感染症の予防3原則!しっかり守って菌に負けない健康な体作り

寒い季節には学校や会社などで感染症が流行します。しかしその感染症の流行を予防するために必要な3原則があるようです。

感染症が流行する流れを断ち切り、健康を維持できるように社会全体で取り組む心がけが重要です!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

プロテインを効果的に筋肉にアプローチさせるコツ・ポイント

プロテインと聞くと、筋肉隆々のボディービルダーを思い浮かべる方も多いことでしょう。 しかし最近のプ...

給料が手取り20万以下の生活ってどう?生活を豊かにするコツ

給料が手取り20万以下と聞くと、かなり少なく感じますが、実際には多くの世帯が実際にこの金額で生活して...

筋肉トレーニングで腹筋を鍛えよう!効果的に鍛えるポイント

ぽっこりお腹を気にしている人は男女ともに多く、腹筋に効く筋肉トレーニングを取り入れている方もいる事で...

食事でのマナーの基本!あなたはちゃんと知っていますか??

食事のマナーの基本って大人になっても意外と知らないことの方が 多いような気がします・・・ もしフ...

子供の口臭!2歳でもお口が臭う・・気になる原因と対策

今まで気にならなかったのに、2歳児頃になると急に口臭が気になりだすと言うことがあります。 子供の口...

専業主婦からの離婚~仕事探しのために必要な準備とポイント

夫婦仲の悪化でやむなく離婚という選択をする時、様々な問題が生じます。 特に専業主婦の離婚は、仕事探...

新生児の湿疹トラブル!赤ちゃんの顔を肌ケアする方法はコレ!

新生児の肌はツルツルのイメージですが、赤ちゃんの顔は意外に湿疹トラブルが多いのです。「乳児湿疹」「新...

免許の返納は若者でも可能?違反が消滅するって本当なの??

最近は免許を自主的に返納する人が急増しているようです。 多くの場合が高齢者であり、若者の返納率は少...

生理前に体重が減る?増える?女性の悩み!あなたはどっち?!

生理前、あなたは体重が増えますか?「え?減るんじゃないの?」さて、あなたはどっちでしょうか?ダイエッ...

ご飯・味噌汁・漬物の3大和食最強説~日本の心!一汁一菜

和食の基本ともいえる、ご飯・味噌汁・漬物のトライアングル。 日本人が昔から食べ合わせてきたこの組み...

夫の単身赴任と保育園!入園ポイントと知っておきたいアレコレ

夫の転勤が決まった時、保育園頃の子供のいる家庭では一緒について行くことも多いようですが、共働き家庭で...

美容院でヘアカラー!どんな色にする?失敗しないオーダー術

美容院でヘアカラーする時、色みはどのようにオーダーしていますか? 仕上がりが思っていた色みと違った...

頭皮のフケが大量に発生!原因は何?早期改善のポイントとは…

突然、頭皮からの大量のフケが出てきたことはありませんか? 症状によっては皮膚の炎症やかゆみも伴うこ...

化粧が濃いと思われる基準とは?

この記事の目次です1 男性が「化粧が濃い」と感じるのは、インパクトが強すぎるからかも!1.1 ① フ...

旦那の小遣いは収入の1割が妥当!?家計とのバランスは?

旦那さんの小遣いは収入の1割が妥当という説があります。 皆さんのお家ではいかがでしょうか?この収入...

スポンサーリンク

感染症予防の3原則~感染源の除去

感染源について

病原体に感染した人(感染者)・動物・昆虫や、病原体で汚染された物や食品が感染源となります。具体的には、感染者や感染動物などからの排泄物・嘔吐物・血液・体液など、保菌者(キャリア)や感染動物が触れた物や食品などです。感染源を隔離したり消毒することなどが、有効な対策方法です。
しかし、病原体に感染していても発症しないキャリア(伝染性病原体(細菌・ウイルスなど)の保菌者)もいるので、十分な対策ができない場合があります。

引用元-感染症とは何?|これからの衛生管理 | 大幸薬品株式会社

病原体への対策

1)抗生物質・・・細菌の増殖を止めたり、菌を殺す効果があります。(ウイルスには効かない)

2)隔離・・・別室で看病するだけでなく、吐しゃ物はビニール袋ですぐに覆いましょう。

※隔離が必要な主な感染症:ウイルス性胃腸炎、水ぼうそう、おたふく風邪、手足口病、インフルエンザ等

3)消毒・・・熱湯やアルコールなどの薬品を使って病原体を死滅させます。(ロタウイルス・ノロウイルスには次亜塩素酸ナトリウムが有効!)

4)洗浄・・・タオルやシーツ、エプロンなどに吐しゃ物等がついた場合には、洗浄を行った後に消毒を行います。

引用元-【感染症】に注意!!|お役立ちコラム|保育士求人・保育園求人なら【保育士バンク!】

感染症予防の3原則~感染経路の遮断

接触感染

接触感染とは皮膚や粘膜の接触、または医療従事者の手や医療器具、その他手すりなどのような物体の表面を介しての間接的な接触により病原体が付着し、その結果感染が成立するものの事です。

ノロウイルスやO-157などのような食中毒を起こすウイルスや細菌が代表的ですが、インフルエンザなどの感染経路でもあります。

引用元-感染症の代表的な感染経路(接触感染・飛沫感染・空気感染)

飛沫感染

飛沫感染とは病原体を含んだ患者の咳やくしゃみ、あるいは気道の吸引などによって飛散した体液の粒子(飛沫)が他人の粘膜に付着することで感染する事です。

粒子の大きさが直径5μmより大きく、落下速度も速い(30~80cm/sec)ので通常は3フィート(0.9144メートル)未満しか到達しないといわれています。インフルエンザの主要な感染経路であり、SARSを引き起こすコロナウイルスの主要感染経路とも考えられています。

引用元-感染症の代表的な感染経路(接触感染・飛沫感染・空気感染)

空気感染(飛沫核感染)

飛沫感染も空気感染の一種ですが、通常空気感染というとこの飛沫核感染の事をいいます。飛沫感染が5μm以上であったのに対して空気感染(飛沫核感染)は5μm以下というのが特徴です。

5μm以下と小さく軽い為に落下速度も遅く(0.06~1.5cm/sec)3フィート以上の長距離を移動します。麻疹(はしか)、水痘(水ぼうそう)、結核が代表的ですが、条件によってはインフルエンザも感染の可能性があり、コロナウイルスの感染も示唆されています。

引用元-感染症の代表的な感染経路(接触感染・飛沫感染・空気感染)

感染症予防の3原則~抵抗力を高める

免疫力を高めるためには

1.腸を元気にする

 腸の中には善玉菌と悪玉菌、そのつどどちらか強いほうに付く日和見菌の3つに分けられ、善玉菌が多いと免疫力が高まります。脂肪の多い食事、ストレス、睡眠不足、冷えなどで腸が元気がなくなってしまうと、悪玉菌が増えすぎて免疫力が低下します。
 善玉菌を増やすには食物繊維を積極的にとることです。特にヌルヌル食品、オクラやモロヘイヤ、海藻、こんにゃくなど水溶性食物繊維を含むものは、善玉菌を増やし、便秘を解消し、免疫力を高めます。
 また、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌は細胞膜に免疫力を高める働きがあり、ビフィズス菌が腸内で作る酪酸は大腸ガンを抑制するといわれています。

2.体を冷やさない

 体が冷えると、肩こり、腰痛、下痢、便秘、生理不順、貧血などのさまざまな不快症状が現れます。体の冷えは自律神経を乱し、免疫力が低下します。冬はもちろんのこと、夏でも冷房などで体が冷えないように襟巻きや靴下、腹巻などを利用して冷え対策をしましよう。

3.ストレス解消

 ストレスを受けると交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、交感神経が優位になり、その結果免疫力が低下します。ストレス解消は人によって様々な解消法があると思いますが、一番簡単なものが入浴です。ぬるめのお湯につかってリラックスし、夜更かしをしないで十分な睡眠をとりましょう。

引用元-免疫力を高め体を守る/ストレス解消/抗酸化食品/にんにく/バナナ

感染症を予防する生活習慣

手洗い

手洗いは、感染症予防の基本です。机、水道栓、ドアノブ、エレベーターボタン、吊革などに付着した病原体が、手を介して口、目鼻などの粘膜から体内に入り、感染します。石鹸によるこまめな手洗いが、感染の機会を少なくします。

汚れが残りやすい所

指先、指の間、親指の周り、手首、手のしわ

咳エチケット

咳やくしゃみをした時の唾液にはウイルスが含まれています。マスクをすることで、自分の唾液で他人にうつさない注意をしましょう。最近は、咳やくしゃみを手ではなく、袖で遮ることが勧められています。

咳・くしゃみの際には、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、周りの人から顔をそむけましょう。
使用後のティッシュは、すぐにフタ付きのゴミ箱に捨てましょう。
咳・くしゃみがでる人は、マスクを正しく着用しましょう。

うがい

うがいをした場合の発症確率は、うがいしない場合に比べ40%低下するという効果の報告があります。

湿度・換気

室内の環境で注意することは、湿度と換気です。

インフルエンザウイルスは乾燥した空気を好みますから、部屋のなかの湿度管理とこまめな換気を忘れずに行いましょう。インフルエンサ゛にかかった人がくしゃみをした後は、空気中に長時間ウイルスが残っているため、換気によりウイルスを少なくします。

引用元-感染症の予防/七尾市

感染症には予防接種も有効!

人間には生まれつき「免疫(細菌やウイルスに対する抵抗力)」というものが備わってます。
これは、自分以外の異物(病原体=細菌やウイルスなど)が体内に侵入する(=感染)と、それを排除するために「抗体」と呼ばれるたんぱく質を作ったり、体内の「リンパ球」を増やすことで、異物を体内から取り除こうとする働きのことです。
しかし、最初の時は免疫によって抗体やリンパ球が作られるまで時間が掛かってしまいます。
そのため、初めて病気に感染した場合は、この免疫が間に合わず、重い症状が出てしまうことが多いのです。
2回目以降は、同じ病原体に感染しても、以前に感染した時の記憶が残っているため、発病する前に素早く免疫が働き、病原体を撃退することが出来ます。
現在は、わざと毒性を弱めたり、失わせた病原体や毒素を接種することで、
発病させることなく、免疫反応の記憶だけを残すことが可能です。
こうしておけば、本当に病原体が侵入してきても、素早く免疫機能が働いて、発病しにくくなります。
このように病気を予防する目的で、あらかじめワクチンを接種することを予防接種といいます。

引用元-予防接種のお話

twitterの反応


https://twitter.com/Baseball9231/status/406115229823533056


https://twitter.com/g_kobori08/status/675254023327354880