ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

中学生が勉強のやる気を出す方法!勉強好きになるメカニズム

      2016/11/03

中学生が勉強のやる気を出す方法!勉強好きになるメカニズム

中学生になると、勉強の範囲も広がり難易度も格段に上がっていきます。

そんな中、子供がなかなか勉強しない…と悩んでいる親御さんも多いようです。

ではそうすれば子供は勉強へのやる気がでるのか、気になる勉強へのやる気について調べてみました。

子供がやる気を出す為には親としての考え方の転換も必要かもしれません。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

夫が単身赴任で子供なしの夫婦が夫婦円満でいられるアレコレ

子育て世帯では夫の転勤が決まると、子供の就学や進学の状況に合...

妻の誕生日何も予定なし・・な時は手料理で喜ばせてみては?

妻の誕生日になにを贈るか毎年悩んでいる男性は少なくありません...

男性は好きな人の妄想をする生き物?男が妄想する言動とは

男性は妄想するのが大好きです。 身近な女性の何気ない仕草に...

結婚できない理由…別れを選ぶ人は男女の脳の違いを理解しよう

結婚はカップルにとって大きな変化の一つです。 結婚した...

娘の友達がわがまま!娘の親として対応はどうしたらいいの?

娘が仲良くしているお友達がわがままな子だったら…我慢している...

流産の確率が減る時期は?妊娠して気になる流産のことを調査

妊娠すると心配になってしまうのが流産の可能性です。 一般的...

女性で料理が上手!はなぜモテる?男は胃袋をつかまれると・・

モテる女性は料理上手が多いのはなぜなのでしょうか? 料理が...

男性はキスは好きでない子とでもできるの?男性の態度で分析

男性は好きではない子とでもキスできるという、女性にとっては耳...

夫の単身赴任と保育園!入園ポイントと知っておきたいアレコレ

夫の転勤が決まった時、保育園頃の子供のいる家庭では一緒につい...

子供にはテレビを見せない方がいい!?上手に付き合う方法は…

小さな子供の成長の為にはテレビは見せない方がいいと言われるこ...

夫が単身赴任!経験者のブログに学ぶリアルな夫婦関係とは…

夫の単身赴任が決まった時、あなたはどんなことが頭をよぎります...

夫の単身赴任が辛い…と考えるよりも考え方を変えてみては!

夫の単身赴任が決まり、別々の生活が始まることを考えると辛い気...

lineの放置で〇〇が消える?意外と知らない仕組みとは…

多くのユーザーを誇るlineアプリですが、密なやりとりに疲れ...

スポンサーリンク

中学生が勉強にやる気がなかなか出ない原因は…

子どもが勉強に対してやる気を出さない原因

じゃあ勉強のメリットって????

実は多くの子どもが勉強をしない理由って、
勉強するメリットが明確になっていないからです。
だって勉強したって、気持ちよくなるわけでも、
お金をもらえるわけでも、楽しいわけでもないからです。

子どもからすると、勉強するよりも、

友達と遊ぶ→楽しさ&友達との仲が深まるメリット
ゲームをする→楽しさを感じるメリット

の方がよほどメリットがあるわけです。
大人になると、今勉強しておけば将来・・・
というような未来のメリットに目を向けられるようになります。

ただ、中学生のうちから
そういった未来に目を向けられる子ってほとんどいません。
中3くらいになると、少しずつ目を向けられるようになるのですが、
中1、中2の段階ではまず無理です。

引用元-中学生の勉強の<<やる気が出ない悩みの解決策>>

中学生に勉強へのやる気を起こさせる2つの着火点

まず、1つ目の点火プラグは「人」によって“発火”されるということです。これはみなさん、思いあたる節がいろいろあることでしょう。たとえば、A先生が教えれば子どもたちは夢中で勉強するようになるが、B先生に変わった途端に勉強が嫌いになり、成績も落ちていくということが往々にしてありますね。数学ができる子は数字の問題の面白さを小学校のときに教えてくれた先生がいたり、英語が得意な子は英語で会話する楽しさを教えてくれた外国人がいたり。歴史の展開を面白おかしく話をしてくれた授業のおかげで日本史が得意になった子など、枚挙に暇がありません。誰と出会うかによって、好奇心の歯車が動くようになっていきます。

引用元-子どものやる気に”着火”させる2つの方法 | ぐんぐん伸びる子は何が違うのか? | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

2つ目の点火プラグです。それは「雰囲気」です。

医者の家庭では医者が育ち、学者の家庭では、学問に対する意識が高い子が育つ傾向があります。スポーツ選手の家庭ではスポーツの得意な子が育ち、芸能人の家庭では芸能人になる子が出てくることが少なくありません。いつも思考することが当たり前の家庭では、考えることが好きな子どもが育ち、アウトドアが好きな家庭では、自然に対する意識の高い子ができます。要するに、小さい時から“(自分も将来)そうなる”という雰囲気があるのです。

“そうなる”雰囲気の中で育てば、意識せずとも、自分は将来、この道に行くのだなと思い育っていきます。強制されたものではなく、無意識のうちに形成された場の中に浸かることで、いつしか「静かなスパーク」をしていくのです。無意識であるだけに、環境の力とは実にすさまじいものです。

引用元-子どものやる気に”着火”させる2つの方法 | ぐんぐん伸びる子は何が違うのか? | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

中学生がやる気を出す勉強法は…

中学生が、

「自分からやる気を持って勉強し始める」

というのは、並大抵のことではありません。

ほとんどの親御さんは、

「うちの子は、やる気さえあればできる」

「本人がやる気さえ出してくれれば…」

と思っていらっしゃるのではないでしょうか?

勉強でも社会に出た大人がする仕事でも、なんでもそうですが、
「やる気」というのは、何をするにも大切な「キモ」になります。

やる気があるのとないのとでは、結果が全然違うというのは、
親御さんが一番わかっていらっしゃるはずです。

では、「やる気が出る、やる気を出す」為には、
何が必要だと思われますか?

これは、中学生に限ったことではありません。

結論から言いますが、「やる気」は、

「努力したことに対して、目に見えた効果が実感できること」

即ち、中学生の勉強におきかえるならば

「勉強したことが、成績アップにつながること」

になります。

そして、中学生の場合は

「短時間で効果が出た(成績が上がった)という実感」

これが、一番やる気を、「勉強を続けるモチベーション」を
継続させるパワーになります。

大人でも同じですが、自分が努力したことに対する対価が
自分に返ってきて初めてやる気が生まれるはずです。

大人の場合は、給料であり、役職などのポスト、表彰、
ねぎらいの言葉かもしれません。

中学生は、まだまだ子供ですから単純に

「勉強したら成績が上がった」

ということが、一番のやる気につながるのです。

引用元-中学生がやる気を出す勉強方法【言ってもやらない中学生が勉強し始める?】          佐々木勇気 実績 評判 口コミ 高校受験はまだ間に合う!志望高校合格法:やる気の出る勉強方法

中学生は勉強していれば後からやる気がついてくる!

「やる気が無いから勉強できない」という
考え方じたいが、少し的外れです。

つまり、

1.やる気
2.勉強

と考えており、

やる気が「先」で、
勉強が「後」だと誤解しているんです。

多くの中学生と親御さんは、

この誤解を抜けられないために、

“やる気”の問題を抱え、
苦しんでいるのだと思います。

でも、もう大丈夫。

正しい考え方はこうです。

1.勉強
2.やる気

つまり――

まず勉強して、その結果
やる気が出てくるんですね。

勉強するのが「先」で、
やる気が出てくるのは「後」なんです。

これは、大掃除をする時の心理状況と似ています。

最初はやりたくなかったけど、

掃除をし出したら気持ちが乗り、
ドンドンきれいになった経験は、ありませんか。

それと同じで、

先に行動(勉強)することが全てなのです。

ですから、「やる気を出す方法」を探しているうちは、
絶対にやる気が出ませんし、成績も上がりません。

「やる気が無いから勉強できない」という
悩み方じたいが、的外れだったのです。

勉強が先、やる気は後。

この “正しい法則” を知っていれば、

「うちの子、やる気が無いんです…」と

深刻に悩むことは無くなります。

引用元-勉強のやる気が出ない中学生との向き合い方

中学生が勉強へのやる気を継続させる為のポイント

1. まずは取り掛かる

勉強をする際の最大の関門は、「勉強を続ける」こと以上に「勉強を始める」ことにあります。面倒に感じていたり、やりたくないと思っていることほど、腰が重くなりがちです。

そのため、たとえば自宅で勉強をするのであれば、何をするよりもまず先に机に座り、勉強道具を広げ、どんなに簡単なことからでもいいので、まずは勉強を始めることを心掛けましょう。

2. わかるところから始める

勉強のやる気を損なわせる大きな要素のひとつが「わからない」ことです。
もちろん「わからない」から勉強する必要があるのですが、「わからない」ことに取り組み続けるのはなかなかしんどいもの。そうやって苦しんでいるうちにやる気を失ってきて、「わからないからもういいや」となってしまいがち。

最初のうちは、「わからなければ飛ばす」くらいの心構えで、わかるところからどんどん勉強に取り組むようにするとやる気が長持ちします。

3. 時間を目標にしない

目標をもって勉強に取り組むことはとても大切なことです。ですが、その目標を時間にするのは、できる限り避けましょう。
たとえば「2時間勉強する!」と決めたとして、ものすごく集中していても、ダラダラと勉強していても、どちらも2時間は2時間。待っていても時間は過ぎるため、十分な成果が得られにくくなります。

引用元-【環境もやり方も】勉強のやる気を出す10の方法|ベネッセ教育情報サイト

twitterの反応

 - 学校・勉強

ページ
上部へ