこから退院するまでに自然と数㎏落ちるという人が多いのです。
中には退院する時点で出産前の体重に戻ると言う場合も。
そうなれば一番理想的ですね~

出産後1ヶ月は無理は禁物なので、
この期間は特に何もせずにゆっくり過ごすことが大切です。

ですので、体重の変化はそれほど大きくありません。

ただ母乳で育てている人の場合は、
母乳をあげるだけで自然と体重が減ることが多い
のです。

なんと、この1ヶ月は何もしなくても自然と体重が落ちていきます。

そこから先が勝負どころです!
産後1ヶ月~半年は最も痩せやすい時期と言われています。

産後の体重がなかなか戻らない・・・
という人はこの時期に集中してダイエットをしましょう!

引用元-産後の体重の戻り方は?体型を維持する3つのポイント! | ANOTHER WEDDING

産後体重を戻すのに最適な時期は?

産後は痩せやすいって本当!?ダイエット効果の高い時期とは?

産後6か月までが痩せやすい時期と言われています。中には、何もしなくても授乳しているだけでするすると体重が減っていく…なんて人も少なくないのだとか。
とはいっても、体調のこともあります。それ以降でもストレッチなどで痩せることはできますので、「6か月を過ぎるまでに絶対に痩せなきゃ!」と躍起にならず、無理のない範囲で進めていきましょう。

運動はいつからできる?

産後は体の戻りなどを考慮して、体を動かすのを控える方も多くいますが、適度な運動は身体の回復をサポートしてくれる効果があるとも言われています。では、具体的にいつ頃から運動して良いのでしょうか。

産後1ヶ月を過ぎたら徐々に

個人差はありますが、産後1ヶ月は体を休めます。産後2~3ヶ月目くらいに始める人が多いですが、体の戻りには個人差もあります。自分の身体と相談しながら進めていきましょう。授乳中の激しい運動はもちろんNG。産後早いうちから簡単にできる産褥体操(さんじょくたいそう)から始めるとよいでしょう。

徐々に体を慣らして、ウォーキングやストレッチ・ヨガやピラティスなど自分のペースでできる無理のない範囲で運動を始めましょう。
いつから運動してよいのか、心配な場合は検診などで医師に相談してから始めると安心です

引用元-産後ダイエットいつから始める?痩せやすい時期と注意点 – マーミー

産後の体重の戻り方には個人差がある!

長い妊娠期間を終えて、晴れて赤ちゃんを出産され、毎日追われるように過ごす中で
ふとした時に自分の体型が妊娠前とは明らかに変わってしまっている事に気が付く事があります。

鏡の前に立った時、こんなに太かったかしらと落ち込んでしまう人もいます。

しかし、それは誰もが経験する事です。
妊娠中は体も重く、動きも制限されるし、何よりも自分より赤ちゃんの事を最優先に考えなくてはならないため
自分の体型を気にしている余裕はないからです。

赤ちゃんのためにとたくさん栄養を摂り過ぎてしまう事は誰にでもある事です。
その摂り過ぎてしまった栄養が自分の体に吸収され
赤ちゃんだけでなく自分にも蓄えられてしまっているとしても栄養を摂ること自体を否定する必要はありません。

無事赤ちゃんを出産したら、そこからまずは徐々に妊娠前の体型に戻していけば良いだけの話です。

産後、赤ちゃんを出産した後、体重を測ると思ったよりも減っていない事に驚く人は多いです。
いかに自分に脂肪が蓄えられていたかを思い知る瞬間でもあります。

産後の体重の戻り方は個人差がありますが
母乳育児をしている人のほうが比較的早く戻る傾向
があります。

しかし、初産など慣れない育児でストレスを感じたりすると急激に痩せてしまったり
逆にもっと太ってしまう事もあります。

引用元-産後の体重の戻り方は個人差がある?

産後の体重の戻り方は大丈夫?体重が減らない原因は…

1. 運動不足

産後は、自由に体を動かせるようになるまで時間がかかります。妊娠中の生活に慣れてしまって、体を動かす習慣もなくなっていますし、育児に追われる生活で改まって運動する機会もほとんどありません。そのため、産後は妊娠前にくらべて運動量が少なくなってしまっており、体に脂肪がたまって体型が戻らなくなります。

2. 栄養摂取量の増加

大きなお腹に圧迫されてあまりたくさん食べられなかった妊娠中と比べると、産後は圧迫がなくなり妊娠前同様に食べられるようになっています。開放感から食事量が増えた方や授乳のためにとせっせと栄養を摂取しようとしている方は、妊娠前に比べて食べる量が増えて体重が増えてしまいます。

3. 骨盤の歪み・緩み

出産のためにゆがんでしまった骨盤が体型崩れの原因となり、痩せにくい体にしています。出産のために緩み・開いた骨盤は産後に自然と戻りはしますが、ケアをしてあげないと元通りになるというわけにはいきません。元に戻らない状態のままで固まってしまうのが体型が元に戻らない大きな要因になります。

引用元-産後の体型戻しの方法は?元に戻らない原因と3つの対処法 – こそだてハック

産後体重を戻す時の注意点

産後ダイエットで注意しなければいけない点は、極端な食事制限を避けることです。出産後は一刻も早く体型を元の状態に戻したいと考えられている女性は多いかもしれませんが、無理な食事制限を行なうのは決してよくありません。出産後は通常時と違ってママは体力が消耗した状態ですし、赤ちゃんはたっぷりの母乳を待っているのです。

ママの体力回復と赤ちゃんの健やかな成長のためにもバランスの良い食事を心がける必要があります。産後ダイエットでは栄養バランスを考えながら、低カロリーで高タンパクな食事を摂ることが理想です。主食、汁物、主菜、副菜を偏らないように組み合わせて、しっかりと栄養を摂取できるようにすることが産後ダイエットへの近道をなります。

ダイエットというと食事の回数を減らしたり、ひとつの食材ばかりを食べ続けたりといったイメージがありますが、このような方法は産後の特に授乳中では、栄養のうえでかなり問題となります。もしも痩せたとしても一時的なものなので注意しましょう。

引用元-産後ダイエットの注意点 – 産後ダイエット.com

twitterの反応


https://twitter.com/tmm0216/status/676736755031257088

 - 豆知識

ページ
上部へ