腹痛の原因はストレスかも!病院を受診すべきか迷ったら…

急な腹痛やお腹の不調に悩まされることはありませんか?その腹痛はストレスが原因かもしれません。

ストレス性の腹痛は病院を受診する事で、つらい症状を緩和する事ができます。

そこでストレス性の腹痛や病院での治療などについてまとめてみました。当てはまる方は早期改善のためにもぜひ病院を受診しましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

腹痛の原因はストレス!?病院で正しく治そう過敏性腸症候群

原因のわからない腹痛が続く…その症状はストレスからくるものかもしれません。 ストレスが原因の腹痛は...

旦那の小遣い5万ってどう?家庭ごとの適正金額をみつけよう!

旦那の小遣いが5万と聞いて、多いと思いますか?それとも少ない? 家庭ごとにそれぞれ事情やお金の使い...

アルバイトの求人募集に電話するとき緊張しない方法は??

アルバイトの求人募集に電話するときって緊張しませんか?どうして緊張するの?どうすれば緊張しないで話せ...

行事とイベントの違いって一体何が違うの?日本の伝統??

よく目にする行事やイベント。この二つの言葉はどのような違いがあるのでしょうか? ほぼ同じように使わ...

仕事・趣味・家庭の全てを充実させたい!!しかし現実は??

みなさん生きていく上で仕事・趣味・家庭の3分野全てで 充実したかっこいい生き方をしたいと思いますよ...

頭皮のフケが大量に発生!原因は何?早期改善のポイントとは…

突然、頭皮からの大量のフケが出てきたことはありませんか? 症状によっては皮膚の炎症やかゆみも伴うこ...

仕事のストレス…病院に行くべき?体にあたえる影響とは…

仕事をしている上で、ストレスを感じるのは避けられないことです。 しかし過度のストレスは精神や身体に...

旦那の給料20万円でどう暮らす?結構多い手取り20万円台の人

旦那の給料が20万円前後の家庭は意外に多く、皆さんが生活の為にやりくりや節約を心がけているようです。...

妻が仕事で帰りが遅い!共働き夫婦が円満に過ごす為の暮らし方

共働き家庭の中には夫よりも妻の方が仕事で帰りが遅いケースもあります。 共働きであっても家事の比率は...

糖質が少ない酒は??毎日飲む人へ!少し体に気を使うあれこれ

ダイエットを始めたけど会社の飲み会が・合コンが・・付き合いが・・・ そんなことってしょっちゅうあり...

ダイエットの基本!筋肉つけて脂肪を落とす…基礎代謝アップ!

筋トレで筋肉を増やして体脂肪を減らすと、基礎代謝がアップします。最近では男女共に筋トレが人気ですよね...

友達と喧嘩して許してくれない時に・・・あなたの行動は??

友達とささいな行き違いで喧嘩することは皆さん経験がおありだと思います。 友達と喧嘩になった時一番や...

旦那は家事の手伝いどこまでしてる?円満夫婦が実践する分担法

皆さんの家庭では旦那は家事をどこまで手伝っていますか? 妻が共働き・専業主婦によっても違いますが、...

アニメは子供だけじゃない!おすすめの大人向けアニメ!

アニメを大人だってみたい時はあります。そしてみている人もたくさんいます。そんななかから、今回はアニメ...

ストレスの原因は何?対処法を身に付けて精神力を高めよう!

現代はストレス社会とも言われ、生活のあらゆる場面にストレスの原因となる人・事柄が存在します。 スト...

スポンサーリンク

そのストレス腹痛、過敏性腸症候群かも!

消化器科を受ける方は多くおられますが、その3分の1が過敏性腸症候群(IBS)である、というデータがあります。

ただ、この病気が厄介なのは、検査をしてもまったく異常がないということです。
一般的には、腸に異常があるケースとしては、潰瘍があったり、ガンがあったりするわけですが、この病気の場合は検査をしても分からないのです。

つまり、下痢や便秘の悩みで消化器科を受診した際、検査によって異常が認められない場合に、過敏性腸症候群(IBS)を疑うことになります。

過敏性腸症候群(IBS)には以下の四つのタイプがあるといわれています。

過敏性腸症候群、症状別 四つのタイプ

1、下痢型

突然、便意が襲い、下痢になるタイプです。
通勤電車などで下痢になった経験があると、その時の不安感がストレスとなり、通勤電車などに乗るたびに下痢が起こりやすくなります。
軟らかい便や、水のような便が25%以上ある場合を指します。

2、便秘型

腸管がけいれんを起こし、便が停滞してしまいます。そうなると、便から水分が奪われ、固くなった便はコロコロとした形になります。
そうなると、ますます便が外に出てきにくくなり、便秘が悪化します。
硬い便や、コロコロした便が25%以上ある場合を指します。

3、交代型

上記の「下痢型」と「便秘型」の症状を交互に繰り返してしまう症状です。

4、分類不能型

上記のいずれも満たさないもの。

引用元-その下痢や便秘の原因はこれかも!過敏性腸症候群の診断方法と治療法 | ナースが教える仕事術

ストレス性の腹痛で病院は受診すべき?

対処を取っても、ストレス性の腹痛に悩まされるようなら、一度病院へ行ってみることをオススメします。

治療法としては、薬による治療が主となります。

整腸を目的とした薬を出されることもありますし、ストレスに働きかける薬を出される場合もあります。

それは、その病院の方針や、あなたが置かれている環境などによって変わってきます。

自己管理でどうにもならないのですから、無理し続けるよりも、病院に頼った方が楽です。

ここは、面倒がらずに病院に行く方が得策です。

引用元-ストレスで腹痛が起こる時の対処法。過敏性腸症候群かも

過敏性腸症候群は立派な病気です。

ただの体質だと思って無視せずに、しっかり対策を取ることによって、生活がぐっと楽になるはずです。

そして、本当につらいなら、病院に行く勇気も持ちましょう。

常にお腹の具合を気にして制限ある生活をするくらいなら、できることをした方がずっと簡単です。

引用元-ストレスで腹痛が起こる時の対処法。過敏性腸症候群かも

ストレス性の腹痛…どの病院に行くべき?

これまでの症状などで、自分は過敏性腸症候群ではないのかと、
思ったら、まずは病院に行ってください。

病院に行く時の注意点としては、

通常お腹の調子が悪い時に受診するのは、
胃腸科や消化器科です。

しかし、過敏性腸症候群は精神的な要因が多いので、
心療内科か精神科なのか?

結論で言うと、まずは消化器科を受診してください。

腹痛や下痢が続く病気は他にあります。

まずは、お医者さんにきっちりと診断してもらいましょう。

消化器科で治療をしても改善しない場合に、
心療内科を受診するという順番が理想
です。

自己判断で決めつけるのが、一番危険です。

医療のプロのお医者さんに診断してもらい、
判断をあおぎましょう。

引用元-腹痛や下痢が続くと注意!過敏性腸症候群の症状では? | これが知りたい!気になる情報局

ストレスによって腹痛がする。明らかにストレスのせいだ!と思っていらっしゃる方。

一体何科の病院に行けばいいかわからない方へ。

腹痛を治す方法、抑える方法は色々あります。自覚症状がある人もない人も、是非参考にしていただければと思います。

明らかにストレスが原因だと思う方へ。

「これは絶対ストレスが原因だ…。」

「◯◯をする時に限って腹痛がする…。」

そんな自覚症状がある方は、ぜひ精神科、心療内科への受診をオススメします。

引用元-ストレスによる腹痛がする。何科の病院に行けばいいの?

ストレス腹痛…過敏性腸症候群の病院での診断

過敏性腸症候群

慢性的な下痢や腹痛を繰り返す疾患。腸は他の器官と比べて脳との関係が密接だといいます。脳がストレスを感じると腸に伝わり機能障害を起こすそうです。また反対に腸の不調が脳にストレスを与えることもあり悪循環を繰り返すことがあるのだとか。症状が下痢や便秘だという理由から本人もあまり重く考えないせいか、病状が進行するケースが多いともいわれています。その場合うつなどの精神疾患に繋がって危険な状態を招く可能性があるので注意が必要です。

引用元-ストレスからくる体調不良トップ5【腹痛から自律神経失調症】|トピックスファロー

診断

腹痛あるいは腹部不快が過去1年のうち少なくとも3ヵ月以上で 、下記の3項目のうち2項目以上に当てはまったときです。

排便により軽快する腹痛、腹部不快がある
腹痛を伴う頻回の排便ではじまる
腹痛を伴う軟便、下痢また、粘液便をみとめる

ただし、以下の病気、病態が否定されなければなりません。

過去一年間の大きな体重減少(5%以上)、消化管出血、牛乳不耐症、クローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患、大腸がん、消化管寄生虫病

これらの除外診断には大腸内視鏡や便潜血検査を消化器内科で受ける必要があります。心療内科の受診も望ましいですが、順序としてはまず胃腸科、消化器内科が先です(自己判断でIBSと診断するのはいけません)。

引用元-過敏性腸症候群の診断と治療 イラストでみる大腸肛門病 飯原医院.com

ストレス腹痛…過敏性腸症候群の病院での治療

過敏性腸症候群の治療は、食事療法と運動療法をはじめとするライフスタイルの改善が基本となります。例えば、三食を決まった時間に摂る、暴飲暴食を避ける、睡眠や休養を十分に取る、ストレスを解消する、朝の排便を習慣づけることなどです。症状に応じて、生活指導や、心身医学治療の補助的な手段として薬物療法が用いられることもあります。

食事は「規則正しく食べる」「栄養バランスをよくする」が原則。下痢を繰り返している場合は、香辛料や脂っこいもの、冷たい飲食物など避けましょう。乳製品やアルコールも下痢の原因になる可能性があるので控えめに。便秘を繰り返している人は、香辛料など刺激の強い食品は避けつつ、水分や食物繊維が多く摂れる食事を心がけましょう。また、朝食を取ることも大切です。朝食を取ると胃が刺激され、それによって腸が動きだして排便が促されます。下痢も便秘も、朝から食べることを習慣づけることで改善につながります。

また、体操や散歩などの軽い運動を、生活に取り入れるのも効果的。適度な運動は腸の働きを整えてくれるほか、気分転換やストレス解消にもなるのでおすすめです。

治療薬の種類

薬物療法では、乳酸菌を増やして腸内環境を整える「乳酸菌製剤」や、消化管の動きを活発、または抑えたりする「消化管運動調整薬」、腸の異常な運動を抑えて腹痛を和らげる「抗コリン薬」などが処方されます。便秘型や混合型の人は状態に合わせて、腸の運動を活発にして便を柔らかくする「下剤」や、便の形状を改善し便通を整える「高分子重合体製剤」を追加します。

引用元-過敏性腸症候群(IBS)の病院での治療方法、治療薬の種類と内容 | ヘルスケア大学

twitterの反応


https://twitter.com/505pb/status/689644925617471489


https://twitter.com/sak_ar5/status/687189967957721088


https://twitter.com/KJ___ms/status/685278150842957825


https://twitter.com/Sonne_Fox/status/662883918866026497